スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カップヌードルごはん
関西圏のみの発売で話題だったというカップヌードルごはん。
この度関東で販売されるとの事で早速買ってみました。

CA3F0153.jpg

水と具を入れてレンジで5分。
おおーカップヌードルの香り。

CA3F0155.jpg

かなりコッテリな味なので満腹感…を通り越して苦しい位。
つか、朝ご飯として食べたのがダメなのか(爆)。
これってあのカップラーメンのスープをご飯に染み込ませて全部飲みほしたってことになると思うとオソロシイ。
でもカロリーはおにぎり2個分と書いてあったけど(汗)。

私はカップラーメンならダントツでシーフード味が好きなので
(1年に1回食べるか食べないかだけど)
カップヌードルご飯もシーフード味が食べてみたいなあ。
スポンサーサイト


横浜うかい亭
横浜うかい亭のディナーに行ってきました。

実は実家から徒歩でも行けてしまう距離にあるのですが行くのは初めて。
明治時代のオランダ商館を移築した雰囲気たっぷりの建物。
駐車場で車のドアを開けてくれるお姫様扱いに始まり、サービスも最高で良かったです。

P1060202.jpg

席は2階の円形カウンター席。
お客さん一組毎にシェフが1人ついて、目の前で焼いてくれるという仕組みです。
つづきを表示


JILL STUART CAFE
P1060201.jpg

TVでニコタマ特集をやると最近必ず登場する「JILL STUART CAFE」に行って来ました。

評判通りパンケーキがカワイイ!
クリームは生クリームではなく、マスカルポーネクリームなので甘過ぎず食べやすい。
お好みでとメープルシロップがついてきますが、
この時期はかけない方がサッパリ食べられて良いかと。

しかしお店の冷房がキツくて寒かったーー。
最近どこも節電で冷房控えめなので、ストールとか持ち歩かなくなってしまったので油断した…。

平日なのに有閑マダム達でいっぱいの店内。
30度越えの環境で働く都内の企業にこの電力を分けてやって下さい…。


6/30「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」
前回の月組観劇につづいて星組を観劇。
有名どころの作品を選んで、一応全組観てみようかなと思っております。

「ノバ・ボサ・ノバ」は名作!という評判だったのでチケットを取ってみました。

ふーむなるほど。こういうストーリー性のあるショーは珍しいのかも。
今の暑い時期に相応しくギラギラ(キラキラではない(笑))してて、眩しくて、テンションあがる舞台でした。
トップの柚希さんのダンス力、明るい求心力のあるオーラが作品にピッタリで。

しかし劇場で聞くと魔法効果で誤魔化される(爆)なのですが、
トップさん以外の歌唱力がイマイチなのが残念。
全体的に若さと勢いで!!という感じで。

しかしあの八百屋舞台であのダンス。しかも夏場。
終演後はキロ単位で体重減ってそうだ。

お芝居の「めぐり会いは再び」。
こういう肩の力を抜いて笑いながら観られるお芝居好きだなあ。

トップコンビのラブラブっぷりが萌ですねえ。
月組にはなかった雰囲気(笑)。

宝塚の良いところはオリジナル作品でアテ書きが出来るところだなとしみじみ。
笑いの部分を一手に引き受けてたのが、召使役の紅ゆずるさん。
華があるのでこういうライトな役柄がよくお似合い。
というか地で演じてそう(笑)。

逆にもうちょっと…と思ったのはマリオ役の涼さん。
ツンデレキャラというのはハマると美味しい役どころだと思うのですが、
残念ながら…うーん。あんまり特徴がない感じ?
ビジュアルが飛びぬけてイイとかだとまた違うと思うのですが(汗)。

あとは大きな役をもらってるからというのもありますが、
ショーでもお芝居でも、娘役の音波みのりさんが実に愛らしくて目を引きました。

初心者なので感想はこの辺で。

今回も前回もセ○ィナの貸切公演だったのですが、
抽選の中に「次回公演SS席最前列2枚」という景品があるの良いですねー。
当たる訳無いじゃんと思いつつドキドキ出来る。
東宝でもやったら良いのになあと思います。


6/26「ジキル&ハイド(韓国)」ソワレ
というわけで初めての海外観劇。
ソウルのシャルロッテ劇場で「ジキル&ハイド」を観て来ました。

チケットは「i tour Seoul」で予約しました。
ネットで購入・決済⇒予約番号を見せて窓口引き換え。
購入取消しも出来るし(手数料がかかりますが)、座席の詳細指定が出来てとっても便利。

シャルロッテ劇場のあるロッテワールド等は地下鉄の「蚕室」駅近くにあります。
地下鉄の改札を出ると3番出口方面に金色の「↑シャルロッテ」な看板があるのですぐわか
…らなくて改札出たところにある観光案内所に道順を聞いた私です(日本語OKな案内所だった)。
でもフツーの人なら見落とすことが無いわかりやすい看板かと。

3番出口を出てロッテホテルを右に見ながら道なりに進むと、ホテルの横に劇場が見えてきます。

P1060157.jpg

P1060158.jpg

5分も歩かなかったかと。
比較的新しいということもあってか、何やら欧風なオシャレ概観です。
客層もカップルが多かったのが日本と違って新鮮。日本だと女性客9割って感じですが。
しかも男性が結構きちんとした格好で来てて。
「ミュージカル鑑賞」=「デート」なんでしょうか。
『ミュージカルに食事!?そりゃデートだよ!デート!!』(byガラスの仮面)を思い出すなあ。
当方、レギンスにクロックスでスンマセンてな感じで。
それ位雰囲気の良い劇場でした。

客席はさすがとういべきか四季劇場によく似てます。
客席の配置から舞台の大きさまで。

パンフ以外のグッズは少なかったのですが、
ここでも四季直伝?と思わせるテディベア商法実践。

ジキルとハイドの扮装をした2体のテディベアがめっちゃ可愛かった~。
が、お値段28万ウォン。
(2万2千円位。多分2体での値段だと思いますが。)
たっかーーー!!
でもマントにファーとかついちゃって、凝った作りで本当に可愛かった。
0が1つ少なければ確実に買って来てたなあ。

本日のキャストはこちら。

P1060159.jpg

ジキル&ハイド:キム・ジョンヒョン(金田俊秀)
ルーシー:キム・ソニョン
エマ:チェ・ヒョンジュ(西珠美)

韓国語表記に慣れないので、
四季にいたお2人については以下日本語表記で書かせて頂きます。
つづきを表示


2011年6月韓国旅行(買い物編)
韓国旅行「買い物編」。

今回も結局ロッテ免税店でブランド物・明洞でコスメ・ロッテマートでお菓子類の3本立てになっちゃいました。

カロスキルにも行ったのですが、あの辺りは普段からセレクトショップとかでお買い物をするセンスの良い人が行く場所だと思った…。
私にはあの辺りの「適正価格」とかがよくわからず…結局カロスキルでは何も買いませんでした。

あとTVや雑誌で見ていた激カワフラットシューズも狙ってたのですがこちらも空振り。
「BABARA」は可愛いけど日本円で13,000円位したので、それなら日本で買った方が良いなと思ってしまったり。
「Le Bunny Bleu」は気に入るデザインがなくって。
以前王様のブランチの特集を見て以来、URLをずっとお気に入り登録してた「SPUR」は確かに安いけど、
値段なりの質な感じでこれまた日本で買えば良いかなと。

写真はコスメ系の「おまけ」達。

P1060174_20110703202800.jpg

定番のシートマスクから、BBクリーム丸々1本まで。
太っ腹!!
つづきを表示


2011年6月韓国旅行(食事編)
P1060139.jpg

2011年6月韓国旅行(食事編)

6月25日~27日の3日間でソウルに行って参りました。
前回行ったのは2008年。
その時はツアーで行きましたが、今回は個人手配。
ホテルに「シングル」という設定が無いので、
値段的にはツアーと大差なかったですが、
途中で絶対買わないだろというお土産屋さんに立ち寄ったりするストレスが無いのは良かったです。

金浦空港からソウル市内に行くにはリムジンバスか地下鉄で行く事が出来ます。
スーツケースがあるのでリムジンバスで行ったのですが、
前述の通りもの凄い時間がかかりました…。

降りる予定の世宗ホテル前が順番として最後の方の停留所だったせいもあると思います。
イビスアンバサダー明洞前だったら、最初の方の停留所なので1時間位で着いたと思います。

行きに予定所要時間の倍かかってしまった上に、
リムジンバスは「高級リムジンバス」の名の通り、
王様シートで快適なものの、座席数が少ないので、
時間も読めないし座席に空きがあるか不安だし
と帰りはドキドキしていたのですが、
平日は午前中は混むけど午後は大丈夫みたいで。

ただバスの時間は世宗ホテル前毎時25分・55分発のはずが、35分に来ました。
これは25分が遅れているのか55分が早いのか…謎です。

宿泊は明洞駅の目の前にあるプリンスホテル。
まあいわゆる日本のビジネスホテルな雰囲気で、どうせ寝るだけだから十分かなという感じで。
スタッフさんは日本語ペラペラですし。

立地的には超便利で、買い物し過ぎて荷物が重くなってもすぐホテルに置きに帰れるし。
初日の夜に「明洞瑞草汗蒸幕」に行ったのですが、深夜12時過ぎでもササッと帰れるのが良かった。

ちなみに「明洞瑞草汗蒸幕」はオプションコースを無理に勧めたりする様な事もなく、あっさりとした対応で良かったです。
しかし「汗蒸幕」のお客さんは前回も今回も全員日本人だったのですが…
現地の人はどこの汗蒸幕に行ってるのかなあ。謎。

以下食べた物の記録です。

1人旅だったので焼き肉や鍋は出来なかったのが残念。
あと時間的に「土俗村」に行けなかったのと、
雨だったので屋台フードを楽しめなかったのは心残り。
絶対また行くぞーー!
つづきを表示


6/19「MITSUKO」マチネ
6/19「MITSUKO~愛は国境を越えて~」マチネ

チケットセデ○ナで申し込んだチケットだったのですが、
あっさりC列が届いてビックリ。
やっぱり前方席は良いですねえ。

結論。
音楽と役者さんは最高!!
脚本と舞台美術がどーしたこりゃ…って感じでした。

とにかく長い。長過ぎる。
ミュージカル的には「ここで幕!」てな感じに盛り上がった後に、
トーンが全く異なるシーンが挟まれるという繰り返しで。
あまりに冗長というか…成人リヒャルトは語り手としてまだ良いのですが、
あのアメリカのシーンの日本人女性のくだりとかいらん気が…。
全体的になにやらモッサリしてるんですよねえ。
音楽や衣装は洗練されてるのに…。

色々メッセージ性を持たせたいんだろうなというのはわかるのですが、
ストプレじゃなくてミュージカルですから。
もっと音楽の力に良い意味で任せ切っちゃう方が良いのになと。

あと舞台美術もなあ。
マテ演じるハインリッヒが登場する冒頭シーン。
某吸血鬼ミュージカルで失笑(今となってはあの作品に限ってはあれも味ではありますが)をくらった、
あのクレーンに船の舳先の枠組みだけを取りつけたセットに泣きたくなりましたよ…。
映像多様なのもあまり好きじゃなかったです。


公式HPに飛ぶととうこさんの歌う『後ろを振りむかずに』を聞く事が出来ます。
うーん名曲!!
そして嬉しいTV放送!8月6日にBSプレミアムで放送されるそうです。
問題はBSに繋がってるDVDデッキがBDじゃない事ですが…(DVDに落とすと画質最悪)楽しみです。


6/11「風を結んで」マチネ
久々のTSミュージカル。
アッキー主演という事で行ってきました。

主役は明治維新直後の士族達。
激動の時代に、それぞれが自分達の生きる道・生きる意味を見出そうとする姿を描いた作品です。

士族達が主役とあって、剣舞の様なシーンが沢山あり、
クリエのコンパクトな舞台にキャストが勢揃いすると迫力がありました。

そして何よりやっぱりアッキーの歌声が快感!!
歌を聴くだけに観に行っても良いと思いました。

アッキー・藤岡くん・小西くんの3人トリオのバランスが良かったです。
まっすぐで純粋なアッキー、3枚目キャラの藤岡くん、草食系な小西くん。
役柄のキャラはそれぞれ違いますが、歌うと全員美声で、
個々に歌っても3人で歌っても最高という。

「写楽」で歌にずっこけた大和悠河さんは…今回はギリギリセーフ(爆)。
膝の上の拳を握り締めつつ聞いてたんですが、キーが低めな歌だったのが良かったのかも。
それにさすが元トップ!!な華やかな雰囲気が役柄にも合ってました。

静江の菊地美香ちゃんはとにかくカワイイ。
華奢で可憐で儚げで…でも実は芯が強くて。
この時期丁度帝劇で「レミゼ」上演中だったのですが、
この舞台にはマリウス2人にコゼットが出演中。
総勢のキャスト数は少ないですが豪華なキャスティングだよなあと思いつつ観てました。

右近の大澄さんはタッパがあるし動きの1つ1つがビシっと決まってて、
新しい時代に、どうあっても自分の生き方を変えられない武士の不器用な雰囲気が良く出てました。
ただ歌が惜しい…周りの男性陣が歌ウマさんばかりというハンデもありますが、
もう少し歌える人だった気がしたんだけどなあ。うーむ。

笑えるシーンも有りつつ、スピード感のある展開に、考えさせられる終わり方。
特にラストは3人組の誰かは恐らく命を落とすだろうなという予感がするのですが、
涙が出る様な悲壮感…という感じでも無く…何とも不思議な気持ちにさせられる結末でした。


しみこみ系北海道土産
花畑牧場…もはや昔日の感がありますが、
色々新商品が出てるんですね。

P1060186.jpg

「しみこみ系」シリーズという名前で
かりんとうに生キャラメルをしみ込ませたものと、
コーンにホワイトチョコをしみ込ませた2点。

P1060187.jpg

顎が外れる程甘い(爆)。


ライオンと猫
銀座三越ライオン像の前に人だかり。
何かと思って覗いてみたら、ライオン像の足元で気持ち良さそうに眠る猫。

CA3F0145.jpg


可愛過ぎてもうどーしたら!!
沢山の人達からカメラを向けられても、全く意に介さず眠り続けるのが何とも猫らしいというか。
私は初めて遭遇したのですが、よくここで寝てるみたいですね。




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。