スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/31「アイーダ」マチネ
めでたく前予に成功し、東京公演初の「アイーダ」行って来ました。
開幕のラダメス役者さんがどうにも苦手でして(汗)…キャス変待っての観劇だったんですが。

大阪公演以来4年振りの「アイーダ」だったんですが…
金田ラダメスが余りにイケメン過ぎて動揺。

いやーもうヴィジュアル最っ強ですよ。
登場した途端個人的好みにど真中だったのでテンション上がりまくり(笑)。
「JCS」の時は外見には然程ときめかなかったのにこれは一体どーした事だ。
長身だから衣装も映えるし、アイーダとの身長差のバランスがこれまた良いんだなー。

やっぱりラブストーリーメインの話ですから、絵になる役者さんが演じるとそれだけで幸せな気分になりますねえ。
ラブシーンなんか惚れ惚れウットリ(萌)。
そういえば冒頭の「勝利目指して」で拍手とともに客席から黄色い歓声が巻き起こっててビックリ。

歌は「JCS」の時から高音の伸びが素晴しいと思っていたので、ラダメスの音域も余裕でこなしてました。
台詞が多い作品なので危惧していた発音もほぼ問題なく。
何箇所かちょっとカクカクした言い回しになってしまっている所はありましたが、それも訛りというよりは「四季っぽい不自然な発声だな」(←ヲイ!)というレベルの範疇かと。
歌の迫力に較べると表情演技に少し乏しい感じがしたんですが、これまた「JCS」の時も最初は無表情だったのが回を重ねてかなり変わっていったので今後が楽しみです。

<カテコではアイーダ&ラダメスが2人で仲良く上手側にはけていくんですが。
その時に金田ラダが後ろからそっと抱きしめる様にして濱田アイーダに寄り添うのが垂涎モノの美しさ!
来週も居てくれたらまた突発してしまいそうな自分がコワイ(笑)。

金田ラダだけで語りすぎましたが…勿論濱田アイーダは申し分なし!
完全に降りてきているというか…気高いを通り越してもはや神々しいまでの気品。
途中何度も涙を流しながらの熱演でした。

五東アムネもめちゃめちゃカワイイ!
全く嫌味のない可愛らしさで、それでいて聡明さや孤独を抱える内面も垣間見えて。

ワイスメレブはちょっと音程が不安定かなあ…と思ったんですが、以前観た山添メレブもそんな感じだったので、そういう風に聞えてしまう旋律なのかも。
ただ「♪ありえ~ない~」はホントに有り得ないかも…な事になってたかな(苦笑)。(裏返り寸前だった)

満員御礼・総スタオベの客席を見て、松本ネヘブカが「わ~すごい!!」ととても驚き嬉しそうな表情をしていたのが印象的でした。

で。
金田ラダメスにすっかり魂を抜かれたワタシ。
フラフラと売店に引き寄せられてウッカリ「ラダメスベア」を購入。
ついでに1,000回公演記念のチャーム「キャットハット」(←「お洒落は私の切り札」でアムネが被るネコがついた帽子)のチャームも。

P1040890.jpg

ラダメス風にしっかりはだけた(笑)衣装から覗くメタボなお腹がキュート。
(ちなみに前ボタンは締まりません)
衣装にホルスのピンバッジがついているのもイイ!

しかし既に我が家にはファントムベア・クリスティーヌベア・エルファバベアがいるというに…
置き場所限界だから「春めざ」のメルヒベアは何とか誘惑に打ち克ったのに…
更にまずい事に当然ながらラダメスベアはアイーダベアと対になっている訳で。
やっぱり1匹だと淋しそうだなあ…なんて思ってしまったり。
多分次回観劇時にクマ1匹追加なヨカン。

「ウィキッド」カフェは「シアターカフェ」という汎用性のある名前になってまして(笑)。
「アイーダ」「アムネリス」「サハラ・イエロー」という3種類のオリジナルドリンクが売られていました。こちらも次回観劇時の楽しみに取っておこうと思います。

スポンサーサイト




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。