スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/19「ろっくりばーパフォーマンス同好会」
先週は残業⇒飲み会⇒残業…と毎日帰宅が深夜になっていたのですっかりネット落ちしておりました。昨日は起きたら昼の12時過ぎてた…半日無駄に過ごしてしまったついでにお昼を食べてまた昼寝しましたが(笑)。

というわけで遅くなりましたが先週日曜日、祐一郎さんファンによる祐一郎さんの為のイベントに参加してまいりました。普通逆だろうという感じですが、それぐらい祐一郎さんが楽しそうだったので(笑)。
前回に続き今回も「東京都下」の方に参加したんですが、これがまた微妙な場所で…。

イヤ都心からは結構近いんですけど、ワタシ個人の住まいが東京のはじっこなもので、ぐるーーーーっと遠回りしなくてはいけない位置関係だったんですよね。色々な混乱を避ける為の策なのかもですが、事前に場所を知らせてくれたら助かるなあとちょっとだけ思ってしまいました。

同好会で一番緊張しているのはパフォーマーの皆様だと思いますが、次点でドキドキしているのは「通路際から2番目の座席のチケットを持っている人」ではないかと。もしかしたら隣が空席で祐一郎さんが来ちゃうかも…?みたいな期待といざそうなったらどうしたらいいのか(何をするつもりもないですが(笑))という戸惑いが頭の中をぐーるぐる。

で、まさにワタクシのチケットは座席位置通路から2番目っ!!
もう席についてから開演まで「来るなー来るなー隣にお客さん来るなーーー」と結界オーラ(笑)を張り巡らせた結果、見事隣が(通路側)空席のままーっっ!!

……でも祐一郎さん来なかった…(泣)。
来たら来たで「鼻息が聞えたらどーしよう」と呼吸もままならず、祐一郎さんの事前注意にも関わらず呼吸困難で救急車行きだったのかもなのでこれで良かったのだと思いますが。滅多に無いチャンスだったのになあ。

で、本編の方は会員制・会費制のイベントなのであまり書けないんですが。
今回2回目の参加で、パフォの内容的には前回の方がいわゆる「初めての衝撃」で沢山笑ったかなあとは思いました。自分の精神状態(ちょっと色々ありましてね…)もあるかもですが。

まず最初の祐一郎さん登場のバックミュージックが
「オケの音合わせの音(ラの音を出すやつ)」
が流れてミュージカルだーーー!!と思わせておいて
「何故かMAのオーヴァーチュア」
だったのはめちゃめちゃ笑いました。
数あるミュージカルの中で何故「MA」なのか!?
普通にメジャー度とか公演数で考えると「レミゼ」の方が相応しいのかと思うわけですが、そこにあえて「MA」を持ってくる自虐っぷり(爆)が祐一郎イベントっぽいなと。

パフォの方はとにかく皆さんホントよく祐一郎さんの特徴を捉えていてすごいなあと。
特に「レベッカ」なんて日本語版CDがないんで台詞は全部舞台で観たのを記憶してパロってる訳で。台詞を逐一覚えてるなんてどれだけ通ったんですかーーと思うと同時に、それを聞いてしっかりわかっちゃう私もやっぱり同類だぞと思い直し(笑)。

「レベッカ」の中では「チェックメイト!勝ったご褒美はなあに?」のシーンが祐一郎ファンのお気に入りなんだという事がわかりました(笑)。3~4組はやっていたような。何ていうか…あの流れ、ちょっと昭和なんですよね(爆)。いや元々ウィーン版にもある台詞なのかもですが(ドイツ語がわからないのでなんとも)。

最新作なので全体的に「レベッカ」ネタが多かったですね。
「そんな目で私を見ないで!!」と言われた後の「ガチョーン」な手つきとか。
「ちょーーーしょく前に冗談は言わない主義なんだ」とか。(何故そこを伸ばすのか?)
ラストシーンで「わたし」の肩を抱こうとしたら誰もいなくなってたりとか(笑)。

あ、「篤姫」の「ジゴロじゃとーーー(怒)!!」⇒扇(扇子?)バキッ!!もありましたね。
私もアレ、TVの前でのた打ち回って笑ったので(大失礼)、皆考えてる事同じなんだーと物凄い安心感(笑)。

パフォーマーの方の中には「あ!去年も確か観た気がする!」と思う方が何組か。
それに対する祐一郎さんの反応も見事な程去年と同じで(苦笑)。
仲の良いご夫婦のパフォを観て嫉妬の感想をもらしたり、「ますらおぶり」の意味がわからず客席に聞いてみたり。

私個人的には祐一郎ファンなら誰でも一度は真似した事があるであろう、歌う時の上半身と腕の不思議な動きの真似がものすっごく巧い方がいてツボりました。確か去年も拝見した記憶があるんですが、体格のシルエット以外は当人と入れ替わっても気づかない位ソックリで拍手喝采でした。

素の祐一郎さんは相変わらず若くて…というかなんでそんな坊ちゃん刈りなのかと(笑)。
服装はいつもの感じのシャツに濃紺(黒かも)のカーゴパンツ。カーゴのポケットって普通腿の辺りに来ると思うんですが、祐一郎さんの場合思いっきり膝横だったので「足長っ!!」と改めて思いました。

座席は冷房がきいてて私はかなり寒かったんですが、舞台と客席を行ったり来たりの祐一郎さんは(本人は冷や汗だとか言ってましたが(笑))結構汗をかいてて、時折黒いハンドタオルで汗を拭っていたんですが、そのタオルがどーもあの「クロリンタオル」に見えたのは私だけ…?
あのアップリケ(という時点で死語)が見えたような…。

祐一郎さんが話してくれた内容は、多すぎて記憶がない(汗)のと、あまり公表するのも差支えがあると思うので1つだけ。来月東京公演も開幕しますんで「エリザ」ネタから。

「黄泉の帝王が梯子でえっちらおっちら降りてくるって!!」と誰もが一度は思う「闇が広がる(R)」の祐一郎トート限定梯子降りですが、梯子には梯子の苦労があるそうで。

何でもあの梯子には照明器具用のコード及びその留め具的なものが巻きついているらしく。
誤ってその留め具の所を握ってしまうとその瞬間留め具が「ぐるっ」とまわってしまい、手元がおぼつかなくなりあぶねえーーー!!という事態になってしまったとか。
イヤそんな手元ぐらいちゃんと確認すれば?とかいうツッコミは無しでお願いします(笑)。

祐一郎さん曰く前日までとその留め具の位置が変わってた時があって予期せぬ事態だったとか言っておられました。つまり世界最高齢トートは日々頑張って舞台を務めておられるので、祐一郎トートの梯子降り、どうか自分の子供が公園で遊ぶのを見守るように温かい目で観てあげて下さい。(←まとめ(笑))

予定時間を30分近くオーバーした同好会。
祐一郎さんの口調ではまた来年もやる気っぽかったので(笑)、来年はバルジャンとクロロックネタが多くなるのかなあ。客席で観ているだけの私ですが、これからも楽しいパフォを期待しております~。
スポンサーサイト


今日は何の日
まだ出先なのですが日付が変わってしまいそうなので、とりあえず叫んでおきます。

山口祐一郎さん
ご生誕半世紀+1歳おめでとうございます~!!


確か(ウロ覚え)今日は博多座レミゼでバースデー公演でしたよね。大河撮影と二足の草鞋で大変だと思いますが、今後も細く長く舞台に立って美声を聞かせて下さいますよう…。


※帰宅後追記
いやー気がつけばブログの更新もすっかり滞っておりました。
でも祐一郎さんのお誕生日祝い記事だけは何とか当日中に!と思って携帯から投稿した次第です。という訳で改めまして…祐一郎さん、生まれてきてくれて本当にありがとうっ!!
そして祐一郎さんをオーディションで採用した事については某御大に感謝の意を表したいと思います(苦笑)。四季時代がなければ今の祐一郎さんは無かったわけですから。

ちなみに先程↑で「細く長く」と書きましたが、これは勿論祐一郎さんの舞台を観る機会を減らしたい訳ではありません。ただ先日博多座レミゼの感想をお友達からメールで頂いたのですが、どうも祐一郎さんの調子は絶好調には遠い様なのですよね…。やっぱりいくら若く見えてもアレですから。自分の体を労りつつ、祐一郎さん自身が演じたいと思う役柄を選んで舞台に立って下さればいいなと思っております。

なーんて言っておりますが、ぶっちゃけ今日が祐一郎さんの誕生日だって事を午後位になって気がついた私です(汗)。いやでもしかし!「祐一郎さんの誕生日が10月5日だ」という事を忘れていた訳ではなくてですね?「今日が10月5日だ」という事を意識してなかったというのが正しいのですよ。
どうも社会人になってからは「日にち」よりも「曜日」…つまりは「週末の休みまであと何日だ」という事の方が重要になっちゃってるんですよねえ。

と言い訳をしてみたりするものの…今日会社でランチを取りながら取りとめもない話をしている中で、「相関図ジェネレーター」知ってる?という話をしたところ、友人から「祐一郎さんとやってみた?」と聞かれたんですが……私とした事が全く思いつきもしなかったよ!

その代わり私がどの人達と相関図ジェネレーターを試してみていたかと言うと…
つづきを表示


某イベント参加してきました

実は水曜日位まで真剣に悩んでいました。

出席をキャンセルして「JCS」に行ってしまおうかと。

最終的には大人の判断…というか「キャンセルなんぞしたら次からチケット取ってもらえなくなるかもしれない」という邪まな考えで参加してきたのですが…想像より遥かに楽しかったです~!!



正直な所、濃ゆーいファンによる寒いパフォの連発だったらどうしよう?と怯えていたりしたのですが、去年のクコール劇場を思い出す様なツボを突いたパロディが多くて爆笑でした。

まあクロリンTシャツを普通に着て来ている人がいたのにはビックリしましたが……でもよく考えたら誰も見ていないのに一張羅の勝負ワンピを着てった私も私ですよね(笑)。それも愛これも愛、みたいな?



それに皆さん結構ブラックなネタが多いんですねー。「若く見えてももう50歳」とか「老人病ですが命に別状はありません」とか「天性の声と容姿がありながらあの性格」とか「どうせ明日の(レミゼ)カテコ挨拶は2○年生きてきて云々でしょー」とか。「カッコイイ!素敵!愛してますっ!!」とか叫ぶよりもちょっとぐらい辛口な方が愛を感じるんですよねえ(笑)。

衣装やカツラなんかも凄く凝っててビックリでした。皆さん一体どこでそんなにソックリな物を調達されるのでしょうか?今日だけでバルジャンやカリオストロが何人いたのか数え切れません(笑)。



時節柄「レミゼ」ネタが多かったので、祐一郎さんが「明日もやるんですけど…皆さんこれを思い出してヘンな所で笑ってしまって普通のお客さんにご迷惑を掛けないようにして下さい」と注意を(笑)。そこで改めて「明日劇場にいらっしゃるという方どれ位いますか?」と質問すると結構な数の手が上がったので「これは…普通のお客さんよりここにいる人の方が多いですね(苦笑)」と。



そんなこんなで祐一郎さんは終始「温かい雰囲気作り」をしようと気遣ってくれているのがビシバシ伝わってきました。熱中症に気をつけて下さいね~水分補給して下さいね~とか。ただ祐一郎さんは気遣いつつも楽しんでいらっしゃる様で「もっと頻繁にやりたい」と何度も仰ってました。

パフォの時は空いている席を見つけては(これも偏らない様に気を配ってあちこち移動していました)座っていた祐一郎さんですが、なんと幸運な事に私の斜め前が空席で祐一郎さんがっ!!祐一郎さんの横顔が推定距離1メートルの所にーっ!!



もう瞬きする間も惜しんで穴の開く程見つめてきましたとも(恐)!!胸の前で手を組んだ祐一郎さん…その手の美しさったらもうもうもうもうもう!!(落ち着け)いやーわかってはいたんですよ?でも間近で見る大きな手…細くて長い指…手だけでご飯3杯イケそうな程ウツクシかったです。

それにあれだけ大きいのに座った時の頭の位置が全然邪魔にならないってどういう事ですかっ!?どんだけ足が長いんですかー!!はああ改めて惚れ直すわ…。



途中では事前に募集した質問に答えるコーナーもあって、気になる「大河」や「レベッカ」の話もちょこっとだけありました。

明後日からもう大河の撮影が始まるのだそうです。しかもスケジュールを見ると「26時終わり」「翌日4時(←朝の)始まり」なんていうのもあるそうで…その歳でどれだけ働くんですかアナタは…(泣)?

「レベッカ」については「レミゼと同じ様に全編歌です」との事でした。ちょっと安心しちゃった私をどうぞお許しを~。いやーハイライト盤CDしか持っていないもので「歌ってこれだけなの?後は全部台詞?…ヤバイよ…?」と思っていたのですよね…アハハ(汗)。

あと冷房の話になった時に「顔中汗だくになっている人(共演者)がいて、この人(汗っかきで)大変だなーと見てました」…とそれは明らかに某アルフ&某マリウスの事ですね?な話題に場内爆笑でした。

最後は「皆さんとこうした時間を持てることでまた頑張ろうと思えます」といった感じのちょっと切なくて泣きそうになる素敵なご挨拶で〆でした。



いやはやホント行って良かったです。

会場が駅から遠かったので行きはタクシーに乗ったのですが、私が1人で列に並んでいたら後ろの方が「良かったら一緒に乗りませんか?」と声を掛けて下さったり。

会場でお会いしたC様からは鼻血ものの「レベッカ」チラシにお土産まで頂戴してしまい、幸せな気分に包まれて帰途につきました。



無芸大食な私は一生舞台側に立つ事はないと思いますが、また機会があれば参加しようと思います~!



※会員限定の有料イベントなので詳細の記述は避けたつもりですが、不快に思われる方がいらっしゃいましたらお詫び致します。




レプリークよお前もか…

去年の1月もやたら仕事が忙しかった記憶があるのですが、今年の1月もなにやらバタバタとしております。「朧~」も「オペラ座」も大感動だったのでレポ書きたいのに時間があああ。



と言いつつも、本日閉店時間間際の本屋に駆け込んで「レプリークBis vol.6」を購入して参りました。「ひばり」・「朧~」・「タイタニック」・「TOMMY」と観劇済み・予定の作品ばかりが取り上げられていて盛り沢山。なのでとりあえずアノ方のページだけ熟読。

…やはりトプステとルクスタの写真は奇跡だったのか…(笑)。



上下ストライプはないでしょー!柄on柄はマズイっすよ、祐一郎ーっ!!顔も素人がフツウのデジカメで撮った写真みたいな写りだしなあ。元々写真写りがよろしくないのは承知なのですが、今までのレプリークでは文章も写真もかなり好印象なものが多かったのでちょっと肩透かし(笑)。谷田さんの文章が良いなあと思うのはかわらずですけど。

あーだこーだ言いつつも私は祐一郎さんのこういう所も好きなんですけどね。でもでもやっぱりメディアに出る時にはもちっとキメて欲しいなあと思う女心…いや親心?



ちなみに個人的に一番「おおっ!」っと思ったのは2003年のレプリーク「無欲なスーパースター」の祐一郎さんです。この写真はどこに出しても恥ずかしくない写りなので携帯の待ち受けにしておりますv

あの短めで無造作な(寝癖と紙一重ですけど…)髪型がモロタイプなんだよおーっ!!服はユ●クロでも構わないどころか、私も家ではユ●クロ愛用なのでお揃いで(←痛)嬉しい位ですが、髪型はどーにかならんものかと。

「MA」公式ブログでは玲奈ちゃんのカワイイ楽屋が紹介されていましたが、祐一郎さんの楽屋が取り上げられる日が来るのでしょうか。その日が待ち遠しいような怖い様な複雑な心境です。






山口祐一郎さんの2006年を振り返る

ご贔屓役者さんの「2006年を振り返る」記事を書かれている方を何人もお見かけし、それがまたとっても面白かったので、「私も祐一郎さんの1年を振り返りたい~!」と思った次第です。「MA」の感想も「CATS」の感想もそっちのけです。ええ。



が、今の今まで全然書くつもりが毛頭無かった為にメモなどまったく取っていなかった上に主観で事実が捻じ曲がっている箇所が多々あるかと思います。来年は都度メモろうと思っております。(ネタ帳かい…)間違いや抜けを発見された場合にはコッソリとご教授下さいませ~。あ、あと自分で見聞きした事よりも、教えて頂いた話やネットから拾ってきたものが多数です。この場を借りて御礼申し上げますっ!



1月1日~16日 「レ・ミゼラブル」@梅田芸術劇場

12月より引き続いてジャン・バルジャン役で出演。

公演中に風邪を引いてしまい、思うように声が出なくなるというハプニング発生。

ネットでは全国の祐一郎ファンの心配の声が上がる一方で、「歌えない山口祐一郎を初めて観た」という貴重な体験に一抹の羨ましさを…感じたのはきっと私だけ。



1月某日~16日間 パフォーマンス同好会特別企画

ろっくりばー会員限定企画。内容を端的に言えばツーショット写真撮影大会とサイン大会。(参加していないので詳細不明…(泣))祐一郎さんに肩をハグされるという鼻血ものの写真撮影に記憶が吹っ飛ぶファン多数。



3月1日~26日 「レ・ミゼラブル」@中日劇場

引き続きジャン・バルジャン役で出演。



4月2日~4月25日 「レ・ミゼラブル」@日生劇場

引き続きジャン・バルジャン役で出演。



4月某日

クロリングッズ第1号「クロリンうちわ」(正式名称:ろっくりばーオリジナルうちわ)発売でファンに笑撃が走る。「これは祐一郎さんへの愛の踏み絵だ」と理解したファンが多数購入した為一時は品切れになる程の売れ行き。以後「クロリンクリアファイル」「クロリンマウスパッド」が発売される。



4月20日

祐一郎バルジャン千秋楽。楽日挨拶で「僕と結婚して下さ~いっ!!」と客席にプロポーズ。



5月3日~5月28日 「エリザベート」@日生劇場

黄泉の帝王・トート役で出演。



5月18日 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」製作発表

「あの前の人…もうちょっとその…裸…」とサラの入浴シーンに興味津々の模様。



5月19日

皇后陛下と弟閣下のご結婚スクープ。兄閣下はカテコで万歳&地団駄踏みでフクザツな胸中を表現。



5月28日

「エリザベート」千秋楽。楽日特別カテコで皇后陛下と弟閣下の未来を祝して「幸せになれ~~~~~~~~!」の超ロングトーンで肺活量7,000ccの威力をいかんなく発揮。



7月2日~8月27日 「ダンス・オブ・ヴァンパイア」@帝国劇場

吸血鬼・クロロック伯爵役で出演。

毎日若くて美しい2人のサラの入浴シーンを覗き見し、首筋にかぶりついて役得な日々。

1幕ラストでは超人的ロングトーンを響かせるも、その直後の寄り目攻撃でオペラグラスを構える手が思わず震える観客。

カテコでは連日市村教授から弄られ、日替わりリアクションを披露。



8月某日

公式ブログに「クロロック城の人々」の動画掲載。サラの入浴シーンをかぶりつきで見ている事を息子と召使に指摘され、「私は変態です」とカミングアウト。



8月26日

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」前楽。2ヶ月間指十字架で弄られてきたガマンが限界に達し、とうとう教授にガブリと噛み付き。めでたく教授もヴァンパイアの一員に。



8月27日

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」千秋楽。倍率25倍の当日券抽選会に敗れ去り、名残惜しく劇場入り口外で待機するファンに対し、5番通路からの登場スタンバイ時に劇場内からお手振りサービス。



9月某日 パフォーマンス同好会

ロックリバー会員限定企画。内容を端的に言えばファン参加型の隠し芸大会(?)。

祐一郎さんお気に入りの企画なのか過去数回にわたって開催。



10月2日 「マリー・アントワネット」第2次製作発表

いつもの愛用のスーツで登場。雛壇の段差に引っかかって転ぶというお約束のギャグを披露。もしかしたら本気でコケた可能性も…?



10月5日

50歳の誕生日を迎える。祝・生誕半世紀ー!



10月27日

雑誌「LOOK at STAR!」「Top Stage」にインタビュー記事掲載。

あまりに麗しく甘い目線とやればできるじゃん!なセンスの良い服装にファンは狂喜乱舞。



11月1日~12月25日 「マリー・アントワネット」@帝国劇場

錬金術師カリオストロ役で出演。

四谷第三小学校前の横断歩道の黄旗をフリフリ熱演。

「TdV」に続く客席通路使用演出で楽しくお客さん弄り。弄られたお客さんは天国、かたやスルーされたお客さんのオチコミははかるべくもありません。



11月16日 「レ・ミゼラブル」製作発表

「MA」出演中の製作発表の為疲労から、うたた寝疑惑。軽部アナから「山口さん起きて下さい」とツッコミをもらう。



12月25日

「マリー・アントワネット」千秋楽。特別カテコで「White Christmas」をアカペラで披露。耳元で囁きかける様な甘い歌声に動画が見れるiPodの購入を検討するファン多数。


つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。