スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/28「パイレート・クイーン」ソワレ(初日)
091128_1629~0001

というわけで「パイレート・クイーン」初日行って参りました。
上演時間は上記写真の通り、休憩25分を入れて2時間45分。

勝手に期待していた客席降りはありませんでした。
下手端に階段が設えられてましたが、客席で観ていた脚本や振付けのガイジンの先生方(←名前覚えろと…(汗))が挨拶の為に舞台上に上がる用で、初日限定かと思われます。
カテコの最後には客席を盛り上げようと思ったのか、祐一郎さんがその階段を降りてお客さんにハイタッチというまさかの事態もあったのですが、群がるお客さん達に身の危険を感じたのか(笑)時間が無かったのか、即戻ってましたねー。
祐一郎さんが客席降りした瞬間、場内から起こったのは歓声ではなく「えーーー!?」という嫉妬交じりの羨望の声だったのがなんとも…私も「えええーズルイ!!」と思ったクチです。ハイ。

以下ネタバレ含みますので折りたたみまして…。
つづきを表示
スポンサーサイト


本日は「パイレートクイーン」初日
…に行って参ります。
が昨夜ウッカリ深夜残業になってしまい、家にたどりついたのが午前3時。

もうトシなんで回復力低下してるから一晩寝た位じゃ…zzz
ドーピングして頑張ります(笑)。

今回メモリアルな公演分にしては珍しくろっくから1階席を頂きまして。
海賊=戦闘シーン=客席降りあるかなーなんて勝手に期待してますがさてどうなりますやら。


河口湖紅葉まつり
P1040940.jpg

先週の話ですが、1泊2日で河口湖の紅葉まつりに行ってきました。
土曜日は午前中台風の如き大雨でしたが午後からは止み、日曜は快晴で写真の様な美しい富士山を堪能する事が出来ました。

つづきを表示


横浜CATSゲネキャスト
昨日9日の横浜CATSゲネプロのキャストシートを貰いました~。

P1040892.jpg

事前にブログ等に出ていたキャストが殆どなので特に驚きはないですね。
何人か初めて見るお名前もあるし、以前とは違う猫の人もちらほらいますが。

問題なのはプログラムの方。
ロングラン作品だから今後幾らでもキャスティングは変わるとは思うけど…
福井さんの名前がないようーーー(泣)
他の年輩猫役者さんを差し置いて卒業はないでしょーー!
佐野さんですら名前があるのにナゼだ!!
ちなみに趙さんの名前もないですか…こちらは覚悟してたんで。

というわけでプログラムにお名前のあるマンカス役者さんは
青山さん・芝さん・荒川さん・野中さんの4人。(で合ってますかね?)
うーん体力のある若手が中々育たないですねえ…。


会いたい時にあなたはいない
濱田アイーダ逃げられたーー。
無理してでも先週末行っとくべきだったが…いつもの事ですがホント読めないなあ。まさか福岡WSSから休み無しでキャス変来るとは。

「SOM」のキャストもいつの間にやら発表になってて。

智恵さんマリアは予想通り・理想通り。
芝さんトラップ大佐はちょっと意外だったかなあ。
子沢山のパパに見えない(爆)。
何となく少々気難しい性格で(最初は)厳格で近寄り難い雰囲気という印象の役だと思ってたので、
勝手に佐野さんだと思ってた(←個人的願望)。

しかし豪華なキャストだけど、相変わらず他演目と被りまくりですねー。
「エビータ」どうなるんだろう…。今月号のアルプに突如「あの方」の写真が出てたのにちょっと違和感だったんですが…ハハ…まさかね…(滝汗)。
でも以前キャスティングされてた鳥原さんはBBだし。里咲さんも「SOM」だし…。

芝さんも「エビータ」被ってるし金田さんはラダメスだから、チェは佐野さんかなあ?
前回の全国公演以来だから楽しみ!

でもそうなるとビーストは飯田さん1人体制?
余りに長い野獣1人体制は退団フラグの前例が2件…って縁起でも無い…!
佐野さん抜けるとファントムもまたもや高井さん・村さん2人体制になっちゃうし。
「55steps」もあるから、また前みたいに村さんが連投するのかしら…。

と色々考えつつも、結局は「キャスト不明のうちはチケ買い自粛」なんで、今の所手持ちは横浜CATS1枚のみ。早水さんも「SOM」組ですが、私が行く12月初めまではどうかいて下さいーー!!

本日横浜CATSに行った人に1番に確認したタガー連れ去りエリア情報(笑)。
五反田CATSとほぼ同じ位置だったそーな。
あの辺りは舞台全体も観やすいし(列車上のスキンブル完全に見切れるけど…)時期発売時に狙っとくかー!


10/25「ドリーミング」マチネ
金田ラダメスのイケメンっぷりに度肝を抜かれて記憶飛び気味ですが…
「ドリーミング」は以前TV放映で観てとても良かったので今回楽しみにしてました。
平日の客席はかなり淋しい事になっているそうですが、私が行った日曜日は1階席はほぼ埋まっていました。

舞台装置や衣装も豪華なので観応えがあって、個人的には四季のオリジナルミュージカルでは1番好きな作品になりました。
キャスト全員外れ無しで、観劇直後はもう1度観に行っても良いなあと思ってたんですが…まずは金田ラダメスが優先だな(笑)。

お目当ての光の精・沼尾さんは相変わらず歌声が素晴しく美しい~。
YouTubeの四季チャンネルに動画が上がってますが、あの動画は全然アテにならないというか。
劇場で聞くと伝わってくるものが段違いです。
金髪カツラに全く違和感が無くて、衣装もお似合いで本当にキレイ。
ただ、歌っている時は女神の様な近寄り難い程の存在感なのに、台詞がところどころグリンダ口調になってしまうとちょっとイメージが崩れる感じが。

次点のお目当て林チレットも良かった!
「♪魔法の……力で~私達を~」と歌詞飛ばしてて、いつの間にかチルチルが魔法使いになってたけど(笑)それでも良かった!
綺麗な歌声は相変わらずですが、あんなに踊れるとは驚きでした。
横浜CATSに出演するだろうなあ。ジェリロで観てみたい!
台詞回しなんかははTVで観た谷内チレットにソックリだった気もしますが、ベンドラとは全くキャラの違う役が違和感なくハマるのが凄いなと。

初の印象って本当に重要なもので、あの「JCS」ユダ以来どうも苦手意識が先行していた田中さんもチローは良かった~。
やっぱり明るくて真っ直ぐな役はお似合いなんですよね。うん。なんか観ていて微笑ましくなるし。しっかり笑いも取ってました。
しかしチローの衣装(おめかし版)は、あのモフモフの胸元により犬なのにどうにもこうにもスキンブル(笑)。

大徳チルチル・岸本ミチルも子供役を実に自然に演じていて好印象。
他のキャストも歌える人ばかりで本当に豪華でした。

今回「未来の国」で沢山の子役さんが登場するんですが、恋人達の役は子供がやるとちょっと不自然な感じは否めなかったんですよね…。。
あれ程運命的で情熱的な愛の台詞は子供には似つかわしくないというか。客席の同じ年頃の子供達から笑いがおこってしまっていたのが残念。

あとラスト近くで青い鳥が飛んで行ってしまうシーン。
鳩じゃなくて隼じゃ?って位凄まじいスピードで飛んでいくのがこれまたちょっと笑ってしまいました(苦笑)。





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。