スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/26「ダンス・オブ・ヴァンパイア」マチネ~東京公演千秋楽~
0826TDV.jpg

朝晩涼しくなって「夏もそろそろ終わりだなあ」と思うこの頃。
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」またの名を東宝納涼祭りも本日千秋楽。
お客さんは全部勝手がわかっている人ばかりなので、拍手といい笑いといい…まあタイミングのそろう事といったら(笑)。
舞台も客席も一緒になって笑って歌って踊って…いやーーー盛り上がりました!

今日は音響機器のトラブルがあって開演時間が少々押すというアクシデントがあったのですが、
クコールが幕前に出てきてお詫びをしてくれた事により逆に得した気分に。
幕間と同様にうちわを持って出てきたクコールは「あれ?雪が無い!」と驚いてました。
「始まってしまえば終わりがあるのですが、本日千秋楽ということでご先祖様が御機嫌を損ねてしまって音響機器にトラブルが…申し訳ありません。」と挨拶していました。

本編は東京楽に相応しい完璧な出来!としか言い様がありません。
声のハリからして役者さんの気合の入り方が違いますし、
「これで最後!」というテンションの高さからいつもとは違うアドリブも沢山飛び出すし。

特に教授の無茶振りが楽しかったー。
「人類の為」の最後でいつもなら教授が残って拍手を受ける所を「後は任せた!」といってアルフを舞台中央に突き飛ばして先に退場しちゃったり。
「杭を打つタイミングは?」「杭を打つ場所は?」のやり取りの後「じゃあもう一度正確にまとめて!」と言ってみたり。
そんな教授のアドリブになす術もなくうろたえる浦井アルフが可笑しいやらカワイイやら。

墓場のシーンで「でもねー。出来ないんだなー。」とどこの方言かわからない訛りでもじもじする浦井アルフは、
「それ標準語で言ってみろ!『でもね。出来ないんだな。』…って生意気じゃないか!」と叱られてました。
「私の後を継ぐのは100年早い!」と言われて「100年経ったら死んじゃうじゃないですか」と常識的なツッコミをするも、
「当たり前だ!何つまんないツッコミしてるんだ!」と返される始末。
どちらのアルフにもいつも柔軟なアドリブで対応する禅教授に拍手っ!

拍手と言えば、浮気現場を押さえて安崎シャガールを追いかける阿知波レベッカ。
いつも逃げられるのに今日はバッサリと袈裟懸けに仕留めたので客席から拍手が起こってました。
この場面のこのタイミングで拍手が起こるなんて楽ならではだなあ。

吉野ヘルのお風呂場シーンは3年前の楽のやりたい放題(笑)に較べると控えめではありましたが、
いつも指十字を「見なければ大丈夫!見なければ大丈夫!」と言う所を、
「斜めにすればバッテン!斜めにすればバッテン!」と身体を変な方向に捻りながら意表をつくアドリブで大爆笑。
アルフを襲う時もいつもの「痛くしないから」「ちょっとだけ噛ませて」以外にも
「さっき(悪夢のシーンと思われ)アタシの夢見たんでしょ?」「正夢~~~~♪」と言いながら噛みつこうとしたり。

そうそう。
1幕ラストでヘルが登場するシーンで、「我が息子も~♪」と歌いかけられた時に父上に「ガブッ」と噛み付くフリをしてました。
ヴァンパイア的スキンシップなんでしょーか。犬とか猫がやる「甘噛み」みたいな(笑)。
そんな息子にも全く動じる素振りを見せずにフツウに伯爵ヴォイスで「あうっ」と反応してた祐一郎伯爵がエライぞ!

その祐一郎伯爵様は声の深みといい艶といい…「抑えがたい欲望」はもう絶品。
歌い終わった後にハケていく時のあのマント捌きの芸術的な美しさといったら溜息モノでした。

幕間のクコール劇場は残念ながら他役者さんの乱入は無かったものの、「蛍の光」の生オケ付きお掃除。
丹念に紙吹雪き掃除を済ませたクコールは「ヨシ!」のガッツポーズをした後、
一端袖に入って「クコール劇場 全73話 完」と書かれたお手製プラカードを持って再登場。
プラカードを裏返すと「博多座へ続く」と書かれていました。

「悪夢」のシーンでソロパートを踊る男性ダンサー2人の動きが凄かった!
下手側の人は逆立ちした状態でジャンプしてたし、上手側の人(私はこの人が元マジック猫のあの人だと思ってるんですが)は開脚ジャンプを何連続もやって拍手が起こってました。

カテコでは東宝専属司会者の駒田さんが仕切り。
挨拶の詳細は公式ブログに掲載されると思うので割愛しますが、
いつもなら促されても中々喋らない祐一郎さんなのに、今回は駒田さんに紹介される前に勝手にスタスターっと舞台中央に出てってボソボソ喋り始めてました。
どっちにしろ段取り意に介さずの司会者泣かせな祐一郎さんなのでした(笑)。

途中から泉見アルフや演出の山田さんやオケの方達も舞台に上がっていました。
何回目かのカテコの時に、祐一郎さんと式の西野さんがツーショットで並んでいたのですが、
祐一郎さんが大き過ぎるのか西野さんが小柄なのか…とにかくその並びが到底同じ人間とは思えない規格外な感じだったのが妙にツボりました(笑)。
あーもう当面「人じゃない」祐一郎さんを観られないのは寂しいなあ。

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」再演。前回以上にとっても楽しませてもらいましたー!!
この作品ならまだ祐一郎さんも数年イケそうなので是非またいつかの夏に再会したいと勝手に目論んでおりますので、東宝さん、どうぞヨロシク!!


スポンサーサイト


8/15「ダンス・オブ・ヴァンパイア」ソワレ
15日はWヘッダーで夜は帝国劇城にて急遽「TdV」ソワレを観ておりました。

祐一郎さんの良さをわからせる為に同伴者を誘っての観劇だったんですが…私はすっかりあの東宝納涼祭りの世界観に慣れちゃってる訳ですが、やっぱり初見の人には「なんじゃこら?」だったみたいです(苦笑)。
事前に「これだけ大きな劇場でゴシックホラーな感じのポスターだけど中身は『昭和のコント』だから」「深く考えずに楽しんだ者勝ちだから」と散々念押ししてたんですが、
教授が「♪我らは信じる~輝ける未来~」と歌いながら退場していってしまうと「えっ!?これで終わり…?」とビックリしてました。
「何がどうなったのかよく判らないうちに武●士ダンサーズが出てきてますます判らなくなった」そうです(苦笑)。
まあカテコは一緒に踊って楽しそうにしてたし「あのオカマちゃん(吉野さんの事)面白いねー」と言ってたのでまあ良かったんですが。
初見の人の感想を聞くと初演時当初のあの重苦しい幕間の休憩時間(感想を述べるに述べられない空気)が蘇りますねー。
ヴァンパイアダンサーは今でもトートダンサーみたいにもうちょっとゴージャスな統一感のある衣装にした方が舞台が華やぐのになあと思ったりします。

私の方の感想はというと。
本日はちひろサラと泉見アルフの組み合わせ。

ちひろサラはエロ可愛いを通り越してるんじゃないかと思う誘いっぷりですねー。
「♪ねえ許して素敵な人~」の所で衣装がずれてしまったみたいで左肩が見えていてめちゃくちゃ色っぽい!もうあれは確信犯的に誘ってます。
お風呂場に乱入した伯爵への惹かれ方も凄くて、祐一郎伯爵も思わずサラの顎に手をかけちゃったり。
「愛のデュエット」のラストはちひろサラも上げて歌ってました。

泉見アルフは教授に口答えするのが面白い!
霊廟のシーンで「1から10まで全部私にやらせるつもりか!」という教授に「そんなつもりじゃないです!」と言ったり。
「私の後を継ぐのは100年早い!」と言われて「そんなに言わなくってもいいじゃないですか!」と言ってみたり。
泉見アルフに合わせて禅教授もアドリブが多くなってお茶目感が増します。
「先生はがっかりです」としみじみ言うのが可笑しかったー。

吉野ヘルのお風呂シーンはバスタブに顔をつけた状態で登場でした。何の為に(笑)。
だもんで最初からハアハアと息切れ(興奮?)状態のヘルたんでした。

幕間のクコール劇場は小さい箒を抱えて出てきて、一通りお掃除した後何かの曲がかかり、サングラスをかけてエアギターを披露。
すみません…私昔からあまりTV見ないもんで、何の曲だか判らなかったんですが(汗)…盛り上がってました。
千秋楽には吉野ヘル乱入バージョンが見られると良いなあ。




8/2「ダンス・オブ・ヴァンパイア」マチネ
ようやく「ダンス・オブ・ヴァンパイア」行ってきました~。
劇場でお昼を食べようと思い開演45分前位に劇場入りしたのですが何故か劇場ロビーが大混雑。
しかも行き交う人が皆手にG●DIVAの大きな袋を抱えていて、その中で普通にチケットを取った私…すごいアウェー感。
お土産付きの団体観劇日だったみたいです。
初見さんの多い団体が入ってるとあまり盛り上がらないかなあと多少の危惧を持ったりしていたのですが…

何コレめちゃめちゃ盛り上がってて楽しいんですけどーっ!!
カテコ開始早々に客席総立ち&ファン感謝デーで教えてもらった振り付けで踊りまくり。
吉野ヘルの「さあやるわよっ!」とか「もう1回行くわよーっ!」の掛け声も楽しくて。
いやー今から千秋楽の盛り上がりが楽しみで仕方がありません。

開幕から1ヶ月経ってしまったので今更感満載ですが、ホントにお城(セット)がグレードアップしていた!
クロロック城のお風呂が五右衛門風呂並だったのはあんまりだったもんなあ。
ネコ足ならぬドラゴン足みたいな重厚なバスタブに壁紙やカーテンも美しくて、これならお風呂好きのサラが虜になっちゃうのもわかるという感じ。
初演時の微妙な空気を痛い程味わった身には、いつの間にか「何も考えずに楽しんだもの勝ち!」な愛すべきお祭り作品になり、セットや衣装まで予算を回してもらえるようになった(笑)事が感慨深いです。

新旧キャスト双方共安定していて良いですねえ!
全員「歌える」キャストなのが素晴しい。

禅さんはいつもの事ながら役柄によって全然声が違うのが驚き。
市村教授のコミカルで茶目っ気溢れる教授とは違って、研究一筋で偏屈な老教授という雰囲気。
市村教授だとヴァンパイアになっちゃっても自分自身を研究対象にしてポジティブに過ごしそうな感じだけど、禅教授の場合その血をひと噛みしたヴァンパイアが「なんだこれマズっ!」と敬遠しそう(笑)。
「人類の為」の超高音波で空から気絶した鳥が落ちてくるという昭和ノリの笑い、あまりにベタ過ぎて涙でそうな程笑えました。

知念サラは最初少し声量が足りないかな?と思ったのですがそれは演技の流れだったみたいで、
伯爵に誘惑され恋に恋する様になってからは安定した歌声を聞かせてくれました。
「愛のデュエット」の「♪ただあなた~だ~け~に~」を上げて歌ってました。
知念サラはちひろサラよりも真面目というか一途で芯が強いという印象かなあ。
リカちゃん人形の様な赤みがかったウェーブの髪型が本当にお人形さんみたいで。

ただ細い上に肌も歯も真っ白だからそう見えるのかもですが、牙つける前からちょっとヴァンパイアっぽく見える(笑)。
ラストでアルフレートに噛みつく時の豹変っぷりがもっと現れると良いかも。

人外の役の祐一郎さんは観ていて安心します(笑)。
あの手つきも身体の構えも健在なんですが伯爵様だと全然気になら…なくはなくて、「舞踏の間」で登場する時に右手を選手宣誓の様に掲げている姿にはひさびさにオペラグラスを持つ手が(笑いで)震えました
とはいえ今期はメイクも薄めでもみ上げもハゲシクないのですっきりとしていて麗しい!
「お前を招待しよう」で「♪艶やかな女になれ~」と歌いながら蝙蝠クレーンからマントをバサーッと華麗に翻す姿に激萌。脳裏に焼きついて離れません。
あーやっぱり祐一郎さん好きだーー。

吉野ヘルは相変わらず最高にして最強。
2幕のお風呂場での登場の時は両手でうさみみポーズ。
「僕は君とおしゃべりしたいんだぴょん」と言ってました。
「ちっちゃいの、中くらいの、大きいの、そしてパラダーイス!!」とか「痛くしないから」「ちょっとだけ…ちょっとだけ噛ませて」とか。
教授に指十字架を突きつけられてぐああーとのた打ち回った後「見なければ平気。見なければ。」と自分の手で両目を覆ってしぶとくアルフに迫ろうとしたのですが、
教授に「(お尻が)見えてるよ」と言われて「イヤン☆」とか言ったり。
最後は「父上に言いつけてやるーーー」と言いながら退場だったのですが、禅教授も負けじと「お前の父ちゃんなんか出べそーー!!」と叫んだり。
それでいて舞踏会でサラをエスコートしてくる時のマント捌きの美しさは見惚れる程の美しさで。
伯爵父子はホント他に演じられる役者さんが思いつきません。

本日のクコール劇場は団体さんが入っていた為かパロディ等はなく。
うちわで懸命に掃除をするクコちゃんに客席から「クコールお疲れー!」の掛け声が掛かると
「ホントに疲れてんだよ!あーーもう(片付かなくて)イライラしてきた!」と幕内から電動のハンディクリーナーを持ってきて「最初からこれにすれば良かった…」と呟いてました。
本編では1幕ラストの「クコールがお部屋にご案内いたします」あたりの伯爵へ何度も何度も頭突きしていて、それをたしなめる伯爵の声色も、さながらペットのワンちゃんと飼い主の様でとっても微笑ましくて。

そういえば元マジック猫のあの方を懸命に探してみたのですが、「悪夢」で上手側で踊っていた小柄な男性がそうですかね?ジャンプ力とか凄くて多分そうだ!と思ったのですがなにぶん2階L列からだったもので…。

東宝納涼夏祭り本当に楽しかったです!
やっぱり1度は1階席で観たいなあ…お財布と相談します。


8/26「ダンス・オブ・ヴァンパイア」マチネ~その3~

「悪夢」のシーン、最後まで前半部分は個人的にどうも苦手だったのですが(アンサンブルさんの動きが揃ってないのがどうしてもダメなんです…)、後半で伯爵・サラ・アルフの化身が出てくるところからは大好き!(←現金(苦笑))

特に加賀谷さんの重力を感じさせないかのようなしなやかで軽やかなリフトが好きですねえ。またもや細かい事を言えば「♪闇の海に深く身を沈め~」でふんわりと宙に大きな弧を描くようにリフトするところがすごく好きで毎回鳥肌立ってました。けどCDだとダンスは残らないんですよね…複雑(泣)。



前日の泉見アルフがこのシーンのラストでやってた、十字架をかかげつつ自転車を漕ぐ様な(す、すみません。他に巧い表現が見当たらず…)仕草は、アルフダンサーの振り付けを真似してたのかあという事を、やっていなかった浦井アルフを観て気がついたという(苦笑)。あれすごくいいですねえ!夢と現実が交差しているのが表現されていて。全体的に泉見アルフは細かく考えて計算して演技を積み立てている様な気がしました。普通ならそこで「泉見アルフの方が断然好き!」になるんでしょうが、そうは問屋が卸さないのが浦井アルフの天然パワーの凄い所で(笑)。



棺桶シーンも市村教授のテンションが上がりまくっていて客席もずっとくすくす笑い続けている感じでした。「シャガールの娘がどうなってもいいのかああ~うん?」っと目的の為なら手段を選ばないプチイジワルな教授になったのも楽週からでしょうか(笑)。

浦井アルフの「出来ましぇ~ん!」、泉見アルフの「出来ませんっ!」。どっちも好きなんですが、また教授が両アルフそれぞれの口真似をしてくれるのが楽しくて!

アルフに対するお説教のシーンでは、最早人語を逸脱してキレまくる教授に、浦井アルフが完全に怯えてしまってひいいい~と泣きながら座り込んでました(笑)。もう~どこまで情けないんだっ、浦井アルフは~!!



待ってましたあ!の本日のヘル様

カーテンを開けたらうさちゃんを口に銜えてたので「あれ?昨日と同じ~?」と思ったら、浴槽からもう1羽うさちゃんを取り出してアルフにプレゼント!しかしながらやんわりと断られてしまい、「チッ!作戦失敗かよっ!」とでも言うようにうさちゃんを浴槽に投げ捨ててましたっ!そこだけ妙~に仕草が男らしくって可笑しいのなんのって!


つづきを表示


8/26「ダンス・オブ・ヴァンパイア」マチネ~その2~

続きです。



夜になってお風呂にお湯を入れる浦井アルフ。ものすごく大変そうに運んでいるのが笑えます。そんなに大きなバケツでもないんだからそこまで重くないハズ。お前はリトコゼちゃんかーっ!といつも心の中でツッコミを入れている私です。

サラの部屋を覗き見する所は両アルフの違いが際立っていて好きだなあ。泉見アルフは髪を撫で付けて整えて正座までして「覗かせていただきマース!」って感じ。浦井アルフは静かにそっと覗きつつも体を傾けつつ「ん?見えない、見えないよお~…。」と言いながら最善の(笑)姿勢を取ろうとしている感じ。



クレーン乗車の伯爵。もはや客席にあの気まずい空気がないのがスゴイ。あ、でもこれはお客さんがみんな暗黙の了解で「無視しよう」と思っているからなので!再演の暁にはぜーーーったいにヤメて下さいねっ!!

またまた些細な事ですが、伯爵がクレーンから降りる時に毎回毎回音楽(「♪その若さが~」の半拍前←細かい(苦笑))にあわせてジャンって降りてくるのがプチ萌えポイントだったりします。「♪教え込まれただろう~」でサラに甘~く語り掛ける様に顔を近づける所も毎度蕩けそうです。「その目で見ろおっ!」のシャウトがあまりに楽しそうなので私も嬉しくなっちゃいます。正直な所、「レミゼ」のバルでのシャウトは好きというよりビックリの方が勝りますが、伯爵のシャウトはテンションが上がるので好きだーっ!



そういえば「TdV」では「抑えがたい欲望」以外のシーンでは常にニヤニヤと笑っていますよ、私…。ガッツリオペラグラス構えつつも口元には欲望まみれの笑みを浮かべている私の方が余程○○かと思われます…。



アルフが「♪一目でいい君に会いたい~」と歌う所で、ちひろサラがつく大きな溜息がツボです。もうこんなガキっぽい男なんてウンザリなんだけどっ!みたいな(笑)。さっきは「♪ステキな人~」とか言ってたくせにこの変わり身の早さ!天然小悪魔な雰囲気がピッタリですよねえ。

でもわかるなあ。村人みんなが恐れていた吸血鬼が、実際会ってみたら(登場の仕方はさておき(苦笑))意外な事に長身で麗しいロマンスグレーの伯爵様で。甘い声で「艶やかな女になれ!陶酔の世界へ連れて行ってやるぞ!」と誘われたらそりゃ落ちない女はいないというものです。可哀相なアルフ…相手が悪かったのよ…。






つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。