スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「おにやんま」のとり天うどん
DSC_0068.jpg

「CATS」で五反田に通っていた時から存在は知っていたお店。
とはいえとても入る勇気が無いというか、美味しい訳がないと思っていました(スミマセン)。
それが先日の「アメトーク」の立ち食いそば芸人で紹介されているのを見て俄然行ってみたくなったという。

今日五反田で用事があったので昼食に。
店内は10席ほどですが回転が速いので並んでいてもすぐ入れます。

頼んだのはとり天うどん@390円。

DSC_0067.jpg

揚げたてのとり天がもーーーージューシーだわプリプリだわ。
正直うどんはもう少しコシがある方が好きですが(冷で頼んだら良いのかも)、このとり天の為だけに再訪しても良い程です。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト


広島グルメ
出張なのであくまで仕事がメインですが、遠路はるばる行くからには地元グルメを堪能せねば!

昼食は広島駅から徒歩圏内のラーメン「かばちや」へ。
広島ラーメンは「とんこつ醤油」だそうです。

DSC_0058.jpg

もう好みど真ん中!!!
毎日食べても良いぐらい!!
ラーメンって最後の方は味が濃いなーーとなってしまいますが、このスープは全部飲み干してしまいたいぐらい。
コクがあるのに全く脂っぽくないし、食後に喉が渇いて仕方がない…というような事もありません。
細麺なのも食べ易いし、個人的にはメンマはあまり好きではないのできくらげだったのも嬉しい。
惜しむらくは煮玉子に味が染みてなくて、普通にゆで玉子だった事。
たまたま作りたての煮玉子だったのかもしれませんが。

夕食はベタに広島風お好み焼き。
本当は八丁堀の本店で食べたかったけど、時間が無かったので空港のフードコートで「みっちゃん」のスペシャルそばを。

DSC_0060.jpg

正直粉モノって本場で食べても東京で食べてもあまり味に違いを感じない(爆)。
イカ、エビ、豚肉等具沢山でした。

帰りの便がANAのボーイング787でした!
選んで乗った訳ではなかったので驚き&嬉しい~。

DSC_0065.jpg

離陸前と着陸前だけ機内がレインボー色の照明になります。
なんかカラオケみたいだし昭和臭がするけど(笑)。
TV画面勿論、USBポートも1席ごとについていてビジネス出張に便利です。

しかし日帰り広島は思いの外堪えました…。
乗り物乗ってるだけでもこんなに疲れるんだなあ…。


セレブ・デ・トマト
青学の隣にある「セレブ・デ・トマト」青山本店で同期2人と休日ランチ。

子供の頃はトマトって青臭いというか鉄臭いというかでどちらかというと苦手だったのですが、
最近のトマトは糖度が高くて本当に美味しい。

【パスタコース:1,500円】

・シェフのオススメ前菜



・フルーツトマトとうにのクリームパスタ(+300円)

P1060480.jpg

・デザート盛り合わせ

P1060481.jpg

デザートまでトマト尽くし!!
飲み物もトマトジュースからトマト系のアルコールまで種類が沢山。
こんなにトマトが濃厚なレッドアイは初めて飲みました。
トマトジュースは一番糖度が高い物は売り切れで、「アイコ」という種類のトマトジュースを飲んだのですが、本当に濃厚で甘くて美味しかった~。

お腹は一杯になるけど野菜たっぷりで胃腸の調子も良くなるし、この値段ならCPも上々。
青山本店は駅から歩くのが難点ですが、他の支店もあるので是非再訪したいです。


パープルのネイル
ネイル付け替え。

前回はボルドー&ダルメシアンでちょっと目立つネイルだったので、
反動で今回はOLっぽい大人しめのデザインに。

P1060478.jpg

写真だと…いや実物でも至近距離で見ないとわかりづらいのですが、
スモーキーな感じの薄めのパープルで女性らしくて上品な色なのです。


馬場麺
今朝TVで見た「東京ラーメンショー2011」に触発されて、高田馬場で「馬場麺」なるものを食してきました。

「馬場麺」とは…

一.汁なし麺であること
一.麺と具が逆であること
一.店の個性が出ていること


という3ヶ条からなる麺で、どこか特定のお店で出しているものというわけではありません。
逆に言うとどの店で馬場麺が食べられるのか分からず探すのに苦労しました。
いちいちお店を覗いてメニューに馬場麺があるかを聞くという原始的な方法をとりました(汗)。

「高田馬場ラーメン連合会」ってのがあるのですが、HP(ってかブログ)がわかりづらいぜ。
馬場麺を扱ってる店舗の一覧位作って欲しいなあと。
宇都宮餃子みたいに店舗情報を載せた地図を配るとか。

というわけでリサーチ不足のまま選んだのは、店外に行列が出来ていた「鷹流」。

ご覧の通り一見麺しかない様に見える馬場麺。



麺の下に具とタレが隠れているのでよくかき混ぜて食べます。

DSC_0055.jpg

これがめっちゃウマイ!!!
馬場麺の特徴はタピオカとじゃがいもを練りこんだ麺で、これがもうモッチモチの食感。
鶏の塩系ラーメンで重たくないのも良いわー。
元々つけ麺>ラーメン派なのですが、馬場麺(和え麺)>つけ麺>ラーメンになりました。




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。