スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


火のない所に何とやら
元四季の濱田さんがミュージカル「ボニー&クライド」に主演するとの事。
(「元」と書くのに抵抗が…)

長らくお名前を見なかったし、四季の宣伝媒体からの消えっぷりを考えても
「退団なんだろうな」というのは想像を通り越して確信に近いものがったので、
驚きや悲しみよりも「また濱田さんの舞台が観られる!」という嬉しさの方が大きいかも。

とはいえこれでまた四季の舞台から足が遠のくのは間違いなく…。
ちなみに今年はまだ「JCS」1回しか観ておらず、
まさかの「年会費の元が取れない」自体も有り得そう。
勿論「オペラ座」はキャスト次第で突発予定ですけど。

この「ボニー&クライド」もそうですが、
「ヒロイン後日発表」のミュージカルが最近多くて、
その度に「濱田さんの拘束期間明け待ち??」って思ってました。

さすがに「ロミジュリ」のジュリエットだけは、
太陽が西から昇っても無いと思ってましたが(爆)。

個人的にはまだ「海のものとも…」な日本初演作品よりも、
「ジキハイ」キャストの方に期待しまくり。
同じワイルドホーン作品だし、濱田ルーシーだったらめっちゃ嬉しい!!
石丸さんに濱田さんに玲奈ちゃん…何たる豪華歌ウマメンバー!!
濱田さんにルーシーの色気が出せそうかについてはノーコメントで(爆)。

しかし最近の日本の海外ミュージカルはワイルドホーン氏の台頭著しいですね。
先日観た「MITSUKO」も楽曲「は」(ヲイ)大変素晴らしかったので新作にも期待。
スポンサーサイト


「レミゼ」ナビザ予約
…をしようと思って東宝のキャストページを開いて検討した訳ですが。

これだけ公演数あっても観たいキャストの組み合わせの日が無い件について。

というか吉原バルで土日公演って、プレビュー含めてたったの3回!?
しかもうち2日はGW連休中だから旅行とか他の予定優先になっちゃうし。

そして今ようやく子供店長がガブローシュにキャスティングされているのを知った!!
うをーーそれはやっぱり観たいぞ!!
…のに子役ちゃん達のスケジュールって今の段階ではわからないのか。無念。

というわけでとりあえず4月は吉原バルのプレビュー日のみ抽選にトライ。
当たりますよーに。


やっぱり「オペラ座の怪人」は凄かった
四季ファン待望の「オペラ座の怪人」金曜ロードショー。
会社の忘年会をサクッと一次会で逃げて帰宅したのですが、家に着いたら「プリマドンナ」の頃でした。
で、今日録画したものを改めて最初から観ました。

やっぱり「オペラ座の怪人」は素晴らしいっ!!!
何故映画公開時点で四季版吹替をやってくれなかったのかと。
聞きなれた四季訳はやっぱり落ち着きます。
なっちの「情熱のプレイ」の衝撃ときたら凄まじかったなーー。
まあTVでもしっかり「私=あたし」だったのは違和感バリバリでしたが(苦笑)。

あ、あと冒頭のオークションのシーン。
「メグ・ジリー」って字幕出てたけど…。
「ラウルがあんだけ老人になってるのにまだ健在なマダム・ジリー凄すぎ」とずっと思ってたんですが…あれ??

高井ファントムの鏡のシーンから「MOTN」までの素晴らしさと言ったらもう!!
私が最後に高井ファントムを観たのがあの悪夢の20周年@大阪だったので、尚更感動ひとしお。
でも映画仕様で舞台版とテンポや音程が異なるし、あくまで「吹替」だから感情を乗せきれない感じもあったかなー。
特に最後の「行ってくれお願いだーーー」とかがアッサリでちょっと残念。
舞台だとあそこで涙腺崩壊なもので。

実は佐野ラウルは未見でして。
声だけでも聞けてすっごく嬉しかったー。
優しくて品の良い心地よい声でステキステキ。

沼尾クリスは映像のエミー・ロッサムの顔と気の毒なほどアンマッチだったけど、
元々沼尾クリスの声質好きなので満足。
それに音声だけ聞いてて、映像は自分の中で勝手に舞台版に置き換えてたから問題なし(笑)。
「墓場にて」良かったなあ。

つくづく「オペラ座の怪人」は凄すぎる。
もう舞台が観たくて観たくて…。
名古屋の次は京都かあ。
3月開幕……桜の京都観光とセットで………いえなんでもありません(笑)。

さてHDDに保存した映像を、あのぶつ切りCMを何とかカットしてBDに永久保存版として残さなくてはー。


星組「スカーレット・ピンパーネル」DVD観賞
会社の知人から借りた星組の「スカーレット・ピンパーネル」を週末に観賞。

なんという名作っ!!
ツボど真ん中でしたーー。
中世ヨーロッパという時代背景がまず好みだし(衣装もセットも豪華だから♪)、
ワイルドホーンの楽曲がすんばらしい。
生で観てたら号泣間違いなし。

そして宝塚初演のために書き下ろされたという主題歌「ひとかけらの勇気」が最っ高。
1回聞いただけで耳に残るメロディが主題歌のミュージカルは中毒性要注意フラグですな。
ただ今脳内エンドレスリピート中。

キャストも素晴らしく良いですねーー。
主役3人が揃って歌えてキャラが立ってて。
なによりとうこパーシー歌ウマーーーー。
なんという良い声!!
今も在団中だったら絶対ハマってたな…危ない危ない(笑)。
というかシシィやって欲しいよお。

東宝版をやるとかやらないとか言われてますが、
東宝でやるとパーシーはまず井上くんだろーなと想像がついてしまうのが良いのか悪いのか。

久々に宝塚観ましたが、宝塚の男役には普通の男性には出せないなんとも言えない甘さがあるから、パーシーみたいな役はヅカの方が萌えるなあなんて。
ああ…DVDをポチっとしてしまいそうな自分…。


新トート扮装写真キター
2010年帝劇「エリザ」新チラシ出ましたねーー!!

3人のトートが揃いも揃って麗し過ぎる。
この扮装写真を見て慌ててチケット確保に走ったのは私だけではないハズ。
ん~ホント3人3様でワクワクしますねえ。
祐一郎トートはまさに「帝王」といった堂々たる美しさで。
城田トートは人の心を惑わすような妖艶さで。
石丸トートは冷たさを漂わせる端正な美貌で。

…東宝の思うツボにどハマリ中。





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。