スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/30「マリー・アントワネット」マチネ(大楽)その2

「MA」→「レミゼ」掛け持ちキャストの皆さんは休む間もなくお稽古に入られている様で。祐一郎さんだけ初日が遅いのは、オッサン(コラ)の年齢に配慮して少しはお休みをあげようという事なのかなーなんぞと思っていたのですが、まさか本番では組まない顔ぶれとのお稽古までしているとは……やはり舞台役者さんは何はともあれ体力がないと勤まりませんね。残業に愚痴をこぼしている己をちと反省。



初っ端から話が盛大に逸れておりますが、私の方はまだ「MA」の余韻に浸っておりますので感想の続きを。もう既にあちこちのブログ様で掲載されているはずですが、この日は大楽仕様のアドリブが色々入っていて楽しかったです。



・「私こそがふさわしい」で綜馬オルレアンが禁断の盆の上に寝っころがって歌うパフォーマンスをお披露目!綜馬さんの体調が悪くなっていない事を祈ります。いやーブキミだった…。いえ最高ですっ!



・その綜馬オルのソロの後は勿論ショーストップ!!だったのですが、楽日とあってボーマルシェが止めても止めても拍手を繰り返し粘る客席。恐らく5・6回は続いた様な。最後はボーマルシェが「もうホントにやめましょうね」と客席に懇願してました。その後綜馬さんが「国王など問題ではない」といつも通り普通にセリフを喋ったのにそれにも笑ってしまう客席。「箸が転がっても可笑しい」スイッチが入ってしまった感でした。



・ロアン大司教の紹介は「ハイでました。最後は目出度い妖怪赤ダルマ!」

それを聞いて「そのダルマ、ちゃんと両目入っている(=満願成就)のかなあ…」とイジワルな考えがよぎってしまった私をお赦し下さい…。



・「7つの悪徳」が終ってボーちゃんが下手階段に走ってくる時点で既に拍手喝采。「まさか拍手で迎えられるとは」と嬉しそうなボーマルシェ。塩田さんに「今日は優しいねえ。最後だもんねえ。」と話しかけたり等はいつも通りでしたが、「時は1785年!」のセリフの前に「さあ千秋楽、1幕も大詰め!」というフリを入れてくれたので盛り上がりました。



・禅さんルイの「ホントにいっぱい…」にも拍手喝采。この「いっぱい…」が聞けない日がほとんどだった事を思い出すとちょっと切実で複雑な気持ちもしましたが、そんな想いを払拭する為に沸き起こった拍手だったのかもしれません。



・ロアン大司教の「ただいま!ただいま!!」の後の高笑いが楽仕様でラスト高音上げ。



・綜馬オルレアン子が「こんなやつら殺すのよぉーーーーーーーー」とプチロングトーン。



・「パリ情報」で春風ベルタン夫人が「本日で閉店。御用の際はお早めに~。」とアドリブ。その後ボーマルシェが春風さんのドレスの胸元から、スルスルと三角形の三色旗を(カテコ動画で山路さんが首から下げてるものです)手品の様に取り出し。おおーめでたい感じでいいねえと思う一方で、春風さんの大きく開いた(しかも谷間バッチリな)胸元から取り出す図というのにちとドキドキしちゃった私です。



本編での楽モードはこれ位でしょうか。我が祐一郎トロ様は全くと言っていい程特別な事はしておりませんでした。楽っぽいロングトーンをちょこっと期待していたのですが特段変わった事は無く。「ILLUSION」に関しては個人的には27日ソワレの神がかり的なド迫力の方が記憶に残っています。

更に「もしも」では、ホントに一瞬仮面をずらす程度で終ってしまいあのゆったりとした極上の微笑みは封印。「あの甘ーい笑顔をこの目にしかと焼き付けるぜ!」と構えていたのに~祐一郎さんのいけずっ。

でも祐一郎カリオストロが本編では淡々と平常通りの芝居だったのは、結果的に作品のバランスとして至極良かったと思っています。ファンが多いだけに祐一郎さんがアドリブをしてしまうと作品の空気が変わってしまう(例:レミゼの宿屋のシーン)懸念がありますし。



この大楽公演は息抜き部分と、キャストの熱演にからくる張り詰めた芝居とのバランスが本当に素晴しかったです。MAでこんなに笑ったのは初めてでしたが、同時にシャルル連れ去り辺りからラストまでずっと涙が止まらない程引き込まれたのも初めてでした。あ、「ダンダダダン」で初泣きも経験しました。桝井ジョセフの「ギロチンは止めて」を叫ぶ表情が本当に炎に取り囲まれてしまったかの様なあまりに悲痛な表情で…このシーンのジョセフの演技には「ちょっと逝っちゃってるっぽい」バージョンもありますが、こっちの方が好きだなあ。

えっと何が言いたいかと言うと、作品の大テーマがなんであれ、やっぱり上演時間3時間にも及ぶ作品なのですからメリハリが必要だなあと改めて思ったのです。




つづきを表示
スポンサーサイト


5/30「マリー・アントワネット」マチネ(大楽)その1



というわけで「MA」大千秋楽より帰宅しました。

eプ●スの得チケもなく、お弁当&お土産特典付きチケもなく、団体様もご招待様もいない、濃い東宝ミュージカルファンのみが結集したと思われる本日の大楽公演。ロビーが異常に混んでおりました。お昼用にデパ地下弁当をぶら下げて入場したのですが、椅子が空いてない!トイレも長蛇の列で、久々に休憩時間がトイレ並びで終わってしまう事象を体験しました。



クロリンタオルはまたもや全色完売(一体観客の何割が祐一郎オタなのか…?)、公演プログラムも開演前に売り切れていた様です。もしかしたら昨日の前楽から行われていたのかもしれませんが、ファン感謝と称して出演者サイン入りミニ・タペストリープレゼント抽選(ロビーに掲げられているタペストリーのミニ版)がありました。

自分の座席番号・氏名・希望する出演者を書いて箱に入れるのですが、この箱の周囲が満員電車さながらの大混雑!投函するだけで一苦労でした。ええ、結果はもちろん落選ですけれども。



前の記事で書いたのですが、最後に祐一郎さんがぶちかましてくれた特大バズーカですっかり記憶が飛んでしまったのですが、まずはカテコの模様から。思いっきり意訳しておりますので、正確な情報は公式ブログの更新をお待ち下さい~。



途中までは通常公演のカテコと同じ。ドレスに着替えた涼風マリーと新妻マルグリットが舞台中央で抱き合う所で、涼風さんが新妻さんを抱きかかえてクルクル~と回ってました(←バルジャンとリトコゼちゃんの図)。あの動きにくいドレスを着たまま…さすが元・男役!と思ったのはきっと私だけではないでしょう。

送り出しの音楽の途中で客席から拍手が沸き起こる盛り上がりの中、上から「世界初演ミュージカル『マリー・アントワネット』ご声援ありがとうございました!」と書かれた看板が下りてきて特別カテコスタート。司会は予想通り山路ボーマルシェでした。



まずは山路さんご自身の挨拶。「(公演期間が長かったので)途中でネタ切れになってしまったが、他のキャストが色々考えてくれて『妖怪赤ポストが良いんじゃないか』等助けてもらった」と言って関係者・観客に感謝の意を。

トークショーの話題にも触れ、質問の中に「芸能人に例えると誰に似ているか?」というのがあったとの事で客席爆笑。山路さん自身が芸能人ですからーーっ!!「中条きよしさんに似ている」という自負があるそうですが、春風さんのお母様がTVで大友●平さんが出てくる度に「ホラ山路さんよっ!」と仰ってるとか。ちなみに私の周囲の友人(山路さん初見)も「大友●平に似てるよねー」と言っておりました。



次はボーカルキャプテン林さんから。「さっき突然「何か言え」と言われたので動揺しているのですが…」と謙遜しながら、「このミュージカルは非常に喉を酷使する作品でしたが、ノロにも負けずはしかにも負けず終える事が出来ました。これも応援して下さった皆様のお陰です。」と。



続いてダンスキャプテンのKentaroさんから。「この作品はダンスミュージカルではありませんが、全編音楽でつづられているので、何か(予定に無かった)芝居を1つ入れるとどこかで引かなくてはならず、何かが欠けたら代わりに入れなくてはならずで微調整が大変だったので、毎晩酒の量が増えていき、髪の毛も抜ける思いでした。元から無いんですけど。」と。



涼風さんから。…とても真面目なご挨拶だったので詳細を失念してしまったのですが(汗)、時々涙声になりつつもあえてオーバーアクションで涙をすするフリをして笑いを取りつつ、この作品・役・カンパニーに出会えた事を感謝します。明日からまた一生懸命生きていきます…という様な内容でした。



新妻さん。こちらも終始真面目なご挨拶だったので激しくウロなのですが、先日の打ち上げパーティーでの栗山さんの言葉を借りて…と前置きして「このミュージカルは「もしも」がキーワードだとの事。もしもこの作品に出会えなかったら、もしもこの役を演じる事がなかったら、と考えると今は感謝の気持ちで一杯です。(今日で公演は終わりだけれど)今日1日はこの余韻に浸らせて頂きます。」と。



土居さんは、山路さんから「前掛けなんだからいいじゃん」と衣装をめくられていたらしく、「もし前掛け1枚だったらどうするのよって感じですよねえ」とちょっと下ネタ系(裸にエプロンって事ですな)な事を言いつつも「この服(修道女の服)を着ているのでせっかくだから」と「アニエスのセリフ『人間を尊重する事』これを皆が行えば、今世の中を騒がせている異常な事件は起こらないはず。コンピュータやお金と向き合うのではなく、時に面倒だと感じても人と向き合っていきましょう。」と。山路さんからは「すっかりシスターが板についてしまったようです」と言われておりました(笑)。



今さんは山路さんと同じくトークショーのネタ。「トークショーで120%身も心もフェルセンですと申し上げたのですが、質問の9割位が『フェルセンはマリーの何処を愛していたんですか?』という内容でした」と。うんうん、やっぱりソコは疑問だよなあ…。

で今さんの答えは「120%アントワネットを愛しています!」と高らかに宣言。……恐らく「細かい理由や理屈ではなく、フェルセンである以上アントワネットの全てを愛している」という意味だったのだと思われますが、その場では正直よく意味がわからず客席が微妙な空気に?今さんちょっと慌ててました(笑)。

そしてさようならを言うのは嫌なのでこの言葉で締めくくります「また会いましょう」と。うん…今フェルセンにはまた会いたいんですけどねえ…「MA」自体はどうかなーと思ったり思わなかったり。




つづきを表示


「MA」大千秋楽終演



カテコ挨拶で祐一郎さんがぶっ壊れて叫びまくりの暴れまくりだった為、私も興奮さめやらず瀕死の状態です。祐一郎さん最高だーっ!!!

公式ブログの動画を見られる際には、くれぐれもあらかじめ音量を小さくしてからご覧下さいませ。



楽屋口は絶対無理だと思ったので、地上でお見送りして参りました。久々にクロリンうちわ(大・裏にありがと!のメッセージ付)をフリフリお帰りになられました。服装が日曜と同じだった事は、今更語る必要もない事ですね(笑)。

まだ帰る気分になれなかったのでぐるりとまわって地下に戻ると山路さんがファン一人一人にサインをしたり、ツーショットで写真を撮ったりしていたので、便乗して握手してもらっちゃいましたーっ。緊張してしまって「お疲れ様でしたっ。宝塚BOYSも観に行きますんで頑張って下さい!」などとのたまってしまい、自分の観劇予定を伝えてどーすんのアンタ?状態になってしまいましたが、間近に山路さんのお顔を見ながら握手できて至福の一時でした~。



恐らく今日中に公式に記事がアップされるでしょうけれど、帰宅後記憶をたどって自分なりにレポ上げてみるつもりです。




5/27「マリー・アントワネット」ソワレ

5/3のトークショー以来の帝劇、行って参りました。





大楽前の最後の日曜日公演でしたが…2階席が空席だらけで衝撃的でした(汗)。S2・A2の両サイドブロックがぽっかり空いてましたねえ。お陰でトイレが空いてる事!全く並びませんでした。そういう意味では快適な環境と言えなくもない…かな?うん…。

しかし空席が多いとはいえ、残りのお客さんはリピーターの方が多いのでしょう。拍手も熱くて最後はスタオベもありました。カテコも通常より1回多くて、最後は2人のMA締め。



本編の方はどうやらキャストの皆さん、いよいよ楽モードに突入した模様。歌い方や台詞回しがかなりテンション高めで、ところどころフェイクっぽいアレンジも入ったりで気合入ってました。

そして我が愛しの錬金術師・祐一郎トロ様はお声もお姿も艶々のピッカピカにお美しくて、改めて見惚れてしまいましたです。「一 瞬 どゎああ!!!」「♪まぼろーーーーーーーしかッ!!!」のド迫力っぷりときたら、持っていたオペラグラスを取り落としそうになった程です。あなたこそ何処まで行っちゃうんですかと(笑)。



…っていうかマイクの位置、口元に近すぎやしませんか?あの祐一郎バズーカをそんな至近距離で拾ったら、そりゃ大音量にもなりますって。あのワイヤレスマイク、以前からあんなに前についてましたっけ?「MA」は細切れにしか観ていないので自信が持てませんが、マイク隠しのもみ上げが伸びてきているなあと今日初めて気がついたので。

初演→リターンで色々な演出変更があって観易くなった「MA」ですが、トロ様については「金が決めて」で2階の5番のボックス(違)に待機しているトロ様のお顔がよく見える様になった事が何より嬉しい~!もうホント彫像の様に溜息が出る程の美しさなんですけどっ!!最近もっぱらB席が指定席となってしまった私にはあの4分間ずっとオペラグラスを構え続けなくてはならぬ為、観劇後は二の腕が結構張ってます(←バカ)。

更にものスゴイ今更なのですが、ラストで全キャストが「♪自由~」と叫ぶ中、トロ様だけはマリーの亡骸を黙ってじっと見つめているのですねえ。いやホントあまりに今更過ぎてスミマセンな話ですが、悲しみでもなく同情でもなく…例えようも無い程憂いのある表情だったので胸を衝かれてしまいまして。やっぱり「立っているだけで雰囲気を作ってしまう」祐一郎さんのオーラが大好きですっ。



…とひとしきり吼えてみた所で。「MA」の舞台の出来はいつも高め安定なので、他のキャストさんについて特筆すべき事が思いつかないので本日の日替わりネタなぞを。



・綜馬オルレアンがピンクのベンチを蹴っ飛ばした後、何故か欽ちゃん歩き。

・その「私こそがふさわしい」のショーストップが余りに長かったので、留めに入ったボーマルシェが「いい加減にして下さいよ~」と懇願。

・ロアンの紹介は「ハイ出ました。妖怪ほおずきオヤジ!」。(どんな妖怪だ?)

・「7つの悪徳」の後のボーマルシェのボヤキがすっごく長かった(笑)。「毎日毎日喋らされてね…気がつけばもう半年・2百何十ステージもやってるんですよ。」で客席から拍手が。

「暑いですね。もう毎日暑くて…(お客さんに)涼しそうな格好で良いですねえ。私コレ去年の11月からずっと…モロ冬服なんでねえ…」。

で、そろそろ痺れを切らしたシオティに促されたらしく「そんな冷たくしないでよ、後3日しかフランス人やれないんだから」等々…。

・「なんというセレモニー」で禅さんルイが毛皮付きマントをトロりん並みに翻した為、貴族のご婦人の顔を直撃。アレは結構重量が有りそうなので目に当たったりすると痛いのでは…(汗)。

・「所詮はあばずれ」では内股スリスリの綜馬オル。私は初見でした。コレに較べたら、カーペットに寝っころがる姿なんて何の問題もないと思いますよ…?ってかあの社長の事務所でタブーも何も無いと思いマスが(笑)。



本編はだいたいこんな所です。

以下余談を。




つづきを表示


5/3「マリー・アントワネット」マチネ・本編

連休中というのにこのトークショーのあった5/3以降は空席が目立つとの噂が聞こえてきますね。この5/3は「なんというセレモニー」で禅さんルイの「いっぱい…」のセリフに対して客席から拍手が起こっていました。拍手で盛り上がる客席は何よりですが、凱旋の初日は同じセリフに対して「笑い」だけが起こったのを思い出すと少々フクザツです(汗)。もしリーヴァイさんが5/3以外の日に観劇されたらどう思ったんだろうなあと。「世の現実ってモノがここに」…と正直に見せた方が良いのでは?とも思います。





今日は玲奈マルグリット。なんと去年の11月初旬に観て以来です。新妻マルグリットの進化っぷりに驚いてすっかりお気に入りになってしまったのですが、玲奈ちゃんの演技も昨年とは全く違っていますねえ。でも基本的には新妻マルグリットと変化の方向性は同じなのかなあと思いました。

2人とも革命闘士からフランス革命という一時代に生きた1人の少女として、より感情移入しやすい存在になっていました。

驚いたのは前半の玲奈マルグリットがとても小さく(物理的に)見えた事です。玲奈ちゃんは背が高くて目立つ筈なのに、始めの方は群集の中でとりわけ目立つとは感じなかったです。それが「心の声」でガラリと変わって、中央で歌い上げるのがすごくカッコ良かった~!

この2人のキャスト、あとは好みの問題でしょうねえ。私個人は新妻マルの方が好みです。新妻さんの方が玲奈ちゃんより若干声が高いからか、重唱が多い「MA」の中で歌詞がスパーンと突き抜けて聞こえてくるのが好きなので。



玲奈ちゃんだけでなく、この日のキャストの気合の入り様は凄まじかったです。役者の歌・演技の技量及び完成度の高さといったら、いままでもこれからもこれ程高レベルのものには出会えないのではないかと思うMAカンパニーであります。…それなのにハードリピートしたいとは思えないのは…観に行けばそれなりに感動する場面も多くて涙を流す事もあるのに…うーん。



この日は(この日も)B席観劇だったのですが、私が祐一郎さんファンになって帝劇に通い始めてから初めての事態が起こりました。それはオペラグラス装着率。祐一郎カリオストロよりも今フェルセンの方が圧倒的に多かった~!ああ皆同士なのね(笑)。私も今フェルセンが出ている場面はずっとオペラグラスを構えっぱなしだったので、終演後は二の腕がグッタリでした。



井上フェルセンもやっていたかもですが、「どうか善き王妃となられます様に」と言いながらマリーの両手を取ってそのまま手にキスする仕草に倒れそうなりました。「手を取る」「腕を掴む」「肩を抱き寄せる」…全ての仕草がスマートで包容力に溢れていて…嗚呼今フェルセンステキ過ぎる!愛だの恋だのを語っちゃう今さん(「そし誰」のマーストン君は即効で死ぬので除外)を知らなかったので、始る前はどうなる事かと懸念していた事が懐かしいわー。



あと今フェルセンで好きなところは「わたしはただ王妃様が民衆に誤解される事の無い様にと」の台詞回し。マリーの「あなたまるで革命闘士ね!」というセリフに対して、井上フェルセンは愛する人から心外な事を言われて自尊心を傷つけられた様な焦りを感じるのですが、今フェルセンの場合はマリーが本心からその様な事を言っているのではないとわかっているかの様に揺らぎの無い態度が好きなんですよねえ(萌)。

どちらのフェルセンがいいか、というのもこれまた好み以外の何物でもないと思いますが、マルグリットと違ってフェルセンの好みは観る側の恋愛感が影響している様な気がするなあ。井上フェルセンの様に真っ直ぐに熱くぶつかってきてくれる人が好きか、今フェルセンの様に冷静で静かな包容力をたたえた人が好きか、みたいな……ハア…アホな妄想がとどまることをしりません。




つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。