スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7/26新感線☆RX「五右衛門ロック」マチネ
080726_1156~0001

東京公演は楽を迎えてしまいましたが、先週土曜日新感線「五右衛門ロック」を観に行ってきました。
新感線クラブで当選したチケットがもうそれはそれは良席で!8列目(実質6列目)サブセンのセンター側通路寄りという、役者さんと目が合いまくりのすぐ横を通りまくりの、オマケにラストシーンのクガイ様もちゃんと見える(余りに前方だと波間に隠れて見えないらしいですね…)最高のポジションでしたーっ。
新宿コマ劇は初だったのですが、階段状になっていて観易いですねえ。跡地には何が出来るんでしょうか。

そんな訳で席に着いた時からテンション上がりまくり!
…だったんですけど、作品全体としてはうーん……もう1回観たいとは思えなかったかなあ(汗)。新感線は「メタマク」「朧の森~」「犬顔家~」に続いて4作目(その他ゲキ×シネは全制覇)だったんですが、今回が一番笑えなかったです。

「ここ笑う所なんだろうなあ」という所でも客席の反応があまりよくなかったし、ペドロ&アビラの歌のシーンでも右近さんが客席を煽っているのがちょっと痛々しかったり…。

なんというか新感線らしい芝居のテンポの良さがいまひとつ…というか。
個人的には歌が多すぎる気がしました。曲は良いんですけど、基本的に生バンドが爆音なので歌詞が全然聞き取れず、ちょっとストレスでした。故に歌のシーンが「また?」「長いよー」って思ってしまったんですよね。

客演の役者さんの見せ場として重要なのもわかるんですが、全体的に歌は半分でヨシって思いました。江口左門字のギター侍(とじゅんさんが言ってた)なんかも最初はおおーっと盛り上がるんですけど、2メロまであると特にファンという訳でもない私には正直「次行ってくらはい…」みたいな。
せっかく古田さん・じゅんさん・粟根さん・高田さんと新感線の役者さんが勢揃いなので、もっと台詞(とアドリブ)の応酬を観たかったという消化不良感はありました。

と辛口な事を書きましたが、今回の「五右衛門ロック」での私の目的の8割は北大路欣也様ですからっ。もーーーーーーーーサイコウです!!欣也様の為だけにでも来て良かったと大満足。

さすがの新感線の役者さん達でも笑いを挟む余地のマッタク無い様なあの重厚感・存在感。
クガイ様が出てくると舞台の空気が一変して引き締まる、そんな感じでした。
自分の息子に誤解され、恨まれ、命を狙われても言い訳1つせず、タタラの民の為に自身の信念を静かに貫く姿が泣ける事!

ラストで眠る様に息を引き取ったクガイにカルマ王子が跪いて礼をした姿は涙腺ヤバかったです。
「五右衛門ロック」というタイトルの割に、タイトルロールの古田さんはあんまり活躍しないので(苦笑)、終ってみるとクガイとカルマ王子の愛憎劇+αみたいな印象しか残ってません。

衣装もこれまたオトメ心をくすぐるゴージャスな大振りマント姿。
「結構お歳だし大丈夫なのかな…」と失礼な心配をしていた殺陣もカッコ良かった~。動きが重いのでは決してなくて、「剣が重い」という感じが凄く伝わってきて、もう何から何までハマってました。
思いがけず歌まで聞けちゃいましたし。これがまあーイイ声で♪
カテコでもニコヤカに「♪五右衛門ローーック」と口ずさみながら手拍子している欣也様に激ラブ☆

…そんな訳で終始欣也様にハート撃ち抜かれまくりだったのですが、感想がこれで終ってしまうのもナンなので他の役者さんについてや印象に残った事を列記。

松雪お竜はとにかく細くて美しい~~!
難破して辿り着いた島であっという間に国王にとりいってしまえるのもナットクの美貌。
…が台詞・歌共に猛烈に聞き取りにくく(汗)。元々ハスキーというか…発生に呼気が混じるというのか…な声なので通りがあまりよくない気がします。早口で台詞をまくし立てる所なんかではふと「白鳥麗子」を思い出しました(古)。

江口左門字はTVでは特に好きでも嫌いでもない(もっと他に言いようは…)役者さんだったのですが、上背があるし声も良くて舞台栄えするなあと思いました。笑いの間も良かったし。

森山カルマ王子はタップまで用意されて(笑)アテガキのハマり役。未來くんは新感線の舞台に適役ですよねえ。身ごなしが軽くて、歌えて、お芝居のテンポも軽快で。特に殺陣のシーンで羽織っている薄い生地のマントが翻る様が絵の様にキレイでした。

川平ペドロ&右近アビラは胡散臭さがもはやナチュラル。
濱田シュザク夫人は…ごめんなさいあの声が個人的にちょっと苦手(汗)。全編通してあの喋り方だったのでもうちょっと変化が欲しいかなと。

じゅんさんのボノー将軍粟根さんのガモー将軍は私的には出番が少なめで欲求不満だったのですが、この2人が殺陣で斬り合うシーンは素人目にも盛り上がりました~!なんでもスゴイ久し振りだそうで。更にここに川原さんと前田さんが入ってくると鳥肌立つぐらいカッコ良かったです。

高田インガは2幕だけなのが勿体無いけどさすがに笑いをキッチリとりつつも、クガイへの想いもしっかり伝わってきてさすがでした。

中谷さんの「バナナを食う子供」は相変わらず憎たらしくて(笑)。
バナナが仕込み銃だったーーっていうのは普通だと笑いになりそうなシーンですが、撃たれた相手がクガイ様だと超緊迫なシーンになってしまっていたのがすごいなと(笑)。

あと個人的にはホッタラ族の扱いが良くわからなかったなーと。
あの無垢さに逆にブキミさとか禍々しさを感じる私がヨゴレなんでしょうか(汗)。
最後の方でクガイ様が月生石の事について語る時に常用するとひたすら従うだけの人間になってしまう的な事を言ってましたけど、つまりは薬物中毒によって精神を破壊されてる訳ですよね…?そう思うとなんか痛々しくって観ていてツライものがあるなと。

というわけでもう最初っから最後まで北大路クガイ様の虜だった「五右衛門ロック」でした~。
スポンサーサイト


梅芯庵@麻布十番和風スイーツ
ランチを食べた後、せっかく麻布十番まで来たしという事で前から気になっていた「梅芯庵」でテイクアウトのスイーツを購入。

このお店、TVで取り上げられているのを何度か観た(から私の様な田舎者も知っている訳で)ので、混んでるんだろうなあ~と思っていったら…無人だった(汗)。日曜の15時というベストタイムだというのに、店内のイートインの方にも人影見えず。暑いからわざわざ出掛ける人も少ないのでしょうか。

お目当てはここのお店がメディアに取り上げられると必ず紹介される「白峯大根」

P1020635.jpg

文字通り大根のみぞれ生クリーム仕立てなのですが、全然野菜臭くないんです。
イメージだと大根おろしみたいな感じなのかと想像していたのですが、意外と固くて餅っぽい感じ。じゃあ何故大根をわざわざ使うのかって感じですが(笑)。甘さがしつこくならないという所でしょうか。
中には白あんと季節のフルーツ(今回はイチゴ)が入っていて、甘酸っぱくて冷やして食べると美味しい夏向きな一品でした。イヤホントは大根の季節柄、冬のモノなんでしょうけど。

もう1つ変り種で「冬瓜と蓮根の梅ゼリーがけ」買ったつもりが、箱を空けたら何故か入っていた「トマトとセロリのゼリー寄せ」

P1020634.jpg

うおおおおーーーーーー何故じゃーーーーーーー!!
セロリがワタシはどーしても食べられないものの1つなのデス(涙)。
多分お店の人との意思疎通二行き違いがあったんでしょうね…(口から発した商品名と、指差した方向が違うとか)。にしてもよりによってセロリ!!!!
見た目は涼しそうでキレイなんですけどね…頑張って一口食べてみましたが鼻から抜けるセロリ臭にどよんとなりました(死)。で、残りを母に全部押し付けたんですが(酷)、セロリ好きな母も「これはちょっと…」と今1つの評価。ま、たまにはこんな事もあるさ。

こちらのお店、スイーツだけでなく食事やお酒もある様です。
店名の通り梅を使ったお遣い物に良さそうなお菓子もありましたし、先日このお店の銅鑼焼(ドラ焼き)を頂いたのですが、1口サイズの上品なドラ焼でした。見た目がカワイイのでこれまた贈答用に良いかなと思いました。

■梅芯庵
東京都港区麻布十番1-9-2 ユニマット麻布十番ビル1-2F
TEL:03-3568-7761


リストランテ キオラ@麻布十番イタリアン
大学時代の友人と麻布十番の「リストランテ キオラ」でランチをしてきました。
毎回メンバーの誕生日月に集まってご飯を食べていて、今回は私の誕生日祝いランチ。
というわけでまたもやプレゼントとお花を頂き、幸せな休日。
歳を取るのも悪くないものです。

P1020629.jpg

お店はまたもやオズモールの「ごちそうランチ」でセレクト。「エノテカ キオラ」は行った事があったのですが、「リストランテ キオラ」はいつか行ってみたいと思っていたので、私の希望を通してもらいました。
オズモールを利用したのは今回が2回目ですが、両方ともかなりアタリ♪だったので、今後も活躍しそうです。
つづきを表示


「ウィキッド」四季版CD
帰宅したらamaz●nから届いてました。
早速聞いてる訳ですが…聞いてるとめちゃくちゃ渇きます。
あああ舞台が観たいなあ。
BW版も結構聞き込んでいるのですが、当たり前の事ながら四季版だと聞いているうちに舞台の記憶がアレコレ蘇ってきて居てもたっても!!な感じです。

丁度良い事に来週末最前列のチケットを握ってるんですよー。
先週グリンダがちょこっとだけ西さんに替わってましたが、今週はまた沼尾さんシングルだし。キャストどうなるのかな。お願いだから濱田エルフィはそのままで!!
…替わったら手放すかもしれません(汗)。

CDが出た事はこの上なく嬉しいんですが、人間の欲は底無しで、あれも入れて欲しかったとか何故あそこがカットなんだとか色々思ったり。歌の途中の台詞が結構カットされちゃってるのが個人的にはちょっと残念かなあ。

『エメラルドシティー』のエルファバの台詞「この瞬間を覚えていたいの。誰も私の事ジロジロ見たりしない。指差して笑ったりしない。生まれて初めてよ。」(←ウロ覚え)とか。舞台で観るとエルファバがそれまで人生の中で味わってきた思いが昇華される様で号泣なんで惜しいなあ。

CDに同封されているブックレットは誤植探しが楽しいですね(笑)。
初っ端3ページ目から
「この手のアルバムとしては異例の100枚を突破した」
に激しくウケました。少なーーーっ!!

アレコレ書きましたがやっぱり「ウィキッド」は、特にオリキャスの沼尾グリンダ・濱田エルフィは最高でっす!!

余談。
同じ包装箱で「ハリー・ポッターと師の秘宝」も届きました。
CDも聞き込みたい(んでアンサンブルの中から北澤さんの声を聞き分けたい(笑))し、本も読みたいし、ドラクエⅤもやり込みたいし…夏休み1ヶ月ぐらい欲しいデス。


ポタジエのお誕生日ケーキ
お友達から誕生日祝いにケーキを頂きました。
箱を開けてビックリ!前から食べてみたいと思っていた「ポタジエ」のケーキじゃないですかっ!!この以心伝心っぷりに感激もひとしおです。

P1020531.jpg

TVや雑誌でも良く取り上げられているこのお店はオーガニック野菜を使ったスイーツで有名なお店です。緑色のスポンジが色鮮やかな「グリーンショート・トマト」を見た事がある方も多いのではないかと思います。

私が頂いたこのケーキも見た目はカスタードクリームに見えますが、「キャロットチョコフラン」というにんじんを使ったタルトです。切り分けてみると断面にしっかりとにんじんの粒々が入っているのがわかります。
これだけのボリューム感がありながら、さすが野菜がメインだけあって甘さの質が普通のケーキとは全然違います。といってもにんじん臭さは全くないので、言われなければ絶対に気がつかないかと。

このお店のHPを見ていたら枝豆、ルッコラ、ゴボウ、春菊…普通の感覚だとケーキの材料になんて絶対なり得なさそうな名前が並んでいますが、それ故にどれも気になります。
中目黒は家からも会社からもちょっと不便な場所にあるのですが、近くに行く機会があったら是非他のスイーツも試してみたいものです。

■パティスリー ポタジエ
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-44-9
TEL:03-6279-7753



Grandciar葉山庵@みなとみらいフレンチ
誕生日のディナーです。
最初はホテルの中のレストランにしようかとも思ったのですが、割高感が否めなかったので(値段に見合った美味しさなのかもしれませんが…)外に食べに行く事にしました。

P1020505.jpg

Grandciar葉山庵」というなちゅラスフレンチのお店です。
名前の通り元は葉山にあるお店みたいですが、今年の3月に横浜にオープンとの事。みなとみらい線の新高島駅もしくはみなとみらい駅からいずれも徒歩5分なのですが、周りがマンションだらけで「ホントにこんな所にレストランがあるの?」と辿り着くまで若干不安になるロケーションだったりします。
実際お店は4棟建て高層マンションの1階部分の1画にあります。

ホテルと同じくこのお店も前日に予約をするという超行き当たりばったりなセレクトだったのですが、店内の雰囲気・料理の内容等々とても満足でアタリでした♪
つづきを表示


横浜ロイヤルパークホテル
7月は何かと予定が多く、今日は唯一のんびり出来る休日でした。
が、冬用の布団をしまったり、エアコンの掃除をしたり、先週届いたDS版ドラクエⅤをやっているうちにあっという間に終ってしまったーー。というか殆どをドラクエに費やしてしまいました…。ドラクエの中ではⅤが一番好きなんです。お父さんが主人公をかばって死んじゃう所とか、チロル(←私の場合のキラーパンサーの命名)と再会する所とか、号泣モノです。とりあえず今日1日でレベル13辺りまで達しました。イカン…ただでさえ熱帯夜で寝不足なのに、更に睡眠時間が削られていきそうなヨカンが。

話題を元に戻して。
先週・今週は外泊続きでした。
選集の土日は前の記事にも書いた通り、誕生日祝いで横浜ロイヤルパークホテルに泊まってきました。

P1020495.jpg
つづきを表示


HAPPY BIRTHDAY TO ME
P1020530.jpg


本日7月13日をもってまた1つ歳を重ねてしまいました。
HAPPY BIRTHDAY TO ME~♪

当初はバースデー観劇をと思って「CATS」の5列目を取っていたのですが、途中で東北の温泉に行く計画に変更になりチケットを手放しました。が、その後諸般の事情で遠出が難しい状況になってしまったので、関東近辺で過ごす事にしました。
昨日は横浜ロイヤルパークホテルみなとみらいに泊まってお祝いを。
東京タワー展望台と同じ高さから臨む眺望が素晴しくて、非日常を味わってきました。
…ああ明日から仕事か…(涙)。

お友達の皆様からもお祝いメールなど沢山頂いてとても幸せな1日でした。
今職場の人間関係が●#×△☆???な状態なので(←感覚で読み取って下さい(笑))平日は何となくどよんとした日々なのですが、明日からまた頑張りますー!


ボーナスの使い道
普段は1回に金額の大きい買い物をする事は殆どない(その代わり小さい買い物を一杯するのでトータル的に金額は変わらないですが…)私ですが、ボーナスが出ればやはり気が大きくなるというもの。

今年はナショナルの毛穴ケア美顔器と最後まで迷ったのですが、最終的にRIMOWAのスーツケースを買いました。サルサのキャビントローリーです。

rim85552.jpg


今まで2泊3日程度の旅行の時はコ●サで買った1,000円(爆)のスーツケースを使い倒していたのですが、そろそろイイ歳なのでちゃんとしたものが欲しいなあと思い。
実は観劇友達の某様が東京遠征に来られた際にこのスーツケースを持っていたのに一目惚れしてしまいまして。つまり真似っ子です(しかも無断)。

正価がいくらか知らないのですが、ネットで多少安く買ってもそれなりのお値段でした。
でも見た目がダントツにカワイイし、軽量だし、丁度機内持ち込みできる最大限のサイズだし、TSAロックがついているから海外もOKだし。良い買い物だったと思います。
ただ「黒とかシルバーだったらお母さんも使えたのに…」と身内にはこぼされましたが。
この派手になりすぎてない絶妙な赤が良いんじゃないかーっ。

早くこれを引っさげて旅行に沢山行きたいなあ~。


7/6「デュエット」マチネ
保坂さん、お帰りなさいーーーーーーっっ!!
というわけで「デュエット」早速観劇して参りました。
四季で最後に保坂さんを観たのが2005年10月の「アスペクツ・オブ・ラブ」。それから3年近く経ったわけですが…やっぱり保坂さん大好きだー!と改めて実感。あの一度聞くと忘れられない独特の歌声を聞いただけでもう感無量でした。

舞台はカズさん(ヴァーノン)とソニア(保坂さん)の実質2人舞台。
キャッチコピーの「仕事と恋愛は両立…できる!?」という文句の通り、作曲家・作詞家として仕事を通じて知り合った2人が、互いに色々な価値感や過去の恋愛を抱えながら惹かれあっていく…的なまあラブコメディなんですが。

タイトルは「デュエット」ですが「これは正しくは『トリオ』じゃ?」だと思いました(笑)。
ソニアには5年越しの腐れ縁の恋人がいて、そのレオンという恋人の存在がもう最初っから最後まで四六時中関わってくるんです。
いわゆるダメ男と別れられないというパターン。
普通だとそういう男をスパっと切り捨てられない態度にはイライラしたりするものですが、保坂さんが演じると全然嫌な感じがしないのがスゴイ。保坂さんの演じる役は全て「魅力的」という言葉が実にしっくりきます。

役柄もすごく合ってましたねー。
周りの空気を一変させてしまう程明るくてエネルギッシュ。
歌はもちろん、2時間以上早口で喋りっぱなしなのに全くよどみなく流れていく台詞術に感嘆。
チラシ等で見る衣装はポップでカワイイのですが実物はもっと何倍も奇抜で、でもそれがあの細い体によくお似合いで。

休憩時間中に近くの席の人が「樹里さんが演じそうな役だね」と言っていたのを小耳に挟んだのですが、ものすごく納得!…といっても私は「ウェディング・シンガー」でしか観た事が無いのですが、あの時も逆に「保坂さんに似てるなあー」と思ったんですよね。歌・演技・ダンスの3拍子揃いっぷり、スタイルの良さ、原色奇抜な衣装も難なく着こなす個性。お顔も何となく似てるなーと思ってました。

カズさんはガラコンやCDで歌を聞いた事はあったものの、ちゃんと観劇するのはこれが初めて。「レミゼ」の評判が先行していて「とにかく熱い芝居をする人」という予想をしていたのですが、ソニアに振り回されまくりのコミカルさが笑いを誘ってました。

この日は公演2日目だったので、日が経てば芝居のテンポがもっとずっと良くなるだろうし、アドリブも増えるだろうなあと思います。自身のスケジュール上後半の日程は観劇が出来ないので前半を取ったのですがちょっと残念。

今回1幕の途中、2人の初めてのデート(ディナー)で保坂ソニアが自分の作詞した曲がお店のBGMで流れた事に有頂天になって歌い踊り狂う(笑)シーンで、カズさんヴァーノンが「君って汗かかないんだねえ…」としみじみと言ってたのがアドリブだったのかな?
カズさんはその前からものすっごい汗だくだったので、客席から笑いが起きてました。

あとはクリエの音響がなあ…マイクとオケのバランスが悪くて歌詞が聞き取りづらかったのが残念でした。
特にソニアの歌は割と音域が低めなので、保坂さんの声域にあわせるならもうちょっとマイクの音量を上げるべきかと。「レベッカ」の時も初日にアンサンブルの歌詞が全然聞えなくて、「このハコのサイズでこの音の聞き取りづらさは一体何事!?」と思ったので、クリエは小さい故に音響のバランスを取るのが難しいのかもですね。これは公演を重ねると改善されると思いますが。

とにもかくにも保坂さんの舞台復帰作第1弾。感無量でした。
これからますますのご活躍を期待してます!
そして出来れば来年辺りにI丸さんとのゴールデンコンビ復活を切望っ!!


ブリーズヴェール@パークタワー東京フレンチ
6月半ばが我が会社のボーナス支給日だったので、先週末にプチ豪華ランチをしてきました。
場所は芝公園(赤羽橋)のザ・プリンス パークタワー東京の最上階にある「ブリーズヴェール」というフレンチのお店です。

P1020479.jpg

つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。