スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝!2006年エリザ再演!!

今日仕事中にネットを見ていたら(見るなよ…)東宝HP「2006年5月エリザベート上演決定」のお知らせが!!!

予想通りとはいえ、めでたく祐一郎トートも出演



ワーイワーイ、エリザ祭りじゃ~と浮かれていたら…



トート(Wキャスト)武田真治!!??

俳優としての武田真治の記憶が「南くんの恋人」で途絶えている私としては、エリザ再演の嬉しさよりこっちのオドロキの方が勝りましたよ!!



いや、ウッチーがメタルマクベスで出演できないのはわかっていたし、体力的に祐一郎さんシングルはムリだろうとは思ってたけど、希望的には岡さんのトートが観たかったよ、私。



系統的に武田トートはウッチー系のセクシートートなんだろうね。

顔だってカッコいいし、バンドやってたそうだから歌もそれなりに歌えるんだろうし、舞台版「電車男」の主演も評判良かったみたいだし。

でも…トートってちょっと無理がありません?



ファンの方には大変失礼なんだけど…ほら、背が小さいじゃないですか…?



「♪エリザベ~ト、泣かないで~お休み~私の~腕の中で~」とかシシィに迫ったり、180cm強の浦井ルドに死の接吻をしたりとか、…想像出来ないんだよ~

正直…エリザってWトートの人気あってこそだったから、武田トートでは連日満席にするのは厳しいかと思いますです。しかもB席無いから「どんな感じか観てみようかな?」っていうチャレンジ精神も難しいし。



全37回公演中祐一郎トートが24回と2/3を占めてるのはそれを見越して?祐さんも来年は五十路なのに、ホント働き者ですねぇ。



あと指揮が塩田さんじゃないのもちょっぴり悲しい

井上くんが出ないのはもう覚悟してたから仕方がない。無理して9月に観ておいて良かったよ~。



とりあえず発売日の2/4と2/11には予定が入っていなくてよかった(笑)

まぁ1枚ぐらいはなんとかなるでしょう




スポンサーサイト


毒出しジュースで失敗…?

ダイエットブームにより巷で話題だという「毒出しジュース」なるものを友人R嬢から教えてもらった。彼女を始め、他の人も効果があったという事なので始めてみようかなぁと思って材料を揃えてみました。



<材料>



①ペパーミントティー

②おろししょうが

③レモン汁

④オリゴ糖






お味の方は、もちろん「美味しい~もっと飲みたい♪」ってわけにはいかないけど、特にまずいわけでもなく。ま、これなら続けられるかなぁととりあえず昨日の夕ご飯~寝るまでの間に500ml飲みました。



でもって今朝目が覚めたら…もんのすごく胃が気持ち悪くて吐きそう…本気で会社休もうかと思いましたです。頑張って行ったけど。



単に風邪気味だったんでしょう。

毒出しジュースとの因果関係はわからないのですが…ちょっと怖くて飲めないかも

ちとトラウマ状態…すごく効果があったそうなので残念です




ABC11月Bメニュー

もの凄く久し振りの料理教室1ヶ月振りだ~

こんなに間が開くと、正直ちと包丁持つのが面倒になったりする…って家でも作ればいいじゃんって話ですけど(笑)



◆◇本日のメニュー◆◇

チキンとほうれん草のココナッツカレー

ターメリックライス

海老と長芋のサクサクスティック

チャイのクレームブリュレ風







つづきを表示


東京豚バザール

妙にテンション上がりまくりのガンダム展を後にして夕ご飯へ

上野駅近くの東京豚バザール



いや~店名からしてすごいな~。

その名の通り、豚肉料理オンパレードです

もうこれでもか!ってぐらい豚、、そして

結論からいうと完全に野菜不足でした(笑)





左:ルイ・ヴィ・豚(トン)ヒレ炙り焼(限定品)

右:放牧豚のいろいろ葉っぱ巻き


 

左:豚トロとエリンギの串焼き

右:柔らかタンのじっくり塩煮込み


 

ラスト:豚バザールのあっさりめし



改めて見直すとあり得ないぐらい肉ばっかりだよ~でもメニューがそうだから仕方がないって事で。

でも柔らかくてどれも美味しかった

「豚土鍋ごはん」とか「放牧豚のしゃぶしゃぶ」とかも美味しそうだったな~。



話は飛びますが、店内には明らかに合コン風なグループがちらほら。

土曜の夜とはいえ上野ってちょっと微妙よね、と思ったけど、女2人でガンダム展に行った後に豚を食べまくる私達の方がもっと微妙ですね。普通に考えれば(笑)いやはや、盛り沢山で楽しい1日でした






いざ上野の森へ

先輩のお家を後にして、向かうは上野公園



今の時期上野公園と言えば…



国立博物館の「北斎展」?

そうそう、「冨嶽三十六景」とか見たいよね。わざわざアメリカ・メトロポリタン美術館から来てるらしいし。でも違うんだな。



あ~じゃああれか。国立科学博物館の「パール展」?

一応女の子ですからねぇ。マリー・アントワネットの宝飾品とかあるらしいよ。

でもこれまた違うんです。



行ったのは…


つづきを表示


奏ちゃん初対面

現在育児休暇中の会社の先輩のお家に遊びに行きました。

6月に生まれた奏太くんに初お目見え



奏ちゃんは全くといって言い程泣かず、人見知りも無かったのでちょっと安心。

だってほら、顔見た途端に泣き出されたらちょっとショックだったりするじゃないですか(笑)

もう首もしっかり座っていたので初心者の私でも抱っこできました。

いや~もうあったかくて、柔らかくて、いつまでもこうしていたい~って感じでした。



この日は旦那様にも初対面。

話には聞いていたけど、先輩と旦那様のほのぼのとしたラブラブ空気がステキ~

旦那様にハーブティーまで淹れて頂いてしまい…ハーブティーを淹れてくれる男の人って中々いないと思います



先輩の手料理を頂き、奏ちゃんと遊んで、殺伐とした日常から解き放たれたひと時でした




フリバケ旅行記完成!

フリバケ期間中の長い長~い旅行記が遂に完成



過去日付で書いてあるので改めて…



■台湾旅行記トップはコチラ

■北海道旅行記トップはコチラ




う~んこれだけ書けば、備忘録としては十分だろう

やっぱり旅行はいいですねこれから大量に撮った写真の整理をするのもまた楽しみなのであります






雪山が呼んでいる!

会社の帰りにちと用事があって神田のスポーツ用品街へ。



当初の目的とは裏腹に、というか目的も果たしていないのに見ているうちに段々「あ~新しいウェア欲しいな」とか思い始め、行く予定も入って無いのになぜかニット帽を購入。



北海道に行った時に耳が寒かったので、耳あてがついている帽子を見て「あったかそうだなぁ」とつい…



でもなんだかすごくスノボに行きたくなってきたぞ!

しかし予定が…有休は余っているのになかなか難しいものです




出稼ぎの日々は続く

「One day more!」の筈が持ち越しちゃって本日内示がありました。

…結果、出稼ぎの日々が続く事になりましたよ。



なんかね~、別に自分の事は全然ショックじゃなかったんですけどね。

なんていうか…「この会社ホント迷走してんな~指針とか何も持ってないんだな」という今更なオドロキの方が大きかった。ま、慣れたってのもありますけど。



でも、こういう事があると人間って本性が出ますね。



調子に乗って人としてありえない暴言を吐く人

ひたすら愚痴る人

職務放棄発言をする人


どれもはっきりいって見苦しいです…ああはなりたくないものだわ

どうなる事やらです。ま、ボチボチやりましょ




台湾茶器購入

台湾の張さんのお店で買ったお茶、「やっぱり飲むなら専用の急須で!」と思って、台湾でも行った「竹里館」の日本支店(麻布十番)へ台湾茶器を買いに行きました。ホントは楽天とかで安く買えたりするんだけど、思い立ったらすぐ欲しくなっちゃう性分なので…



買ったのはこの3つ



左:台湾茶用の小さい急須(高潘壺)と聞香杯

右:台湾茶用の小さい急須(耐熱ガラス製)



つづきを表示


One day More!

1週間振りに社会復帰を果たしました

5時起きで会社に行って160件のメール整理から始めたけど一応通常業務に戻れました。とはいえシステムのPWは忘れてるし、PC打つ手は震えるし。

はぁ~やっぱり私向いてないね、働くの(笑)



しかし案の定12月1日付けの大異動の件で雰囲気悪いったらありゃしない。

大枠は休み中に報告してもらったので知ってたけど、前門の虎・後門の狼的状況だからあんまり考えない事にしました。



だって何にせよ働かなくちゃ食べていけないしね。♪戦いなのさ~誰も助けちゃくれぬ、仕事無ければそれだけ~命が縮むですよ、まさに。ま、働く事で余計命を縮める事もありますけど…



でもって明日が内示だって言われてるのに「早く教えて欲しい」だのガタガタいう人がいるわけですよ。私なんか「今そんな事言ったって明日になればわかるじゃん」ってな感じでしたけど。これも休みのリフレッシュ効果で心が広くなってるから!?



いえいえこれこそ♪明日にはわかる神の御心が~朝が~明日が~く~れ~ば~ですよ。あ~レミゼやっぱりいいなぁとか言ってて全員バリケードで討ち死に状態になったらどうしよう…



というわけで激動の明日に備えてお休みなさい




あれ?オケピは…?

旅行中に届けられた配達記録郵便を今日再配達してもらった。

中身は「ジキル&ハイド」のチケットだと見当がついていたので、ドキドキしながら封筒を開けると…



1階XB列!?2列目だよ!!

あれ?でも…一番端っこだよ…見切れだよ~(泣)



う~んご贔屓の役者さんを観る為に取ったチケットではなく、作品全体を見たかったのでこの席はちと厳しいでもまぁカード会社割引価格だから仕方がない。



…でも日生劇場ってXA~XCはオケピじゃなかったっけ?

指揮:塩田明弘ってなってるから生オケは間違いないよねぇ?

オケピ有りで2列目と、無しで2列目って結構違うぞ!

日生劇場は1度しか行った事が無いのでよくわかんないなぁ



にしても「ジキル&ハイド」には3,000円のB席があるのにどうして「レ・ミゼ」には無いんだよ!と思考はどうしてもそこに戻るのであります




最高峰のキャスティングって?

まだフリバケ中の旅行記が完成してないんだけど…でもでもでも!!

この前の「日生レミゼ」に続き、またもや旅行期間中に東宝HPに異変が!!!コチラ



帝国劇場2006年11-12月公演は、超大作オリジナルミュージカル「M.A.」を上演する運びとなりました。「M.A.」とは、正式なタイトル名ではございません。タイトル、スタッフ、キャストの全ては12月1日(木)の製作発表で発表させていただきますのでお楽しみくださいませ。その会場でミュージカルナンバーも5曲程(予定)、ご披露いたします。

覆面製作発表ですが、東宝から世界を見据えた超大作オリジナルミュージカルであること、そして、日本ミュージカル界の最高峰のキャスティングですのでご期待ください。




MAって見た時一瞬ジャニーズのグループ名かと思っちゃった

でもどうやら「マリー・アントワネット」じゃないかという噂が。



しかも「オリジナルミュージカル」と聞いて思わず四季のオリジナルミュージカルを想像してしまい、「帝劇の規模でそれはどうなのさ…」と思ったら、どうもクンツェ&リーバイ作品の新作ではという話も。



一体皆さんどこからこういうウワサを入手されるのでしょう。その情報網の広さが羨ましい。



「日本ミュージカル界の最高峰のキャスティング」って気になって仕方が無いけど…ミュージカル界の帝王・祐一郎さんが出ないなんて事ないよね?そんなことになったらフランス並みに暴動だよ、暴動



しかしそうなると、来年の祐一郎さんの東京公演出演スケジュールってばこうなるわけ?



4月:レ・ミゼラブル

5月:エリザベート(ウワサ・未確定)

7月・8月:ダンス・オブ・ヴァンパイア

11月・12月:M.A




チケット貧乏よ、どこまで続く…




北海道旅行記3日目その⑥:とうとう食べおさめ

17時半にレンタカーを返却新千歳空港へ。

I様、3日間運転お疲れ様でした&本当にありがとう



当初は特にお土産は買わないつもりでした。

お友達の皆様には台湾のお土産を渡すつもりだったし、家族はあまり食べないし、自分に買ったら太るし



が、あの新千歳空港のお土産街の誘惑に勝てるはずがない。えぇ、完敗ですとも。





結局こんなに買っちゃったよ~。(これ以外にもホテルで「白い恋人」も購入済)

「六花亭」のストロベリーチョコは、私はホワイトよりもブラックチョコが好み。新作の「ヨーグルト味」なんてものであるものだから当然お買い上げ。



更には「マルセイバターサンド」同じラインナップでこれまた新作の「マルセイチーズ&ビスケット」もお買い上げ。ビスケットとチーズがセットになっていて、ディップして食べるのです




つづきを表示


北海道旅行記3日目その⑤:アウトレットでお買い物

飛行機出発時間の1時間半前までにレンタカー返却の為、早めに新千歳空港へ。

でも少し時間が余ったので、空港のすぐ近くにある「千歳アウトレットモールRera」に立ち寄り。





日が落ちて、も降ってきたのでかなり寒い

95のショップが集まっているそうで、大きいしキレイなのに、この寒さのせいか、土曜日なのにめちゃくちゃ空いてる…。



ただ時間潰しだけのはずだったのに…



しっかり試着までして「プロポーション ボディドレッシング」のニットとスカートをお買い上げ

だってこのグレーのスカート、前から欲しかったんだもん…

サイズも全種類あって品揃え豊富でした。

ちなみに私が定価で買ったスカートも売っていたりしたけど、まぁそれは見なかった事にしよう。







「フランフラン」では別に安いわけでもないのにクリスマスキャンドルを買ってしまった。

透明のジェルタイプのキャンドルの中に雪だるまが入っているラブリーな品





というか「プロポーション」も「フランフラン」も、東京、というか私の地元の駅前にあるんだよね

う~ん旅行の勢いとは恐ろしいものです




北海道旅行記3日目その④:おめかし白鳥ボート

「登別温泉」から道央道を経て「支笏湖」へ。

途中どうしてもお腹が空いたのでお昼はモスバーガーで済ませました。

オーダーをした後に北海道限定「とうきびシェイク」「かぼちゃシェイク」があることに気がついた…残念なり



それにしても北海道の道は想像通り真っ直ぐな道が多い!

カーナビ君も「この先20キロ先左折です」とか「このまま15キロ道なりです」とか「おいおい仕事しろよ!」的発言をしだすのでちょっと面白い(笑)

非常にツマラナイ表示のカーナビ



そんなこんなで支笏洞爺国立公園内「支笏湖」へ到着。

こんな寒い時期に湖見に来る人なんていないかと思いきや、中国人の団体ツアー客が沢山いました。何故??



以下支笏湖について調べた内容。



・約4万年前の激しい噴火活動によってできた大カルデラ湖

・最大水深は約360mと日本で2番目の深さ

・平均水温3.6度(落ちたら即心臓麻痺ですね…)







つづきを表示


北海道旅行記3日目その③:地獄の赤鬼さん

大興奮の「のぼりべつクマ牧場」を後にして、「地獄谷」へ。





温泉地といえば「地獄谷」って感じで全国色々な所にありますが、生まれて初めてかもしれない…。岩肌から蒸気が噴出していましたが、お湯はそんなに沸いているように見えなかったなぁ。

あ、でも匂いは例の「硫黄臭」が漂ってました。私は割りと臭いもの全般平気な方だけど、だめな人はきっと気持ち悪くなるよね、この匂い…



「地獄谷」から1キロ程離れた場所にある「大湯沼」





お湯の湧き出している文字通りの沼。

表面温度は40~50度、湯底では130度もあるそうな。

ここのお湯が近くの国立病院で医療用に使われているって書いてありました。

更に沼の正面にあった煙を出していた山は活火山だったらしい…え~と何にも注意書きとか見当たらなかった様な気がしますけど…火山ってあんなに身近にあっていいんでしょうか?



こんなところで登別温泉を後にし、「支笏湖」へ向かいます。





昨日は夜だったのであまり見えなかったけど、高速インターの出入り口には鬼がお出迎え。ん~あんまり「歓迎」されているようには見えませんね(笑)。




北海道旅行記3日目その②:ある日森の中クマさんに~後編~

テンション上がりっぱなしの「のぼりべつクマ牧場」後編。

餌をねだるクマさん達を正面から見るとこうなります。





肉球大きい~

肉球好き(?)にはタマランです。基本的にクマさん達の動きは緩慢で、餌の投げ方が悪くてあさっての方向に飛んでいった場合は追いかけたりしてませんでした。だってどう見てもどっしり「テディベア座り」で動けないもんね。…ってクマなんだからクマ座りで当たり前。



牧場には木を模倣した様な高さのある台が設置されていますが、木登りが出来るクマさんはレアなんだそうな。とはいえ登れるクマがいるってことは、クマに遭遇した時木の上に逃げてもダメかもしれないって事ですね。ま、そんな山中に出かけることはまず無いけど…。



お客さんが柵の上から餌を投げ入れる形になっているので、高い所に登れればそれだけお客さんと距離が近くなって餌をもらえる機会も多くなります。

その優位性が彼女に余裕を与えるのか?





2本足で立ってねだったりしている地上のクマさん達に比べて若干ふてぶてしい態度?「早く餌くれよ~」って顔してる(笑)

もっとやる気のないクマさんもいます。


つづきを表示


北海道旅行記3日目その①:ある日森の中クマさんに~前編~

本日は北海道旅行最終日。

6時半に起きて朝風呂へあ~やっぱり温泉って、大きいお風呂って最高!!



朝食はまたバイキング形式でしたが、「ジャーマンポテト」「バターコーン」「鱒の子」とか北海道っぽいメニューがあって嬉しかった



ホテルをチェックアウトしてすぐ近くにある「のぼりべつクマ牧場」へ。

このクマ牧場、高いし(ゴンドラ代金込みで2,500円)「クマなんか見て楽しいのか?」と行く前は思ってましたが…



いやもう楽しすぎて大興奮!!

クマ牧場は山頂にある為、まずはゴンドラ乗り場へ。

乗り場の前に早速クマの剥製が。





最初は単なるぬいぐるみかな?と思ったけど、お腹に手術の跡みたいなギザギザがあったので剥製なのかなぁと。ちなみに「義経」って名前がついてました。(笑)

でもこうやって見るとやっぱり大きいな~。こんなのに森の中で出会っちゃったら、♪あらクマさん、ありがとう~とか歌ってる場合じゃないぞと…。





本日もです。山も見えれば遠くに太平洋も見えて良い眺め

5分程で山頂に到着。急いでクマ牧場へ向かいます。

何故急ぐかというと今日は10時から「クマさんの朝ごはん」というイベントがあるから。



北海道といえばヒグマ、ヒグマといえば鮭をくわえている木彫り。

というわけで、このイベントでは鮭1匹を給餌体験できるのです。…だったのですが既に山頂に着いたのが10時を過ぎてしまっていて、直接鮭をあげることは出来ずでも、鮭を美味しそうに食べる様子は見られました。


つづきを表示


北海道旅行記2日目その⑩:温泉で極楽

本日の宿泊先は登別温泉にある「登別グランドホテル」

いかにも「日本の温泉街のホテル」って感じで大きい!

きっと昔からあるホテルだと思うけど、内装もお風呂もキレイで満足

ちなみにこれはホテルのロビーです。ちょっと假屋崎省吾風(笑)





夕ご飯はこれまた大型ホテルの定番でバイキング形式でした。

でも松葉ガニ食べ放題だったし、大好きなカニのお味噌汁もあったのでご満悦です





※注:これはバイキングのケースの中のお皿。さすがの私でも1人でこんなに食べたわけではありませぬ



夕食の後はもちろん温泉へ


つづきを表示


北海道旅行記2日目その⑨:北海道の食肉文化

旭山動物園を後にしてお昼ご飯

昨日「山頭火」に行った時に、その近くで見つけた「しゃぶ亭」というしゃぶしゃぶのお店です。



お昼からしゃぶしゃぶ!?って感じですが、こんな風に1人前ずつお鍋が用意されている所に心をくすぐられます。





野菜セット・漬物とお代わり自由のご飯はどのメニューも共通。(ちなみにお代わりしちゃったよ…)それ以外にお肉の種類が選べます。野菜もお肉も追加料金を払えばお代わりは可能です。



私が選んだのは「ラム肉しゃぶ定食」





他には牛肉やイベリコ豚なんていう魅惑的なメニューもあったんだけど…北海道だし!(そればっかり…)

お肉は柔らかくて、特に臭みも無かったです。というか私は今まで「臭みがあって食べられないお肉」というのに出会ったことが無いもので参考になりません。

別に私が普段「高いお肉」を食べているというわけではなく、単に「雑食」だからなんです。



お鍋の締めは雑炊でもうどんでもなく、「中華ソバ」





これまた「北海道だから?」と思ったけど、どうも最近近所のスーパーでも「鍋用ラーメン」なるものが売っているらしいので特に意味は無いのかも。

お店が空いていた(というか途中まで私達しかいなかった)ので灰汁を取ってもらったり、麺を茹でて貰ったりして楽チンでした


つづきを表示


北海道旅行記2日目その⑧:旭山動物園オランウータン館

次に「オランウータン館」へ。



檻もガラスもない「空中運動場」をオランウータン達が行き来する様子が見れるようになっています。屋外の運動場はすごい高さ(30m)で迫力なのですが、冬季は屋内のみに限定されています。





上がお母さんで下が子供のオランウータン。

屋内だけどこっちもかなりの高さがあります。建物3階分ぐらいかなぁ?

特にチビちゃんの方は、子供なのに器用にロープを使って移動します…って当たり前なんだけどね(笑)何しろ「森の人」ですから。



人間の赤ちゃんもそうだけど、動物の赤ちゃんも次々やることが変るので目が離せない。お陰でちょっと首が痛くなっちゃいました(笑)


つづきを表示


北海道旅行記2日目その⑦:旭山動物園もうじゅう館

次に「もうじゅう館」へ。その名の通り食肉目の動物達がいるスペースです。



ここでビックリしたのはライオン!





夜行性なので昼間はずっと寝ているらしいのですが、ガラスのすぐ側で寝ているものだから、これまた近すぎ!!

ガラスに耳を近づけるとライオンの寝息も聞こえます



『♪心配ナイサーッ』って飛び起きてくれないかなぁと思いましたが、彼のプライドランドには雪が積もっていて寒い為、そんな体力はない模様です(笑)



他にもトラやヒョウがいました。写真左下に注目




つづきを表示


北海道旅行記2日目その⑥:旭山動物園ほっきょくぐま館

次は「ほっきょくぐま館」へ。







こうみると、「北極クマって白クマじゃないじゃん」って思いません?

何でこんなに黄色いんだろうな~?これだと北極でかなり目立っちゃうと思う(笑)



屋内に入ると、11時半~「もぐもぐタイム」(餌やりの時間)の為、かなり混雑して後ろの方からしか見られなかった

餌が投げ入れられるとさっきまで地面をウロウロしていたイワン君は水の中へ。


つづきを表示


北海道旅行記2日目その⑤:旭山動物園ぺんぎん館屋内

続いて「ぺんぎん館」の屋内に入ると、水中トンネルがあって水の中を泳ぐペンギンの姿を間近に見ることが出来る様になっています。







屋外でえっちらおっちら歩く姿からは想像出来ない、キレイな動き水槽の水もキラキラしていて美しい事



その姿はまさに空飛ぶペンギン!あ~某マンガを思い出すなぁ。






北海道旅行記2日目その④:旭山動物園ぺんぎん館屋外

続いて「ぺんぎん館」へ。

まずは屋外から見るペンギンのプール。





ち、近い!!柵はあるけど低いので、手を伸ばせば触れる距離に(実行したら噛まれますけど)ペンギン達がうーじゃうじゃ

写真は「皇帝ペンギン」、茶色の羽毛に覆われているのは子供のペンギンです。

さすが皇帝、子供でも大きいな~。



整髪料のCMで岩に突き刺さっていた「イワトビペンギン」もいました。





一番可愛かったのはコレ

「ジェンツーペンギン」のお2人様


つづきを表示


北海道旅行記2日目その③:旭山動物園あざらし館

美瑛から旭川市内に戻り、「旭山動物園」へ。





ニュースでも良く出ていますが、日本最北端の動物園で、「行動展示」と呼ばれる、独自の動物の見せ方で大人気の動物園です。平日にもかかわらずそれなりにお客さんが入っていたので土日だとさぞかしすごい混雑かと



入場料も1人580円で安い!!ちなみに1,000円でパスポートが買えるそうな。これまた安い。



まず初めに総合的な感想を言うと、動物園自体の規模は決して大きくないし、動物の数だって多くない。園内だって古くてキレイじゃないところも多い。

それでも「こんな動物園初めてだよ~!!」っていう興奮と感動



その箇所はよくTVでも取り上げられる「ペンギン館」「あざらし館」「ほっきょくぐま館」「もうじゅう館」「オランウータン館」に集約されます。コレだけで十分価値があります。




つづきを表示


北海道旅行記2日目その②:恋が叶う木?

8時半にホテルを出発。目指すは美瑛の「パッチワークの路」

ホテルからの道、「道道966号線」は両脇に白樺の林が続いていて別名「白樺街道」とも呼ばれていて、「北海道自然100選」にも選ばれているそうです。







ホテルから真っ直ぐ走って20キロ程で「パッチワークの路」と呼ばれるエリアに到着。芝生や畑やお花畑がパッチワークの様に見えるのでこう呼ばれているそうですが、季節柄彩りがちと寂しくはあります。それでもなだらかな丘陵と広い空はやっぱり感動です






つづきを表示


北海道旅行記2日目その①:蒼い川

朝6時半に起床今日は予定が詰まっているので朝風呂は抜きです。

朝食はいわゆるバイキング形式





北海道っぽいおかず達の中に中華が紛れてますけど(笑)

ここでもじゃがバター(右下)がすごく美味しかった



ホテルの周りを散策。昨夜着いた時は夜だったのでわからなかったけど、外観はこんな感じです。





ホテルのある場所は「大雪山国立公園」内にあります。

「大雪山」というだけあって既にかなりの積雪量


つづきを表示


北海道旅行記1日目その④:熊を使って家庭の味

「拾ってきた家」を後にして、富良野駅前の「くまげら」で夕ご飯





※注:右下に透明人間が写っていますがデジカメの不思議現象であり、決して恐怖現象ではありません(笑)

「北の国から」シリーズ第15話で五郎と清吉が酒を飲みに行く約束をした場所、らしいのですが見ていないのでわかりません…


つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。