スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/2「ウィキッド」ソワレ
0902WICKED.jpg

「ウィキッド」東京公演が終って1週間。
現在手元に四季のチケットは1枚もありません。
そんなに頻繁に通った訳ではなかったですが、やっぱり「ウィキッド」が終ってしまって寂しいなあと思うこの頃です。

初日から観ているので色々な想い出もあります。
最初は開口バリバリで笑いを取るのも微妙だった沼尾グリンダの成長ぶりとか。
1周年記念で貰ったエルファバ色のカーネーションとか。
2周年カテコでエメラルド色のサングラスをかけたチステリーに微笑を誘われたりとか。

汐留の「WICKED CAFE」はHPによると10月2日迄店舗改装中とか…。
3日からは「AIDA CAFE」になるんでしょうね。アムネリスの衣装にちなんだカラフルな飲み物を売ったりするのかなあ。

wickedcafe.jpg

レポを書いていなくて載せていなかったのですが、2周年の頃に限定発売されていたトルネードなんちゃら(覚えろ(笑))ドリンク↑は美味しかった!
人口甘味料がキライなので普段はこういうソーダは飲まないのですが、爽やかな炭酸とゴロゴロ入ったフルーツの組み合わせが美味しくて。
「トルネード」の名の通り、グルグルかき混ぜると緑色のシロップがキレイには映えるんですが、「これって妹が死んだ原因の竜巻じゃんね」と言っている声が耳に入り、ちょっと複雑なキモチにもなったりしました(苦笑)。

とまあ何となく感傷的なモードだったりするんですが。
「ウィキッド」は本当に完成度の高い作品だったなあと思います。
脚本・舞台美術・そして演じる役者さん達。
身内や友人等色々な人と一緒に観劇しましたが、老若男女問わず「すごいねー!良かった!」と言って貰える作品でした。

初見でも充分に楽しめる作品ですが、複数回観劇するとその度に感動ポイントが増えていくんですよね。
結末を知ってから観ると冒頭の「グッド・ニュース」でのグリンダの複雑な表情を見るだけでもう涙腺緩みます。
あの『そう。悪い魔女《ウィキッド》は死にました!』というグリンダの台詞がもう…!
「グリンダにとって死んだのは《ウィキッド》であって、エルファバはいつまでも心の中で生き続けるんだよね。うんそうだよね…。」とイキナリ涙(笑)。

マイ楽の今回の号泣ポイントはエルファバが溶けてしまった後、グリンダがエルファバの帽子を抱きしめる前にその帽子を優しく一撫でした仕草でした。ただぎゅっと抱きしめるだけではなく、そっと撫でるというあの仕草に、1人残ったグリンダの親友への想いが表されている様な気がして。

最初はエルファバをからかって「友達の印」といって渡したへんてこな帽子。
それがいつしか本当に2人の大事な絆になって。
その残された帽子をグリンダがどんな気持ちで見ていたかと思うと…あまりに切ない(涙)。
最後の最後にその帽子をフィエロがぎゅっと被せてあげるのも深いなーーとか思ったり。
今書いててもちょっと泣きそうですもん(笑)。

色々な思いがありすぎてちっともこの9月2日ソワレ固有の感想になりません…。

江畑エルファバは前回(8月22日)の方が声の調子は良かったかなあと思いました。
今回は不調という程ではないのですが、2箇所ほど声がひっくり返りそうになって慌ててセーブしたような箇所があったので。
濱田エルファバはその強さに憧憬の念を抱く様なキャラクターですが、江畑エルファバは健気で応援したくなるエルファバ。
スタンダードなエルファバ像としては濱田さん方が合ってるのだと思いますが、私は江畑エルファバもすっごく好きですねえ。
ちょっと哀しげな表情をしながらも頑張る姿に等身大の共感が持てて。
それが1幕ラストの「自由を求めて」でガラリと変わって力強く歌い上げる姿がそのままエルファバの成長を見る様で、こちらの気持ちもすごく高揚して。

東京公演ではどういう巡り合わせかグリンダは沼尾さんしか観られませんでしたが…もうそれでも毛頭悔いなし!って位完璧なグリンダを観せて頂きました。
元々沼尾さんは好きだったのですが「ウィキッド」でもう殿堂入りというか(笑)。
歌声は勿論ですが、台詞の間の取り方や声色の使い分け、ちょっとしたアドリブなんかが本当にお見事!としか言い様が無くて。
そしてカテコで投げキッスしたりぴょんぴょん飛び跳ねる姿のカワイさといったら!
本当に見ているだけで幸せな気持ちになれるグリンダでした。

うーんやっぱりいつ観てもキャストに大きな穴がなかったのが東京「ウィキッド」の最大の魅力だったかもしれませんね。
来月開幕の「アイーダ」も違いを楽しめる様なキャストが揃うといいなと。
闇鍋キャストが怖くてチケット1枚も取っていない私の呟きでしたー。

「ウィキッド」カンパニーの皆様お疲れ様でした!
ゆっくりお休み…は難しいかもしれませんが、心身リフレッシュして今度は大阪で素晴しい舞台を見せてくれますように。
スポンサーサイト


千秋楽限定手ぬぐいGET
昨夜はFC2サーバーが不調でアップ出来なかったのですが、東京公演My楽となる「ウィキッド」観届けてまいりました。
流石楽週。開演前からお客さんが熱いです。
それは恐らく「千秋楽限定手ぬぐい」争奪戦故。

大人気で毎日完売との噂を聞いて、開演約1時間前に劇場につくとそこには同じ事を考えている人達で既に行列。
45分前に開場するやそのお客さん達の殆どが手ぬぐい売場にスライド。
「1人3枚まで」という購入上限数があるものの、殆どの人が複数枚買っていくので自分の番までまわってくるかハラハラでした。なんとかギリギリ買えたーーーっ!

P1040663.jpg

全面エメラルド色の手ぬぐい。
本来の手ぬぐいの用途として使用したら、ますます…どんどん…色褪せてしまう(ディラモンド先生風)事間違いなしです(笑)。
まーこれを実際に使用する人は殆どいないでしょうからね。広げて、飾って、キレイならOK。

P1040664.jpg

「Tokyo Final June 17,2007-September 6,2009」と公演期間が記されているのが楽記念ならではですね。

この限定手ぬぐいを買えた事で、本編観る前から何だかとっても満足してしまいました。

そうよ 幸せなの
きっと…
幸せだわ
ただ私の理想(特別カテコ…)とは少し違うけれど


というわけで楽週ですが特別カテコはありませんでした。
期待し過ぎを反省しつつもやっぱり残念。
ただお客さんの温度感は特別仕様な訳で(笑)。
グリンダとエルファバが2人舞台中央に残って手を振ったまま幕が下りる(いつもなら両袖にはけていく)形で終りました。
沼尾さんが腰をかがめて幕が下りる寸前まで手を振ってくれて盛り上がりました。


8/22「ウィキッド」ソワレ
東京公演千秋楽まであと2週間。
当日券も完売続きの「ウィキッド」行って参りました。

P1040604.jpg

で、またグッズが増えてしまった。
劇場に行く度に確実に何か買ってる気がする。
チョコクランチとコンパクトミラー。いずれも新商品です。
鏡は丁度探してた所だったし…チョコクランチは缶が目当て。
以前も缶目当てで買ったのに「パッケージが変わりました!」との謳い文句にまんまと踊らされる人がここに。

思わず財布の紐も緩んじゃう位、舞台の方もめちゃめちゃ良かったです!
江畑エルファバ初見だったんですが、もーーー素晴しいっ!!
特に中低音域の声の深みと艶が絶品ですねえ。
それでいて高音も危なげなく出るしで1幕ラストは鳥肌&感動泣き。
どんな人とでも相性が良さそうな声質なのも良いですね。

演技の方も良い意味で感情表現が素直でわかり易く、等身大な雰囲気で親しみの持てるエルファバでした。
樋口エルファバだとどうしても心の中で濱田エルファバと比較してしまうのが本音なのですが、
不思議と江畑エルファバだと他の役者さんとの違いを感じる事無くすとんと入ってきました。
沼尾グリンダとの息もピッタリ。
沼尾さんも相手によっては結構ブレますからね(苦笑)。

敢えていうなら体の使い方というか…身ごなしがビシッと決まる様になるといいなと。
「ワンダフル」のシーンでドレスの裾を掴み損ねてしまって動きが止まったりしていたので。

沼尾グリンダは冒頭声が若干掠れていた様な印象も受けましたが、
美しい歌声といい幅のある演技といい…パーフェクト過ぎます。。

山本ネッサの好演も栗様オズ陛下のイケメンっぷりも最高で、
もう東京で観られなくなるのかと思うと寂しくて仕方ありません。

前楽は取れなかったので次は9月2日。
スペシャルカテコ…あると良いなあ。


5/6「ウィキッド」マチネ
090506_2.jpg

バックステージツアー目当てで前予。
新エルファバに当たったらそれもそれで楽しもう~と思っていたんですが、やっぱりオリキャスの威力は凄まじい。
歌声も絶好調!特に濱田さんは私が観た中では1番と言って良い程の圧倒的な声量でした。
「Defying Gravity」「NO GOOD DEED」では今まで聞いた事のないプチアレンジも聞けたし。
連休最後にこんな素晴しい舞台を観られて良かったー!!

四季の舞台っておおよそ高値安定で演技にあまり変化がない事が多いと思うのですが、ウィキッドの濱田・沼尾コンビは演技の間やちょっとしたアドリブ等が観る度に進化しているのが凄いです。
この2人は本当に相性が良いというか、感情表現のキャッチボールがすごく自然で大好きです。
私も泣きましたが、お二方も結構泣いてたなあ(笑)。
「Defying Gravity」の「♪選んだ道だから悔やまない決して~」で2人が互いに縋りつく様に手を取り合っているのとかもう号泣。

濱田エルファバは1幕の印象が大分変わった気がしました。
以前は最初からもう少し陰の運命をしょってる感があった様に思うのですが、今日はとにかくよく笑うし動きもコミカルで。
それが1幕ラストで「悪い魔女」に仕立て上げられてしまった後の「怖がってなんか無いわ…」と呟く、その動と静の対比がそのままエルファバの運命の変化をハッキリと表す様で鳥肌が立ちました。

李フィエロも今日はかなり日本語が滑らか!(苦笑)
1幕のお気楽王子様の演技にますます拍車がかかってました。
「キラキラ~」ではくるりと回転してるし。

ものすごく久し振りに観た小粥ネッサの成長ぶりにもビックリ。
特に1幕のエルファバとネッサがすごく仲良しで、ディラモンド先生の授業のレポートを互いに見せ合ったりと微笑ましいと同時に、2幕の展開を思うと泣きそうになったり。
ボックとパーティーに行く事をエルファバに許してもらった後、車椅子の上で「キャー♪」と両手を挙げて喜んでいるのがカワイイ。
オズに旅立つエルファバを見送るシーンで「私なら大丈夫よ」と言いつつ「気をつけて行ってきてね」が涙声だったのが私の泣きツボに直撃しました。
健気で…泣ける…。

カテコも大盛上がりで1階席はほぼ総スタオベ。
沼尾さんが何度か両手投げキスをしてくれたんですが、一番最後に濱田さんもちょっと照れ臭そうに同じく両手投げキスをしてくれたのが、そのまま劇中の「キラキラ~」の演技と被って楽しかったです。


さてお目当てのバックステージツアー。
噂には聞いていましたが今回は会員以外でも参加可能との事で物凄い人でした。
1階席3列目(5列目)~19列目まで埋まってました。
早く受付した順に19列・18列…と座って行き、ツアーの順番も19列目から。
私はなるべく早めに帰りたかったので開演40分前に並んで16列目。
それでも終ったのは18時近かったので、最後の人なんかは19時過ぎてたのでは…と思います。
順番を待つ間に舞台監督さんと助手さんがお客さんからの質問に答えてくれました。
印象に残った事を幾つか。

※注:ネタバレになりそうなものがあるので間隔空けます


つづきを表示


12/31「ウィキッド」マチネ
2008年の観劇納めで「ウィキッド」行って来ました。
月曜日以降キャストチェックをしていなかったので、劇場に行ったらエルファバが濱田さん⇒樋口さんに変更になっていてビックリしました。帰宅後情報収集したところ、何でも濱田さんの喉の調子が良くないそうで…心配です。

過去3回の観劇が全てオリキャストリオだったので、本日樋口エルファバと北澤フィエロが初見でした。

樋口さんは急な交代だった事を微塵も感じさせない素晴しい歌声でした。地声・高音域のところなんかはむしろ濱田さんより突き抜ける感じの迫力があって好きかも。

樋口エルファバは明るい性格という印象ですね。濱田エルファバが緑色の肌というその宿命を影として背負っている様な重さや常人とは違うオーラの様なものを感じさせるのに対して、樋口エルファバは肌の色さえなければ本当に普通の大学生の女の子という印象。
濱田エルファバの強さには憧れを、樋口エルファバの強さには共感を覚えるという感じかなあ。
どちらも技術的には甲乙つけがたく、あとは役の解釈の好み次第ですね。こういう複数キャストは観応えがあって良いなあと思います。

更に言えばグリンダ役者との相性の良し悪しもあるかも。
今日たまたまかもしれませんが沼尾グリンダならやっぱり濱田エルファバの方が良いと思いました。樋口エルファバだとグリンダの明るいキャラとちょっと被る気がして。2人ともテンションが近いというか、2幕の取っ組み合いのけんかとかがちょっと笑えないぐらい本気っぽくてハラハラしました(笑)。濱田エルファバだと姉キャラ・妹キャラという感じでハマるのですが。

沼尾グリンダはちょっとお疲れなのかなあ。演技がちと雑な様な、いまいち情感が乗りきらない印象を受けました。でも笑いどころなんかは相変わらずきっちり押さえてたので、これこそエルファバとの相性なのかもしれません。

北澤フィエロは…こんなに登場シーンで手に汗握るのは久々ですよ!佐野ファントムデビューの時と同じ位観ているこっちが緊張しました(←失礼)。
そういう目で観てるからアレですが(苦笑)、頑張って踊ってましたよ。うん。
むしろ踊りより歌の方が気になったかも。あの手の歌唱は北澤さんの歌い方には至極合わない気が…声の強弱のつけ方というか、妙に声を張る所とそうでない所の差が激しいというか。
でも演技(というか日本語…?(汗))はやっぱり安心して聞いていられました。北澤フィエロの「キラキラ~」はかなり笑えます。
それにやっぱりカッコいいなあ。あのノーブルな雰囲気はなんなんでしょうね。李フィエロは「王子」だけど北澤フィエロは「王子様」だなあ。でも完全にグリンダの尻に敷かれてる感があったのは、普段の沼尾さんと北澤さんの力関係を知っているからでしょうか(笑)。

八重沢モリブルは最近デビューだそうで。森モリブルとは違った種類の怖さ満点でした。なんというか…呪われそうな感じ。
八重沢さんは歌が…ですけど、モリブル先生は台詞的歌が多いのでさほど気にならなかったです。

山本ネッサが超熱演で、初めてネッサに共感して泣けた…。ブリキ男になってしまったボックに「それでも私…!!」と叫ぶネッサにもう号泣。ネッサがどれだけボックを愛し必要としていたのかが痛いほど伝わってきました。

ちょっとだけ大晦日verを期待していたカテコは至って普通でした。
「良いお年をー!」位のご挨拶が聞けないものかと思ってたんですが、四季ではそれすら事前許可が要るんですかねえ(苦笑)。客席からは「良いお年を~」「お疲れ様~」の声が飛んでいました。


今日は久々に四季劇場にお金を落としてきました(笑)。
新しいグッズが色々出てましてねえ…ついつい衝動買い…。

P1030605.jpg

緑色の「ウィキッド・ベア」。
この箒がツボってしまいましてねえ。この箒がついてなかったら買ってなかったと思います。買ってから気がつきましたがこのクマ、ファントムベアと違って手足が回らないので自力ではお座り(笑)出来ません。何かにもたれかからないとダメな仕様。

P1030606.jpg

というわけで我が家の四季ベアが計3体に増えました。
うーん統一感の全く無い3匹だ。
キラキラグリンダベアがあれば丁度対になっていいのになあ。

P1030604.jpg

その他どーーーしても缶が欲しくてチョコクランキーを購入(左)。
更に原作本も購入(右)。
帰宅途中の車内でちょこっと読んでみましたが…なんつーか…下ネタというか…結構下品な描写がバンバン出てくるのでちょっとビックリしました(汗)。次回3月に観劇予定があるのでそれまでに読破したいと思います。







Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。