スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月15日「クロロック城スペシャルナイト」
「クロロック城スペシャルナイト」イベント行って参りました~。
なんと8,400通の応募があったとの事。
10倍近くの倍率で当選したとは…本当に有り難いです。

P1040365.jpg

座席は予め割り振られてるのだろうと思ったのですが、劇場入り口を入ると封筒に入れられたチケットがトランプの神経衰弱の如く並べられていて自分で選ぶ仕組みになっていました。
己の腕1本で最前列か最後列か決まるワケね…ここでも幸運な事にG列という前方席を引き当てましたよ~。
本編でもこんな前方で観たこと無いです(笑)。
しかも本公演みたいにきちんと「チケット」になってるのが嬉しい♪記念に大事にします!

ミーマイ公演中という事もあって伯爵様の巨大垂れ幕以外セットは無かったのですが、ロビーにはリー君が7~8匹飛び交ってました。
あのキコキコいいながら一生懸命羽ばたいてるチープな感じがスキだなあ。

役者さんはプリンシパル・アンサンブルあわせほぼ全員が参加して下さって、更に嬉しい事に舞台衣装の扮装で出てくれました。

駒田クコールの司会(途中でちょっと山田さんに交代もあったけど)で、
プリンシパルキャストに抱負を聞いたり質問したり、
劇中のナンバーを披露してくれたり、
フィナーレの曲の振り付けをお客さんに教えてみんなで歌って踊ったり…
最後に恒例の記念撮影をして終りました。

劇中のナンバー披露では知念サラは歌いませんでした。
聞いてみたかったので残念。まだお稽古半ばで仕上がってないのかな?
「初めてだから」「外は自由」の2曲が披露されたんですが、安崎シャガールとシルビアマグダは流石に歌がお上手!
前回は宿屋のシーンがちょっとキツかったので(汗)、今回は期待出来そうで楽しみです。

祐一郎伯爵様は相変わらずぽよぽよとしていて、彼にしかわからない様なフシギな話術で客席と共演者を煙に巻いてました。
…と思いきや最後には突如ぶっ壊れなすって、髪を振り乱しながら何やら叫んでおられました。
ま、いつも通りって事です(笑)。
祐一郎さんがMAXの声量でマイク持って叫んだら音割れして聞えませんって(笑)。
あ、登場する時にリー君(を垂らした棒)と一緒に出てきたのがカワイイ伯爵様でした。
ちなみに伯爵様が前回公演で一番印象に残った事は「ゲネプロの時、お風呂シーンでサラのヌーブラが落ちてた」事で「そればっかり頭に残っている」のだそう。
…ってゲネプロって「公演」じゃないし!しかもいつからそういうエロ伯爵キャラに…。

今回のイベントでは吉野ヘル様が一番の盛り上げ役でした。
他の役者さんは素で話してるのに吉野さんだけがずっとヘルベルト口調のままで。
それだけで充分笑いとれますからねー。
同じく前回公演の思い出を聞かれて「ウチのお風呂が狭かったの」と。
身体を充分に伸ばしてくつろげないのがご不満の様で(笑)。
山田さんが「今回は広くしましたから(←ホントなのかなあ?セット拡張??)」と言うと、
伯爵「その代わりパパのリビングが半分になっちゃったんだよ」
ヘル「パパ…ごめんね♪シャー~(←ヴァンパイア的愛情表現の吐息らしい)」
なんぞと絡んでて相変わらず楽しい伯爵親子でした。

フィナーレの振り付け伝授も吉野さんが担当だったんですが、
ぎこちなく振りをこなす客席を見て「招き猫みたい!招き猫が大勢いる~!!(←猫手状態でシャーっとやる振りだったので)」とからかったり、「ちゃんとやらないと噛むわよ!!」と煽ったりと本当に楽しかったです。
「噛むわよ」については「噛んで♪っていうお客さんがいるから止めなさい!」と駒田さんに怒られてましたが(笑)。

駒田クコールは「いつの間にか台本に無い休憩時間の方が大仕事になっちゃって」「人生であんなに東●ハンズに通った事は無かったです。週3回位行ってました。」と。
山田さんから「前回やったネタと同じものはやらないんでしょ?」とハードルを上げられて「勘弁して下さい(笑)」と言ってましたが、また新しいネタも用意して下さるみたいでした。

ラストは伯爵様が1人で客席降り!
上手から下手へ移動しながら最前列のお客さんと握手してました。
ううう…羨ましい!

楽しかったあの夏の思い出が鮮やかに蘇ってくるイベントでした。
新キャストを迎えての再演、楽しみですー!

スポンサーサイト


5/27「アンデルセン」ソワレ
東京に更にまた1つ四季専用劇場が増えるそうですね。
「全ての劇場がフル稼動」って…稼動率ってのは客席がどれ位埋まってるかが問題じゃ?とか思ったりする訳ですが。
四季に限らずこのご時勢、どこの劇場も空席が目立つんだけどなあ。代表が劇場に足を運ばれる日は初日や楽や記念日が多いから常に満員御礼に見えるかもですけど。
何より劇場と作品があっても演じる役者がいなくては幕は明けられないんですよーーと。

この日の「アンデルセン」も平日公演の為、S1サイドは7列目辺りまでしか埋まっていないという状態でした。
でも舞台は大満足!
帰り道に思わず口ずさんでしまう音楽と美しいバレエシーンに心癒されました。

2003年の全国公演、2004年の秋劇場公演で1回ずつ観ているので今回が3回目の観劇。
前2回はいずれも味方ハンス・高久ドーロ・坂本ニールスでした。
高久ドーロ&坂本ニールスのデュエットは今も鮮明に記憶に残っています。
実際には数十秒のひとときが永遠に続くのではないかと手に汗握るあの衝撃(笑)。
松島さんはWSS以降歌が格段にお上手になったし、斉藤ドーロも全くもって許容範囲内で安心しました。

当たり前ですが佐野ハンスは味方ハンスとは全く雰囲気が違いますね。
味方ハンスはひたすら温かい人柄でほんわかとした優しさですが、佐野ハンスは「哀しみ」を知っている人が持つ優しさという感じで。
ラストで称号を授与された後にマダム・ドーロと見詰め合う佐野ハンスの表情がすごく印象に残っています。
様々な想いが全て昇華された透明なハンスの心が伝わって来るようでした。

いやーしかしあんなに踊りまくる佐野さんを観る日が来ようとは。
元々手足の動きとかはキレイな役者さんだと思うのですが、足を上げたりターンをしたりとなるとやっぱり若干のぎこちなさは否めず(笑)。
「くわっくわっ」と鳴きながらアヒル歩きをする佐野さんの多少の「やらされ感」も佐野さん好きとしては相当に楽しい(笑)。

斉藤ドーロは美貌やバレエは言うまでもなく表情がすごく良かったです。
「人魚姫」で王子の心が自分から離れていってしまうのをどうする事も出来ずに見つめているシーンの切ない表情とか。
ドーロって下手すると浮世離れとワガママが行き過ぎて高慢に見えたりしちゃうと思うのですが、斉藤ドーロは少女の様な可愛らしさで嫌味を全く感じないのも良かったです。

以上簡単ですが「アンデルセン」感想でしたー。


週末は上海軍事裁判所へGO
残念ながら沼尾香蘭は来ませんでしたが…
何この超豪華男性アンサンブル陣ー!
「オペラ座の怪人」が公演中だったら絶対に実現しないだろうキャスティング。
突発させて頂きます!

ところで…先日の「クロロック城スペシャルナイトイベント」の招待状が届きました。
イベントの詳細内容把握してなかったんですが、チラリと検索した所参加者は700名とか。私の招待状に印字されてる番号は600番台中程で…贅沢は言えませんがオペラグラス必須の席の模様です。


5/24「春のめざめ」マチネ
あっという間に2週間経ってしまった「春のめざめ」初見感想です。
※ネタバレしてますので未見の方はご注意を
つづきを表示


クロロック城スペシャルナイト
先週末から「逆転検事」にハマっていてネット落ちしておりました。
待ちに待った逆転シリーズの最新作、攻略サイトも見ずに大事にやってたのに1週間足らずでもう終りそう。
なんか以前より進行が簡単になった気がするなあ。
やっぱり逆転シリーズは「3」が神だったと思います。

で、表題の件ですがクロロック城スペシャルナイトイベントに当選しましたー。
ちなみに「TdV」は楽チケも持ってます。
何気にろっくに申込んだものは当選率100%を誇っている私です。
席位置選べないので初日や楽日分しか申込まないのにこのチケ運の偏りは何故だろう。
まあイベントも楽も平日なので競争率は低かったのだと思いますが。

イベントの方は申込んだ事すら忘れてたので詳細確認の為に久々に東宝HPを覗いたんですが、いつの間にか「レベッカ」再演が決定してたんですね。
若干キャストが増えたり変わったりしてますが、キャストより箱の方が大いに心配です。
再演物で帝劇2ヶ月は厳しかろう…。




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。