スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンクーバーオリンピック(自分的)終了
…ってまだ競技続いてるのに失礼千万だったりしますが。
もー女子フィギュアフリーで視る側的にもパワーを使い果たした感じで。

というかヨナ選手のフリーの得点150点を見てカンペキに心が折れた…。
真央ちゃんがノーミスで滑っても絶対越えられないとハッキリわかってしまったからなあ。

順位にはまったくもって納得なんですが、あの得点差はどーしたことかと。
男子フィギュアの結果からして「高難度の技に挑戦」するより「難度は下がっても技の質を高める」方が有利な現行のルールなのはわかってたんですが。
何よりヨナ選手の演技は確かに素晴らしかったし。

でもあの点差はなあ(しつこい(苦笑))。
採点競技はは難しいですねえ。
評価ルールには一長一短あるんでしょうけど、素人的には審判が抽選なのは変じゃないかなあと思います。
GOEという客観性の証明が難しい採点要素があるなら、複数制にして自国の選手が滑る時は外すとか。
せめて匿名じゃなくそれぞれの審査員がつけた点数は公表するとか。

とはいえ鈴木明子選手の演技後の感極まった姿に危うく会社でもらい泣きしそうなほど感動し。
ミキティの妖艶なクレオパトラも良かったし。

真央ちゃんが悔し涙している姿は胸が痛くなったけど…言い訳1つせず謙虚にひたすら自分に厳しい受け応えをしているのを見て胸打たれました。19歳であの精神性の高さ!
何よりあの雰囲気の中でも、果敢に最高難易度の3Aに挑み成功させるチャレンジ精神を称えたい!
フリーの終盤のステップも鬼気迫るすごい迫力で、あの「鐘」という重厚な曲を演じきってましたよねえ。

4年後のソチを目指して頑張って…とは言えないです。
だってもう十分過ぎるほど頑張っているんだもの。
滑り終わった後に真央ちゃんが笑顔でいてくれたら…もうそれだけですね。

にしても男女共に日本人選手は全員入賞は本当に凄いなあ。
気持ちを切り替えてエキシビジョンも楽しみます~♪
スポンサーサイト


東京でシロノワール
名古屋で有名なコメダ珈琲
実は自宅から徒歩圏内にあったりしたのですが、近いと逆に行く機会がなくて今回初めて訪れました。

↓ミニシロノワールとモーニングカップ(カフェオレよりもっとミルクの多いコーヒー)

006.jpg

ミニといっても1人で食べるにはお昼ご飯代わりでいい位の量です。
お好みでメープルシロップをかけて食べます。
懐かしい様なそれでいて他ではない様な味ですねー。
+100円で小倉がトッピング出来るというのがなんとも名古屋らしいというか。

シロノワールも気に入りましたが、お店がゆったり広くて寛げるのが良いですね!
文庫本片手に長居したい…そんな雰囲気でした。


焼き鳥「鳥しき」@目黒
目黒の焼鳥屋さん「鳥しき」に行ってきました。
東口から歩いてすぐの所にあるのですが、周囲の雑踏とは趣が異なり入口は割烹屋さんの様でした(写真取り忘れ)。

お店はカウンターのみで20名足らずの席数。
メニューは壁に木札がかかっている(値段記載なし)だけで、〆のご飯類の詳細なんかは直接聞かないとわからない仕組み。常連さんが多いのかなあ。
他の人が頼んでるのを見て「あーあっちの方が美味しそうだ…」なんて事も。
ネット検索であらかじめ料理の写真を見て目星をつけていくと良いかもです。

まずはお任せコースで。
こちらのお任せコースは本数は決まっていなくて「もうそろそろお腹いっぱいだな」と思ったら声をかけてくださいとの事。食欲と理性の相反するコントロールが試されますな(笑)。
もちろん苦手なものや「これはどうしても食べたい」という希望は伝えられます。
驚くのは焼いているのはご主人たった1人だということ。
それぞれのお客さんの希望内容とか出した順番とかよく覚えてるなあと。

なおこのお店はご主人とおかみさんの2人だけでやられているのでとても忙しそう。
接客には全く問題ないのですがずっと電話が鳴りっぱなしだったなあ…。
(電話に出る余裕は皆無の模様)
人気店で予約が取りにくいそうですが、私自身がトライした感想では「そもそも電話が繋がらない」という感じで。営業時間になってしまうとまず繋がらないです。


004.jpg

008.jpg

013.jpg

017.jpg

うずらの卵の半熟加減が絶妙♪
軟骨にもお肉(髄かなあ)が割としっかりついてたのも印象的。
最後のお茶漬けは軽い気持ちで頼んだら「茶碗」サイズではなく「どんぶり」サイズで出てきて嬉しいやら苦しいやら。
CPも優秀で1人6,000円行かない位でした。

ただ姿勢の悪い私には背もたれのない椅子だったのがちょっと残念。
お店が小さいので荷物置きの場所やお手洗いが席のすぐ近くにあるのが気になったかも。
普段使い向きのお店として良いかなーと。
個人的には昨年行った「鳥善 瀬尾」に軍配です。


余談。
お店の予約時間まで空いてしまったので目黒雅叙園の「百段階段雛飾り」を観に行きました。
由緒ある人形や道具類はほほうーという感じだったのですが(←結局よく価値はわかってない人)、人形の為に最適な温度と湿度を保つ為との事で暖房が入ってないーーー。しかも靴を脱いで上がるので冬の板敷き&畳の冷たさに泣きそうでした…。やっぱり冬はニガテだー。


2/20「エビータ」マチネ
(1日遅れですが)男子フィギュア盛り上がりましたねえ。
日本人選手の頑張りと活躍も勿論ですが、金メダルのライサチェックが個人的に好みのタイプだったりするので尚の事嬉しかったー。
仕事中でしたがワンセグ携帯でチラ見してました。

…ウソつきました。
ワンセグ携帯見ながら合間に仕事してました。
そういうのが許される雰囲気の職場で良かったなあと。

その上更に14時に抜け出して前予。
ってことで本日「エビータ」マチネ行って参りました。
開幕以来判で押したようなWキャストの登板スケジュールだったので、土曜マチネ狙いで希望通り秋エビータを観る事が出来ました。

残念ながら座席環境は宜しからずでしたが…。
コラそこの人!静かな場面で動くな喋るなあっ!!
この時期は花粉症のせいか客席の鼻水音(?)も凄まじかった…。


秋エビータ良かったです。
ウットリ見惚れてしまう程の美しさに素晴らしい歌唱力。
エネルギッシュさに圧倒されました。

2幕はもう少し感情の動きというか揺れの様なものがが感じられるようになると良いかなあと。
民衆から聖母として崇められる様と、ペロンもドン引き(違)の凄まじい執念っぷりと。
この相反する性質の共存に説得力を持たせられるのって本当に難しいのだろうなと思いました。
あとなまじ歌声にハリがある為に最後病気にも打ち克ってしまいそうだった(笑)。
この辺りは回数を重ねれば重ねるほど良くなっていくと思うので次公演にますます期待出来そうです。
金田ペロンは…
とりあえずイケメン×長身×軍服=目の保養ってことで。
眼福眼福。ありがたや~。
ヴィジュアルが良すぎて、自分の中のペロンのイメージと違いすぎて戸惑った(笑)。
元々ペロンって出番も多くないし、エバの存在感が大きい中で表現していくのって難しい役だと思うんですが。
金田さんの場合表情演技とかの繊細な感情表現が伝わりにくいのが残念かな。
まー帽子で半分顔隠れてるってのもあるんですが。
病気のエバを抱きしめるところなんかはやたらサマになっててちょっとドキドキ(腐)。

「ニューアルゼンチーナ」で盛り上がる群衆に押しまくられる金田ペロンの困惑っぷりが、まんま「JCS」の「お~さないで~」と被ります。

金田さんがチェをやった時(自分はその時点で金田さん自身が未見)に「声質が芝さんにソックリ!」という感想をよく聞いてて。
でもその後ジーザスやラダメスで金田さんの歌を聞いても特に芝さんに似てるとは思わなかったんですが…
この作品の劇中でチェとペロンがユニゾンするところがあって「声質が似てる」に激しく納得!
もー同一人物の声重ねてる?って位ソックリでした。

その芝さんはまさか「SOM」があるのにここまでいてくれるとは思わなかったなあ。
高音シャウト部分の声量とかは「やはりお疲れかなあ」と思えなくもないものの、魅惑の芝ヴォイス堪能しまくりでもう言うことは何もありません!です。はい。

高木ミストレスはさすがに綺麗な声で良かったんですが、どーも大人しく身を引くように見えないというか…。三月が過ぎたら復讐しに戻って来そうな気がする(爆)。

先月はCATSを観たのでARWハシゴキャンペーンのクリアファイル貰ってきました。

100220_2334~0001

前回もこのキャンペーンでオルゴール貰ったなあ。
年が明けた時点では手持ちチケットゼロだったのに、なんだかんだ四季作品は観に行く機会が多い。
S席8,800円という価格効果はやっぱり大きい!


DHC赤沢温泉郷
寒い。寒過ぎる…。
寒いと生命活動自体が停滞する私。
たとえ花粉が飛びまくろうとも早く温かくなって欲しいなあ。

先週末は有休を取って4連休にし、伊豆のDHC赤沢温泉郷に行ってきました。
昔日帰りで行った事がある様な記憶がうっすらあるんですが、「DHC」の名前がついてからは初めて。海と空と一体になった眺望の露天風呂を楽しみにしてました。

がまあこの寒さにみぞれ混じりの雨が降り続くという生憎の天気で。
熱海桜や河津桜も咲いてたんですがいっさい観光ナシ、敷地から一歩も出ずに過ごすという、ある意味では正しく温泉を満喫してきました。ハイ。

あまりの寒さにカメラを構える気にもならず写真を1枚も撮ってないんですが…。
DHCの冊子やHPで見る通り、温泉はすっごく良かったですーー。
天気が悪くて景色はあまり堪能出来なかったけど(←何度も未練がましい)。

洗い場は1つ1つ仕切りがついてて後ろの人との距離も十分にあるので快適だし。
タオル類は脱衣所に置かれていて何度入っても常にふわふわのものが使えるし。
アメニティはもちろんDHCなので手ぶらで行けるのもウレシイ。
ホテルの方も綺麗だし空間にゆとりがあってのんびり出来ました。
食事も美味しかったし宿泊者は全天候型の50mプールが無料で使えたりします。(行かなかったけど)

敷地内にはアジアリゾートっぽい女性好みのエステやマッサージもあって。
「現地に行ってから予約しようー」とか呑気に構えてたら予約いっぱいで希望のコースが受けられなかったのはちょっと後悔。
エステは最低でも諭吉1人分は行くのに、不況とはいえみんな出す時は出すんだなあ。
何とか唯一予約の取れたのはタイ古式マッサージ60分。
初体験だったのですが台湾式足ツボ的ハードマッサージ好きの私にはちょっと物足りなかったかなあ。
ただ調度品やアロマ等はすごく快適でした。

東京に帰る途中に南熱海の「多賀」というお蕎麦屋さんでお昼を食べたのですが、寒空にも関わらず行列してました。
古民家を移築したというお店は雰囲気が良いんですが、古い家は冬場は寒いったら…。
あと食ベログでさくらえびのかきあげ蕎麦というのが載っていて、これを食べたさに行ったんですが「中の事情で今はやっていないんです」との事。中の事情ってなんだーーー。「楽しみに来られるお客様多いんですけど…」との事。
うーん残念。

温泉はすっごく気持ち良かったけど、やっぱり旅行は天気に恵まれないと楽しめないなあと実感。
早く春になれーーー。


ポーニョポーニョポニョさかなの子
映画館では観なかったので地上波初登場を楽しみにしてまして。
1時間ほど経過したところで睡魔に襲われ、意識が戻った時には終わってた…そしてそのまま朝まで爆睡。
何だこのヒーリング効果は。

というわけで最後まで観てないんですが(続きは録画したのを後日)。
歌のイメージでカワイくほっこりした映画なのかと思いきや…
なんだか怖かった。

直接的な怖さじゃなくてなんかこう気づいたら…あれなんか寒気が?的な。
後半どうストーリーが展開するのかわかりませんが、
ポニョの為に日本沈没じゃないですか。
あの外見にしてこの破壊力。
恐ろしすぎる。

うーむ。
これは生き物はあるべき場所に返しましょうってメッセージなのか?とか考えてしまいました。

しかしあの町の人々のノーテンキ大らかさといったら!
一時避難とかのレベルじゃないですよ!?あなたたちの町が完全に海の底ですよ!?
「大丈夫でーーーーーーーす!!」とか手を振ってる場合じゃないから!
赤ちゃんのオムツは!着替えは!どーすんだーーー。
↑このシーンの後位から意識が朦朧

----------------------
イキナリ話は変わりまして。
今週も「エビータ」行けずじまいでした。
開幕以来ずーっとWだとは予想外です。
芝チェがいるうちに!と思ってたんですが、佐野さんがファントム行っちゃったので今他にチェをやれる人もいない気が。意外と楽までいてくれるんでしょうか。

この不況の最中大丈夫かな…?とみんなが思っているであろう「夏」劇場。
再来週15日(月)にオープン&こけら落し作品の記者発表があるそうですね。
福岡の(実質)クローズが決まったばかりなのでなんとも複雑な状況ですね。
観劇人口が多いとはいえ、東京に劇場多すぎるんじゃないかなあ。

実際「アイーダ」もチケット発売延期になっちゃったし。
とはいえあの延期の発表を知った時に一番に私が思ったのは
「ま、まままままさか濱田さん退(言葉にするのも恐ろしいので略)!?」
の方でした。(役不足が限界になったんだと思った)
何せ私が観た東京アイーダは2回とも濱田アイーダで満席だったので、イマイチ「空席が多い」という実感がなかったんですよね。

今月は今のところ観劇予定はありませんが、花代ポリーのうちに「CFY」行くかーと思ってます。






Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。