スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/30「CATS」ソワレ
直前まで「エビータ」か「CATS」か散々迷ってたんですが…。
芝チェが抜ける前に!という思いはあるものの、やっぱりタイトルロールの配役位は事前にわかった上でチケットが取りたいんだよなあ。
秋エビータシングルだったら友人も誘えるのに…と呟いてみる(苦笑)。

さて「CATS」ですが。
早水グリザ&福井マンカス&松島ミストで盛り上がらないわけがない!
マチソワ共に完売で客席も熱かったです。
この回は追い出しアナウンスが流れた後もお客さんが粘って一度出てきてくれたんですが、やはりグリザ〆もタガー〆もなし。
五反田では普通に行われていた事をここまで断固やらないのはやはり「禁止令」が出てるとしか思えん…。
あれは「役として」やって事なのになあ。復活希望ーー!

早水グリザはもー素晴らしかったです!
曲が終わった後もかすかに聞こえる早水さんの声の余韻が、厳かな静寂に包まれる客席を包みこんでいくのがもう堪りません。
早水グリザを聞いてしまうと今は他のグリザでは満足出来ないかもなあ…。

ただしこの回、谷口シラバブがグリザの手を取るタイミングがちょっとだけ早かった(あくまで自分好み比)のがちと残念。

1:グリザメモリー絶唱(観客拍手無し希望)
2:静寂の中グリザ立ち去る
3:シラバブがグリザに近寄る
4:その気配を感じてグリザが一瞬立ち止まるが、自嘲気味に再び歩き出す
5:その瞬間にシラバブがグリザの手を取り高らかにファンファーレ鳴り響く
…っていうのが私好みのフローチャートなんですが(笑)、この「4」が無かった(もしくは判別できないほど短かった)のがちょっと心残りで。
我ながら煩いイヤな客だなあと思うわけですが(苦笑)。

強く優しく頼もしい福井マンカスお帰りなさいーー!!
横浜開幕当初、パンフに名前すらなかったのはなんだったんだと思うわけですが。
タガーも良いけど福井さんはやっぱりマンカスが好きだなあと改めて実感。
久しぶりに「もしかしたら勝てるかもしれない?」と思える互角に近いマキャファイトを観た(笑)。
芝マンカスだと最初から敗色濃厚だから(コラ)。

松島ミストは相変わらず小ネタ色々やってて観てるだけで楽しい。
バストファナンバーで速攻居眠り早すぎだろうと(笑)。
あんなにひょうきんなのに踊ると神というギャップが堪りません。
この日は勢いよく回り過ぎたのか、グラン・フェッテの最後の決めポーズが思いっきり横向いてましたが(苦笑)。

朴ジェリロは、うーん可もなく不可もなく…だなあ。
キレイだし歌もお上手ですが、ジェリロとグリドルのキャラクターの違いがあまり感じられないのと、音域が割と低めなのかソノクイが辛そうでした。

同じくはじめましての小笠ジェミマ。
USJでグリンダをやっていた人、というイメージで観たので、想像より声質が太めだったので驚きました。
表情も豊かで細かいお芝居もしてるなあと思ったのですが、仕草が猫っぽくはないかも。この辺りは慣れてくるとまた違うと思うんですが。

由佳乃ジェニがバストファナンバーで一か所声がかすれて出なくなってしまったんですが、ペロッと舌出してたのが可愛くて和みました。
が、瞬間「今日誰かお目付け役が観に来てたらそのアドリブはヤバイ…」と余計なお世話的に焦ってみたりしました(苦笑)。

1枚も手元にチケットがなかったはずが気がつけば今月は前日予約で3回観ちゃいました。
さー来週の「エビータ」のキャスティングはどうなるでしょう。
スポンサーサイト


12/5「CATS」ソワレ
「オペラ座の怪人」公演回数5000回の記念品の豪華っぷりに悶絶中です。
めちゃめちゃ羨ましいーーーー!!
チャームも素敵だし、名古屋公演良いなあ。
4000回記念のあのS●女王様マスク(そんなデザインだったのは私だけかもですが…)は一体何だったんと(苦笑)。
いえ一応大切に保管してますが。

091205_1624~0002-0001

記憶も薄れてますが写真は横浜猫屋敷&周囲の広大な空き地(笑)。
覚悟はしてたんですが周り本当に何もない!!
横浜駅は逆にお店も人も多すぎるし…。
五反田の適度なマッタリ感が好きだったなあとつい昔を懐かしんだり。

劇場の作りは五反田とそう変わりはありません。
ご当地ゴミは崎陽軒のシューマイ弁当、たねまるヌイグルミ、マリノス応援グッズ、横浜ウォーカー、マリンタワーの置物等。
大町観光案内的な雑誌もありました。

2階席がなくなった分、舞台の使い方が平面的になってしまった気も。
せめてJG席は残して欲しかったなあ。
この日は5列目50番台だったんですが握手できなかったです(泣)。
最後列から順に握手してくると5・6列目辺りまで間に合わない模様。ちと残念。
その代わり麗子ボンバルに30センチの至近距離でネーミングロックオンしてもらいました。
小悪魔っぽい笑みを浮かべてふっと視線をそらして去って行った麗子ボンバル、キレイだったなあ。
2幕冒頭でボンバルが客席をパトロール(?)してる時に、私の近くに座っていたお客さんがかばんを落とすか何かして音を立てちゃったんですが、その音に瞬間的に反応する仕草が本当に猫そのもの!「ガラスの仮面」の狼少女ジェーンを思い出します。(黒沼先生がわざとライターを落とすアレです)

大きな演出変更はなかったかと思いますが、マキャが60番辺りの通路から登場したのにはかなりビビリました。
マキャよりもお客さんの悲鳴の大きさの方に(笑)。

五反田の頃から噂を聞いて戦々恐々としてたりした初見木村グリザ。
あーーーこれは…うむ…なんていうか…声質が金属質な感じでグリザに合わないな…。
キレイな声だしまだお若いとお見受けしたので、他にもっと嵌る役があるだろうに勿体ないなあと思いました。
見た目的にもまだまだ現役感が漂うので、他の猫達にケンカ売ってる様に見えちゃったりも。

この日のお目当ては何と言っても松島ミスト。
相変わらず軸のぶれない素晴らしい回転もさることながら、終始楽しそうな表情なのが見ていて楽しい。
周りの猫達とコミュニケーションも多いですよね。
テンションも高くって、デュトさんを救出のマジック成功で雄たけびあげてました。

1幕冒頭のミストとヴィクトリアがペアで踊るシーンで、
決めポーズでミストが腕を高く時に尻尾が引っ掛かって思いっきり顔の正面に乗っかっちゃってましたが、
顔をフルフルッてやって振り払う仕草がこれまたホント猫そのもの!

芝マンカスや阿久津タガーはちょっと大人しい感じがしたかなあ。
五反田ではタガー登場の「いよう!」に客席からずり落ちそうになったものですが、それもなくなっちゃってそれはそれで寂しかったり。
スキンブルナンバーのベッドのシーンで、芝マンカスがデュトさんの肩を揉んでたのがなんだか和みました。

金平さんはグリドルはキュートで好きなんですが、ジェリロだとちょっと表情が小悪魔っぽ過ぎる気も。
ジェミマで観たかったのでキャス変残念でした。

この日はグリザ締めもないまま速攻で終演アナウンスが流れたんですが、
横浜公演始まってからずっとこんな感じだそうで…タガー締めが有るのと無いのでは劇場を出る時の幸福感が違うので復活して欲しいものです。

所要時間的には五反田に行くのと横浜に行くのは大差ないんですが、
なんだか妙に遠く感じてしまうのは不思議です。


5/2「CATS」ソワレ
P1040274.jpg


五反田「CATS」もとうとう終ってしまいましたねえ。
公式にアップされている千秋楽カテコの動画を見たのですが、あれだけ凝ったもの作って何故楽前1週間位からやってくれなかったんだーとちと歯噛み。

前楽は「CATS東京 千秋楽 2009.5.3」の看板(?)と荒川タガー音頭の「4年6ヶ月ありがとう~!!」の掛け声だけで特にご挨拶も無く。
タガーが「END」の看板を出すも、前楽の濃ーいお客さんがそれで帰るわけないですって。
それを見越して段取りしておかないと役者さんも逆に疲れるから!
グリザの一人締めもないまま帰れるかーー!!って感じで相当粘りました。
結局タガー締めもトータルで3回位あった気が。荒川さんでなくてはつとまるまい(笑)。
ちなみに看板を覆う幕を外すのがランパスとマキャだったのが「やっぱり」感満載でちょっと面白かったです。特にマキャは劇中も道具係の様に働いてますもんねー。本役とのギャップがカワイイです。

チケットの神様からの奇跡の微笑みにより5列目ほぼど真中という最高の席で五反田CATSを締めくくる事が出来ました。
やっぱりセンター席は音の伝わりが全然違います。
それに役者さん達の意気込みの凄い事!!
最初の「ジェリクルソング」から迫力の歌声が身体中に響いてくる感じで最高のMy楽になりました。

チケット半券を数えてみると、4年半で計22回観劇していました。
4年半…色々な事があったなあ…。
改名祭りとか未定祭りとかキャスボ消滅事件とか。
個人的には何度もタガー連れ去りエリアに座ったけどとうとう夢叶わなかったなとか。
む?なんか全部ネガティブ系なネタばかりですが。
まあ全て♪今は懐かしい思い出ぇぇ~(演目違)

My楽だと思うとどの猫にも愛着が沸いて仕方が無いのですが、やっぱり早水グリザは圧倒的に素晴しい!!
何度も聞いたはずの「メモリー」なのに、早水グリザが歌うと歌詞や表情の1つ1つに溢れる表現力に思わず惹き込まれてしまいます。
1曲の中にグリザベラの人生がきちんと描かれていて、それ故に「CATS」が再生の物語である事にすごく説得力がある。
南バブの透き通る歌声との相性も良くて「♪花の様に朝が開く~思いでは去る~」辺りからの怒涛の様な感情の昂ぶりにもう号泣。

南バブ…デビュー週に観劇したんですよ。確か阿久津タガーも同時期デビューで。
前予席で観たら隣が大口さんと芝さんだったという夢の様な思い出もありました。
少しだけ痩せた様な気がしましたが…久々だったせいかしら…(汗)。
バストファナンバーのご馳走リレーでは、雄猫達の列に一緒に並んでご飯を食べてました。

荒川さんはやっぱりタガーが落ち着きます。
荒川マンカスとスンラタガーという声質軽っ!なコンビとかありましたよねえ。
連れ去り嬢を席に送る時、着ていたカーディガンを頭からすっぽり被せてのっぺらぼう状態にしちゃうという行動に出ておりました。
笑って済まされるのは荒川さんだからだよなあと思いました。だってお客さんをそんな扱いするの今まで見たこと無いぞ(笑)。
スキンブルナンバーのベッドになるシーンでは1人床でクロールで泳いでました。

芝マンカスはダンスが…特に後半になるにつれて明らかに疲れでヨレヨレになってるのがわかるんですが、とにかくあの芝ヴォイスで全て帳消し!
でもやっぱりお遊びシーンの方がイキイキしてるんだよなあ(笑)。
ヤクマンのところはどじょうすくいみたいなフシギな踊りをしてました。
グロタイナンバーではグリドルに夢中のスキンブルを刀を抜いてメッタ斬りにしてました。芝マンカス兄さんの愛のムチは強烈です。

スキンブル…ユキンブルもデビュー当時が懐かしい…。
パンフだと何故か顔に陰までしょってて超美男なのに、舞台だと大きな身体にキョドった目線とポカンと開いた口がひどくミスマッチで観ている方が辛い位の勢いでしたが…。
それが今や顔芸をする余裕まであってキラキラしてるし、オ●マっぽい動きがカワイイとすら思えるように。

秋ジェリロがガスナンバーで「♪聞きつけ飛び出し舞台に~立ったこともあるそうさ~」が「♪あるとのさ~」みたいな感じになっちゃってました。
秋さんレベルになると普通にしてるともはや日本語ネイティブで無い事を忘れてたりするんですが、こういう歌詞間違いがあると「そっか日本人じゃなかったんだっけ…」と思い出してちょっと焦ったり。
母国語じゃないと一度間違えると連鎖するんじゃ…なんて思ったんですがそんな心配は杞憂でその後は持ち直してました。

この期に及んで初見のキャストも多かったのですが、印象に残ったのは麗子様ボンバル。
失礼ながらあのお歳であのスタイルとダンス力に改めて驚くと共に、やっぱりベテランの役者さんは細かい演技がとても印象的。
ミストナンバーのマジックでスッと消えるシーン。すごく細かいシーンなんですが動きにめちゃくちゃキレがあってとても見栄えがして。
さすが見せ所を心得てるなあと感心しきり。

表情豊かで茶目っ気たっぷりの百々マンゴも良かったし、いつ見てもカワイイお気に入りの千堂ヴィクもいたし。
本当に悔いのない「CATS」My楽でした。
次は半年後かあ。
多分五反田CATSで私が一番多くお会いした猫役者さんは、色っぽさとしなやかさがいかにも猫っぽくて大好きな王ジェミマかと思います。
王ジェミマ以外も特にダンス枠の猫役者さんは連投続きだったので、しばしゆっくりお休みを…と思います。
また横浜で会いましょう~!


五反田CATSMy楽終演
P1040278.jpg

一足先に「CATS」東京公演My楽を迎えました。
最後を早水グリザで〆られて本当ーに良かった!!
早水グリザの歌は何ていうか…「物語」を感じさせてくれます。

始まる前までは「どーせすぐ横浜で見られるし千秋楽としての盛り上がりに欠けるなあ」なんて思っていたりしたのですが、実際に幕が上がってからは「この4年半色々な事があったなあ」としみじみ思い出したりなぞして、やっぱり何らかの形で「一区切り」つける事は大きな意味があるんだなと思いました。

濃いぃお客さん集結の前楽公演はそこかしこで撮影大会。
明日はマチネですから、ライトアップされた五反田猫屋敷は本当にこれで見納めなんですね。
取り壊されるのを想像するとやっぱり哀しいなあ…。
終演後にお友達と合流したので猫ポーズで写真に納まってみたり、ずっと気になっていた「チェゴヤ」で韓国料理を食べたり。
じゃがいもチヂミ美味しかったー!辛いけど美味しくてビールを飲みまくりながらつつきながらヲタトークを繰り広げつつ五反田CATSを振り返って楽しい時を過ごしました。

そういえば席番スッカリ勘違いしていて座席に座ってから「ここはマンカスではなくミスト握手席じゃん…?」と気がづきました。
というわけで芝さんと握手はならず、ミスト&ランペと握手してもらいましたー。
金子ミストは部活帰りの中学生みたいな匂いがしました(苦笑)。まーあれだけ踊り狂えば誰だってそうなりますよね。

4月は1本しか観劇しなかったし、その1回も消化不良気味だったので、久々に大満足な観劇が出来た夜でした。


2/21「CATS」ソワレ
P1030748.jpg

私の手元にある五反田「CATS」チケも今回を含めて残り2枚!
ってことで今回はデジカメを携えて思い出にロビーの飾りつけを写真に収めてみました。
ところで某所で「CATS」楽日が延長になったという話が出てますが、となるとこの「4月19日東京公演千秋楽」って文言も張り替えるんだねーなんてどうでもいい事を思いながら見ておりました。

最終期発売日に用事があってチケ取りに遅参した為お気に入りの5列目が取れなかったので「CATSを観る機会はこれからもあるかもしれないけど、専用劇場で観られるのは最後かもしれないし」との考えで残り2枚のチケットは両方ともJG席。RとLが1回ずつで、本日はR席通路際。
蒼井カッサと握手してもらいました~。その顔の小ささと言ったら本当に片手の手の平にすっぽり収まるんじゃなかろうかと思う程でした。

JG席は正面からだと隠れて見えない猫の仕草とかを堪能できて楽しいんですが、表情が殆ど見えないのはやっぱり少し物足りない。
とはいえ追加公演分が発売されたとしても取れる気がしない…発売日と噂されてる日が「ニュー・ブレイン」マチネの観劇日と被ってるので尚更です。

本日のキャスト表はこちら。

P1030752.jpg

今回はなんといっても佐渡グリザに注目。
予想はしていたもの超☆美猫っ!!!!
「年老いたって言うか現役バリバリだよねー」とかのレベルを超越し、現メス猫の中でダントツに美しい。冒頭の「ジェリクル・ソング」では通常だと「見慣れない猫がいるな~。あ、そうかグリザか。」と言う程度だと思うのですが、佐渡グリザはその美貌故に「あのキレイな猫誰!?」とめちゃめちゃ目立ってました。

グリザのキャラに合わない…という見方もあるかと思いますが、私は佐渡グリザ好きだなあ。冒し難い気品みたいなものを感じさせるのが「他の猫とはちょっと違う」と思わせてくれるし、やはりヒロイン常連だった佐渡さんは華があるなと。
歌い方は今まで演じた役の中でもそうとうビブラートかかっている方だと思うのですが、余韻嫋々~な感じが「メモリー」には合ってると思いました。正面から表情を見たかったなあ。

タガーって最初に観たのが芝タガーという強烈な刷り込みもあって「フェロモン」だったり「アク」だったりするちょっとひと癖ある猫という印象なんですが、武藤タガーは声良し・スタイル良し・歌良し・ダンス良し・オマケに性格も良さそう……という非の打ち所の無さが逆にタガーとしては印象が薄いのかもですねえ。
本日の連れ去り嬢は小さい女の子だったのですが、抱き上げて椅子に座らせてあげて頭をナデナデしてあげるという紳士っぷり。メス猫にモテモテというより才色兼備で文句のつけようの無い彼女と付き合って長い、という方がしっくり来るなあ(←例えが意味不明?)。

前回福井マンカスだったせいもあって、実は内心荒川タガーに一抹の不安を感じつつの観劇だったんですが、以前の様な「やっぱりキャラが…」と終始違和感を感じる様な事は無くなってました。歌声はどうしても荒川さんの軽妙さが出てしまうんですが、台詞の時の声はかなり意識して低めの声を出しているみたいで重みがあって良かった。
所々で見せる人懐っこさやサービス精神は相変わらずなのでやっぱり「頼もしいリーダー」というよりは「みんなの人気者」なんですけどね(笑)。

嶋崎スキンブルは多分初見だと思うんですが、歌声がかなり好みだわー。ナンバーの冒頭でタントに起こされる所がJGRの目の前なんですが、身だしなみのチェックをしてくれたタントに「行って来ます!」ってキラキラの笑顔で言ってるのがカワイかった~。


---------------------------------
余談。
「CATS」が終ってしまったら五反田に来る事はまずないと思うので、観劇ついでに五反田グルメ探訪。本日はかなり早めの夕食を「7025 フランクリンアベニュー」にて。

P1030743.jpg

キャッツシアターへ向かう交差点(「TO THE HARBS」)の1本先の角を曲がってすぐの所にあります。住宅地に埋もれているので気がつかずに通り過ぎてしまいそうなほど。
人気のお店らしく16時過ぎという半端な時間に行ったにも関わらず10分ほど待ちました。
店内は広くて薪が燃えてる暖炉やお庭もあったりして居心地良かったです。

P1030742.jpg

頼んだのは ゴールデンブラウンオニオンバーガー:1,200円也。
いわゆる高級ハンバーガーを食べるのが初めての私。

あのう…正しい食べ方がわからんのですが一体どうやったら…?

上半分のバンズと野菜が横に添えられてるけど…これってマ●クのハンバーガーみたいに全部挟んで食べる…と顎が外れますよね??
ナイフとフォークがついてるから切って食べるのか?とも思うのですが、ハンバーガーをナイフで切るのは至難の業…。悪戦苦闘しましたがさすがに美味しかった~。

P1030740.jpg

「OUTBACK STEAKHOUSE」での期待ハズレに対するベンジでオニオンフライ:350円も頼んでしまいました。玉ねぎ尽くしじゃないか(苦笑)。
アボガドバーガーも食べてみたいのですが、次回はアルプにも載っていた「広州市場」で麺を食べる予定です。




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。