スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/18「ブラッド・ブラザーズ」マチネ
金さんとシモ様観たさに「ブラッド・ブラザース」行って参りました。
双子は藤岡×田代のヤングコンビです。

この作品キャッチコピーがいきなりネタバレ
チラシや公式HPを見ていなくても、舞台が始まって数分で双子の結末がわかっちゃいます。
つまりはストーリー展開の面白さではなく、物語の経過を通した登場人物の演技の変化が重要になると思うんですが。

うーん…役者さん達はそれぞれ皆良かったけれど、それが1つのパワーになって引き込まれる!という感じではなかったなかあ。勿論あくまで私個人の好みの問題です。

あのラストめちゃくちゃ重いじゃないですか。
ミッキーの「どうして自分を手放してくれなかったんだ?」というのが最期の言葉だなんて救いが無さ過ぎて…。
キャスト勢揃いでその思いを昇華させるように歌い上げられても気持ちがついていかなかったんですよね…。
あと随所にイギリスの「迷信」が引き合いに出されるのですが、それに馴染みがなかったのも入り込めなかった理由かも。

一応双子がこの作品の主役ですが、実質舞台の中心だったのは金ジョンストン夫人。
久々に聞いた金さんの歌声はやっぱり良い!!歌に感情が乗るからめちゃくちゃ惹きこまれます。
もっともっと歌って欲しい!と思いました。ラストシーンも金ママがが1人で歌い上げた方が絶対感動的だよー!とか思ってしまったり。

藤岡ミッキーはハマリ役!
特に7歳児。
エディーの家に遊びにって土足でソファの上に上がってジャンプしまくる姿はまさに悪ガキそのもの。
あれは口で言っても絶対ダメですね。ハタかれるまで悪さを止めないと思う(笑)。
それでいて末っ子らしい甘さや優しさも感じさせて。
後々成長してからリンダに中々想いを伝えられなかったり、刑務所で精神のバランスを崩してしまう所に繋がるのがよくわかりました。

田代エディは初見。
「マルグリット」で春野さんの相手役になった時に初めて名前を見て「一体どこの誰だろう?」と思ったものですが。
いやーーいいじゃないですか!!
長身でハンサムだし、色々な役がこなせそうなタイプですねえ。
歌もめちゃくちゃ巧いなあ…と思ったら芸大卒でオペラ出演歴があってお父様ゆずりのテノール歌手だったとは。

鈴木リンダはオソロシク可愛かった!それに尽きます。
正直前売段階でチケットを買わなかったのは彼女がヒロイン役だったからなんですが…。
ソロは1フレーズあるかないか程度で驚く程出番が少なかったので助かったというかその(汗)。
子供時代ははっちゃけてて良かったです。
でも高校生になってからは単なるギャルにしか見えず…まんま鈴木亜美だったなあと。
ミッキーを「愛してる」というのが冗談なのか本気なのかもわからなかったし。

シモ様は濃かった!こちらもそれに尽きます(笑)。
役名はナレーターですが、牛乳屋や医者や先生など場面場面でちょっとずつ役を演じる一方、物語全体をナレーターが操ってる様なそんな印象。
しかも明らかに悲劇の方にひっぱっている感があるのはシモ様の濃さゆえでしょうか。
トート+ルキーニ÷2って感じだなあ。
ただシモ様の濃さはクリエサイズの箱で出ずっぱりの役で見るより、1発勝負!みたいな役で観た方が盛り上がって良いなあと。
ともかくお元気そうで良かった~と思いました。



スポンサーサイト


9/13「ジェーン・エア」マチネ
舞台のチケットは大抵公演月の3~4ヶ月前に発売。
普段観劇をしない人には「そんなに先の事?忘れそう…」とかよく言われますよねえ。

この「ジェーン・エア」のチケットを買ったのは2月。
実際の観劇日まで半年以上。
さすがにチケットを取った当初の「楽しみだな~」という気分は雲散霧消してしまい、客席に座ってハタと「そういうえば主役2人以外誰が出るのかも知らない…」と気がつき、周囲の人が読んでいるパンレットを盗み見て(ヲイ)予習。

や、収納スペースの問題でパンフは出来るだけ買わないと誓っているもので…。
何故「エリザ」だけで4冊も5冊もあるのかと(自分が買ったからですが)。
つい先日一念発起して「古いアルプは捨てよう!!」と思ったのですが。
捨てる前にパラパラとページをめくってしまったのが運の尽き。
もう退団してしまったあの人やこの人の写真が!とか。
改名前の名前はこんなだったっけ!とか。
いまやスッカリ主役級のあの人が「四季初心」に!とか。
結局どれ一つとして捨てられず、一通り目を通して再びきちんとしまったというありがちな結末を迎えました(苦笑)。

閑話休題。
つまり出演者もきちんと把握せず、更にはストーリーも知らないままの観劇でした。
そう…「ジェーン・エア」、読んだ事がなかったのです。
自分、外国文学にとことん疎いんです。
でも原作を知らないで観劇して良かったかもと思いました。
こういうサスペンス的なストーリーだと結末を知らない方が楽しめますもんね。

というわけで公演も終盤に近いですが、ネタバレ厳禁な作品だと思いますので以下追記にて。

つづきを表示


大相撲九月場所14日目
P1040720.jpg

人生初の相撲見物に行ってきました。
今回初めてとの事でC席を取ったのですが、帝劇B席を思い出す距離感でオペラグラスを持ってくれば良かったかなーなんて思いましたが、遠くてもすごく楽しかった!
今度は2階の最前列で観たいなあ。距離も近いし椅子にはミニテーブルまでついていて快適そうだったので。砂被り席や升席は背もたれがないから腰が痛くなりそうだし(老)。

つづきを表示


東京ドームで野球観戦
…に行ってきました。
今日勝てば巨人の優勝が決まるんですが、チケットの日付は昨日(笑)。
そうそう胴上げが見れる日に当たる訳もないですからね。

P1040710.jpg

両球団ともピッチャーが好投だったので、1発のホームランで試合が決まってしまってアッサリ風味だったのがちょっと残念。今年の高校野球の決勝戦はその点観応えあったなあ。
特にどこの球団のファンでもない私なので、野球はお誘いがあれば行くというスタンスなのですが、過去一度も自分が座った側が勝った事がないという。でも今回で疫病神の汚名が返上出来てよかったです(笑)。

P1040713.jpg
↑ジャビット君がいつの間にかファミリー化している事を初めて知った…子供がいる!

劇場でもB席はお値段の割りに観易いですが、球場もC席が良いですねー!
2,000円ちょっとでこの位置から見れるなら大満足です。
しかしビール売りのお姉さん達はすごいなあ。
みんな可愛くてスタイル良いのはもちろん、あの体力!!
10キロ以上あるであろうあのビールタンクを背負って、階段を小走りで登って降りて…関心しきりでした。


三つ星観光地は大混雑
P1040675.jpg

カレンダー通りの勤め人には有り難いシルバーウィーク。
とはいえ旅行代金も高いし車で出掛けりゃ大渋滞だしで、普段の土日と大差ない大人しい休日を過ごそうかと思ってたんですが。
それでも天気に恵まれたこの連休。
せっかくだから電車で行ける範囲で非日常を!と思って高尾山へ行ってきました。

つづきを表示


9/2「ウィキッド」ソワレ
0902WICKED.jpg

「ウィキッド」東京公演が終って1週間。
現在手元に四季のチケットは1枚もありません。
そんなに頻繁に通った訳ではなかったですが、やっぱり「ウィキッド」が終ってしまって寂しいなあと思うこの頃です。

初日から観ているので色々な想い出もあります。
最初は開口バリバリで笑いを取るのも微妙だった沼尾グリンダの成長ぶりとか。
1周年記念で貰ったエルファバ色のカーネーションとか。
2周年カテコでエメラルド色のサングラスをかけたチステリーに微笑を誘われたりとか。

汐留の「WICKED CAFE」はHPによると10月2日迄店舗改装中とか…。
3日からは「AIDA CAFE」になるんでしょうね。アムネリスの衣装にちなんだカラフルな飲み物を売ったりするのかなあ。

wickedcafe.jpg

レポを書いていなくて載せていなかったのですが、2周年の頃に限定発売されていたトルネードなんちゃら(覚えろ(笑))ドリンク↑は美味しかった!
人口甘味料がキライなので普段はこういうソーダは飲まないのですが、爽やかな炭酸とゴロゴロ入ったフルーツの組み合わせが美味しくて。
「トルネード」の名の通り、グルグルかき混ぜると緑色のシロップがキレイには映えるんですが、「これって妹が死んだ原因の竜巻じゃんね」と言っている声が耳に入り、ちょっと複雑なキモチにもなったりしました(苦笑)。

とまあ何となく感傷的なモードだったりするんですが。
「ウィキッド」は本当に完成度の高い作品だったなあと思います。
脚本・舞台美術・そして演じる役者さん達。
身内や友人等色々な人と一緒に観劇しましたが、老若男女問わず「すごいねー!良かった!」と言って貰える作品でした。

初見でも充分に楽しめる作品ですが、複数回観劇するとその度に感動ポイントが増えていくんですよね。
結末を知ってから観ると冒頭の「グッド・ニュース」でのグリンダの複雑な表情を見るだけでもう涙腺緩みます。
あの『そう。悪い魔女《ウィキッド》は死にました!』というグリンダの台詞がもう…!
「グリンダにとって死んだのは《ウィキッド》であって、エルファバはいつまでも心の中で生き続けるんだよね。うんそうだよね…。」とイキナリ涙(笑)。

マイ楽の今回の号泣ポイントはエルファバが溶けてしまった後、グリンダがエルファバの帽子を抱きしめる前にその帽子を優しく一撫でした仕草でした。ただぎゅっと抱きしめるだけではなく、そっと撫でるというあの仕草に、1人残ったグリンダの親友への想いが表されている様な気がして。

最初はエルファバをからかって「友達の印」といって渡したへんてこな帽子。
それがいつしか本当に2人の大事な絆になって。
その残された帽子をグリンダがどんな気持ちで見ていたかと思うと…あまりに切ない(涙)。
最後の最後にその帽子をフィエロがぎゅっと被せてあげるのも深いなーーとか思ったり。
今書いててもちょっと泣きそうですもん(笑)。

色々な思いがありすぎてちっともこの9月2日ソワレ固有の感想になりません…。

江畑エルファバは前回(8月22日)の方が声の調子は良かったかなあと思いました。
今回は不調という程ではないのですが、2箇所ほど声がひっくり返りそうになって慌ててセーブしたような箇所があったので。
濱田エルファバはその強さに憧憬の念を抱く様なキャラクターですが、江畑エルファバは健気で応援したくなるエルファバ。
スタンダードなエルファバ像としては濱田さん方が合ってるのだと思いますが、私は江畑エルファバもすっごく好きですねえ。
ちょっと哀しげな表情をしながらも頑張る姿に等身大の共感が持てて。
それが1幕ラストの「自由を求めて」でガラリと変わって力強く歌い上げる姿がそのままエルファバの成長を見る様で、こちらの気持ちもすごく高揚して。

東京公演ではどういう巡り合わせかグリンダは沼尾さんしか観られませんでしたが…もうそれでも毛頭悔いなし!って位完璧なグリンダを観せて頂きました。
元々沼尾さんは好きだったのですが「ウィキッド」でもう殿堂入りというか(笑)。
歌声は勿論ですが、台詞の間の取り方や声色の使い分け、ちょっとしたアドリブなんかが本当にお見事!としか言い様が無くて。
そしてカテコで投げキッスしたりぴょんぴょん飛び跳ねる姿のカワイさといったら!
本当に見ているだけで幸せな気持ちになれるグリンダでした。

うーんやっぱりいつ観てもキャストに大きな穴がなかったのが東京「ウィキッド」の最大の魅力だったかもしれませんね。
来月開幕の「アイーダ」も違いを楽しめる様なキャストが揃うといいなと。
闇鍋キャストが怖くてチケット1枚も取っていない私の呟きでしたー。

「ウィキッド」カンパニーの皆様お疲れ様でした!
ゆっくりお休み…は難しいかもしれませんが、心身リフレッシュして今度は大阪で素晴しい舞台を見せてくれますように。


己の成長を実感するこの瞬間
「ウィキッド」My楽の感想も書かずにブログ放置状態で過ごしておりました。
新型インフルにかかった訳でも鬼残業の日々だった訳でもありません。
ただ家にいる時間の9割がドラクエに費やされていたからに他なりません。
堕落しまくりですが、さすがにドラクエ休暇を取るほどは堕ちてませんから!
(当たり前)

普段の自分と同じくゲームでもビビリ性なもので、クリア時LV50程度だった故に「LV87なんて潜っても即死だろう」とまさゆきの地図手付かずでいたんです。
が、先週会社の飲み会で新宿に行った時に(いつでもどこでもすれ違い(笑))はぐメタオンリーの地図をもらいまして(怒れる花の地図LV42)。
はぐメタ狩りでLV70位になってから「まさゆき」潜ったんですが、レンジャーの「ステルス」があれば、もっと低レベルでもB15階まで余裕で辿り着ける事がわかりました。ビビリ過ぎだったのね(苦笑)。まああまりにレベルが低いとメタキンのお供達によって全滅の危機に瀕したりしますが。
特にマデュラ様がイヤ。
素早いし固いくせに経験地もGも大した事無いってのも許せん(笑)。

そーゆーわけでめでたくパーティー全員LV99になりまして。
前回悲惨な目に遭ったムドーLV3に報復へ赴く。
フルボッコで3ターン撃破。
以前苦戦した敵を難なく蹴散らすこの快感!!これこそがRPGの醍醐味!!!
今の私にはバラモスはただのカバ。エルギオスなんて雑魚よ雑魚!
フハハハハー!!(←調子乗りすぎ)

現在はもっと高いLVの魔王と戦うべく、転職を繰り返してスキル上げ頑張ってマス。
ちなみに職場で5メートル範囲内に6名のドラクエプレイヤーがいるんですが。
「転職が面倒で旅芸人のままラスボス倒した」という人が居ました。
(仕事はマメで丁寧な人なのに…)
むしろ神だ…一体どれだけLV上げたんだろう。

自分で魔王をLV99まで育てるのはしんどいので外出時は常時すれ違いするんですが、
まだ配信されていない魔王の地図を配ってる人が多いですねーー。
中には本当に改造されててヤバイものがあるかもしれないと思って今は即捨ててるんですが、
いずれ正式配信されちゃったら「正式のもの」「改造されたもの」の区別がつかなくなる気がするんだよなあ。
あまり気にしなくても大丈夫なのかな??
ネットに改造地図情報とか出てるので、参考にしつつ慎重に行きたいと思います(やっぱりビビリ性(笑))。


自由が丘「はらドーナッツ」
おやつレポ第3弾。
先日自由が丘のねこカフェに行った時に偶然「はらドーナッツ」を発見!
気になっていたお店だったのですがてっきりお店は吉祥寺にあるんだと思い込んでました。
(単に初めてこのお店の存在を知ったのが友人のブログで、それが吉祥寺だったから…)
実は多店舗経営だったとは…地元の方にもあるじゃないか。

お店を見つけたのが既に18時過ぎだった為に品薄状態。
プレーンとさとうきびを1つずつ買いました。
包んでもらったドーナッツはほんのり温かくてその場で食べたい衝動に駆られましたが、夕食の為にグッと我慢。
オカラで作られた防腐剤や保存料を一切使わないドーナッツなので、出来ればその日中、遅くとも翌日には食べて下さいとの事でした。

包装もオシャレでかわいい!
ちなみにお店の看板や名刺に普通なら「電話/03-****~」と書くところが「もしもし/03-****~」となっていたのもカワユイです。

P1040655.jpg

P1040656.jpg

どっちプレーンでがどっちがサトウキビかサッパリ判りませんが(笑)。
食べてみると本当~に素朴で自然な味。食感はモッチリした感じです。
一口目は「ん…あまり味がしない…?」と思ってしまう(特にプレーン)程なのですが、食べていくうちに何だかやみつきになる味です。
昨今流行のアメリカ生まれの激甘ドーナッツは1つ食べると「もう当分いいや」って気になりますが、これは食べ終わると「明日も食べたい!」と思う味でした。

で、まんまと後日地元近くのお店で再びサトウキビ味とレモンティー味のドーナッツを購入。
午前中に買ってそのままお昼に食べたんですが…買ったその日に食べた物は、1日置いたものとは比べ物にならない美味しさ!やっぱり出来たてが一番です。

■はらドーナッツ 自由が丘店
東京都目黒区自由が丘1-3-13
03-3717-8850


上野毛「sweets maniac」のデコレーションクッキー
おやつレポ第2弾は東急大井町線上野毛駅から徒歩1分程度の所にある「sweets maniac」。
デコレーションのアイシングクッキーやカップケーキのお店です。

P1040606.jpg

アイシングクッキー自体は珍しいものではないと思いますが、このお店のクッキーはデザインが繊細でどれもめちゃめちゃカワイイ!!

P1040660.jpg

みつばちのお尻の針まできちんと描かれています。
お値段もそれなりにアレなのですが(便利な日本語(笑))、このクッキーを前にして素通りできる女子はそういないハズ。

鮮やかな色で全面アイシングされている為歯が浮く程甘いかも…まあデザイン重視だろうから仕方ないか…なんて思ってたのですが、程よい甘さで固めに焼き上げたクッキーと相性良くてバクバク食べそうになりました(笑)。
「Thank you!」等とメッセージが書かれたクッキーもあったので、丁度職場で退職する人がいたのでメッセージカードをつけて渡しました。
女性には喜ばれる品かと思います。

1つ要望があるとすればお菓子の値段の割に包装が簡素すぎる事かなあ。
「プレゼント用に」とお願いしたのですが、自宅用もギフト用も同じ袋だったので、そこはもう少し配慮して欲しいなあと思いました。

■sweets maniac
東京都世田谷区上野毛1-23-5
03-3702-8459
水曜定休




神楽坂「花」の氷あんず
もうじきお彼岸も近いという時期に季節はずれ間満載ですが、8月のまだ暑い時期に行った神楽坂「」の氷あんずが美味しかったのでご紹介を。

「花」に初めて行った今年4月のフルーツ山盛り「クリームあんみつ」も美味しかったのですが、その時から「夏になったら絶対氷あんずを食べに来るぞー!」と決めていたんです。
意気込んで訪れるもお盆休み期間中で一度振られ、今回リベンジ訪問です。

土曜日の午後という一番混んでいそうな時間に行ったのですが並ばずに入る事が出来ました。
いつもはもっと混んでいるそうで、お店の方曰く「お盆休みで皆お金使っちゃって、今週は家で大人しくしてるのかしらー」と。そういえば神楽坂全体がなんとなく空いていました。

そして念願の「氷アンズ」がコチラ。

P1040603.jpg

こちらのお店のアンズ、果肉がふっくらモチモチでとっても美味しいんです!
氷もサラサラしていて口どけまろやか。
氷の分量に対してアンズが少ないかも…?と思って、アンズを控えめに食べ進めてたら、器のそこの方にアンズシロップがたっぷり入っていたので最後の方に味がめちゃ濃くなってしまった…配分間違えた(苦笑)。

他のお客さんのオーダーを聞いてたら、白玉を追加でトッピングできるみたいで。
オーダーが宇治抹茶だったからかなあ…でも多分頼んだら氷アンズ白玉乗せもやってくれそうだなあ。
アンズに白玉…ゴクリ(笑)。
来年また来ます!

■花
東京都新宿区神楽坂6-8
03-3267-5478
日曜・祝日 定休


千秋楽限定手ぬぐいGET
昨夜はFC2サーバーが不調でアップ出来なかったのですが、東京公演My楽となる「ウィキッド」観届けてまいりました。
流石楽週。開演前からお客さんが熱いです。
それは恐らく「千秋楽限定手ぬぐい」争奪戦故。

大人気で毎日完売との噂を聞いて、開演約1時間前に劇場につくとそこには同じ事を考えている人達で既に行列。
45分前に開場するやそのお客さん達の殆どが手ぬぐい売場にスライド。
「1人3枚まで」という購入上限数があるものの、殆どの人が複数枚買っていくので自分の番までまわってくるかハラハラでした。なんとかギリギリ買えたーーーっ!

P1040663.jpg

全面エメラルド色の手ぬぐい。
本来の手ぬぐいの用途として使用したら、ますます…どんどん…色褪せてしまう(ディラモンド先生風)事間違いなしです(笑)。
まーこれを実際に使用する人は殆どいないでしょうからね。広げて、飾って、キレイならOK。

P1040664.jpg

「Tokyo Final June 17,2007-September 6,2009」と公演期間が記されているのが楽記念ならではですね。

この限定手ぬぐいを買えた事で、本編観る前から何だかとっても満足してしまいました。

そうよ 幸せなの
きっと…
幸せだわ
ただ私の理想(特別カテコ…)とは少し違うけれど


というわけで楽週ですが特別カテコはありませんでした。
期待し過ぎを反省しつつもやっぱり残念。
ただお客さんの温度感は特別仕様な訳で(笑)。
グリンダとエルファバが2人舞台中央に残って手を振ったまま幕が下りる(いつもなら両袖にはけていく)形で終りました。
沼尾さんが腰をかがめて幕が下りる寸前まで手を振ってくれて盛り上がりました。




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。