スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/12「エリザベート」マチネ
昨年8月以来の帝劇。
何度も観てるけど上演するとなるとやっぱり行ってしまう「エリザ」。
手ブレしちゃったみたいで気味悪く歪んでますが(汗)、本日のキャスト表です。

DSC_0220.jpg

お目当ては当然マテトート!!
2006年の来日公演以来です。
あの時は、東宝版とはあまりに違うエネルギッシュなトートに異文化を感じまくりだった訳ですが(笑)、東宝版演出のマテトート…良いーーー!!
城田トートは違った意味でビジュアルが麗しい事!!!
素顔にあの衣装・カツラでもいけるんじゃなかろうか。

そしてtwitterでも呟きましたが、まさかの胸毛処理グッジョブ(爆)。
扮装写真を見た時に「そうだよな…外人だもの…」と思いましたが、どーしたことかキレイにツルツルで(笑)。
トートは胸のあいた衣装が多いから、誰かがアドバイスしたのかなあ。
とにかく胸毛無しverで大正解だと思います(笑)。

多くの人が心配したであろう日本語の発音については、やはり相当カタコトです(苦笑)。
エリザはセリフが殆どないので大丈夫かなあと思ってたんですが、
歌でもやっぱり微妙にイントネーションが違うので、気になる人には辛い2時間半になってしまうかも…。
私は「MITSUKO」や某劇団の外国人キャスト(爆)で免疫があったのと、
「黄泉の国という異次元の存在だし」という暗示で大丈夫でしたが(笑)。

「最後のダンス」のアレンジだったり、色々な場面での所作だったり、
なんだかあれこれ新鮮でワクワクするトートです。
黄泉の帝王というよりは、黄泉の国のやんちゃ王子様という感じ。

今まで意のままにならない事・手に入らないものがなかったから、基本ワガママで強引なんだけど、
他方で寂しがり屋だったり甘えたがりな部分も垣間見えたりして、実に魅惑的。
表情が多彩なので何を考えているのかわかり易いトートでもあります(笑)。
自殺のシーンのルドルフを見つめる冷たい視線にはゾクっとしたし、
「悪夢」で恍惚とした表情で髪を振り乱して指揮する姿も見入っちゃいました。
執務室のシーンでの羽ペンの扱いもナルシストっぽくて良かったし(笑)。

しかし海外キャストの1番の醍醐味は、ラストのお姫様抱っこ&カテコでのシシィの手にキスっていう、女子萌なシーンが見られることでしょうか(笑)。
マテトート、カテコのお辞儀では両手を膝の上にちょこんと揃えてて、それがまたカワイイのなんのって。
なんだか女子力を補充さえてもらえたひと時でした(笑)。

春野シシィは歌うまだと思って期待していたが為に………落差が激しかった(汗)。
宝塚時代の歌は聞いた事があって巧いなあと思ってたのですが、
中低音と高音でここまで歌唱レベルに差があるとは…………。
確かに中低音の声色は素晴らしいのですが、高音になると途端に音程が外れて声量もダウンしてしまい、聞いていて疲れてしまう感じで。
精神病院のシーンや「夜のボート」は良かったですが、正直ビジュアルも…だったので(わーーーごめんなさいごめんなさい)1幕が全般的にキビシイ。
すらりとスレンダーなスタイルなので遠目では綺麗なんですけどね…。

古川ルドはビジュアル最強ですなーー。
しかしヘタレ過ぎるルドルフですなーー(笑)。
線の細さや神経質な雰囲気は合ってますが、(ついでにマザコンな気配もしっかり感じます(笑))独立運動と手を結ぶ程の気概がある様には見えないという。

今井マックスは、村井さんの如何にも自由を謳歌してますな雰囲気とは全然違いますが、
何事にも寛容で温かい雰囲気で、シシィが「パパ大好き」なのが頷ける感じ。

禅フランツに寿ゾフィはもう言うことなし!!
子ルドの山田くんも歌がお上手でした。

今回石丸トートの回をまだ取ってないのですが、
こうなったらキャストコンプで石丸トート×平方ルド×清史郎くん子ルドで観たい!
…のに東京でこの組み合わせの日は初日だけだったんだ………ちょっと考えます。うん。
スポンサーサイト


2010年「エリザベート」
2010年帝劇「エリザベート」。
各トート1回ずつ計3回観劇して参りました。
最近観劇自体ご無沙汰気味なのに、それでも複数回劇場に足を運んでしまうエリザ恐るべし!!
私が行った回はどれも満席でスタオべ、盛り上がってました~。
特に城田トートの回はいつもより客層が若くて新鮮(笑)。

3回の各キャストは以下の通り。

【9月23日(木)ソワレ】
CA3F0021.jpg

【9月25日(土)ソワレ】
CA3F0022.jpg

【10月10日(日)マチネ】
CA3F0016.jpg

8月は劇場に行けなかったので、評判の良かった田代ルドを観られなかったのは残念ですが…
まあ田代ルドは来期もやってくれそうと勝手に期待。
つづきを表示


12/24「エリザベート」ソワレ
P1030535.jpg

冬休み中に終らせようと思っていた「エリザ」感想レポ。
元旦の夜に9割方書き終わった~!なところでデータ飛びました(死)。
久し振りにやっちまった……気を取り直して再度取り掛かるのに3日掛かりました(苦笑)。

今期はこの回1回限りの観劇でした。
あの「エリザ」を1回だけで我慢できる様になる日が来ようとは。
変われば変わるものです。

今期の祐一郎トートのヴィジュアル、前髪が薄めになりました?その分頬周りの髪の分量を増やしているような。小顔効果を狙っているのでしょうか。体系は太くも細くも無く丁度良かったかなあ。相変わらず真っ白な胸元がマブシイ。
全体的には憂いの漂う様な印象を持ちました。遠くから物事を見つめているような感じというか…「悪夢」のシーンで以前観たノリノリの指揮&やすりべろーん舐めが全然無くてニヒルな笑いに終始していたので特にそう感じました。

歌の方もウィスパーヴォイス絶好調!ついでもマイクの音量も絶好調(笑)。ホント初っ端から「音デカっ!!」と思いました…。
しかし今更ながらトートほど祐一郎さんの声色の魅力を堪能出来る役は他にないですねー。耳元で囁くようなそれでいて包み込まれるような囁き声で歌ったかと思えば「最後のダンス」での爆発力!
楽ならではの「♪お前は俺と踊るさーーーーーーだめーーー」のロングトーンもたっぷり聞かせて頂き、最後はショーストップ…というかトートが扉の向こうに消えて行くまで拍手が続いていました。
なんだかもうこの段階で自分的テンションが最高潮に達してしまってその後1幕終わりまでが異様に長く感じました(汗)。

「今期の祐一郎トートは3割増で踊っている」との事前情報を聞いていたのですが、おお!確かにものすごく動いている!!でもあれは踊っていると言うか暴れ…(以下規制)?
前にも書いたような気がするんですが祐一郎トートの「革命ダンス」は「連獅子」を思い出させます。

涼風シシィは細くて透き通るように白くてお美しい!歌も安心して聞けました。
しっかしそれより何より強っ!!!…というのが一番の感想でした。

少女時代なんかお転婆を通り越してほとんど少年というか。フランツのプロポーズにもあまり胸ときめかせていない様な気がする(汗)。
神経質とか心のバランスをうまくとれないというより、癇が強くて気を張り続けてプッツンときてしまったようなそんな印象でした。なのでルドルフと「似たもの同士」「鏡」というのがあまりしっくりこなかったんですよねえ。

あと祐一郎トートは「自分の手中で転がして愉しむ」的イメージですが、涼風シシィの強さは祐一郎トート的には「あーもうそんな突っ張るならならめんどくさいからもういいよー。もうボクは黄泉の国に帰って寝るよ。」ってなりそうだなあというのは私の勝手な妄想ですが。
なんとなく武田トートの方が(未見なんですけど漏れ聞く評判で)ガチンコ勝負!って感じの見応えがありそうな気がしました。

そんな強い涼風シシィなので綜馬フランツの哀愁度が更にUP。
「♪黄身の優しさで僕を包んで欲しい~安らかに眠りたい今夜だけは~」ってイヤイヤそのシシィだと穏やかな眠りは訪れない気がするぞ?と思いました。

伊礼ルドルフは素顔だと全然違うのに舞台で遠目から見ると浦井くんにソックリに見えました。
割と骨格のしっかりした美丈夫な体格なのに不思議と脆さ・危うさといったものが感じられるのが良いですね。歌は高音が弱くてちょっとハラハラしましたが、癖の無い歌声なので今後頑張って欲しいなと。

その他思いついたこと。

・舞台両袖スピーカー上部の天使像って前からありましたっけ?どうも記憶が無くて…でも前からあったなら己の目の節穴ぶりにショック…(汗)。

・村井マックスパパの登場シーンのいちゃつき度が「見てはいけないものを見てしまった」的レベルに達していた。

・ヘレネ姉さんの登場時の衣装が変わった。ついでにお見合い時にも頭に花のついたヘンテコ帽子を被るように変わっていたので名実共に「♪酷いドレス変なヘア」になってしまった。

・巨大イチゴがなくなってしまったのに一抹の寂しさ。

・シュヴァル…伯爵(覚えられない(笑))の阿部さんの小芝居が多くて笑えた。

・エルマー他革命3人衆は個人的に「イケメン枠」なんですが今期はちょっと物足りなかったかなあ…。衣装をもっと華やかな色目のものにすれば存在感が出るのに、と一瞬考えるも「革命家が目立っちゃダメじゃん」と思い直す。そういえば最近縄田さんをお見かけしないなあ…。


以上遅ればせながら2009年帝劇「エリザ」観劇レポでした。


「エリザ」前楽終演しました
あれこれ時間が取れず、結局今日が今期初エリザ&観納めになってしまいました。
まあ武田トートは来期もいてくれると思いますし…。

今日は複数キャストにとっては楽日という事で、代表して祐一郎さんと涼風さんからご挨拶がありました。
全員挨拶しても6人だからそんなに時間かからないのになあ…とも思いましたが、まだ大阪があるから仕方がないか。

祐一郎さんは至って普通のご挨拶で。オトナになったのね(笑)。
皆さんと過ごせて幸せです&外はイルミネーションがキレイなので「メリークリスマス」&ちょっと早いですが「良いお年を」との事でした。

いやあやっぱり祐一郎トートは別格ですね。トートは祐一郎さんが良いというより、祐一郎さんはトートが良いんです。うん。
…あれ?褒めてないですかね(笑)。

涼風シシィは強っ!色々考えさせられるシシィだったのでその辺りはまた改めて。冬休み中に…書けるかなあ。

しっかし仕事帰りの観劇は体力的にもう無理かもと実感してしまいました(汗)。
2幕からは睡魔との戦いで案の定「夜のボート」でエーゲ海に沈没しました…あああまたやってしまった…。

あ、今日浦井くんがご観劇だったみたいです。有名人アンテナ感度のニブい私は気がつかなかったのですが、口コミ(笑)で広まってました。


5/23「エリザベート」ソワレ②

「女心と秋の空」とはなんと的を得た表現なのでしょうか。

昨日「満ち足りた気分です」とか悟った様な事を書いたばかりなのに…もう渇いてきました。早っ!!



買ったはいいけど恥ずかしくて奥深くしまっていた祐一郎閣下のポスターを取り出して眺めてみたり、「誰でもピカソ」で流れたわずか数秒の舞台映像を何度も繰り返して再生したりと♪あの病気の兆候が~あらわれ始めてる~私です。



そんなこんなで「エリザ」思い出の品々をひっくり返していたら、自分でも持っていることをすっかり忘れていた驚きのシロモノが出てきました。


つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。