スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/4「レベッカ」ソワレ
帝劇バージョンの「レベッカ」初観劇して参りました。

こういう「レベッカ」が観たかったんですよーー!!
もう本当に初演時のクリエのハリボテみたいながっかり舞台美術は一体何だったんですかと。
スケール感・緊迫感…ようやく作品が生きてきたなあという感じがしました。

螺旋階段や炎は元々の舞台機構や消防法の関係でウィーン版(動画でしか観てないけど)には比ぶべくもないとはいえ、
もうクリエの時とは段違いに良い!
華やかだし!炎燃えてるし!!
やっぱり初演時のセットじゃすべてがウソ臭くなるというか…
やはりマンダレイが美しく華やかであってこそ、レベッカの存在感が増して物語に説得力が生まれるわけで。
元々役者陣は豪華で安定感抜群だし、初演からこのセットでやってくれれば周りの人ももっと誘えたのになあ。

…まあ本日急遽前予で観に行った「SOM」のトラップ大佐邸の方が豪華だなあと思ったりもしましたが(汗)。

音響もオケもクリエとは段違いに良いですね。
2人同時に歌われると聞き取れなかった歌詞が、帝劇verではよく聞こえる様になりました。

今回はとりあえず1回だけ観ようと思っていたのでシルビアダンヴァースの日で観劇。
よってベン以外は初演時と同じキャストだったのですが、皆さん初演時よりずっと良くなってて観応え・聞き応えがありました。

特に寿ヴァン・ホッパー夫人と吉野ファヴェルが良かった!
寿ヴァン・ホッパー夫人の「アメリカン・ウーマン」は初演時はなんとなく上滑りというか…ノッていいのかどうか戸惑う様な空気を感じたのですが、
今回はひたすら明るくて楽しくて。あの自由の女神コスプレは笑えました。

吉野ファヴェルはちょっとオネエ度が上昇(笑)?
判事の前に出ると急にゴマスリっぽくなる態度の豹変っぷりがサイコウ。
「もちつもたれつ」の美し過ぎる身のこなしもウットリ。

ちひろちゃんの「私」はあの出ずっぱりの役をシングルで連投にも関わらず、相変わらず綺麗で透明感のある歌声で。
初演より原作を読みこんだのかなあと思ったのは前半で「爪をかむ癖」が前より多くなっていた気がした事。
ただモンテカルロのシーンでは内気な引っ込み思案を表現しようとするあまりちょっと可愛すぎるかなと。
声質が綺麗なのでそのまま自然に演じた方が良いんじゃないかなあとちょっと思いました。

祐一郎マキシムいつの間にか曲増えてるし!
(情報全然仕入れてなかったので疎い)
ウィーン版にも無い曲です…よね?
んーーーでも祐一郎さん向けにアテ書きした曲て感じでもないかな(汗)。
どうもマキシムの歌は祐一郎さんの得意分野の声域と曲調には合わない気がするんですよね。
朗々と歌い上げるのではなく台詞を載せて語る、といった感じなので。

でも初演時よりだいぶ動きが封印されたというか(笑)。
吹き出し笑いの個所はだいぶ減りました(コラ)。
マキシムの場合は笑いや萌えは一切封印の方が良いなと思っているので。

レベッカの死の真相が明らかになった後、駅で抱き合うマキシムと「私」のシーン。
アレ初演時から生チューでしたっけ!?!?(どこに注目してんだと)
私の記憶が確かならば(席位置の関係で見えなかっただけかもしれませんが…)
初演時は「あーーまあトートならともかく実年齢50過ぎのオッサンとちひろちゃんじゃ生チューはねえ」とか思ってた気がしたんですが。
いわゆる「普通の」人間としての祐一郎さんの生チューを間近に観た(今回超前方でした)のが初めてで超動揺しました(笑)。
でもうっとりキレイでしたー。

あとラストのマキシムの半端ない老けっぷりにちょっと腹筋が痙攣気味。
あんなにじいさんでしたっけ?
あれじゃヴァルジャンだよーもうすぐお迎え来ちゃうよ!と思っちゃいました(爆)。

そしていつの間にかCDも発売されてるし!
(だからどれだけ情報に疎いんですかと…)
しかし何故ハイライト版ーーー。禅フランクや吉野ファヴェルのソロも入れてくりーーー。

でも両ダンヴァースの聞き比べが出来るのは良いですね!
実際に観たわけではないのにおこがましいですが…
シルビアダンヴァースは圧倒的な迫力と威圧感で空間そのものを支配してしまう感じに対し、
涼風ダンヴァースはこう足元から冷え冷えとした空気が伝わってきて身震いしてしまう様な感じで。
どちらも良いなあと思いました。

しかしこの日。
GWだというのに1階後方サイドはブロック毎空席という事態に…
2階席は一体どんな事になっていたのやら(汗)。
不況を実感してしまいます。
スポンサーサイト


4/22「レベッカ」ソワレ
本日「レベッカ」ソワレ行って参りました。初日以来2回目の観劇です。

……ヤバい。ハマったかもです。

初日観劇後は自分でも驚く位冷静で、チケット代の高さもあってあまり増やす事はないかなあなんて思ってたんですが。何がどーしてこうなるやら。

やたら感情移入しまくりで、特にマキシムの告白の後抱き合う二人を見ていたらもう号泣ですよ。

気になっていたアンサンブルの重厚感も増してるし、祐一郎さんの声もボリューム増してるし、ちひろちゃんの涙ながらの熱演は感動モノだし、吉野ファヴェルはますます勢いづいてるし(笑)。

それに物凄く今更ですがやっぱり祐一郎さんが好きだーーっ!!!
まあ動くとヘンなのは変わらずですが(笑)。いやでも静止画として見たら超絶ステキですよ(萌)。
2回目観劇で大筋は把握した事もあって今日は終始オペラグラスで追っかけまくりでした。ハイ。

舞踏会のシーンで思わず激昂してしまった後に口を手で覆う苦悩の表情が好きだーっ。
ラスト近くの「わたし」とのデュエットの後、後ろから(←個人的に後ろからギュッに弱いのはMAの今フェルセンで立証済(笑))肩を抱くとかたまりませーんっ。

あと超個人的には祐一郎さんが結婚指輪をしてるのが何だかミョーに新鮮でこそばゆいです(笑)。

ちひろちゃんとの身長差もイイ感じなんですよねえ。背伸びして抱きつくと丁度良いあのバランスが。

でもでもやっぱりカテコで素の笑顔な祐一郎さんが一番だなあ。なんであんなにカワイイんだコラ!!

はうーなんだか違う方向で壊れて来ましたよ(笑)。冷静に考えたらこんな近い距離で祐一郎さんを観られる機会なんてそうそうないしなあ。譲渡板では少し値下がりもしてるし…要検討です。

あーもう祐一郎さんが勇退する日が来るまで私の貯金は一向に増えない気がして来ました(苦笑)。


4/6「レベッカ」マチネ(初日)
「レベッカ」初日から帰宅しました。珍しく即日レポです。
今回シアター・クリエ自体初めてだったのですが…ホワイエ狭ーっ!!初日という事もあって、プログラムを買う人・売店で飲み物を買う人・トイレ行列の動線がごちゃごちゃになっていて、開幕当初の猫屋敷を思い出しました…。幕間に座る場所もないじゃんー!と思ったのですが、帝劇と同じく上演中以外は客席でも飲食可能との事でした。

本日の席は18列センター。客席と舞台の距離感や見え方はルテ銀とそっくりな印象を受けました。途中から階段状になっているので、前の人と頭が被る事が無いのでストレス無く観れました。前から5・6列目辺りまでは殆ど傾斜が無い様に見えたので、余り前方席だと座席運次第では「見えない!」という事になりそうです。私はコンタクトレンズ着用で視力1.0程度ですが、18列目ならオペラグラス無しでも問題なかったです。実際クリエではオペラグラスの貸出は行っていないみたいでした。
座席は「四季劇場と同じ製造工場で作った椅子?」という印象(笑)。椅子や膝掛けの形状がソックリだし、前列の背もたれに傘立て用フープが付いているのも四季劇場ぽかったです。

私の節穴な目によると本日客席内で確認できたのは、クンツェ&リーヴァイ両御大と演出の山田氏位でした。「招待客です!」という感じの人はそれ程見受けられませんでした。
上記3名はカテコで舞台上に上がってご挨拶もしていました。内容は一般的な話なので割愛しますが(←やっつけ)、リーヴァイさんが相変わらずニッコニコの親しみ易い笑顔&日本語で挨拶されていて、客席の心掴みまくりでした(笑)。
祐一郎さんの肩にもたれかかって甘えてみたり(←抱き合うじゃないところがカワイイ)、ちひろちゃんの手にキスしてみたり、リーヴァイさんってホント癒されます~。

本編の感想に行く前にその他業務連絡をば。
1:パンフは1,500円。お稽古場写真が掲載されています。祐一郎さんが相も変わらずちと意味不明な文章を寄稿しております(笑)。

2:上演時間は1幕1時間25分/休憩25分/2幕1時間5分の計2時間55分でした。

3:公式グッズはTシャツ/クリアファイル/バッグハンガー。公演ポスターも1部1,300円で販売されていましたが、昭和のニオイがする現チラシ版なので買いませんでした。1番最初の祐一郎マキシムグラビアのポスターだったら買ったのになあ(笑)。あ今の所クロリングッズの新作はない模様です(笑)。

以下本編の感想に続きます。
初見ですので大した事は書けませんが…。
前記事に「ネタバレは避けます」と書いたのですが、どうしても触れざるを得なかったので、適宜ご避難の程お願い致します~。

つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。