スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年観劇の軌跡~まとめ~
結論からいっちゃいます!
2007年の総観劇数は27演目61回でした。
上半期の一覧はコチラ、下半期の一覧はコチラに記載しています。
ちなみに2006年は56回、2005年は40回で順調に右肩上がりでレコード更新です。
予言の通りねー怖いくらいーー

とか歌っている場合ではなく。今年は四季方面で持ち上がった例の騒動のお陰で9月以降は観劇意欲が(自分比で)かなり下がって前予も殆どしなくなったので、体感的には去年より減っている気がしたのですが全然そうじゃなかったというこの結果。記憶にあるだけで体調不良で嫁がせたチケットが4枚分はある筈なのに。
ちなみにこの61回にゲキ×シネ5回分は含まれておりません。
以下内訳等集計してみました。
※印がついているのは2007年に初見の作品です。
つづきを表示
スポンサーサイト


2007年下半期観劇の軌跡
2007年も残す所12時間を切りました。というわけで2007年下期観劇一覧です。
ある演目への偏重っぷりが凄まじいです(笑)。
つづきを表示


12/30「CATS」マチネ
皆様が続々と「2007年の観劇振り返り」の記事をアップされている中、いまだに12月の観劇レポが1つも完成していない私ですが何か?(←とうとう開き直り)とりあえず記憶が新しい方から先にという事で、本日は観劇納めで猫屋敷に行って参りました。キャストにあまり左右されずに楽しめる演目なので意図的に4年連続で観劇納めは「CATS」と決めてチケットを取っています。5年目は…あるかなあ…?

明日大晦日は全演目休演の為今日が観劇納め!と意識しているお客さんも多かったのでしょうか。冬休みで所々子供の声はしたものの、客席の集中力が高くて居心地良かったです。2幕メモリー後の拍手もありませんでした。それに新猫やお久し振りの猫が多くてすごく楽しかった!役者さん達にとっても「演じ納め」という事もあってか、イイ感じにリラックスした雰囲気の舞台だったので、記念日という特別感を除けば3周年記念日よりも今日の方が満足度は高かったです。

そんな訳でテンション上がってしまい、またもやTシャツを購入しちゃいました。だって新しいのが出てたんだもん…。

P1010204.jpg

ヴィクトリアのシルエットがカワイくて即決。その横にはCATSナンバーのタイトルが英語で記されています。てかタイトルって言ってもまんま猫の名前のものが殆どですが(笑)。オリジナルの袋が付いてくるのですが、それいらないから300円まけて欲しいなーとも思う。(値段が3,300円だったので。)

さて本編ですが、今日のお目当てはもうなんてったって「この人だけはキャス変しないでくれーっ!!」と毎日PCに向かって祈っていたスンラタガーですよ!!で、結論。スンラタガー惚れちまったぜ…大好きデース!!(告白)おかしい…前にもスンラタガーは観た事あるし、その時はあまりの高い声にどちらかと言えば苦手意識を覚えたはずなのに。♪こんなことってあーるのー私にもーーーーー
ちょっとけだるそうな投げやり感にウィンク&投げキッス連発のセクシーっぷりでも充分ヤバイというのに、自ナンバー以外では変顔したりお遊びを入れてきたりとってもお茶目さんなスンラタガー。♪おかしいわーどうしてーあの人がカワイイーーー

私が観た事のあるタガーの中では最も踊れない…ていうか動けてない(汗)スンラタガーですが、個人的には全くもって無問題。スンラー(笑)の某様に「スンラさんは腰が悪いんだと思う」と伺ったので意識的に見てみたのですが、確かに腰を庇っているように見えます。前屈みになったりするのは体勢的に無理みたいですねえ。

タガーナンバーでは相変わらずアレンジ入れまくりの最後は超高音の「ごむ~~~~~~」を披露。本日私はギリギリタガー連れ去りエリアだったのですがいつもの事ながらアッサリ振られまして(涙)。スンラタガー、客席まで連れ去り嬢を送り届けた後スゴイ勢い(音が聞こえた…)のデコチューをかましてました。芝タガーの専売特許だと思ってたのに!!
ついでに本日のタガー締めでは舞台前方に出てきて最前列センターの女性を手招きして呼び寄せ、そのまま手を取って甲にキスするという鼻血もののサービスまでしてました。う、羨ましい~~~~!!
鼻血ものといえば2幕冒頭、オーブン上のタガーとボンバル。岡本ボンバルがタガーの後ろからすり寄ると、くるっと振り向いたスンラタガー、いきなりボンバルを押し倒……もとい座らせて後ろから肩を抱くというイイ男っぷりを披露していました。

が、それ以外の場面では3枚目キャラになってしまい遊びまくり!
グリドル登場のシーンでは興奮のあまり卒倒して床で痙攣してるわ、スキンブルナンバーでは一緒にステップを踏み始め舞台中央に出て行こうとして他の猫に諌められるわ、夜行列車のベッドのシーンでは四つん這いのまま逃走を企てて荒川マンカスに尻尾をふんじばられて戻されるわ、カテコではやたらマサトースキンブルに絡んでいて尻尾を引っ張り合ったり談笑したりととっても楽しそう。

1つ難を言えば荒川マンカス&スンラタガーの組み合わせだと、デュトナンバーのデュエットの声に厚みが出ないんですよね…別々に聞くと似てるとは思わないのですが2人一緒に歌うとすごく被る気がします。ああ福井さん…自由劇場に行ってる場合じゃないですよー!!
つづきを表示


仕事納め
仕事終ったどーーーーーっ!!
…という訳で本日仕事納めでした。前倒しで仕事をした事もあってきちんと机周りの掃除をする時間もありました。今年は久々の人事異動で精神的にも大分辛い時期もあった1年だったなあ(しみじみ)。
今日は会社帰りに仲良しの同期と鍋&飲みでした。

P1010201.jpg

会社近くの火鍋と刀削麺のお店は非常に庶民的な店構えで、ちょっとHPの写真に騙された感もありましたが(苦笑)、まあお味の方は可もなく不可もなく。スープがサラっとしていてゴマだれをつけて食べる方法だったのですが、個人的にはスープにコクがある方が好きなので。というわけで「美食日記」カテゴリにはちょっと入れられないかなあ。

でもって明日からは9連休でっす。うわーーーーー何して過ごそう?

・コンタクトレンズを買いに行く(使い捨ての予備が底をつきそうで急務)
・とにもかくにも大掃除
・溜りに溜ったレポを片付ける
・ポルトガル旅行の写真を整理する
・未着手のDSソフト4本をやりまくる
・猫をお風呂に入れる
・バーゲンの鬼になる

…書き出してみるとショボイ計画ばっかりだなあ(笑)。いやどれも私個人にとっては重要な事なのですが。9日間って長いようでいて、余裕こいてるとあっという間に過ぎちゃうんですよね。有意義に過ごさないと。
年末年始の観劇予定は2本。自分的恒例行事「猫屋敷で観劇納め」&初芝居は勢いで取ってしまった演舞場の新春歌舞伎です。歌舞伎の方はいちまんよんせんななひゃくえんもしましたヨ…。ボーナス後だったから…花道横(ドブじゃない方)の前方席が空いてたのでつい…あああ。

というわけでとりあえず1年間お疲れ様でした私ーっ!!


ぬくぬく家@渋谷和風居酒屋
師走の美食生活第4弾(完結)。
渋谷道玄坂上にある「ぬくぬく家」という居酒屋で「炊き餃子」なるものを食べてきました。

P1010187.jpg
つづきを表示


メルヴェイユ@日本橋フレンチ
師走の美食生活第3弾。(第4弾で完結予定)
学生時代の友人と忘年会兼お誕生日会で休日ランチをしてきました。
場所は日本橋高島屋から程近い「メルヴェイユ」
JR東京駅八重洲口からも徒歩圏内です。

もうこのお店が本当に素晴しかった!!
私的ミシュランでは間違いなく星獲得。少なくとも今年行ったお店の中ではNO.1です。料理の見た目が麗しく美味しいのは当然ですが、コストパフォーマンスの良さと上質のサービスにウットリでした。
あまりに感動したので他の友人達にも勧めまくった結果、次回の予約も入れちゃいました。ちなみに予約は2ヶ月前からの受付だそうです。

ランチメニューは2,800円/4,800円/6,500円の3種類。ここでもやはりメイン2品は食べられないので一番安い2,800円のコース。ちなみにサービス料は一切かかりません。夜はさすがに取られるのかなあと思いますが。でもここのお店の応対の良さならサービス料を取って当然だと思います。

■前菜
シマ海老とマンゴーのタルタル ブランマンジェと緑野菜のソース


P1010171.jpg

天辺に乗っかっているのはウニですよー!(単純に嬉しい)
ウニの塩味と隠れているマンゴーの甘さの味のバランス、見た目の彩りの美しさ。テンションの上がる前菜です。緑色のソースはほうれん草ベースだそうですが、苦味や鉄臭さは全く感じませんでした。
つづきを表示


ビストロ・ド・バーブ@神楽坂フレンチ
師走の美食生活第2弾。
会社の同期と牛込神楽坂にある「ビストロ・ド・バーブ」で年忘れお食事会を開催しました。

P1010170.jpg

つづきを表示


Restaurant Watabe@鎌倉フレンチ
師走の美食生活第1弾。
随分時間が経ってしまいましたが、12月1日(土)に毎年恒例の紅葉狩りを兼ねて江ノ電・長谷駅にあるフレンチレストラン「Watabe」に行って来ました。
長谷駅にはもう1軒有名なレストラン(そっちはイタリアン)があるのですが、予約の電話を入れた時の応対が私レベル的にNGだったので(←他人の礼儀作法に厳しいワタシ)、こちらのお店を選びました。予約は1ヶ月前の1日(=12月25日の予約であれば11月1日~)の受付との事。この日は紅葉の時期だった事もあって予約のお客さんで満席でした。

P1010068.jpg
つづきを表示


ようやく「M!」観に行ってきました
千秋楽まで残り数日というこの時期になって漸く今期「モーツァルト!」初見でした。評判通り井上ヴォルフがめちゃめちゃ進化してたー!!「1回だけしか観れないならアッキーヴォルフが観たいのに」とか言ってた事を反省です。
寝不足だったので市村パパのシーンで危うく舟を漕ぎかけましたが(…スミマセン)、やっぱり「M!」は曲が好きだなあ。本編だけでなく追い出しのオケ演奏で感極まって泣きそうになりました。

もの凄く久々の祐一郎詣でだったので地下に行っちゃおうかとも考えたのですが、プリンス&キング揃い踏みの日は凄まじい事になっていそう…と思い、代わりに丸の内のイルミネーション・フラワーファンタジアを見に行って来ました。

P1010182.jpg

冬の時期にお花のライトアップというのは珍しいしとってもキレイでしたが、風は強いわ雨は降ってるわ周りは当然カップルだらけだわで心身共に寒くなってしまったのでした…。

そういえば!今日帝劇内に「レベッカ」新チラシが置かれていたので貰ってきました。
えーーーと…ズバリ言っていいですか?
何なの!?この昭和の香りがするチラシはっ!?
個人的に「大変にダサイ」と思ってしまったもので正直ショックが否めないのですが(涙)。
祐一郎マキシムはともかく(ともかくってアンタ…)、ちひろちゃんのカツラも何やら野暮ったい様な…。東宝のチラシやキャッチコピーにセンスを感じられないのは今に始まった事ではないとはいえ、このチラシだとちょっと人を誘い難いぜ。前の祐一郎キメキメ1人ショットチラシの方がまだ良かったのになあ。


ベターホーム【野菜料理の会】12月メニュー
◆◇本日のメニュー◇◆
根菜ときび入り団子の滋味鍋
さといもまんじゅう
かぶときんかんの甘酢あえ


観劇レポは仕上げるのに時間がかかるので日常ネタから。
今月の料理教室のメニューです。

メインが「鍋」と聞いて「鍋なんて習う物じゃないだろう…」と思ったのですが、美味しかったからまいっかということで。もちきびを入れたお団子が入っているのですが、先生が教室で「すいとんを食べた事がある方はどれぐらいいらっしゃいますか?」と聞いた時に殆どの人が「食べた事無い」という返事だったのに1人ビックリしていた私です。
えええーーーー!!皆すいとん食べた事無いんですかっ!?我が家では鍋の定番ですが…?さすがに手作りはしませんが普通にスーパーで売ってるし、モチモチしていて美味しいのになあ。

P1010180.jpg

「さといものまんじゅう」は中にひき肉と椎茸のみじん切りで作った餡が入っています。それを軽く揚げて、とろみをつけただし汁を掛けて…個人的に大っ好きなタイプのお料理です。いつもより生徒の人数が少なくて、1人分余っていたのをしっかりお腹におさめさせて頂いちゃいました。

P1010177.jpg

あえものは色合いがキレイだし、甘酸っぱさが絶妙なバランスで凄く美味しかった!!何より簡単だしすぐに作ってみたい品です。……が金柑って他に何に使うんだろう??
今だから言っちゃいますが、この日金柑の中から小さいしゃくとり虫っぽいのが出てきました…。騒ぎになると宜しくないので(虫が死ぬ程ダメって女性は多いですからね…私も決して好きではないですが。)黙って冷静に始末した自分がちょっとオトコマエーとちょっぴり悦に入った日でした(笑)。

P1010178.jpg


これだけの量を食べてもカロリーは500未満との事。野菜万歳ー!!


宝くじに当たった気分です
た、たたたた大変ですっ。
「レベッカ」初日チケ当選しちゃいましたよーっ!!
ゼイゼイ…最近ちと色々忙しくて脳内飽和状態の所にこの信じ難い吉報。興奮し過ぎて涙出てきました。来年・再来年分の運まで使い果たしたかもだけど、これで明日からまた頑張って働けます。ありがとうろっく!ありがとう祐一郎!!

普段は全くクジ運に恵まれない私ですが、何故かろっく枠だけは良くあたる気がします。「レミゼ」は前楽と楽と両方取ってもらっちゃったし。「M!」は「年末の最終週、しかも3連休後に仕事休めるわけ無いじゃないかー(涙)」と思って元々申込んでいなかったのですが。
いやはや…クリエのキャパは約600でしたっけか。初日は関係者枠も多いでしょうに、本当に何故こんな幸運が自分に舞い降りたのかにわかには信じ難いです。
遥か先の話ですが頑張って即レポ落とします!
「TdV」の初見(私は観たのは公演2日目)の時の様に「……Y田ーー!!(泣&怒)」とならない事を切に祈りたいと思います。

「JCS」楽レポも途中で放棄な上、他にも色々遅れていますが単純に師走の忙しさによるものです。風邪もひかずに元気に過ごしておりますので、レポは落ち着いたら纏めてアップします~。


12/8「ジーザス・クライスト=スーパースター~エルサレムver~」マチネ&ソワレ(楽日)その1
東京楽の後も全く同じ事を書いた記憶があるのですが、気持ち的には「JCS」の余韻にどっぷり浸っていたい時に限って仕事が…生活が…。とはいえ佐野さんの休みなし・役代わり連投っぷりに較べれば私の残業なんて足元にも及ばない訳ですが。

何度も書いていますが楽日はマチソワ観劇でした。昼夜の記憶がごっちゃごちゃになっているのは言うまでも無いのですが(汗)、終いには東京公演の想い出までアレコレ反芻し始めて収拾がつかなくなってきました。リハ見にオフステの客席総ホサナ…楽しかったなあ。
特に今となって鮮明に思い出すのはスンラさんが質疑応答に参加したリハ見。「舞台での失敗談は?」という質問に、他の役者さん達が「転んじゃってー」とか笑いを交えつつ話す中で「毎日失敗したなと思っています…生き急いだなと…」とか1人ボソッと呟くスンラさん。一瞬冗談のつもりなのかと思って笑おうとする客席。全く笑わないスンラさん。ハッ!!この人大真面目に言ってる…!!
笑いを取りに来た(挙句に滑った)と一瞬でも思ってしまった自分を恥じた瞬間でした。スンラさん、本当に真面目で謙虚で…もう大好きだーーーーーー!!
東京の時みたいに早速猫屋敷だったりしたら確実に突発でしたが、さすがに今回はそこまで酷い仕打ちは無かった様で。暫くの間、心と体をゆっくり休めて頂きたいです。

柳瀬さんはもう亮輔さんの所に太陽くんを迎えに行ったのかなあ。元々猫好きな私ですが、あの太陽くんのカワイさにはPCの前で身悶えでした。そしてその太陽くんを猫可愛がりする柳瀬さんを想像しては秘かに萌えていた訳ですが、個人的に1番トキめいたのは釣った生魚をあげようかどうしようかというエントリーで「腹でも壊したら兄に叱られますからね」と書いてあった事。「怒られる」のではなく「叱られる」という表現が如何にも柳瀬さんらしいなーと思って1人ニヤニヤしてました。あの美声で「だめじゃないかそんな事したら」とか言われちゃう訳ですよ。くうううう。

…全然違う方向に話が飛んでいてスミマセン…。
本編の感想ですが、もう要約するのは絶対無理なので順不同に思うがまま書き連ねます。

つづきを表示


みて下さい抜け殻ですよ
京都「JCS」マチソワ観劇から先程帰宅しました。
観劇後は同士(←勝手に)の皆様と興奮冷めやらずで盛り上がってテンション高かったのですが、1人新幹線に乗って帰京する途中から……なんか記憶が飛んでます。寝ていた訳ではないんです。頭の中に「JCS」の曲やら場面やらが走馬灯の様に次々と浮かんでは消えていき…夢とも現ともつかない様な半ば意識喪失状態でした。

これでとうとう今期「JCS」は終わってしまった訳ですが、「明日にでもまた観たい!」という気分ではないかも。いやでも3年は待てませんけどね(鼻息)?今はただひたすら「お疲れ様でした」という労いの気持ちと、心の底からの感謝の想いを伝えたくて仕方がないという感じです。

本日の特筆事項はやはりカテコでしょう。
5万の腐女子(←友人談(笑)勿論私はそのうちの1人~)が待ち望んでいたやなジーとスンラユダの2人カテコーーーーーーっ!!!しかも固い握手&抱擁付き!!!ぬおぉぉー私もそこに混ぜてくれええええっ!!
事前情報が何も無かったマチネの回では客席からどよめきが起こってました。しかも細部までは段取りが出来ていなかったのか、袖にハケる時に、スンラさんが「いつも通り上手側にハケるべきか今はやなぴーと一緒に下手側にハケるべきか」迷ったらしく、ちょっとワタワタしてしまい、慌てて柳瀬さんの後についていったのが猛烈にカワイくてカワイくてもうどうしましょう?状態でした。

本編の素晴しさはもはや言うまでもありません。
東京公演の時点から完成度が高くて、歌や芝居の技量云々について思い煩う事無く入り込みまくっていたのですが、ちょっとしたタメとか声の出し方の違いで更に芝居心が増している気がしました。というか最早「芝居を観ている」という感覚も忘れる程でした。
私、幼少の時分から何かに集中すると視点が合わなくなるというか、対象物との距離感がおかしくなる妙な癖があるのですが、今日は何度もそんな感覚に襲われました。幸運にもマチネもソワレもとちり席の良席で観る事が出来たのですが、かなり近い位置から観ているのにふっと俯瞰的なところに意識が飛んでしまうような…。

はああ…なんだかとりとめもなく…(相変わらず)。
今夜はポルトガルで買ってきたアルコール度20%の「やなジーの血潮」を寝酒に休む事にします。


いざ京都上洛
更新が滞っておりましたが元気に過ごしておりますー。
ただ何やら色々身辺バタついてまして…先週末のマチソワ、特に「WIW」は個人的にかなり感動モノだったので感想を残しておきたいのですが、眠気に負けてしまう今日この頃。

今週火曜には私が通勤で使っている路線が人身事故で遅延。電車は一応動いてはいるものの牛歩並のスピードで遅々として進まず。結局超遠回りをして新横浜から新幹線に乗って出勤する羽目になりました。東京って遠いなあ(←田舎者)。通勤にかかった時間は4時間でした(死)。年末になると人身事故増えますよねえ。本当に色々な意味で考え直して欲しいです…。

というわけで(全然繋がってませんが)いよいよ明日は「JCS」千秋楽!!マチソワ観劇でしっかり見届けて参ります。一体どんな激しく熱く哀しい愛が繰り広げられるやら。何だか妙ーに緊張している私です。。
今日から前ノリして関西入りし、花代クリスを観よう!計画も頭の片隅にあったのですが、遊び狂うのが少々憚られる環境になってしまったもので見送りました。まあ「オペラ座」ならまた観られるでしょうし。つか先月は海外旅行に行ったし、今回も「JCS」マチソワだけで充分だろうとセルフツッコミ。

明日は少々早めに京都入りし、散り紅葉でも見て来ようかなあと思っております。まだ行き先は決めてませんが。嵯峨の宝厳院迄足を伸ばすか、近場で東福寺辺りにしておくか。いずれにしても天気は良い様で何よりです。

写真は唐突に「不二家」飯田橋神楽坂店限定販売の「ペコちゃん焼き」。会社の近所だというのに今まで食べた事がなかったのですが漸く購入しました。

P1010121.jpg

ネーミングからは「人形焼位の大きさだろう」と想像していたのですが…デカイ!!大判焼きサイズです。お値段は1個105円。
「いちごあん」なんていう月替わりメニューもありましたが(絶対小児用風邪薬の味がすると思う…)、ここは王道であずきとカスタードをセレクト。買った日は忘年会で帰りが遅くなったので食べたのは翌日になってからだったのでですが、電子レンジとオーブンの合わせ技で温めたら、外はパリパリ中はしっとりで1日経っても美味しかったです。食品の消費期限切れ関連のニュースが毎日のように取り沙汰されるこのご時勢、その先陣を切った不二家の商品ですから、今はどこよりも新鮮な材料を使っている事でしょうからねえ(苦笑)。
このペコちゃん焼き、稀に「ポコちゃん焼き」が混じっているそうです。

さて明日は5時台に起きる予定なので今日はたっぷり睡眠を摂ろうと思います。
「JCS」楽をご一緒する皆様、盛り上がって行きましょう~!!


山路さんは相変わらずステキでした
当日券引換受付で手渡されたチケットは1階F列センターでした。こんな良席を半額以下で入手してしまいちょっと申し訳ない気分も。
確かに空席は目立ってましたねえ(汗)。トークショーのある日曜公演でこれだと平日はかなり厳しそうだなあ。

とはいえ楽しい舞台でしたよー。私の個人的な笑いのツボとはちょっと違いましたが、周囲は最初から最後まで笑ってましたし。

愛しの山路さんはもう相変わらず激シブで~。衣装も素敵だし、山路さん好きの方には堪らない萌えサプライズもあります。山路さん、最後の方で育三郎くんに背後から飛び蹴りをかましてましたが…あれはアドリブなのかなあ?育三郎くんが一瞬素で「えっ?何すんですかっ?」みたいな顔になってて可笑しかったです。

その育三郎くん。相変わらず素晴らしい美声と歌唱力なのですが、その上ダンスもこなせるのですねー!いやはや貴重な逸材だと改めて思いました。「ミス・サイゴン」に出ないのがつくづく残念です。


ホリプロ絡みマチソワ中
青山→天王洲アイルへ移動完了。腹ごしらえをしながら「ハレルヤ!」開演待ちです。
キャストに惹かれたものの、財政難につき見送るつもりだったのですが、某カード会社で3000円で売り出されていた為ついついぽちっと。席は恐らく端の末席だと思いますが銀河劇場ならどこでも観やすいからまあいいかなと。

で、マチネのWIWですが。もう玲奈マリアン素晴らしすぎでしたーっ!!!涙腺やられまくりでした。特に「オール・フォー・ローラ」の絶唱は完全にショーストップ。
舞台装置とか不満がないわけではないですが、とにかく玲奈マリマンに大感動だったのでそれだけで満足です。

楽だったので出演者挨拶があったのですが、その中で再演の話がありました。光枝さんがフライング発表しちゃった模様(笑)。再演「かも」と強調してましたが恐らく間違いないのでしょう。

さてそろそろ劇場に向かいます。久し振りの山路さんを堪能してきまーす♪


「白衣の女」と「レベッカ」と
「風邪をひきました」と書いたきりフェイドアウトしておりましたがもうすっかり元気です。温かいお気遣いのお言葉を頂いた皆様、この場を借りて御礼申し上げます。

土日は寝込んでいたものの月曜からはきちんと出社し残業までしてきましたとも!ハハーンだ(意味不明)。火曜日には微熱を誤魔化しつつインフルエンザ予防接種を受けました。周囲から「ワクチンにヤラれてまた体調悪くなるんじゃ?」と言われましたが全く問題無し。むしろ看護婦さんの腕があまりよろしくなくて、神経が痺れる程激烈な注射だった事の方が問題です。
そして注射を受けたその直後に中国だか香港だかの研究結果で「ワクチンはあまり効果ない」的な報道がされるし……あんなに痛かったのになんだか損した気分だったり。

そんな訳で体調は回復したのに旅行記にも着手せず何をしていたかと言うと、ひたすら本を読んでました。タイトルはウィルキー・コリンズの「白衣の女」。言わずと知れた「ウーマン・イン・ホワイト」の原作本です。
当初は旅行の時に機内で読むために買おうと思っていたのですが、大きな書店を幾つかまわったのにどこも取り扱い無し。最終的にamazo●nで購入したのですが、そちらも在庫が無くて届くまでに1週間以上掛かってしまい、結局手にしたのは帰国後でした。
つまりこの月曜から読み始めたのですが、あまりに面白くて上・中・下3巻を読破してしまいました。あああーネタバレになるから下巻だけは観劇後まで読まずに置こうと思っていたのに……続きが気になりすぎてストレスになりそうだったので思わず読んでしまいました。
複数の登場人物の手記という手法も飽きさせないし、色々な謎がパズルのピースを当てはめる様に明らかになっていく展開も面白くて寝る間も惜しんで読み耽っておりました。

舞台の方はなるべく情報を入れないように(原作読んじゃったのに本末転倒ともいえますが…)しているのでストーリーや人物設定がよく判らないのですが…多分原作とはかなり違うのだろうなと覚悟しています。
手持ちチケは千秋楽公演。第1希望で申込んでみたらアッサリとかなりの前方席が当選。うーんまあ正直売上は芳しくなかったみたいですからね(汗)。1回きりの観劇なので集中して臨みます!

ミステリー繋がりでもう1ネタ。
そろそろ「レベッカ」の各種先行が始まってますね。
今回のチケ取りの戦況はどうなるのでしょう。

シングルキャストで公演期間3ヶ月もあるから意外と楽勝?という気持ちと。
でもキャパは小さいし何せ祐一郎さんだからやっぱりそれなりに苦戦?という気持ちと。
某吸血鬼作品やら某フランス革命作品以来、東宝新作の青田買いはキケンだよなあという自制心はあるのですが、やはり目の前に山があれば登るという訳で本日某プレガのシークレット先行でとりあえず1枚ぽちっとしておきました。しっかし全席12,500円は本当にキビシイなー。後方席は譲渡板で値崩れするんじゃないかなと踏んでますが。

写真は某カード会社からの先行販売お知らせに掲載されていた祐一郎マキシムの写真。

a00083.jpg

チラシと同じ構図・同じ写真のはずなんですが陰影がひかえめなのか髪型とかハッキリわかるようになってます。………私個人的にはその襟足は切って頂きたいーー!!なんか京本●樹っぽい…?
いやはや大分見慣れてきたつもりですがやはりまだ笑わずに直視する事ができないんですよねえ。このキメっぷり(笑)。

とにかくコレ↓と同一人物とは到底思えません。(フォルダを整理してたら発掘しました。)
よっ!!役者だねえ、祐一郎っ!!

IMG_3962a.jpg




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。