スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/16「JCSエルサ」マチネ
芝ジー観てきました。

うむ…
様々な意味で舞台全体が「四季っぽい」仕上がりだったなあと。
予定調和というか…安心感はあるけど、化学反応的な熱さは余り感じず。

芝ジーの見た目は当然(爆)「苦悩する青年ジーザス」には見えなくて、
今にも世界を変えられそうな教祖様っぽい雰囲気だったのですが、
意外と(←失礼)繊細な演技で。
マリアやユダの顔をじっと見つめる表情が印象的。

歌はファルセットが少し弱いかなあと思うものの、芝ヴォイスは健在。
何より「ゲッセマネ」の超ロングトーンを出し切ってたのが凄い!!
ただ年齢的にも楽の頃には体力追いつかないかもな…と思ってしまうのが悲しいところではありますが。

スンラユダは節電モード(笑)。
芝ジーとの関係性は文字通り「師と弟子」な感じで、
体ごとぶつかっていくには少し遠慮がある雰囲気も。

金本カヤパ様の重低音に、伊藤司祭のエエ声祭りにはゾクゾクしますねえ。
そして村ピラトの圧倒的な迫力!!
「♪お前が望むのなら~」辺りだけにこのチケット代を払って良いと思える(笑)。

まさかそこに来たか!!の北澤ヘロデはヴィジュアルが美し過ぎる。
ラメラメなアイシャドウ?マスカラ?も違和感ゼロ。
んーーでも美しい容姿と美しい声…だけだとちょっと物足りないかなあ。
イロモノ系(←ヲイ)ヘロデに慣れてしまった故に、北澤ヘロデは笑うところなのかどうなのか観ている側に迷いが。
この役こそ客演で下様に出て頂きたいものですが、スケジュール的に無理そうで残念。

※4/25追記 …と思ったらまさかの下様ヘロデ降臨とは!!まさか楽日の次の日から客演するとは思わなかったなあ。

この日は午前中に震度4の地震があった…らしく。
…らしく、というのはその時間は外を歩いていたので、全く気がつかなかったからなんですが。
その影響で電車が遅れてしまって、お昼を食べる位の時間の余裕を持って出かけたのに、浜松町駅に着いたのが開演5分前。

開演時間が少し遅れていたので間に合いましたが、走りに走ったので心臓バクバク汗ダクダク。
開演後も暫く集中力を欠いてしまい反省。
まだあの地震から1ヶ月ちょっとしか経っていないのだから、こういうことも想定してもっと早めに出なきゃダメだったなあ。
にしても最後の十字架シーン。
「今大きめの余震来たらどうしよう…」と勝手にハラハラしちゃいました。
役者さんも怖いだろうなあ…あの急斜面に十字架…。
スポンサーサイト


春色ネイル×2
地震の影響もあってか、ネイルサロンも心なしか空いている気がします。
ということで春色ネイル×2パターン。

3色の斜めWフレンチ。

P1060024_20110417091746.jpg

そろそろピンクにも飽きてきたので、ペパーミントグリーンでフレンチ。

P1060026_20110417091746.jpg


通っているネイルサロンもエアコンや照明を最小限にして節電中。
不謹慎かな…という思いも無くはないのですがのですが…普段通りの生活、普段通りの消費をする事も必要かなと自分に言い聞かせております。



4/9「レ・ミゼラブル」マチネ(プレビュー公演)
CA3F0113.jpg

「レ・ミゼラブル」プレビュー公演行ってきました。

いやーー良かった!!
これで通常公演の1,000円引きなんて有難過ぎる内容でした。

「ラブリィ・レイディ」で誰かが間違ってフライングで歌い出したりとか。
バリケードで死んでいるはずの学生達がわらわらと撤収するのがバッチリ見えちゃったりとか。
(この日は2階席から観劇…とはいえセンターだったので見切れちゃいかんモノだったかと)
そういう所もありましたが、まあプレビューでなくても有り得る事ですし。

何より今期のレミゼは歌ウマさん揃い????
もーーリトコゼ、ガブに至るまで耳に優しい事!!

この日のお目当ては勿論吉原バルジャンデビューだったのですが。
年齢的な若さがあるのでどうかなあと思ってたのですが、
声質が役柄に合ってるのか包容力のあるバルジャンでした。
声量もあるので重唱でもしっかり声が届きます。
「彼を帰して」はあの声量では学生達が飛び起きると思うのでもう少し穏やかに歌っても良いと思いますが(苦笑)。
「♪24653~」は上げて歌ってました。

何よりあのガタイと怪力っぷりがリアルにバルジャン。
下水道でマリウスをお姫様だっこしたまま「♪見ろ!!ジャベール!!死にかけてる~!!!」と大迫力で歌ってそのまま袖にはけて行ったのになんだか猛烈に感動。
ジャベールが気圧されてしまっているのが客席にも伝わってくるというか。

禅ジャベールもますます濃くなってて、2人の対決は本当に観応えありました。
細かな芝居やラストの老いていく演技に磨きがかかったらもっと…と思えるバルジャンだったので、
私は好きですねえ。また観たいと思えるバルでした。

和音ファンテの歌唱力は歴代イチじゃないかと。
これ程の実力があってもトップにはなれない宝塚のフシギな事…。

平田エポもいかにもエポっぽい声質と歌い方で、すごくいじらしくて泣けました。
稲田コゼは最高音辺りは流石に不安はあるものの、マリ・エポ・コゼの3重唱でもちゃんと聞こえてきました。

原田マリウスも相変わらず艶々の美声だし。
阿部アンジョは高音の伸びは流石でしたが、もう少しリーダー感が欲しいところかも。

ガブも巧かったなあ~!!
歌は勿論、お芝居も細かくて。
ジャベールがバリケードに入ってきた時の表情とか、2階席から観てもわかり易い演技で。
今の「1、2、3…!!」の演出にはどーにも馴染めなかったのですが、今回初めて泣けました。
その位思わず惹きこまれる熱演でした。

あと司教様も良かったなあ。
あのシーンが超美声でスコーンと決まると舞台の締まり方が違うというか。

アンサンブルは1人ずつ歌うとちょっと発音が聞き取りにくい所がありました。
「♪孤立だ~」が「♪法律だ~」に聞こえたり。
(私の空耳っぷりも相当なのですが…)
が、コーラスは良かったです。

地震から1ヶ月。
自身は被災した訳ではないのに何を甘えてるんだと言われると返す言葉が無いのですが…
なんとなく不眠だったりなんとなく食欲が減退したり…
仕事の繁忙期や異動による忙しさ上乗せも相まって、
精神的に疲労が蓄積してしまい、
正直「劇場に行くのちょっとしんどいな」と思ってました。

でもこんな時期だからこそ…
特にこの「レミゼ」という演目。明日を信じる「ピープルズソング」。
…めちゃくちゃ染みました。
泣けて泣けて仕方がなかったです。

キャストの熱演と2階サイドまで埋まった満席の観客から送られる温かい拍手。
何だかすごくホッとしました。

帰りに有楽町の駅前の本屋さんに寄ったら、
店頭で東北や北関東の野菜等を売っていて、
お客さんで賑わっていたのも嬉しかったです。
思わず青森のせんべい汁セットを購入。
頑張ろう日本!!




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。