スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/5「サウンド・オブ・ミュージック」マチネ
どーしても綜馬さんがいるうちに観たい!と思って前予で行ってきました。
新作&GW中という事もあって3日・4日分共に前予失敗だったのですが、3度目の正直の5日分を確保。
10列目という良席でした。

本日のキャストはこちら↓

P1050435.jpg

「SOM」は映画を観たのも15年位前が最後で細かい所は殆ど記憶に無い状態で観劇。
舞台版は所見です。

今回ALWプロデュースという事ですが、特別に新しい何かを施したという感じは無く、既成の世界観を変えずにむしろクラシカルに作っている印象を受けました。

余りに有名な曲が多いミュージカルなので、逆に1曲毎に場面が細切れの様にならないかなあと危惧していたりしたのですが、場面転換もストーリー展開もスムーズで良かったです。
セットも照明も良かったなあ。
特に修道院の壁に映る照明が雰囲気出てました。

そして役者さんが皆揃いも揃って歌唱力が高すぎ!!
そのまま「オペラ座」出来ちゃうキャスティングですもんねえ。

はるマリアは明るくて可愛らしくて初々しさもあってマリアのイメージにピッタリ。
ショートカットの髪型もお似合いで。

綜馬大佐も予想通りのハマりっぷり。
海軍大佐としての厳格さ、オーストリア人としての矜持、歌と子供たちを愛する優しさ…どれもしっくりきます。
それにダンスシーンやエルザの手にキスをする仕草なんかは綜馬さんの得意分野ですし(笑)。
綜馬さんの声で聞く「エーデルワイス」の美しい事。
万感の思いがこもった「♪祖国よ永久に…」という歌詞に涙がじんわりと…。

秋山修道院長の歌が素晴らし過ぎる!!
この役は1幕冒頭・1幕ラスト・2幕ラストといずれも超重要な場面で歌うので凄く印象に残りますね。
マダム・ジリーでしか拝見した事がなかったので、あの素晴らしい声量と高音に「カルロッタも出来そうだな」と思いました。
他のシスター役の方々もめちゃめちゃ歌がお上手で聞き応えがありました。

勅使瓦マックスは出てくる度に笑のわせてくれて。
それだけに最後にトラップ大佐と交わす握手の重さといったら。
ナチスに連行されてしまうマックスのその後を思うと胸が痛くなりました。

リーズルの谷口さんは何となく勝手にお嬢さんっぽい演技をする人なのかなあ印象を持っていたのですが、窓からマリアの部屋に入ってきて見つかった時の慌てっぷりがコントみたいに面白くて意外でした。

顔を(あまり)塗ってない(笑)飯田(弟)さんは初めてだったのですが、いやーこれはイケメンですなあ。
でも最初のロルフの衣装…ジャージに見えて仕方がない(爆)。
なんかこう…ウエストの辺りがゴムっぽく見えて。
せっかく眼福の縦ライン強調足長シルエットの衣装なのにー。

子役さん達は皆芸達者ですねーーひたすら感心。
クルトの川原くんの美声っぷりが印象的。
と思ったら福岡LKのヤングシンバだったんですね。「エリザ」のチビルドやって欲しいなあ。

グレーテルの西山寿奈ちゃんのモチモチっぷりが可愛かったなあ。

2009年のアニー、ルイーザの飯塚萌木ちゃんも可愛かったですが、
歌う場面が少ないのがちょっと残念。動画でアニーの歌を聴いて高音がすっごくキレイだったので生で歌声聞いてみたかったのですが。

一番台詞が多いのは3女のブリギッタですが、しっかり四季メソッドを叩き込まれてるなという感じで…(汗)。
子役さん達にはもう少し自然に喋らせてあげた方が良いのになあなんて思いました。

細部に至るまでクオリティの高い舞台でした。
他の作品でもこれ位満足のキャスティングだと安心して周りも誘えるのですが…。
特に海方面とかねえ………ぎゃふ。
スポンサーサイト


2/20「エビータ」マチネ
(1日遅れですが)男子フィギュア盛り上がりましたねえ。
日本人選手の頑張りと活躍も勿論ですが、金メダルのライサチェックが個人的に好みのタイプだったりするので尚の事嬉しかったー。
仕事中でしたがワンセグ携帯でチラ見してました。

…ウソつきました。
ワンセグ携帯見ながら合間に仕事してました。
そういうのが許される雰囲気の職場で良かったなあと。

その上更に14時に抜け出して前予。
ってことで本日「エビータ」マチネ行って参りました。
開幕以来判で押したようなWキャストの登板スケジュールだったので、土曜マチネ狙いで希望通り秋エビータを観る事が出来ました。

残念ながら座席環境は宜しからずでしたが…。
コラそこの人!静かな場面で動くな喋るなあっ!!
この時期は花粉症のせいか客席の鼻水音(?)も凄まじかった…。


秋エビータ良かったです。
ウットリ見惚れてしまう程の美しさに素晴らしい歌唱力。
エネルギッシュさに圧倒されました。

2幕はもう少し感情の動きというか揺れの様なものがが感じられるようになると良いかなあと。
民衆から聖母として崇められる様と、ペロンもドン引き(違)の凄まじい執念っぷりと。
この相反する性質の共存に説得力を持たせられるのって本当に難しいのだろうなと思いました。
あとなまじ歌声にハリがある為に最後病気にも打ち克ってしまいそうだった(笑)。
この辺りは回数を重ねれば重ねるほど良くなっていくと思うので次公演にますます期待出来そうです。
金田ペロンは…
とりあえずイケメン×長身×軍服=目の保養ってことで。
眼福眼福。ありがたや~。
ヴィジュアルが良すぎて、自分の中のペロンのイメージと違いすぎて戸惑った(笑)。
元々ペロンって出番も多くないし、エバの存在感が大きい中で表現していくのって難しい役だと思うんですが。
金田さんの場合表情演技とかの繊細な感情表現が伝わりにくいのが残念かな。
まー帽子で半分顔隠れてるってのもあるんですが。
病気のエバを抱きしめるところなんかはやたらサマになっててちょっとドキドキ(腐)。

「ニューアルゼンチーナ」で盛り上がる群衆に押しまくられる金田ペロンの困惑っぷりが、まんま「JCS」の「お~さないで~」と被ります。

金田さんがチェをやった時(自分はその時点で金田さん自身が未見)に「声質が芝さんにソックリ!」という感想をよく聞いてて。
でもその後ジーザスやラダメスで金田さんの歌を聞いても特に芝さんに似てるとは思わなかったんですが…
この作品の劇中でチェとペロンがユニゾンするところがあって「声質が似てる」に激しく納得!
もー同一人物の声重ねてる?って位ソックリでした。

その芝さんはまさか「SOM」があるのにここまでいてくれるとは思わなかったなあ。
高音シャウト部分の声量とかは「やはりお疲れかなあ」と思えなくもないものの、魅惑の芝ヴォイス堪能しまくりでもう言うことは何もありません!です。はい。

高木ミストレスはさすがに綺麗な声で良かったんですが、どーも大人しく身を引くように見えないというか…。三月が過ぎたら復讐しに戻って来そうな気がする(爆)。

先月はCATSを観たのでARWハシゴキャンペーンのクリアファイル貰ってきました。

100220_2334~0001

前回もこのキャンペーンでオルゴール貰ったなあ。
年が明けた時点では手持ちチケットゼロだったのに、なんだかんだ四季作品は観に行く機会が多い。
S席8,800円という価格効果はやっぱり大きい!


1/17「アイーダ」マチネ
激戦の前予に成功して「アイーダ」行って参りました。

もう何と言うか…凄いものを観てしまった。
とても言葉では言い表せません。
濱田アイーダ×阿久津ラダメスの組み合わせは神ですな。
歌詞や台詞やふとしたしぐさや表情…もう全てがアイーダとしてのラダメスとしての説得力があるというか。
「芝居を観ている」という感覚が無くなり、物語の世界に完全に惹き込まれ…あまりに素晴らしかったので当分観劇はいいかなと思ってしまいました。この余韻に浸っていたいーーー。

客席も熱くて「ローブのダンス」では完全にショーストップ。
こんな風に舞台と観客が一体になる感覚がもう堪りません!

初めましての光川アムネはめちゃ美人さんでスタイルも抜群で。
ところどころ歌詞を切る様な歌い方なのが若干気になりましたが。
あと綺麗過ぎるせいか逆に男勝りでサバサバとした感じもしたので、アムネリスの成長という点ではあまり変化が感じられなかったかも。最初から結構しっかりしてそうなんですよね(笑)。

個人的に夢醒めの部長のイメージがあまりに強くて、えええ!?と思った田中ゾーザーですがなかなかカッコいいじゃないですか。衣装が大き過ぎるみたいで少し体が貧相に見えてしまうのが残念でしたが。
少し癖のある歌い方なのですが、その歌い方がなんとも「あーーこの人絶対最後悪だくみバレるタイプだな」と思わせるステレオタイプ(良い意味で)な悪代官っぽい雰囲気満々で良かったです。

「アイーダ」はキャスト重視で前予に賭けてるんですが、今回は13列目。
何故か「アイーダ」の海劇場は12列目が取り払われて空いているので、13列目は前は気にならないしわ全体が見渡せるわで、超視界良好な位置でした。こんな良席が前予で取れちゃうならますます前売りには手が伸びないかも(苦笑)。



1/9「ウエストサイド物語」ソワレ
100111_1915~0001

もう少し競争率が下がってからと思っているうちに阿久津ラダメスいなくなってしまったー(涙)。
あまりに短か過ぎる…。

代わりに連休初日の土曜日は前予で「WSS」に行ってきました。
予定されていた延長分もキャンセルになって、これで当分観納めかなあと思ったので。
前回の2007年東京公演以来です。

千秋楽間近とあって客席はほぼ満員。スタオべもあって盛り上がってました。
「WSS」は終わり方が終わり方だけに、カテコでも役者さん一切笑顔無し!ってイメージだったのですが、だいぶ変わったんですねえ。
1人舞台に取り残されたクラプキ部長が警笛を鳴らして幕を下ろすなんて〆もありましたし、やはり役者さんが笑顔で見送ってくれると嬉しいものです。。

前回観た時は伝統のあるミュージカル作品とはいえ笑いが起こらない程度には現代的なアレンジを加えて欲しいなあという思いがあったのですが、
自分が慣れたのか(笑)大分気にならなくなりました。
アニタが訪ねてきてマリアの部屋の窓から逃げるトニーがあわててシャツの裾をしまうのもなくなってたし(笑)。
でもエニイ・ボディズの「親分!」だけはどうにも吹きました(爆)。
せめて「アニキ!」とか(いやそれもどうかな…)「リーダー!」とかねえ。
ニッカボッカ穿いた職人の親分が浮かんでしまう…。

前回は阿久津トニー×笠松マリアでしたが、今回は福井トニー×笠松マリア。
福井トニー、観る前までは正直「トニーにはちょっと年齢がアレなんじゃ…?」と危惧してたんですが、なんかキラキラしてるじゃないですかーっ!!
すごく若く見えるよーー。それでいて皆に頼られる兄貴肌な雰囲気も出てるし。
歌声は高音域が少し声量が落ちてましたが、中低音の響きが良かった~ウットリ聞き惚れました。

笠松マリアはメイクの仕方が変わったのかなあ。可愛くなったなあという印象。

樋口アニタはカッコよさに磨きがかかってますますイイ女に。

萩原ナルドは余りに細いのでちょっと弱そうかも。
松島リフとの殴り合いでは完璧負けると思いましたから(爆)。

大塚アクションはコミカルな表情と小芝居の多さで「クラプキ部長」のナンバーが凄く楽しい!
白目をひんむいた顔芸がたまりません(笑)。

生オケで観られる東京「WSS」。やっぱり名曲揃いだなあとオーヴァーチュア・アンクラクト共に聞きいってしまいました。
フィギュアスケートも好きな私はバンクーバーオリンピックで鈴木明子選手のフリーがすごく楽しみです。



10/25「ドリーミング」マチネ
金田ラダメスのイケメンっぷりに度肝を抜かれて記憶飛び気味ですが…
「ドリーミング」は以前TV放映で観てとても良かったので今回楽しみにしてました。
平日の客席はかなり淋しい事になっているそうですが、私が行った日曜日は1階席はほぼ埋まっていました。

舞台装置や衣装も豪華なので観応えがあって、個人的には四季のオリジナルミュージカルでは1番好きな作品になりました。
キャスト全員外れ無しで、観劇直後はもう1度観に行っても良いなあと思ってたんですが…まずは金田ラダメスが優先だな(笑)。

お目当ての光の精・沼尾さんは相変わらず歌声が素晴しく美しい~。
YouTubeの四季チャンネルに動画が上がってますが、あの動画は全然アテにならないというか。
劇場で聞くと伝わってくるものが段違いです。
金髪カツラに全く違和感が無くて、衣装もお似合いで本当にキレイ。
ただ、歌っている時は女神の様な近寄り難い程の存在感なのに、台詞がところどころグリンダ口調になってしまうとちょっとイメージが崩れる感じが。

次点のお目当て林チレットも良かった!
「♪魔法の……力で~私達を~」と歌詞飛ばしてて、いつの間にかチルチルが魔法使いになってたけど(笑)それでも良かった!
綺麗な歌声は相変わらずですが、あんなに踊れるとは驚きでした。
横浜CATSに出演するだろうなあ。ジェリロで観てみたい!
台詞回しなんかははTVで観た谷内チレットにソックリだった気もしますが、ベンドラとは全くキャラの違う役が違和感なくハマるのが凄いなと。

初の印象って本当に重要なもので、あの「JCS」ユダ以来どうも苦手意識が先行していた田中さんもチローは良かった~。
やっぱり明るくて真っ直ぐな役はお似合いなんですよね。うん。なんか観ていて微笑ましくなるし。しっかり笑いも取ってました。
しかしチローの衣装(おめかし版)は、あのモフモフの胸元により犬なのにどうにもこうにもスキンブル(笑)。

大徳チルチル・岸本ミチルも子供役を実に自然に演じていて好印象。
他のキャストも歌える人ばかりで本当に豪華でした。

今回「未来の国」で沢山の子役さんが登場するんですが、恋人達の役は子供がやるとちょっと不自然な感じは否めなかったんですよね…。。
あれ程運命的で情熱的な愛の台詞は子供には似つかわしくないというか。客席の同じ年頃の子供達から笑いがおこってしまっていたのが残念。

あとラスト近くで青い鳥が飛んで行ってしまうシーン。
鳩じゃなくて隼じゃ?って位凄まじいスピードで飛んでいくのがこれまたちょっと笑ってしまいました(苦笑)。





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。