スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/25「55steps」ソワレ
突発で「55steps」行って参りました~。
前の席の人が音楽に合わせて終始頭を左右に揺らすのがめちゃめちゃ気になりましたが…あれって本人は心底楽しんでるみたいだし注意するのはハードル高すぎるしでホント困りますね…(死)。
でも本編は凄く良かったです。大満足!

「ミュージカルはまず歌」の私なので注目はヴォーカルパートなんですが、前回(芝さん・高井さん・田中さん・早水さん・智恵さん・花田さん)より、今回の(阿久津さん・芝さん・李さん・早水さん・智恵さん・秋さん)の組み合わせの方が楽しめました。この演目の場合は全く個人的な好みだと思いますが…。

まずはお目当ての芝ファントム。
予想通りというか媚薬の様な麻薬の様な妖しい魅力って感じでアリじゃないですかー。代表がこれ見て「やらせてみよう」とか思わないもんですかねえ。音域は問題ないみたいだし、1曲だけでは表現しきれない物語の流れと共に変化する怪人の心の動きを芝さんがどう演じるのか是非観てみたいです。もしかしたら1回観たらお腹一杯で当分動けん…な濃ゆい感じになるのかもしれないけど(笑)。

ただ芝ファントムの話題性を除けば男性パート2枠は芝さんより高井さんの方がしっくり来る気がしました。やっぱり何を歌っても「芝さんは芝さん」なんだなあという不動のキャラ立ちなもので。
壁抜けの「最新ニュースのジャヴァ」で芝さんがベストのボタンを1つ掛け間違ってたんですが、それすらも「もしかしたら芝流の着こなしかもしれぬ…」と思いましたからね(笑)。

更に「チムチムチェリー」が煙突掃除夫ではなく「酔っ払いのオッサンが御機嫌で千鳥足」に見えたのは私だけでしょうか。煙突の煙がボヤの火事に見えた(爆)。

阿久津さんは想像を遥かに上回る良さ!
「ヴォーカルパートの男性1枠という役を完璧に演じている」感じがしたんですよね。センターポジションで歌う立場や役割を存分に発揮しているというか。何より笑顔が良いんですよ。
元々長身で男前の阿久津さんが終始爽やかな極上の笑顔なのを観ていると眼福なことこの上ないです。
合わないんじゃないかなーと思ってた「スーパースター」も違和感無くはまってたし、アレンジも上手でした。しっかしあのミラーボールは目が痛くなるを通り越して脳(視覚野)に悪影響が出るんじゃないかと思わず目を伏せてしまいました。前回はバルコニー席だったんで全く気にならなかったんですが、1階席は舞台を観るのも厳しい…。
あ、でも「飛躍に向かって」はテンポに乗り切らない感じがしてあまり似合わなかったかも。

李さんは田中さんより甘さや柔らかさがあるのが良いですね。
「ウィキッド」では思ったこと無かったんですが、李さんってチャゲアスのASKA(の若い頃)に似てる気がする。イコール私のタイプの顔だと言う事です(笑)。←昔ファンクラブ入ってました
カジモドの母性をくすぐるような哀しげな表情も良かったし、タガーのマイケル・ジャクソン並のノリも良かった。が、2幕最初の「夢を配る」での台詞の訛りっぷりは…ちょっと客席がざわついていました(汗)。あんな短い台詞なんだしちょこっと演出変更して他の人が変わりに言っても良かろうものを。

早水さんと智恵さんはもう言う事無しです。
特に早水さんの1フレーズで客席を引き込んでしまうあの表現力は本当にすごい!
「この手をすり抜けて」「メモリー」では思わず涙。

秋さんは猫以外で観るのが初めてだったんですが……お顔は相変わらずとびっきりの美人さんなんですが……あんなにふくよかでしたっけ…??太ってるというより全体的にがっしりと大きくなった様な…。
なので「夢があるから」とかちょっと娘には見えなくて(汗)。
秋さんは好きなんですが、この枠はソプラノの娘系役者さんに割り当てた方がバランスがいいんじゃないかなと。じゃあ今の四季で誰?と言われると難しいんですが。

その他…カテコで松島さんが足をクロスさせて乙女なポースでお手振りしてたのが可愛かった(萌)。

「55steps」は物語や心情描写を追わなくていいので気楽に観られるのがいいですね。
キャスト次第では楽までにもう1回位行ってしまうかもです。
スポンサーサイト


1/18「CATS」ソワレ
自分の観劇記録を振り返ってみてビックリ!
久し振りだなあとは思ってたんですがそれもその筈。
前回観たのは2008年2月。約1年も経ってました。
道理で…おかげで猫の名前すら忘れてしまってたり。
キャストも初見の役者さんの方が多いぐらい(特に雌猫)に様変わりしてました。

一時期は土日でも哀しいぐらい空席が目立っていたようですが、この日は2階席までほぼ満席でした。千秋楽が決まったのでやっぱりチケット売れてるんですねえ。
発売日に出遅れてあまりチケット取れなくて「前予でなんとかなるだろ」と思ってたんですがこの分では前予も激戦かもなあ…。

今回は2列目センターという良席!回転席に座るのは2回目ですが相変わらず迫力が凄いというか床が揺れまくって落ち着かないというか(苦笑)。
生声がバンバン聞えてくる距離は嬉しいのですが、近さゆえに気がついてしまう衣装の綻びが哀しい(涙)。タントの膝は毛羽立ちまくってたし、ミストの膝には穴が空いてたし、タガーの太ももにはツギハギらしきものがー。3匹ともつるっとした毛並みの衣装だから目立つんですよねえ。

福井マンカスはなんと3年半ぶりでした(驚)!
なんという安定感!溢れる信頼感!!福井マンカスが語りだすと自分も猫の1匹になったようにすーっと引き込まれる感じがします。そしてやっぱりカッコいいなあ(惚)。

ちょっと前までマンカスとタガーの組み合わせが逆でしたよね…。
もしこの日も荒川マンカス&福井タガーだったとしたら観劇中ずーっと「何故?×∞」という思いで集中出来なかったかも。
荒川さんの陽のオーラと軽妙さはやっぱりタガーが似合う!
どこにも無理な感じが無くのびのびと演じられてるなあと思いました。
ジェリクル舞踏会の「太陽さんさん照る日には全く何にもしないのさ」のところで自分の台詞が終った後も俺に注目ってば!!と1人で尻尾をマイクに見立てて歌ったりスポットライト要求したり、でもお客さんが舞台中央の方を観てるのでふて腐れたりと、お遊び要素満載で楽しかったです。

初見キャストの中で注目して観ていたのは織笠グリザ・金平ジェリロ・飯田ガス。

織笠グリザは…ごめんなさいちょっと苦手かも…(汗)。
どこがどうという明確な理由が出てこないのですが、大阪のおばちゃんぽく見えてしまうところとか。ソバージュ(←パーマではない)の髪型にヒョウ柄スパッツみたいな。
それに表情が人生の辛酸を舐めた哀しみとか屈折とかそういうものより「プライド高そうだな」という印象を持ってしまったり。まとめていうとヤンキー(死語)っぽいなと。

金平ジェリロは少し声量が物足りない感じもしましたが声が綺麗!
「JCS」のオフステの時にダンスキャプテンをやられていたのでてっきりダンス系の人だと思っていたのですが、元々は歌系なのでしょうか?ソノクイ~もキレイに決まってました。
もうちょっと表情に変化があると観ている方ももっと楽しめるかも。そういう私は千堂ヴィクがお気に入りです。ゴキタップの時ですらすごく楽しげな笑顔で思わず魅了されてしまうので。

飯田さんは猫メイクでもあまり顔が変わらないかも(笑)。
ガスナンバーの動きとか居合いの声とかはさすがに若いなあという感じなんですが、あのお腹はいったいどーーしたっ!?
イヤまあ「JCSジャポ」の時も若いに似合わず立派な…と思いましたがなんか成長してる…?
ネーミングの時に結構至近距離だったんですが思わず顔よりお腹に目が行ってしまった…。
でもあのお腹からあの美声が生まれるのだと思えば無問題!
自由劇場での「JCS」では是非飯田兄弟美声祭りを期待したいものです。

P1030652.jpg

記念グッズに弱いので25周年記念ストラップを購入。
幾つか種類があってものすごく迷ったんですが海賊猫バージョンを。
理由はこれだけが3つのチャームが全部猫だったから(ジェニだと1つが電子レンジ、スキンブルだと列車だったりした)という貧乏性志向故の理由。
しかしこのストラップ…プレートまで入れると4つもチャームがついてるのでものすっごい重い。金属系だと携帯本体にガツガツ当たって傷がついたりするしなあ。よって使い道に困って結局しまってあります…。

明日は芝ファントム聞きたさに「55steps」へ突発してきますー!
猫屋敷で会いたい役者さんの多数が秋劇場にいるんですが…松島さんとか萩原さんを東京楽までにもう一度猫で観たいです。


ベターホーム【野菜料理の会】1月メニュー
◆◇本日のメニュー◇◆
うなぎ大根 春菊仕立て
大根ととんぶりのさっぱりあえ
白菜と山くらげのXO醤炒め
白菜とほたてのゆずサラダ


P1030647.jpg
つづきを表示


馳走 紺屋@神楽坂和食
P1030646.jpg

会社の同期と神楽坂「馳走 紺屋」にて新年お食事会をしてきました。
「かくれんぼ横丁」と呼ばれるとても風情のある神楽坂の路地にあるこの辺りは、2007年3月に火災があっていくつかの建物が焼けてしまい、このお店も昨年8月に建て直されたものです。
以前はこんな大きくはなかったはずなんですが(来たのは今回が初めてでしたが近くを通った事はあるので何となく記憶)、古い日本家屋の趣を残しつつも5階建て位の高さで複数のお店が入る建物になっていてビックリ。
友人は「千と千尋の『湯屋』みたい~」と言ってましたがまさにそんな感じ。
つづきを表示


秋劇場が呼んでいる!…のに…
「55steps」で芝さんが高井さん枠に入ったそうで。
ってことはようやく!とうとう!!ついに!!!(←しつこい(笑))
祝・芝ファントム!!(1曲だけだけど…)
これぞ「55steps」の醍醐味ですよねえ。むしろ本編でもかなり観たいんですけどね。芝ジーか芝ファントムはこの目の黒いうちに(割と猶予あるな…)見届けたいものです。

で、今日の10時。
芝さんシングルキター!!
土曜日暇だし2009年前予初めーーー!!

…と思った直後。
金曜の14時は絶対抜けられない重要な打合せが入ってる事を思い出す。

何でスッカリ忘れてたんだろう…完全に1人相撲で盛り上がって凹みました(涙)。
日曜は猫屋敷だしなあ。
木曜・金曜ソワレも五反田18時半は間に合わないし。
来週末までいれくれますように。南無。


厄除祈願へ行ってきました
P1030631.jpg

今年も去年に引続き池上本門寺に厄除祈願に行って参りました。
なんか…一度お札とか貰っちゃうと返す為に翌年行かなくてはならないループ。若かりし頃はお守りも古くなったら普通に燃えるゴミに出していた(ヲイ)私ですが、最近はさすがに後ろめた過ぎて出来なくなりました。

去年はみぞれが降りしきる中凍え死にかけたので、今年は天気の良い日を選んで行きました。人出も多いし出店も出てる!去年とは全然様子が違いました。

そしてもう1つ去年の教訓(祈願内容に「良縁成就」と書いて公衆の面前で本名と共に読み上げられた)を活かし、今年は「厄除開運・心願成就」を祈願してきました。
心願成就ってズルイお願いですよねえ。「1つだけ願いを叶えてあげよう」という神様に「あと3つお願いを叶えて下さい」とか「ドラえもんを下さい」と言うのに近いものがある(笑)。

受付から祈祷開始まで30分程時間があったので境内にあるという力道山の墓参りをする事に(笑)。

P1030628.jpg

広大な墓地の中から果たして見つけられるのか?と思ったのですが、名所(?)になってるのか「力道山の墓所はコチラ」という看板が出てました。うーん私格闘技系まったくわからないんですけどね(苦笑)。武運長久とかご利益がありそうな気もします。

祈祷が終ってお腹が空いたのでお昼を食べに五反田へ。
五反田東急が新しくなってから中に入ったのって初めてだったんですが、あまりに様変わりしていてビックリ!ブック1stもあるしマッサージ屋さんもあるし、これなら猫観劇の時に時間潰しに最適♪と思ったのですがもう終っちゃうじゃん…猫が終ったら五反田に来ることはまずないだろうなあ…。

レミィ五反田8Fの「やさい家 めい」というお店で『五種野菜の精進天丼』を食べました。

P1030632.jpg

五反田にしては(コラ)結構お高いお店だったんですが、本店は表参道ヒルズにあると言う事で納得。
でもまったくカリッと揚がった野菜の天麩羅美味しかった~。ご飯が雑穀米ブレンドなのも嬉しいし、つゆが別になっていて自分で調整できるのも良かった。私「つゆだく」って苦手なんで。

そういうわけで2009年こそは家内安全で平穏な1年が過ごせますように…。



便利グッズあれこれ
P1030620.jpg

東急ハンズで便利グッズを購入。
さてこれは何でしょう?
つづきを表示


hiyokonokimochi
迷惑メールの表題みたいな怪しげなタイトルになってしまいましたがこれは商品名です。
hiyokonokimochi(ひよこの気持ち)という名前の生プリン。

P1030611.jpg

これがもう本当に美味しい!!
世の中には色々高級なプリンがありますが、これを食べてから浮気をする気がすっかりなくなりました。今まで食べた事のあるプリンとはなんか違うんですよね。その濃厚さというかコクというか。

P1030612.jpg

P1030613.jpg

カラメルソースが別パッケージになっています。
ウチの親は最初ソースが別になっている事に気がつかず、プリンだけを「美味しいねー」と言いながらもくもくと食べていたそうですが(苦笑)。それぐらいプリンそのものが美味しいということです。

超ローカルな話題なのですが、神奈川県相模原市の北里大学病院近くの「小川フェニックス」という養鶏場の直売所で売っているのです。車じゃないと行けない場所にあるので私もまだ2回しか食べた事がありませんが、神奈川県内のスーパー等で催事をやったり、通販でも買えるようです。
ただ通販はどうなんだろうなあ…やっぱり出来たて・作りたてを買って食べないとこの美味しさは味わえないかもしれません。

直売所ではその日の朝の生みたて玉子も販売しています。

P1030618.jpg

近辺を走るタクシーの運ちゃんが「あそこの玉子は楊枝を立てても破れないんだよねー」と言っていたので試してみたの図。ちなみにお箸を立てても黄身は破れませんでした。
この濃さと弾力!これも初めての経験かも。玉子かけご飯とかゆで玉子とかの超シンプルな食べ方をすると美味しさがより際立つんです。
ちなみに玉子は幾つか種類があって、お店の人に聞いたところ「若鶏が生んだ一番小さい玉子が一番美味しい」とか。スーパーで売ってる玉子もサイズがM・Lとあるけど、Mの方が美味しいのかなあ。

この玉子がある時は毎日玉子かけご飯を食す私。コレステロール値が少々心配です。


■有限会社小川フェニックス
神奈川県相模原市麻溝台5-14-39
042-742-6621



2008年韓国旅行記~美容編~
韓国旅行記続編、久々の更新です。
もう1ヶ月経ってしまいましたがウォン安が続いているようで、年末年始はさぞ日本人観光客が多かった事でしょう。

美容編と言える程大した事はしていないのですが、今回の旅行では1日目に「汗蒸幕」、2日目に「足マッサージ」を受けてきました。
両方とも「ソウルナビ」で日本から予約をしていきました。メールで予約が済んじゃうので本当に便利!美容系以外にも沢山の特典クーポンが掲載されているのでお見逃し無く。

つづきを表示


仕事始めの1週間
年末年始の休みが長かった分、仕事始めの1週間はキツかったですねえ。
仕事の量とかは全然大丈夫なんですが眼精疲労と肩凝りが堪えます。
PCの前に1日中座ってるのって体に悪いんだなーとしみじみ実感。

癒しを求めてフラリと立ち寄ったお店で思わず購入。

P1030614.jpg

黒猫首枕~。
15センチ位の大きさでビロードっぽい滑らかな手触り。裏側にツボ押しがついてます。

P1030615.jpg

これを首の後ろに当てて使うんですが結構柔らかいので効き目はあまりなかったかも…でもカワイイから許す!

仕事始めの5日はまだおとそモードだったので定時退社で部の人と初詣に。
神田明神に行ってきたんですがそれはもう人で溢れかえってました。
普段信心というものがまったくないので(というか常識の問題…?)知らなかったんですが、毎年ニュースに乗る程商売繁盛で有名な神社だそうですね。

「組織変更や人事異動で飛ばされたりしません様に」
「人間関係のおかしな部署には行きたくありません」
と商売繁盛とはあまり関係の無いお祈りをしてきました。
4月に大きな組織変更があるというのが既に周知の事実なので「どうせ何やっても3月で終わりだしねえ」的投げやり感蔓延中です。せっかく今仕事も人間関係も落ち着いてきた所だったのになあ。

そんな訳で3連休もダラダラと過ごす予定。
そろそろ韓国旅行記の続きに着手せねば…。


12/24「エリザベート」ソワレ
P1030535.jpg

冬休み中に終らせようと思っていた「エリザ」感想レポ。
元旦の夜に9割方書き終わった~!なところでデータ飛びました(死)。
久し振りにやっちまった……気を取り直して再度取り掛かるのに3日掛かりました(苦笑)。

今期はこの回1回限りの観劇でした。
あの「エリザ」を1回だけで我慢できる様になる日が来ようとは。
変われば変わるものです。

今期の祐一郎トートのヴィジュアル、前髪が薄めになりました?その分頬周りの髪の分量を増やしているような。小顔効果を狙っているのでしょうか。体系は太くも細くも無く丁度良かったかなあ。相変わらず真っ白な胸元がマブシイ。
全体的には憂いの漂う様な印象を持ちました。遠くから物事を見つめているような感じというか…「悪夢」のシーンで以前観たノリノリの指揮&やすりべろーん舐めが全然無くてニヒルな笑いに終始していたので特にそう感じました。

歌の方もウィスパーヴォイス絶好調!ついでもマイクの音量も絶好調(笑)。ホント初っ端から「音デカっ!!」と思いました…。
しかし今更ながらトートほど祐一郎さんの声色の魅力を堪能出来る役は他にないですねー。耳元で囁くようなそれでいて包み込まれるような囁き声で歌ったかと思えば「最後のダンス」での爆発力!
楽ならではの「♪お前は俺と踊るさーーーーーーだめーーー」のロングトーンもたっぷり聞かせて頂き、最後はショーストップ…というかトートが扉の向こうに消えて行くまで拍手が続いていました。
なんだかもうこの段階で自分的テンションが最高潮に達してしまってその後1幕終わりまでが異様に長く感じました(汗)。

「今期の祐一郎トートは3割増で踊っている」との事前情報を聞いていたのですが、おお!確かにものすごく動いている!!でもあれは踊っていると言うか暴れ…(以下規制)?
前にも書いたような気がするんですが祐一郎トートの「革命ダンス」は「連獅子」を思い出させます。

涼風シシィは細くて透き通るように白くてお美しい!歌も安心して聞けました。
しっかしそれより何より強っ!!!…というのが一番の感想でした。

少女時代なんかお転婆を通り越してほとんど少年というか。フランツのプロポーズにもあまり胸ときめかせていない様な気がする(汗)。
神経質とか心のバランスをうまくとれないというより、癇が強くて気を張り続けてプッツンときてしまったようなそんな印象でした。なのでルドルフと「似たもの同士」「鏡」というのがあまりしっくりこなかったんですよねえ。

あと祐一郎トートは「自分の手中で転がして愉しむ」的イメージですが、涼風シシィの強さは祐一郎トート的には「あーもうそんな突っ張るならならめんどくさいからもういいよー。もうボクは黄泉の国に帰って寝るよ。」ってなりそうだなあというのは私の勝手な妄想ですが。
なんとなく武田トートの方が(未見なんですけど漏れ聞く評判で)ガチンコ勝負!って感じの見応えがありそうな気がしました。

そんな強い涼風シシィなので綜馬フランツの哀愁度が更にUP。
「♪黄身の優しさで僕を包んで欲しい~安らかに眠りたい今夜だけは~」ってイヤイヤそのシシィだと穏やかな眠りは訪れない気がするぞ?と思いました。

伊礼ルドルフは素顔だと全然違うのに舞台で遠目から見ると浦井くんにソックリに見えました。
割と骨格のしっかりした美丈夫な体格なのに不思議と脆さ・危うさといったものが感じられるのが良いですね。歌は高音が弱くてちょっとハラハラしましたが、癖の無い歌声なので今後頑張って欲しいなと。

その他思いついたこと。

・舞台両袖スピーカー上部の天使像って前からありましたっけ?どうも記憶が無くて…でも前からあったなら己の目の節穴ぶりにショック…(汗)。

・村井マックスパパの登場シーンのいちゃつき度が「見てはいけないものを見てしまった」的レベルに達していた。

・ヘレネ姉さんの登場時の衣装が変わった。ついでにお見合い時にも頭に花のついたヘンテコ帽子を被るように変わっていたので名実共に「♪酷いドレス変なヘア」になってしまった。

・巨大イチゴがなくなってしまったのに一抹の寂しさ。

・シュヴァル…伯爵(覚えられない(笑))の阿部さんの小芝居が多くて笑えた。

・エルマー他革命3人衆は個人的に「イケメン枠」なんですが今期はちょっと物足りなかったかなあ…。衣装をもっと華やかな色目のものにすれば存在感が出るのに、と一瞬考えるも「革命家が目立っちゃダメじゃん」と思い直す。そういえば最近縄田さんをお見かけしないなあ…。


以上遅ればせながら2009年帝劇「エリザ」観劇レポでした。


新年のご挨拶
新年明けましておめでとうございます

当ブログを覗きに来て頂いている皆様、温かいコメントやメールを下さる皆様。
観劇数の激減に伴い更新頻度もすっかり落ちておりますが、今年もブログという手段を通じて沢山の方と楽しい想い出や情報など共有出来ればと思っております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

本来昨年中に書くような内容ですが…2008年は色々な事を考えさせられる年でした。
当たり前のように過ごしている今日が、手にしている事すら気がつかないような平凡な幸せが、何の前触れも無く失われてしまう事が本当にあるんだと実感させられた年でした。
本来ならばそれ故に今という時間と環境を大事に過ごしていかなければと考える所なのでしょうが、性格上ポジティブ志向とは言い難いが故に、「何が起こるか先のことがわからない」という致し方の無い不安から、物事の決断がつかず足踏みをしてしまう…そんな状態でした。
年が改まったとはいえ昨日の続きが今日な訳で、まあ正直気持ちハレバレ~なお正月とは言い難かったりもします。

…って新年早々ものすごい不吉で暗いですが、上に書いたような事は普段の意識の中では10%位しか占めていませんので。本日も朝からおせちの他からすみ等の珍味を日本酒片手に堪能し良い心持ちであります。ハイ。

地元のショッピングモールが元旦から営業しているので(小売業の皆様は本当に大変ですね…(汗))冷やかしのつもりで………のはずが初売りの魔力に負けた…。

P1030608.jpg

Francfrancにて福袋ならぬFUKUBAKOをウッカリと購入。
15,000円相当の品が入って5,000円です。
いっつも買った後に「5,000円出すなら福袋じゃなく吟味して欲しいものだけを5,000円分買えば良かったんじゃ…」と思うんですけどねー。学習しない子なんで。
横に携帯を置いてみました。大きくて重かった…。

箱の色はピンクと茶色がありました。中に入っている品の色の系統が違うのかもしれません。また中身は少しずつ違うとの事でいくつか手にとって一番重かったものを選んでみる。
しかしその帰り道に突如「したきりすずめ」の話を思い出すワタシ。大きいつづらを選んで痛い目に遭う(っていうか死んだ…?)強欲なおばあさんそのものじゃないか!

P1030609.jpg

箱の中身はこんな感じ。
ここまでピンク一色だとは思わなかったので、これなら茶色の箱の方が良かったかもなーなんて。
ブランケット・タオル×2枚・マグカップ×2個・干支のバスボム・何故かミル&ミキサー。電化製品入ってるとは…重いはずだ。
Francfrancの雑貨は基本的に全部好きなので要らない物はないんですがこれは雑貨と言うか…1人暮らしグッズ…?使えん…と思った画面真ん中の銀色王冠貯金箱で500円玉貯金でもして家を出ろというお告げでしょーか。

明日はバーゲンに行ってついでにロクシタンの福袋を買おうかなあと思っています。さすがというべきかこのネット社会、既に元旦に福袋を買った人の情報が写真つきでアップされてて中身がわかるようになっている…。
2日から営業のお店に的を絞って、元旦に買った人の情報をもって臨むのが賢いやり方なのかもしれませんね。









Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。