スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/23「エビータ」マチネ(全国公演初日)@グリーンホール相模大野
最近観劇当日中にレポを書き上げる事などついぞ出来ていなかったのですが、コレばかりはなんとしても今日中に書いてしまわねば!
というわけで祝・佐野チェデビュー!!!

キャスボ廃止以降、想いを同じくする四季ファンの皆様への相互扶助の為に出来る限り開場時間と同時の劇場入りを心掛け様と決めたので、開場45分前に劇場入り口に到着。入り口のガラス窓にへばりつくようにして覗き見たキャスボに書かれた「チェ:佐野正幸」の文字!!ぶっちゃけ最初数分間は事態を信じられず、誤植じゃなかろーかと疑った程です。
しかも今日の席はチケ発売に何故か早く目が覚めてしまって、数時間前からログイン状態を保ってゲットしたものだったので超~前方席!もうかぶりつきで観て来ました。…というか佐野チェが舞台上にいる時はセリフや歌が無くても佐野さんしか観てなかったので、姿勢がおかしかったのか首がヘンな風に痛いです(苦笑)。よって本編については偏りまくった感想になりそうなので先に全体的な事から。

専用劇場外での公演との事で、舞台機構の制限による演出の変更が幾つかありました。これから他の劇場で上演するとまた変更点が出てくると思いますが。

傾斜舞台と背景の開閉式(?)の壁の装置は同じ。床のアタックチャンスみたいな(違)照明パネルも同じでしたが、あの高さのある盆はさすがに無かったです。舞台の立体感が減少したのは否めませんがこれは致し方ないですね。
カサ・ロサーダのバルコニーは一応斜め前方にせり出してくる装置がありました。しかし重量制限があるのか井上エバ1人しか乗れない為、途中感極まって歌えなくなるシーンでは支えてくれる人がいなくてちょっと寂しい図に(苦笑)。ペロンはバルコニーの下で「大丈夫だ」という風に強く頷いていて、それはそれでグッときましたけれど。あ、群集の客席降りはありました。
客席降りといえばチェ役者ファンには気になる客席からの登場ですが、1幕始めは通常通り下手通路から舞台に上がっていました。「えーじゃあもしかして2幕も客席の前を通るのかな?近すぎて困っちゃう♪(←?)」と思っていたら2幕は普通に袖から登場していました。…残念。
あと「エバのイリュージョン」でペロンが「空を行く」を歌うのは通常壁のセットの上だった記憶があるのですが、普通に舞台上で歌っていました。

で、本題の佐野チェですが。あ、ちなみに最初にお断りしておきますと、私は芝さんも大好きですが佐野さんも同じ位大好きなので、点が甘い事は否定できませんのでそこの所はご容赦願いますー。

佐野チェ…とりあえずビジュアル的にかなーりステキでありまーす!
恐らく自前と思われるヒゲは、芝チェの様なもじゃヒゲ(笑)ではなく、広島BBの記者会見写真から少し伸びてるねー程度。チェの扮装は全体的に非常によくお似合いでした。
素顔の(仮面がないという意)佐野さんを拝見するのは2年以上ご無沙汰だったのですが、歌う時に開口っぽくなる(頬が上がりすぎる感じ?)癖が気にならないと言えば嘘になります。が、ある程度離れた席からだったらわからないかもしれません。
開口といえば今日は全国公演初日なのに何故か御大はいなかったなー。もし見かけたら直接文句を言……えるだけの度胸は無いけど、恨みのこもった一瞥位は投げかけてやるっ!!と思っていたのですが。

芝居の方はやはり初日ですから力みは感じました。「飛躍に向かって」のダンスとか、ビックリするほど固かったですし。本来の佐野さんならもっとこなせるはずかと。
あと佐野さんにしては珍しく、セリフ噛みや歌詞間違いもありました。前者は「チャリティー・コンサート」のところで「福祉大臣になったペロン…」の福祉の「祉」が抜けてしまい「副大臣になったペロン…」になっちゃいました。後者は「金は出て行く湯水~」の所で作詞王。細かくは覚えてないのですが聞きなれている歌詞と違うなーという程度だったのでなんとか誤魔化せていたのかもしれません(苦笑)。

歌は音域的は佐野さんにとって比較的楽なのかもと思いました。芝チェの様な高音シャウトのアレンジこそないですが、かといってバリバリ声楽的でもなく。あーやっぱり佐野さんって歌巧いなあと思える迫力のある歌い上げっぷりだったと思います。

演技の方はとにかくエバを見つめる視線がもの凄い鋭い!芝チェだと何もかもわかっているかの様な飄々とした余裕を感じるのですが、佐野チェは全体的に険しく厳しい顔でエバを見つめていて、容易く物事を信じてしまう群集の中で「俺の目だけは誤魔化せない」と訴えかけている様なそんな印象でした。シニカルというよりは冷徹な感じかなあ。
エバと真剣勝負で対峙してます!な感じで、2人がガッチリ目線を合わせるシーンではかなりの緊迫感。それでいて最期のラジオ放送の前、倒れたエバを抱き起こす佐野チェの仕草がこれまたとんでもなくカッコよくてですねーうっふふーvv(←放って置いて下さい)

あと佐野さんぽいなあと思ったのは「星降る今宵に」のバーテンダーのシーン。ちゃんとカクテル作って、ちゃんとグラスを磨いて、布巾をきちんと2つ折りにしてテーブルを拭き拭きしてました(笑)。今までこのシーンはマガルディかエバを見ていたので、芝チェがどうしていたか記憶にありませんが、とってもマジメな働きぶりが佐野さんらしくて何やら可笑しかったです。
つづきを表示
スポンサーサイト


8/20「エビータ」マチネ

先週末に芝キヨミチ祭り第2弾に行って参りました。

本当はその日中に簡単に感想を書いてしまおうと思っていたのですが、ちょっとテンションが上がらずで今日まで引き摺ってしまいました。舞台は相変わらず素晴らしかったのです。…がちょっと個人的に残念な事があって不完全燃焼気味で。もうこれ以上はスケジュール的に無理なので観に行けないのにっ!



以下内容がブラック気味なので文字の色を反転します。

本編レポについては追記部分に書きますので…。



本日の席は2階最前列センター。

確かに「エビータ」は張出し舞台になっているので、見え難い箇所はありました。とはいえ四季劇場って最前列(6列目にも)の座席には「前傾姿勢はご遠慮下さい」と書かれたビラが置いてありますよね。勿論開演前に係のお姉さんによるアナウンスもありますし。

にも拘らず1幕中ずっと前傾姿勢で観ていた私の隣の席の女性…。更に前傾姿勢のまま終始髪の毛やらピアスやらをいじったり、連れの人とお喋りしたり。私の視界が遮られるわけではなかったのですが、かなり気になってしまって1幕は全然舞台に集中できなかったのです。

思い余って幕間に係のお姉さんに注意をお願いしたのですが、まだこの時点では仏心があった私。席番は伝えずに「開演前にもう一度アナウンスをして頂いて良いですか?」というお願いに留めたのです。

それなのに2幕開演前に再度行われたアナウンスを聞いた女性は、事もあろうに「だって見えないよねえ?」と言って1幕と同様に前傾姿勢を取ったのです。

ブチッ!!…その瞬間、私の中で何かがキレました。

自分の行為が迷惑な行為なのだと知ってる確信犯なわけですか!?

自分さえよければそれで良いって事!?

思わず直接その人の肩を掴んで背もたれに引き戻し「後ろの方にご迷惑ですよ?」と言い放ってしまった私です。内なるハイド氏が目覚めてしまった…。

注意された方はきっと不愉快に感じたでしょう。でも注意した方の私だって後味が悪いんだよーっ!何より視界を遮られていた後列の方の気持ちは…。お願いだから言われた事位は守りましょうよ…大人なんだから(怒)。



つづきを表示


7/29「エビータ」ソワレ

「エビータ」改め、芝キヨミチ祭り(勝手に命名)に行って参りました~!

タガーや天骨ではお会いしていましたが、終始歌いまくる芝さんはそれこそ前回の「エビータ」以来。相変わらずのパワフルな美声美声美声~!時にユダを思い出させるハイトーンシャウトっ!!脳が痺れました~。同じ美声でも、祐一郎さんや高井さんの場合は体が痺れるんですけどね。芝さんの場合は頭だけが異様にクラクラするのは何故?



今日は席そのものも芝さん観察用に取った位置。1階前方の下手サイドセンター寄り通路際!芝さん専用花道(?)の横ですよ~っ!同じ客席からの登場でも、「TdV」の伯爵とは違ってブーツでわしわし歩いてくるのでわかりやすいですね。初見の時は「誰だよ!?遅れてきたくせにもっと静かに入ってこれんのか!」と思った程ですよ(笑)。

劇中でも下手側の出っ張り部分で歌う事が多いので、もう眺めたい放題眺めて参りました。美声は勿論ですが、芝さんの体つきが好きだー!(声高に叫ぶ事では…)

背も高からず低からず、横幅も太からず細からず、頭身のバランスが良くないですか?あの年齢でカーゴパンツ+ブーツがあんなに似合っちゃうのはなかなか希少かと。さすがご自分でも自信があるとおっしゃっているだけの事はあるなあ。でもって顔はもじゃもじゃ(他に言いようは…)なのに腕がつるっつるなんですよっ!ムダ毛のないキレイな、それでいて鍛えられた腕にウットリ。

…自分で書いていてちょっと引いてきました。一体ナニを観に行ったんだ私は。まあ楽しんできたと言う事で。



ただ距離は近いけれど、役者さんの目線はほとんど2階席なんですよね。そんなこともあろうかと、来月2階最前列センターを持っているワタシ。芝さんに「♪少しは静かにしろよ~!」と指差されて来るのだーっ。うふふふーっ(怪)。




つづきを表示


【エビータ】2005年3月5日(土)ソワレS席1階14列32番

やってしまいました、前予。A・R・ウェーバー連続です。



前回の時は「役者さんの声小さくない?」って思ってたんだけどそれはどうやら席がサイドブロックでスピーカーに近かったからの様で。今回の席はセンターだし、12列目から段差がついてるからすごく見やすくて良かった。




つづきを表示


【エビータ】2005年2月26日(土)ソワレS席1階7列11番

席がかなり舞台に近い!そしてサイドブロックの通路側だったので視界を遮るものがなくて快適♪

舞台が前方に張り出しているっていうのは聞いていたけど、緩やかな傾斜もついていてJCSみたいだな~って思った。




つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。