スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
2週間近くブログ放置状態でした。というかネット自体落ちてました…ちょっと身辺バタついてまして、同時に2つ以上の事を進められない不器用な性分なものですっかりご無沙汰してしまいました。とりあえず生存報告です。元気に過ごしておりまーす!!…と言いたい所ですが水曜辺りから風邪っぴきになってしまいました(涙)。とはいえ症状は喉と鼻だけなので、職場で「39度の熱が出た」とか「上からも下からも大変な事態になった」等の重篤を患う人が多発している中では全然ラッキーな方なんですが。ただ、薬飲んでも睡眠&ビタミンたっぷり摂ってもイマイチ良くならないという状態に自らの加齢を感じて落ち込んでおりますです。ハイ。

改めまして。映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」観て参りました。
えー結論から言うと観終わった後結構グロッキーになりましたです…。
血とか内臓とかのスプラッタなものに対して取り立てて過敏という訳では無いのですが、ちょっとお腹一杯な感じでした。イタリア人理髪師を手に掛ける最初の殺人と、ラストでとうとう憎き判事に復讐を遂げるところはじっくり描写していいと思うんですけど、それ以外はもう少しさらっと流して欲しかったと個人的には思います。毎回毎回血飛沫と断末魔の苦悶の表情がスクリーンいっぱいに映し出されると…「もうわかったから!もういいから!!早く次行ってくれ次!!」と思ったのが本音です。

以下舞台版との違い等書いておりますので、ネタバレご無用の方は避難して下さいー。
あ、あと全体的にちょっと辛口モードです。舞台版が大好きだったもので…(汗)。

つづきを表示
スポンサーサイト


ベターホーム【おそうざいの会】1月メニュー
◆◇本日のメニュー◇◆
ぶりだいこん
れんこん蒸し
炒めなます


P1010259.jpg


2年前に受講していたクラスの振替に行ってきました。
3連休の中日(ジブンは何故暇なのか…)な上に、急に寒くなった事もあって午前10時からのクラスはなんだか空いておりました(苦笑)。
つづきを表示


厄祓い
気がつけば1週間以上ブログの更新をサボっていました。
「生きてる…?」と気にして下さった方がいらしたら申し訳ありません。この3連休でイキナリ寒くなりましたけど、風邪もひかず元気に過ごしております。仕事の方も…まだ本格稼動前というか19時台には帰れているし。
ただ単純にブログに載せる様なネタが無かっただけです(笑)。今月はもう観劇予定も無いので、キャストチェック等も怠りがちだし。新年早々自虐的なネタはあるんですが、これはある程度方向性が見えたら載せようかなーと。あ、全然深刻な話ではなく10人中10人が笑ってくれる話ですが。

この3連休は久々にネタが出来たので更新をば。
年齢がバレまくりな訳ですが、今年2008年は女の大厄の前厄に当たってしまう私であります。普段は宗教や占等のスピリチュアルな事柄は全く信じず、初詣すら「寒いから面倒」と行かない事もある私ですが、女の大厄と言えばかの紫の上が亡くなった歳でもありますし(←比較の方向性が見当ハズレ)、一応神頼みはしておくべきだろうと思って同い年の同期と池上本門寺に厄除けに行って参りました。

P1010248.jpg
つづきを表示


12/8「ジーザス・クライスト=スーパースター~エルサレムver~」マチネ&ソワレ(楽日)その2
今週末「ライオンキングを観たい」という友人の為に前予に参戦予定なのですが、間違えて「福岡LKのチケットを」と口走ってしまいそうです。何だこのキャストー!!てか芝ムファサと村スカー……?誤植(逆という意味で)じゃないですよね(笑)。冷静に考えると適材適所かどうか疑問符がついたりもしますが、豪華キャスティングである事は間違いありませんね。という訳で福岡LK開幕おめでとうございます。

前フリと本文が全く関係ないのですが、1ヶ月に渡って放置してきた「JCS」大楽の感想続きをコソっと書かせて頂こうかと…余りに時間が経ち過ぎているので私自身の妄想で上書きされている部分が多々あると思いますがご容赦を。
ところでレポは放置していたものの、この1ヶ月間「JCS」の事を思わなかった日は1日たりともありませんでした。漸く寺田CDを卒業し(笑)、海外盤を購入した事もあって毎日通勤電車の中で聞きまくっては想い出に浸っておりました。周りの皆様に意見をお伺いして購入したのは1996年のBW盤。ジーザスは柳瀬さんと余りに系統が違うので最初は「声高っ!」「わっかいなー」と思いましたが「ゲッセマネ」の高音ロングトーンときたら超人だし、ユダの声がカッコ良くて好きだなあ。あとヘロデ王のALICE COOPERなる人のプロフ写真が怖過ぎ(笑)。

つづきを表示


とうふ屋うかい@東京・芝
演舞場での初芝居後、東京・芝にある「とうふ屋うかい」で夕ご飯を食べに行きました。家族揃っての外食なんて超がつく程久し振りです。

P1010246.jpg

歌舞伎の終演時間に合わせてかなり早めの16時半からの予約にしたので2週間前に取る事ができたのですが、真っ当な時間(18時とか19時とか)はかなり前から予約が必要な様です。特に大安吉日の日なんかは結納で使われたりする事もあるそうで…早い分には半年前からでも予約を受け付けてくれるそうです。

写真はお店の敷地の入り口。東京タワーがドドーンと聳え立っています。
通されたお部屋からは見ることが出来なかったのですが、お店の人に話を聞いた所「東京にいる事を忘れていただく為に、あえてどのお部屋からもタワーが見えないような設計になっている」との事でした。
つづきを表示


1/5初春花形歌舞伎「通し狂言 雷神不動北山櫻」昼の部
今日で年末年始休暇最終日だというのに結局観劇レポが全然捗っていない…。過去分についてはもう焦っても仕方が無いので、とりあえず2008年観劇初めの感想から。
成田山開基1070年を記念した通し狂言「雷神不動北山櫻」を観に行って参りました。
演舞場の2階ロビーには成田山新勝寺の出開帳が行われていました。写真が暗くてわかり辛いですが厨子の中に不動明王像が納められています。

P1010224.jpg


縁あって学生時代に回数はそれなりに観てきた歌舞伎ですが、中身的にはド素人の私です。「わーキレイだなー」とぼへぇーっと観ているだけで時折舟漕いだりもする不届き者なのですが、そんな私でも今日は凄く良かった!!何がって席が最高の位置だったんですよー!(そこか…笑)
事の起こりは12月半ば。家族揃ってご飯を食べている時に「2008年の初芝居は何か?」という話題になり(←遺伝とは恐ろしい物で祖父母の代から家族揃って芝居好き)、親が「海老蔵を観に行くんだー♪」と嬉しそうに言うものでなんか悔しくなり(笑)「じゃあ私も同じ日に行く!」と松竹チケットwebにアクセスした所、出てきた席が1階5列9番!
花道(ドブ側じゃない方)から3席目、7:3の位置からやや後ろで自分史上最良の席でした。ちなみに両親が先行発売で取った席は11列目センター。幕間に「変わってくれ」「イヤだ譲れん!」という欲丸出しのやり取りがあったのは言うまでもありません。間違いなく戻り席でしょうねえ。実際回りはお着物をお召しの方ばかり。お互い顔見知りの様で新年の挨拶を交わしていたりしたので。

話自体はそうドラマ性があるわけではなかったりしますが、楽しく賑やかな新年に相応しい芝居でした。何より海老蔵の役者としての華が素晴しかったなあと。出てくるだけで客席がわーっと沸くのが楽しくて。ヘタすると唾を浴びそうな程(苦笑)近くで観られたのでただただウットリでした。

鳴神上人・粂寺弾正・早雲王子・安倍清行・不動明王の5役を演じていた海老蔵。
鳴神はまだ線が細いというかまだ若いなあという気もしましたが、散々酒は飲めないと言っていたくせに何かネジが飛んだ様に絶間姫に迫る所なんかは、若さ故の性急っぷりという感じがして可笑しかったです。
欲を言えば絶間姫はもう少し艶っぽい雰囲気があると良かったのですが。芝雀の絶間姫、勅状のお役目を巧みにこなす才女の雰囲気が勝っていて、「宮中一のたおやめ(←漢字がわからない…)」というのはちょっと違うかなーと。このメンツなら超個人的好みで笑也に演じて欲しかったのですが、今月どこにも出てないです…よね?

粂寺弾正は「毛抜」自体(生では)初めて観たのですが、正統派のヒーローかと思っていたら男女両刀遣いとは。主君のお役目で来たのに何をやっとんじゃ!なのに軽妙洒脱で憎めない所が海老蔵によく似合っているなあと。
5役の中でダントツに良かったのは安倍清行!もうねーこういう役をやらせたら海老蔵に敵う人はいないと思いますよ。女好きの優男なのに惹かれずにはいられない魅力というか。落ちない女はまずいないハズという(笑)。今の年齢だから余計にハマるというのもあると思いますが、いやー観ているだけで幸せでした。
何と昨今流行の客席降りがあったのですが、海老蔵だけは最前列の通路をちょろっと横切るだけだったのはやはり不祥事が起こるかもだからでしょーか。私の斜め後ろに座っていたおば様方は「なんだーここ(通路際)を通ったら触っちゃおうと思ってたのにい」とか言ってましたしね(苦笑)。

話題のラストシーン「不動明王の空中浮遊」ですが仕掛けが全っ然判らなかったです。ピアノ線も見えなかったし一体どうなってるんだー。でもあれを観て「ダルシムだ!」と変な事を思い出してツボってしまいました。
※ストⅡに出てくるインド僧
思い出しといえば早雲王子の最期のシーンの立ち回り、「ギル隊長が一杯だー!」と思ったり(側宙降り乱発だったので)しておりました。

全然中身の無い感想ですが、新年早々華やいだ雰囲気の中で美しいものを観る事が出来て満足でした。今年も沢山の素敵な舞台に出会えます様に……2008年初観劇レポでした。


新年のご挨拶
新年明けましておめでとうございます。

P1010209.jpg

1年に1度、お正月にしかやらない生け花。買ってきた物を適当に差し込んだだけですが、花器のお陰でなかなか見栄えがするものです。

イイ歳こいて実家暮らしなものでのんびりと「正しいお正月」を過ごしております。
曰く…午前中はお節&大吟醸の日本酒。夜はこの日の為に取っておいた森伊蔵で乾杯の予定です。イエーイ!楽しみー♪

P1010218.jpg

隙あらばお節料理を強奪するべく、ウチの猫も虎視眈々とお相伴を務めております。

さて今年の抱負ですが。今年はもう少し外見にもお金を掛けようかなと思っとります(笑)。私の財政内容の中で最も支出が多いのは言うまでも無く観劇費用。次が旅行代。美しいもの、楽しい物に触れる事で内面の充実は事足りてるのではないかと勝手に判断。あ、人間的成長という意味合いでは全く果たせていない自覚はありますが(汗)。
とりあえず少し痩せないと。通っていたゲルマ・ホットヨガに行かなくなってからどうにも体が重い…。何か対処方法を切実に考えなくてはいけません。

でもとりあえず本日は寝正月。
観たいTVが何もやっていないので新感線の「レッツゴー!忍法帖」でも見ようかと。大好きなんです、このユルさ加減。

それでは皆様本年も宜しくお願い致します。




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。