スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫屋敷に韓流ブーム到来

一夜明けたら猫屋敷が韓流テイストに変わっていた



えええーーっ!?

週後半からキャスト追加なのはよく見掛けますけど、火曜からこれですかい!

昨日のキャスト発表はなんだったのよー。

前予すらアテにならない、恐るべし四季クオリティ。

今までもこういう事態は何度も目にしてきたんですけど…自分が直撃受けるのは初めてなんですよ。ご贔屓さんに直前に逃げられた皆さんの気持ちが少しわかりました(泣)。



金グリザもグヨルマキャも好きなんですけど。

あの、ホラ、スキンブ……ごにょごにょ…。

でもこの急なキャス変はきっとLK絡みで韓国VIP来客用ですよね?

ああーーーもう芝さんさえいてくださればそれでヨシとしよう!(切実)



そして隣の市に住むというにアルプが来ませーん。

でもでも!「壁抜け男」上演決定ですって?

デュティユルは石丸さんかなあ。チケ取り大変そうだけど、長い事再演切望だったので嬉しいーーー!


スポンサーサイト


猫屋敷祭り参加です

今日は仕事がバタついていたので今頃ようやくキャストチェック。



うおぉぉぉーっ!!(野獣化)

ワタクシ今週末の「CATS」チケ持ってるんですけど!?去年の9月に予約した分(笑)。



早水グリザ、村ガス、芝タガー、涼太スキンブル!!!



4・5月と曰比谷通いで、四季にはすっかり不義理をしていた私なのにこんなお祭りキャストに恵まれるなんて…とりあえずありがとうA代表ーーーっ!



でも…村さんは汐留⇔五反田と行ったり来たりで連投何週目になるんでしょうか?阿久津さんも…。

阿久津さんまさか地毛でご出演じゃないですよね?いくらなんでも早すぎる。呪われた市松人形でもない限り(笑)。




映画「RENT」を観てきました

映画「RENT」を観てきました。※公式HPはコチラ

NYを舞台にエイズ、ドラッグ、同性愛といった様々な問題を抱えて毎日を生きる若者達の姿を描いたミュージカル映画です。



公式HPの予告編だけでも鳥肌モノだったのですが、もう大感動&大号泣でしたよ~!!ほとんど予備知識を入れずに行ったので、まさかこんなに泣くとは予想していませんでした。これから行く方はウォータープルーフのマスカラが必須かと。



にしても「ダ・ヴィンチ・コード」より遥かに傑作だと思うのですが…この上映館の少なさは何故なの!?

東京だと渋谷Bunkamuraル・シネマ位でしょうか。(ル・テアトル銀座でも上映していますがレイトショーだけなので)。



私が観たのは14時からの回でしたが、1席も余裕のない完全な満席。

チケット販売は窓口のみの予約・入替制なので、早めに行ってチケットを買っておかないと希望の回が観れない、もしくは入れてもものすごく観辛い1番前、なんて事になるのでご注意を。



以下ネタバレ含む感想となりますので隠します。




つづきを表示


テレザと相性の悪い私

これ程までにテレザに全っ然繋がらないのって私だけじゃないの?

…となんだか哀しくなってしまった本日の8月分「TdV」一般発売。



プロのゲッターさんでもない限り戦法は「ひたすらリダイヤル&運」だと思うのですが。つまり私は徹底的に運に見放されているということなの?チケットが取れない事そのものに加えて己が不運も実感させられたらそりゃ多少は凹むってものです。それとも「今日は思ったより早く繋がりましたー!」というような垂涎の戦果を書かれている方は、やはりコツとかあるのでしょうか。



もーーーーーー途中で幾ばくかの休憩を挟んだものの、お昼ご飯も食べずに9時半から14時までリダイヤルし続けたのに話中にすらならないのはどうしてなのよーーっ!?N●●のアナウンスですら嬉しくなってしまったぐらいですよ。その前の「こちらはK●●Iです」でずっと足止めくらってましたから。



今日は14時から「RENT」を観にいったのですが、上映終了後にまだ諦められずに掛け続けてようやく16時42分に繋がりましたよ。…がお盆時期の平日マチネでさえ「P列」だとぅ?それぐらいの席なら譲渡板にゴロゴロ投稿されてるってばよ。



もうこうなったら我が右腕(くじを引く方の腕です)に全てを託して来週帝劇並ぶか…?と真剣に考えたのですが、帰宅して●プラス見てみたらテレザより良席残ってるじゃないですか。手数料差し引いてもくじ運頼みよりはこっちの方がマシってものです。で、とりあえずポチっと






つづきを表示


5/23「エリザベート」ソワレ②

「女心と秋の空」とはなんと的を得た表現なのでしょうか。

昨日「満ち足りた気分です」とか悟った様な事を書いたばかりなのに…もう渇いてきました。早っ!!



買ったはいいけど恥ずかしくて奥深くしまっていた祐一郎閣下のポスターを取り出して眺めてみたり、「誰でもピカソ」で流れたわずか数秒の舞台映像を何度も繰り返して再生したりと♪あの病気の兆候が~あらわれ始めてる~私です。



そんなこんなで「エリザ」思い出の品々をひっくり返していたら、自分でも持っていることをすっかり忘れていた驚きのシロモノが出てきました。


つづきを表示


5/23「エリザベート」ソワレ①



というわけで昨夜は通算599回公演の「エリザ」に行って参りました。

今回がMy楽日だったので、「これが最後だから集中して観るぞ!」と開演前は相当意気込んでいたのですが、いざ終わってみて感想を書こうとすると、なかなか言葉が出てこないのです。

しかも興奮していて何を書いていいかわからないのではなく、フシギと冷静な心持ちなのです。

何なのでしょうこれは。



燃え尽き症候群」ってやつでしょうか?

「何か1つの事に全力投球した後まるでモーターが切れた様にパワーダウンしてしまう事」だそうで。確かに私の5月は身も心も財布も「エリザ」に捧げてましたから。ふふふ…ボーナスまでは怖くて通帳残高を確認出来ませんよ…。



いえ、きっと自分の中で「エリザ」に対して悔いなく満足することができたからなのかもしれません。ご本人は予期せぬ事で不本意だったかと思うのですが、あの休養&ご結婚報道が私にとって良い意味でのターニングポイントでした。もしあの報道がなくて普通に楽日を迎えたとしたら、「次はいつ再演なんだろう?その時キャストはどうなるんだろう?」と期待と不安を抱いたまま、ウワサに惑わされる事になったでしょう。



でもあの報道のお陰で「現キャストではこれが最後なんだ」という覚悟が、認めたくないと思いつつも自分の中で徐々に出来上がってきた中で迎えたMy楽だったので、カテコではありったけの思いをこめて拍手を送る事ができたのがすごく嬉しかったのです。


つづきを表示


黄泉の国から帰宅中③

「エリザ」ソワレから帰宅中です。今日がMy楽だったので5月のエリザ祭り、一足お先に終焉です…。



とはいえ、これで今のカンパニーに会えるのは最後だろう、という現実をまだ心が受けいれられていない模様。多分公式で楽日挨拶とか見たら堪えそうだなあ…うぅ…。



今日も何度か涙で舞台が見えなくなりました。なんと!今日は一度たりとも笑いで肩が震えなかった程ですから(どんな基準だ)、やっぱりかなり感傷モード入っているのかもしれません。



そんなわけで気持ちばかりが走ってしまって、あまり細かい所を記憶できていないのですが後日ちょこっと書き足します。




このシャリ感の正体は?

暫くぶりにコンビニに立ち寄ったら、夏季限定のチロル新作を発見~。

その名も「かき氷」チョコ



相変わらずチロルチョコ株式会社の商品企画力はスゴイものがあります。例え味が伴わなくてもね…。



袋を開けた途端に人口香料の強烈な匂いに襲われ、口に含めば奥歯直撃の激烈な甘さで飲み物を買いに行かずにいられません。「かき氷」のネーミングにふさわしく、チョコなのに何故かシャリシャリしてるんですけど、その食感の正体がナゾ…。



お裾分けしてあげた営業さんの呟き。

「20円のチョコを1つ食べた事によって140円のペットボトルを買わなくちゃいけなくなるって……」

ごもっとも。






「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を読みました

この土日でハリポタ第6作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を読破しました。

今は大分落ち着きましたけど、ハリポタも一時相当ハマりまして。



謎解き本も買ってたし、呪文も覚えてるし(何の為に…?)、9と3/4番線の看板を持って写真を撮るためにイギリスに行きたいと計画していましたねー。今でもロンドンは相当行きたいですけど、その目的は本場でALWモノのミュージカルが観たいという目的に変わっております。英語力の欠如が決定的なネックで実現に至っておりませんが。



うわ~話が逸れてきた。

以下ネタばれ含みますので隠します。


つづきを表示


映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました

「ダ・ヴィンチ・コード」早速観て来ました。



私は原作にめちゃくちゃハマったクチでして。

読み始めたら止まらなくて、気がついたら夜が明けてましたねえ。

元来歴史好きな事に加えて、信者でもないのに12年間もカトリックの女子校で過ごした事もあって、キリスト教モノはかなりツボなのです。



この映画、プレス試写の時に失笑くらっただの、国によっては上映中止になっただの、はたまた関連会社商品の不買運動が起こったりと、色々な議論を巻き起こしているようですが。

私個人は、聖書の逸話は史上最も壮大なファンタジーだ位に思っているので、この作品が述べる真実のイエス・キリストの姿にも全く抵抗はないです。きっと文化的に日本人の多くがそうだろうなあと思うのですが、いかがなものでしょうか。



たとえ聖書がすべて当時の教会や権力者によって都合の良いように編纂されたものであっても、その中には人々の心をうつ真理があったからこそ、今これだけキリスト教が広まっているわけですし。

要は「そんなに目くじら立てなくたっていいんじゃないのー?」と思う私の血液型はO型です。



前置きが長くなりましたが以下感想です。

まだ公開されたばかりなので一応隠します。


つづきを表示


5/17「エリザベート」ソワレ





ここ数日色々なニュースが飛び込んできて、あっちこっちへ意識がフラフラしておりました(苦笑)。というわけで今更ですが17日ソワレの感想です。既に脳内メモリーが消えかかっておりますが。



今回は初のGC席。GC階良いですねぇ~!

足元広くてゆったりだし、目線の高さも丁度良くて舞台の床に映える照明も綺麗にみえました。何より視界を遮るものが全く無いというのがこの上なく快適です。



舞台の方も相変わらず完成度の高い素晴しい内容でした。

………って早くもまとめてしまってどーする(汗)。

この3日前に観た14日のソワレが、自分エリザ史上恐らく1番と思われる感動っぷりだったので最早「エリザ」に関して語るべき言葉が見当たらないのですよ。市村さんの「TdV」のインタビューではないですがまさに「何も言うべき事はございません」「行き着くところに辿り着いた」という感じです。………表現の対象が全っ然違ってますが(笑)。



しかもこの前日に一路さん休養の記事を見たせいで勝手に感傷モードの私。

「もうこの一路シシィの姿を観る事はないんだろうか…祐一郎トートもこれで卒業なのかな…とすると2人の共演もこれが最後かもしれん…」とか考え始めて終始目頭が熱くなる始末。

えー、よく考えれば「M!」があるじゃん?というのは頭から抜け落ちてました。でもでもでもーーー!男爵夫人とコロ様の関係性では物足りないのですよーーっ。御二人にはもっとがっつり四つに組んで頂きたいのです。



まあこれを書いている時点ではTdVの扮装写真やら、エリザ婚ニュースやらでちょっと気は紛れてますけど。それでも来週のMy楽終わったら軽く抜け殻状態だろうなあ…。




つづきを表示


多忙な1日……になる筈だったのに

昨夜遅くまで「ハリポタ」を読んで寝不足だけど頑張って早起き。さー今日は忙しいぞ!



「TdV」テレザ先行参戦→料理教室→帝劇で予約チケ引取り→ゲルマ温浴→「ダ・ヴィンチ・コード」レイトショー



……体力ナシ子なのでちょっと一杯一杯気味。


つづきを表示


ヴァンパイア動画配信

まだ一部ではありますがシアターフォーラムに「TdV」の動画が配信されています~。相変わらず仕事早い!この分なら明日にも全部掲載されそうですね。



もう市村さん最高にオモシロいよーー!!

市村教授の写真、笑いを通り越して拍手起こってるし(爆笑)。

いや~ホントどこかのアニメのキャラみたいだよ。

暴風雨に巻き込まれた御茶ノ水博士?

芸達者の市村さんがあの扮装でコメディだなんて、面白くないはずがない!



祐一郎さん、相変わらずマトが絞れてない発言がカワイイ~。

私には「サラの裸をもっと見たいんですが~」というのが1番の拘りポイントの様に聞こえましたが…おいおいオッサン!孤高の白塗り吸血鬼メイクの下で何を考えておるのだ!!

自分で自分の扮装に「良いじゃない~♪」って言ってるし。

そんなあなたが大好きだわ~♪(←アホ)



釼持サラは見惚れる程の美しさ、大塚サラは健康的な色気があってどちらも魅力的ですね~。エロカワイイ、というなら大塚サラの方がイメージに近いかな?と勝手に思っております。

ドラマでは結構見てますけど、舞台でのちひろちゃんは今回が初なので楽しみです。



アルフレートの泉見さん…林●ペーかと思いましたよっ

あああ恋するマリウス青年があんなお姿に…!

それを言うならリアル王子キャラの浦井くんの方も、めちゃくちゃ真面目に喋ってるのに場内からは笑いが起きてるし。



何だかこの作品は出演者の皆さん自身がハジケて楽しい舞台になりそうだなぁ~。

気がつけば後1ヵ月半ですよ?新作って本当にワクワクします。

エリザが終わってしまう喪失感が少し癒されましたわ。






祝!一路さん内野さんご結婚

うわーーおかげで眠気も吹っ飛びましたよ!



昨日の「TdV」制作発表をエンタメでやらないかなーと思ってめざまし見てたらこのニュース。朝から興奮してちと疲れました(笑)。



以前にスクープされてたし、一路さんが「エリザ」後暫くお休みと聞いた時は「結婚と子作りかぁー」と誰しも考えたかと。それでもTVの前で絶叫してしまった小市民な私。

正式発表はお二人の舞台が終わってからと予定してたんでしょうに、マスコミってオソロシイですね。



何はともあれとにかくメデタイ!

高嶋兄&シルビア夫妻に続いてエリザカンパニーから2組目のカップル誕生ー!まさにグランデアモーレ!!ですな。



以下独り言。

皇后様を奪われてしまったWキャストのトート閣下……あなたもいい加減に嫁をもらわなくていいのですかーっ!?とか要らぬ心配をしてみる。お相手の1人や2人…10人…100人いたって不思議ではないのですけれども。



※訂正

エリザ婚はこの御二人で3組目だそうで…失礼しました(汗)。

カンパニーの仲の良さがうかがえますなぁ。




首洗って待ってます!

公式HPに「TdV」製作発表レポートが早くも掲載!東宝さんありがとう~。いつもniftyの方が先手なのに今回は早いですねぇ。

祐一郎さんの髪型………微妙なのはいつもの事ですけどね。眉目秀麗なお顔立ちなのに身なりに全く気を遣わないところもツボだったりするのですけど。ええ所詮ファンなんてそんなものです。



マイク持って喋っている写真が載ってますけど、ヘンな事言わずに真面目に受け答えできたんでしょうか?(余計なお世話)それとも市村さんと漫才コンビ披露しちゃったりとか?動画が待ち遠しい~。

伯爵のナンバー披露がないのは残念ですが、いよいよ来週には扮装写真が拝めるとは!もーこの日を待ってたのよ~。昨日も「フライングでチラシ出てたり…?」と妄想して帝劇地下に行ったワタシです。我が家は朝日新聞だけど、駅の売店で読売買いますよ!念の為2部ね。(何の為?)



この製作発表の時間、私は月1の会議に出席しておりました。私みたいな下っ端が出た所で何の意味もないのに、それでも必ず顔は出さなくちゃいけないのがサラリーマンの悲しいサガ。会社休んだ所であんな倍率では当たった筈も無いわけですけど、会議中「あぁ今頃やってるのか…くぅうう」と猛烈な欲求不満に襲われた私がとった行動。



………会議終了後、テレザに電話して公演2日目のチケット買ってしまいました。初日は勿論手に入らなかったのでMy初日はその次の土曜だったんですが。初日から1週間後じゃ、その間いてもたってもいられなくなるだろうという事が容易に予測され…。1階A席最前列サブセンターがアッサリ確保できてビックリです。



あ~祐一郎さんの吸血鬼、めちゃくちゃ楽しみだよー。私の血でよろしければいつでも差し上げますので、首洗って待ってますから~!!(暴走中)



ところでお土産のヴァンパイアの牙は何故あんなに黄ばんでいるのでしょう?(笑)松の実っぽいな~。(←大好物ですが)



※23時半追記

うきゃーーーーーーーーーー!!

シアターフォーラムに扮装写真がーーーーーーーーー!!!




つづきを表示


黄泉の国から帰宅中②

「エリザ」ソワレから帰宅中です。



今日も今日とて祐一郎閣下は絶好調でした。明日の「TdV」制作発表もこの調子で頑張って下さいー!浦井殿下も!

しかし…上演中はバッチリ目が覚めてるものの、さすがに仕事帰りの観劇は疲れたー。オペラグラス常時スタンバイで腕もダルいー。



というわけでとりあえず本日のトピックス。



1幕「闇が広がる」恐怖のお稚児さんバージョンが復活の兆しが!



もうやめたんだと思ってたのに……。

常に想定の範囲外。それが祐一郎クオリティ。

続きは後日書き足しまっす。




悲しいけれどさようなら…いえ再演待ってます!

今日は久々に残業~。

だって明日は「エリザ」ソワレですから。定時退社死守の為、明日の分も前倒しで片付けました。後は明日クレームとか勃発しない事を祈るのみ。南無南無…。



niftyにエリザの記事がアップされてますねえー。

おおっ!これがウワサの武田トートの赤いお衣装なのですね。セクシー♪

でも左下のお写真は……別人の様にアゴがしゃくれちゃってますけど、一体どうしたのですかー!?



そして記事を読み進めるとサラリと衝撃的なことが書かれてるじゃないのよーっ。



「これまでタイトルロールのエリザベート役を務めてきた一路真輝さんが、この公演を最後にしばらくの充電期間に入ることも明らかにされており…」



うわーん(泣)。ウワサは散々出ていたけど、改めて公式に書かれると…うう。

やはりエリザは暫く封印なのですね。今までずっと1人で演じてきた一路さんにはゆっくり休んで欲しいけど…でもでもでもー!(我儘)

今期の一路シシィ、動きは控えめになったけれどもその分演技に凄みを感じます。御本人も感慨深い、という言葉では表せない程色々な思いがあるのでしょうね…。



とちょっと凹んだんですが、そんな私にチケットの神様からご褒美が。




つづきを表示


5/14「エリザベート」ソワレ②

昨日レポをアップしようと思ってシコシコ書いていたのですが、なんちゃってブラインドタッチの私によくありがちな、「どのキーを押したのかわからないけど突然かな入力になっちゃったよ!」の事態発生。ローマ字入力への戻し方がわからず断念した次第です。

ローマ字⇔かな入力の変更は「Alt+カタカナ/ひらがなキー」と。備忘録としてここに書いておこう。うむ。



いきなり話が逸れてスミマセン。

今回の席は1階席中程の上手ブロック。日生はどの席も観易いけど…やっぱり前方席は良い!細かい表情までよく観えるからか、2階後方席からだとツボだった(笑)動きにももうメロメロです。

声楽的な知識をさっぱり持ち合わせていないので語彙も乏しいのですが、祐一郎トートの歌声は絶好調でした。地声からファルセットへの切替が滑らかで、しかもどこまでも伸びる伸びる!

それなのに…やっぱり何箇所か腹筋が痙攣しました。あああまたお笑いレポになってしまう…お許しを。



開演早々、ゴンドラで登場した祐一郎トートのお姿を観た瞬間に吹いたのは私です。だってだって………

前髪からなんだかバブル時代のかほりがーーー!!

半分下ろして半分立ち上げたすだれ前髪。

6日に観た時も「去年より前髪少ないなあ」と思ったんですけど近くで観たらこんなことになっているとは。それ私が中学生の時に流行ってたよ。懐かしや(笑)。もしかしてこの前髪おめかしが「武田さんのいいところは盗んでいくつもりです」の結果なのですか!?「俺も衣装や髪型ちょっと工夫してみるかなー」とか思っちゃったのでしょうか。


つづきを表示


5/14「エリザベート」ソワレ①



というわけで、今期2回目のエリザ、観て参りました。

もう最っ高でした!!

下の記事にも書きましたが、あまりの素晴しさに感極まってエリザで初めて涙が出てきました。

特に祐一郎さんは先月・今月と自分が観劇した中では今回が1番良かったよぉおおお。朗々と響き渡り劇場を揺るがす歌声…何度も観た演目で、もうこれ以上落ちる事は無いと思っていたのにまたどっぷりハマって来ました。ああ…。



前回は閣下のオモシロレポになってしまいましたが、今回は良席だったこともあってか完全に萌え>>>笑いでした。改めて叫びます。

祐一郎トート大好きだーーーーーーーっ!!



私の初・東宝ミュージカル、初・生祐一郎さんは2004年のエリザでした。それが運命の出会いというか、はたまた運の尽きというか、いまやご覧の通りの有様な訳です。

でも、もしレミゼが先だったらこうはならなかったかも。そう思うとチケットが取れなくて2003年レミゼを諦めた事も天命だったのかもしれません。(いやその時は経験値が低くて争奪戦を勝ち抜く術を知らなかったというのもありますけれども。)祐一郎トートだったからエリザにハマったし、トート役だったから祐一郎さんのファンになったのだと思うのです。



圧倒的なオーラを放つ美しい立ち姿。

劇場を揺るがす迫力の歌声。

そしてそれらに包まれて舞台と客席が一体となる至福の瞬間。



えーと既に何が言いたいのかわからなくなってきましたが、要するに祐一郎トートは私にとって格別の存在な訳です。勿論他の役者さんのトートも(といっても私は内野トートを1回観ただけですが)それぞれ魅力的だと思いますが、私にとってトートってどんな役?と聞かれればその答えは祐一郎さんが演じるトートなのです。

そんな訳で開幕前は「早く始まらないかなー」と思っていたのに、公演半ばにして「段々終わりが近づいてきている…」という寂寥感(早いだろ!)も感じ始めている始末です。だって…今年で卒業っていうウワサ流れているし(呆然自失)。もし1億万分の1、そうなったとしたらDVD出してもらわないとタダじゃおかねえぜ、東宝さんよぉ!?



あぁぁまだエリザ熱にうかされている感じなので本日はこれにて。本編レポは余韻を冷ましてもう少し頭を落ち着けてから追記します。






黄泉の国から帰宅中①

「エリザ」ソワレから帰宅中です。



今日の舞台、凄かったよーーっ!!エリザで初泣きです。

笑い泣きじゃないですよ?もちろん感動泣き。「最後のダンス」で魂持っていかれました。



♪脈は~

   大丈夫じゃないよ…

♪微熱が~

   微熱どころか知恵熱出そうだよ…



とりあえず頭を冷やさねば。




芝チェ花道席確保!

「エビータ」チケ取り、早起きした甲斐があって発売開始直後にネット繋がりました~。嗚呼!東宝のチケ争奪戦に比べると、努力が報われる四季の販売方式は何と素晴しい事か。(感涙)



というわけで芝チェ花道席(下手通路際)確保!

演出変えられたら…ということは考えない事にします。

ハッ!…そもそもチェが芝さんじゃなかったら……それも考えない方向で。



あとはバルコニーシーン目当てで2階最前センターも取ってみました。前回1階席の時、客席に降りてきたアンサンブルさんに被って視界ゼロという体験があったもので。あの時は私の30センチ前で歌い踊る役者さんに喜んでいいやら悲しんでいいやらでしたよ…。

8月は「TdV」との兼ね合いもあるし、柳瀬ペロンのご登場時期次第で前予、というわけで本日はこれにて撤退。



だって今日は「エリザ」ソワレですから~♪

ずいぶん早いですけどそろそろ出発せねば。エリザ前に永久脱毛2回目行って、ナビザ引換して、昨日踵がパックリ取れた靴の修理もせねばならぬ…。




こんなもんよ 私の運 笑っちゃうわねホント…

暫くお目にかかっていなかったナビザ当選メール。

「TdV」8月分、どういうわけか6公演も当選しちゃいました。

今回は土日と最終週だけに絞って応募したので数はあまり打っていないのにナゼ?読めない。相変わらず読めないよ!ナビザの当選ロジック…。



でも…でも………「贅沢申すでない」のお叱りは覚悟の上で書かせて頂きます。

すごい微妙な席ばっかりだよ~~~~~っ!!

手数料払ってこれかよ!?みたいな。



端席とか…

最後列とか…

同日マチソワで当選とか…



でもってS席はどこに行ったのさ?

例の如く「ある所にはあるさ~♪」なんでしょうけど、ワタシの手元には見当たりませぬぞ?一般発売で並んだ方が良い席が取れそうな気がする…うーん。

引換期限は明後日で迷っている暇も無いなんてヒドい。



それよりもっとヒドいのはいまだ扮装写真が出ない事ですよ。

来週の製作発表では披露してくれる筈と思っているのですけれども。



※追記

家に帰ったら7月J●Bの貸切公演のチケットが到着しておりました。

通路際だー♪


つづきを表示


ドクトルは胃腸病も診察してくれますかねえ

9連休明けの仕事…週半ばにして既にグッタリです。やっぱり1日中PCに向かって仕事っていうのは身体にヨロシクないことこの上ないですな。

昨日から突如胃もたれ。うームカムカ。

食べる事大好きな私が2晩連続お粥食ですよ(泣)。

飲んでもいないのになんなんだこれは?

ダメ社会人にもホドがあるってもんです。



でもまあ一応仕事はきちんとやってる…つもりですけれども。

例えPC画面上に常に譲渡板のページが開かれていようとも!(仕事しろや)

というわけでサイドバーにありますようにエリザのチケット増やしちゃいました。

記念すべき公演数599回目(笑)のチケットもあります。



この2日間隙を見ちゃページ更新して、飢えた狼の如く狙ってましたから。

ウチの会社はネットも私用メールも規制が緩くて助かりやす。ありがたや。

でもどーしても武田トートのチケットが手に入らないのですよ。公演数が少ないのも一因だとは思いますが、ヤ●オクでも高値ついてますし。正直こういう事態は想定して無かったです。新トートの起用、大成功ですねえ。



というわけでこのまま新トート閣下にはお会いできない可能性が濃厚になってきました。さすがにこれ以上は仕事も財布も都合が…。

でも祐一郎トートもこれで観納めというウワサが飛び交ってますからひたすら観倒す!ということで。



あとは体調を整えないと、です。

液キャベ飲んでもイマイチ効かないのですが、恐らくドクトルにお会いすれば一発完治かと。早く週末にならないかなあ。








レミゼ20周年記念公演決定だー!!

東宝HPに「エリザ」初日レポートアップされたー!

武田トートってば一路さんよりウエスト細いんじゃないのー?

祐一郎トートがチビルドを抱っこしてるのがカワイイー♪



…とエリザにますますどっぷりになりそうな私でしたが、見事襟首掴まれて引き戻された気分です。

「レ・ミゼラブル」2007年6・7・8月帝劇上演決定!!

日本初演20周年記念との事で博多座でも2ヶ月のロングラン。

嬉しいよぉぉおお。次こそは全バルをコンプリートしてみせます!

初日のキャストは誰なんだろう?ワクワク。



キャスト変らないよ…ね?と考えると祐一郎さん・新妻さん・玲奈ちゃん他「MA」「レミゼ」掛け持ち組はもう来年のスケジュールがほぼ埋まったって事かぁ。舞台役者さんは本当に大変ですね。

私の財布も大変なのですけれども。




連休最後はブラコメのチケ取り

エリザ観劇興奮冷めやらずで昨夜はかなり遅くまで寝つけなかったのですが、何とか「ブラックコメディ」のチケ取りに間に合う時間に起きられました。



奇跡的に10時前に予約画面に入れてしまい、史上最速開始1分後にブロック選択画面に辿り着いたので「最前列も取れちゃうんじゃない?わーい」とか思ったのですが…やはりプリンス石丸人気はそんなに甘くない。自由劇場は確か7列目から段差がついていたと記憶しているのですが、見事7列目センターも全席売れていました。結局取れたのはサイドブロックですが、通路際で視界を遮るものが無いので個人的にはお気に入りの席です。満足ー。



ところであのチラシは微妙すぎやしませんか?貴公子石丸サマのお顔が、お顔がぁっ…。

顔で客が呼べる数少ない(失言)貴重な四季俳優さんなのに何と勿体無い事を!会員だけでチケットは捌けると踏んだのか、とか勘繰ってみたり。



にしても今回の「ブラックコメディ」の公演スケジュール、ミュージカルファン的にはかなり選択肢の幅が狭かったのではないかと思うのですが…私だけでしょうか?6月の予定がスゴイ事になっているのは。

「メタマク」に「ミーマイ」に「OURHOUSE」に、その他前から押さえてある四季ロングラン物。かといって7月に入れば「TdV」が始まるし。観劇以外の予定だってあるわけで。そのお陰で日程選択に迷わずにすんだのは良かったのか悪かったのかわかりませんが。



ふと気がついたんですがCATS・LK以外の殆どの演目が、7月の連休挟んで休演なのは俳優さんの夏休みですか?劇団創立記念日のお祝い?あざみ野新芸術センターコケラ落とし祝い?(※コケラ落とし、を漢字にしたら文字化けしました…)集客が見込めそうな日程が休演続きなのでちょっと気になったもので。



GW連休最後がチケット取りというのは、何だかいつもの日常に戻ったなあという気がしてしまいます。旅行も行ったし、映画も舞台も観たし、買い物もしたし、ずっとやらなくちゃと思っていた窓拭き&エアコンの掃除もしたのでそれなりに充実していたかとも思います。

あーあ明日から仕事か…初っ端から新しい派遣さんの面接やら打ち合わせやら憂鬱ですが先立つものを稼ぐ為に頑張らねば。






5/6「エリザベート」マチネ③

「夜のボート」。ここのシーンの背景について「コートダジュールであの形の月が見える事はありえない」というのを聞いた事がありますが、それよりなによりスクリーン一杯に星が浮かんでしまっていて、もう背景が空なのか海なのかよーわからんぞな事態になっていた気が…。しかも星の色が青かったり赤かったりカラフルなのがこのシーンの2人には相応しくないよーっ。



大好きな「悪夢」のシーン。嬉しそうにナイフ(ヤスリ?)を弄ぶ祐一郎トートの笑顔が堪らんのです。今日もいつの間にか禅フランツの御髪が乱れまくっていました。ごめんよ禅さん…迫真の演技でしょうに全く観てませんでした…。祐一郎トート、ここでも殆ど指揮してなかったですよ。本当にかすかに動かす程度。それでもフシギと皆を操っているように見えるのはさすがですが。あ、両手○バージョンの指揮でした。カワイイ(笑)。



ふぅようやくラストです。

心底満ち足りた様な、何かまぶしいものを見る様な祐一郎トートの笑顔…真正面から観たいよう。前列最上手辺りだとその至上の幸福を味わえるのでしょうか?

シシィを棺桶におさめた後の伏し目がちの笑顔も色気が有りますよねーもうメロメロです。

最後がお笑いで終わらなくてヨカッタヨカッタ。






つづきを表示


5/6「エリザベート」マチネ②

「エリザベートの寝室」にて部屋に入れてもらえない禅フランツ。

シシィに「よく読んでご決断下さい。お母様か私か!」と言われた時、一瞬本気で怒った様な表情に見えました。2幕のゾフィー皇太后との決別のシーンも、綜馬フランツが最後まで息子として母を敬う態度を見せているのに対して、禅フランツの場合は冷たいと思う程距離を感じました。



勝手な解釈ですが、禅フランツが怒っているのはシシィやゾフィーの言動それ自体ではなく、また自分の意見が受け容れられないからでもなく、彼女達の互いに話し合おう・分かりあおうとしない頑固さなのかなと。「どちらが正しいのか?どちらの味方なのか?」と早急に答えを迫る態度は、彼の理想である「寛容と善意」の精神を以てすれば起こり得ないはず。自分にとって1番身近な人間である筈の母と妻が、自分の理想とは最もかけ離れたところでいがみ合う姿はフランツにとって堪らなく辛い事だったでしょう。自分の無力さを実感し、自身にも腹を立てていたのかも知れません。



それでも最後にフランツが選んだ、自分にとって一番大切なものはシシィへの愛。シシィの手紙を何度も繰り返し読み、皇帝としての自分・ただの夫としての自分の間で1人葛藤したであろうフランツを思うと切なくなります。

なーのーにーっ!シシィ…アナタももうちょっと歩み寄ろうよ?と思ってしまうのですよ。



ちょっとマジメに語ってみましたが、元に戻して。

ここの「♪エリザベィ~泣かないで~お休み~私の~腕の中で~」はエリザの中で個人的に最萌えポイントです。あの包み込む様な甘く囁く声…。恥も臆面もないですが(元から無いけど)1度で良いから言われたいよーーーーーーっ!!ええもう光速でその胸に飛び込みますとも!!あれを拒めるシシィってすごいなあ(笑)。




つづきを表示


5/6「エリザベート」マチネ①



今期初エリザ行ってきましたー!まだ開幕4日目なんですが、My初日まですごく長く感じてジタバタしてましたよ。いやあ…演出も衣装もマッタク「新しく生まれ変わって」いない(笑)祐一郎トートですが、それでも新たな爆笑ポイントが増えているのはさすがです(ん?)。エリザは萌えたり笑ったり大忙しですねえ。



以下観劇の視点が激しくズレた感想になります。いつからか私にとってエリザは笑いどころを探すミュージカルになってしまいました…だって祐一郎トートの動きがあまりに面白すぎるんだもの!これも全て愛ゆえ…エリザ万歳!(←フォローのつもり。)宝塚版だとこういうことはないんでしょうね。きっとお客さんはみんなウットリと見惚れているんだろうなぁ。いえ、東宝版でも内野トートの時はこんな事はなかったのですけれども。



まずは開演前恒例売店チェックから。

おおーホントだ!クロリンうちわ補充されてるよー!でもレミゼの時より売れ行きがあまりよくないようでしたが(別に心配せんでも…)、祐一郎ファンは皆一通り買ったということでしょうか。ポスターもマグネットも新閣下のポスター以外は去年と同じなのですね。ツマランのうー。(買う気マンマンですよこの人…)



「後半になったら舞台写真入りのが出るんじゃないの?」と窺いつつも誘惑に勝てずにパンフ購入。うわーまた祐一郎さんやっちゃってますよ。結局どの辺が「私と『エリザベート』」だったのかわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい…。私は心の中で夢オチかよっ!と叫んでしまいましたが。開演前に読むんじゃなかった…お陰で始まる前から頭の中が?で一杯に…。

半分以上、いやヘタしたら100%創作だと理性が諭しているのに、家に帰って新宿御苑の園内マップを確認。ふむふむ。ろっくの事務所から温室まで直線距離500m程、と。……何をやってるんだ私は。



雑談長すぎました…

以下本編の感想ですが、「シーン別」「キャスト別」迷ったのですが全然まとめられないので順不同に参ります。






つづきを表示


明日はエリザMy初日です

明日は「エリザ」My初日です。

何度も観た演目だけどやっぱりワクワクするよー!あぁ楽しみ。

2階の天井付近からですが、オペラグラス握り締めて行って参ります。



ここ数日「武田真治」「エリザ 武田 トート」「トート 武田」など武田トート関連で当ブログを訪問してくださった方が結構いらっしゃるみたいで申し訳ないです。

私、武田トートのチケット持ってないんですよーー!

だから何一つ情報は得られないかと…。

それにしても新閣下への期待度がうかがえる現象です。私も何とかチケット入手しようと頑張っておりますがこれがなかなか。



さて、麗しの祐一郎トート拝謁に備えて今日は早寝しまっす。








映画「プロデューサーズ」を観ました

こういう軽ーいノリの明るい映画大好きです!何にも考えずに楽しめます。

観終わってまず思ったのは「舞台版観に行けばよかったーー!!」という後悔です。主演2人がジャ●ーズというだけで食わず嫌いしちゃったんですよね…うぅ。再演されたら絶対観に行くぞー!



以下ネタバレ含みます。


つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。