スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/19「エリザベート」マチネ
DSC_0229.jpg

今期2回目の「エリザ」。
祐一郎トート×瀬名シシィ×岡田フランツ×大野ルドルフの組合わせです。

祐一郎さんはやっぱり祐一郎さんだった(笑)。
強いて言えば「操っている」「支配している」という雰囲気が薄まって、エリザの世界をただひたすら「たゆたう」存在……そんな印象を受けました。人でもなく帝王でもなく「死」という概念そのものの様な。

ただそんな印象を受けたのは、異常にかかりすぎのマイクエコーにも要因があるような。
あれはいくらなんでも違和感があり過ぎて、観劇の集中力を欠くレベル。
それに…聞いていてなんだかとっても切なくなってしまう…。
加齢による音域や声量の変化が否めないとしても、それはそれで良いじゃないかと思う。
未来永劫ずっと同じ役を同じ様に演じられる訳ではないのだから、好きだからこそ、その時のそのままの祐一郎さんの歌声を聞きたいんだけどなあ。

瀬名シシィはなんだかものすごく健康的な感じ。
「毎日玉子3個と」……いやいや絶対肉食ってるでしょな感じで(爆)。
精神的にもタフそうな感じに見えるので、シシィ像という点では春野シシィの方が近いのかもしれないし、相性という点では祐一郎トートより断然マテトートの方が良さそう。

歌は全般的にフラット気味な感じもありますが、どの音域でも声が変わらないので聞きやすいかな。
でも…やっぱりビジュアルがなあ(汗)…。
やっぱり1幕ラストの勝負ドレスのシーンで、ひれ伏したくなるほど美しいのが理想です。

岡田フランツは奇跡の禅フランツを凌ぐ勢いの若さ。予想通りルドルフでも全然OKなレベル。
第1声が何故かひっくり返りそうな程甲高くて、マザコンな雰囲気が漂います(←褒めてます)。

若き皇帝らしい使命感や熱意よりも、由緒正しい皇統らしい柔和な印象を強く感じました。というかルドルフがどーにもこーにも父親似で、シシィには全く似てないという。

その大野ルドルフ。歴代の中でも一番じゃないかという位、歌が酷評されまくっててむしろ楽しみになってしまった程だったのですが、確かに声量も音程も弱いですが「1音たりとも合ってない」とか「(闇広で)全く声が聞こえてこない」という様な事はなかったです。
初日が開いて暫く経って緊張が取れて良くなったのかな?

しかし今期のルドルフは皆さん揃いも揃って頭身バランス自重(笑)。
帝劇のロビーに飾ってあるルドルフズの等身大(?)パネル。新ルドルフ3人に比較すると井上くんが貫禄あり過ぎてオッサンに見えてしまうという恐ろしい構図ですな(笑)。

ところで今期からの演出の変更点。シシィが首飾りを貰うところと、チビルドの「ママどこなの?」のシーンの2つしか気づかなかったのですが。
両方とも変わって良かったなあと思いました。首飾りを貰うところは今までは「勿体無い」と言いつつつけてもらってたのが「貰う気満々じゃないかーー」って感じだったし(笑)。
チビルドのシーンは剣→銃に変わることで、その後のルドルフの人生を暗示するという意味のある繋がりができたのが良かった。

公演が始まるとやっぱり全キャストコンプしたいなあと思うのですが、幸か不幸か、行ける日程と見たい組み合わせの日がなかなか無くて、今回はこれで観納めになりそうです。

>拍手コメント御礼<5月13日 13時46分 D様>

遅くなりましたがコメントありがとうございました。
同じ回をご覧になられていたのですね!

マテトート、見た目の麗しさもさることながら、キャラクター的にも魅力たっぷりで目が離せませんでしたねえ。
トートは色々なタイプの役者さんがキャスティングされるので楽しみ方も色々なのですが、シシィもそろそろ宝塚トップ男役OG枠に拘らずにキャスティングして欲しいなあと(汗)。
抜群の歌唱力だったり美貌だったり、「これ!」という見所ポイントがわかりやすいキャスティングだと観る側も納得感があるのですが…正直今回・前回と、シシィはWキャストのどちらでも…うーんまあいっかみたいな(爆)。集客力の問題とかオトナの事情とか色々あるのでしょうけれど。

私もスケジュール的に今回は2回で観納めなのですが、東京以降も公演が続くので、「エリザ」カンパニーの成長をブログ等から見守りたいと思います!
スポンサーサイト


5/12「エリザベート」マチネ
昨年8月以来の帝劇。
何度も観てるけど上演するとなるとやっぱり行ってしまう「エリザ」。
手ブレしちゃったみたいで気味悪く歪んでますが(汗)、本日のキャスト表です。

DSC_0220.jpg

お目当ては当然マテトート!!
2006年の来日公演以来です。
あの時は、東宝版とはあまりに違うエネルギッシュなトートに異文化を感じまくりだった訳ですが(笑)、東宝版演出のマテトート…良いーーー!!
城田トートは違った意味でビジュアルが麗しい事!!!
素顔にあの衣装・カツラでもいけるんじゃなかろうか。

そしてtwitterでも呟きましたが、まさかの胸毛処理グッジョブ(爆)。
扮装写真を見た時に「そうだよな…外人だもの…」と思いましたが、どーしたことかキレイにツルツルで(笑)。
トートは胸のあいた衣装が多いから、誰かがアドバイスしたのかなあ。
とにかく胸毛無しverで大正解だと思います(笑)。

多くの人が心配したであろう日本語の発音については、やはり相当カタコトです(苦笑)。
エリザはセリフが殆どないので大丈夫かなあと思ってたんですが、
歌でもやっぱり微妙にイントネーションが違うので、気になる人には辛い2時間半になってしまうかも…。
私は「MITSUKO」や某劇団の外国人キャスト(爆)で免疫があったのと、
「黄泉の国という異次元の存在だし」という暗示で大丈夫でしたが(笑)。

「最後のダンス」のアレンジだったり、色々な場面での所作だったり、
なんだかあれこれ新鮮でワクワクするトートです。
黄泉の帝王というよりは、黄泉の国のやんちゃ王子様という感じ。

今まで意のままにならない事・手に入らないものがなかったから、基本ワガママで強引なんだけど、
他方で寂しがり屋だったり甘えたがりな部分も垣間見えたりして、実に魅惑的。
表情が多彩なので何を考えているのかわかり易いトートでもあります(笑)。
自殺のシーンのルドルフを見つめる冷たい視線にはゾクっとしたし、
「悪夢」で恍惚とした表情で髪を振り乱して指揮する姿も見入っちゃいました。
執務室のシーンでの羽ペンの扱いもナルシストっぽくて良かったし(笑)。

しかし海外キャストの1番の醍醐味は、ラストのお姫様抱っこ&カテコでのシシィの手にキスっていう、女子萌なシーンが見られることでしょうか(笑)。
マテトート、カテコのお辞儀では両手を膝の上にちょこんと揃えてて、それがまたカワイイのなんのって。
なんだか女子力を補充さえてもらえたひと時でした(笑)。

春野シシィは歌うまだと思って期待していたが為に………落差が激しかった(汗)。
宝塚時代の歌は聞いた事があって巧いなあと思ってたのですが、
中低音と高音でここまで歌唱レベルに差があるとは…………。
確かに中低音の声色は素晴らしいのですが、高音になると途端に音程が外れて声量もダウンしてしまい、聞いていて疲れてしまう感じで。
精神病院のシーンや「夜のボート」は良かったですが、正直ビジュアルも…だったので(わーーーごめんなさいごめんなさい)1幕が全般的にキビシイ。
すらりとスレンダーなスタイルなので遠目では綺麗なんですけどね…。

古川ルドはビジュアル最強ですなーー。
しかしヘタレ過ぎるルドルフですなーー(笑)。
線の細さや神経質な雰囲気は合ってますが、(ついでにマザコンな気配もしっかり感じます(笑))独立運動と手を結ぶ程の気概がある様には見えないという。

今井マックスは、村井さんの如何にも自由を謳歌してますな雰囲気とは全然違いますが、
何事にも寛容で温かい雰囲気で、シシィが「パパ大好き」なのが頷ける感じ。

禅フランツに寿ゾフィはもう言うことなし!!
子ルドの山田くんも歌がお上手でした。

今回石丸トートの回をまだ取ってないのですが、
こうなったらキャストコンプで石丸トート×平方ルド×清史郎くん子ルドで観たい!
…のに東京でこの組み合わせの日は初日だけだったんだ………ちょっと考えます。うん。


青森土産<りんご最中>
りんご餡の最中。

DSC_0217.jpg

中身だけでなく見た目もりんごの形。
ついでにいうと重量的にもりんご並みにギッシリの大きさです。
果肉が入っていて、しっかりりんごの味がしました。
できればもう少し小ぶりだと食べやすいかなあ(苦笑)。


ホワイト系ネイル
DSC_0221.jpg

オフホワイトの優しい色合い。
肌にも馴染むし服装も選ばない優秀なカラーです。


青森土産<黒石つゆ焼きそば大福>
焼きそばで大福ーー???というキケンな香りのネーミングで思わず購入。
全国焼きそばサミットで○○○○○個売れた!!なんて謳い文句もついてました。

DSC_0215.jpg

「大福」の名前が甘いものを連想させるのですが、
実際には普通に「薄切り餅入り焼きそば」の味。。
しかも賞味期限が結構長いのが不思議。買ってから2週間後に食べましたがお餅もふわふわで柔らかい~。
ネタとして買うと期待外れかもですが、おやつ代わりに買うなら普通に美味しかったです(笑)。


青森土産<青い森>
青森市内の洋菓子店「ジークフリート」のお菓子で、チーズブッセの「青い森」。

DSC_0213.jpg

オンラインでは12個入りからの販売ですが、新青森駅ではバラ売りしていたのでお試しで1つお買い上げ。

DSC_0214.jpg

小さいお皿に乗せてしまったので大きなお饅頭みたいに見えますが(笑)、ふわふわのスポンジに少し固めのチーズクリーム。
傾向的には某お菓子のホームラン王に近いのですが、中のチーズクリームの塩気が後を引きます。
賞味期限が10日ぐらいで意外と日保ちするし、軽いのでお土産にピッタリです。


青森旅行土産<りんごスナック>
青森ではどこのお土産屋さんでも必ず見かけたりんごスナック。

DSC00966.jpg

DSC00969.jpg

りんごを薄切りして揚げたチップス。
輪切りの形そのままなのが可愛らしいです。

「おさつスナック」をもっと爽やかにした感じで、
甘さと酸味のバランス良くて食べ出すと止まらないキケンな味(笑)。
ヨーグルトやシャーベットに添えたりしても良さそうです。


青森旅行土産<嶽きみドーナツ>


新青森の駅で買った柴田農園の「嶽きみドーナツ」
「嶽きみ」とは青森の岩木山麓・嶽高原で栽培されているトウモロコシで、
糖度が完熟メロン並みという甘さで有名なトウモロコシ。
そのトウモロコシの粉を使ったドーナツです。

はらドーナツに雰囲気が似ているのですが、生地が黄色くてとっても甘い!

「嶽きみ」自体は食べた事がないのですが、絶対にお取り寄せするぞーーー。
今は色々な通販で取り寄せが出来ますが、
大体のショップが6月頃から予約受付が始まる模様です。


2012年GW青森旅行③(弘前~黒石)
DSC00887.jpg

青森旅行最終日はこの度の最大の目的地だった弘前公園の桜見物。
今年は東京の桜も遅かったし、GW前半はまだ3分咲き位かな…と覚悟してたのですが、
怒涛の追い込みでこの日はちょうど満開!!!…を少し過ぎた位。
風が吹くとはらはらと舞い散る桜吹雪も美しく。
「一生に一度は見てみたい」と思っていた弘前の桜を、こんな絶好のタイミングで見られるなんて感無量です。
如何に私の日頃の行いが良いかということですな!(←違)
つづきを表示


2012年GW青森旅行②(奥入瀬~十和田湖畔)
旅行2日目は奥入瀬渓流を散策。

ガイドブック等で事前に色々とルートを考えて行ったのですが、
どういうふうに散策するのがベストなのか行った後でもよくわからないという…(汗)。

最初は休屋に車を停めて、レンタサイクルで渓流沿いを下って石ヶ戸まで行き、そこからバスで休屋に戻るというルートを考えていました。
ですが、自転車ではのんびり景色は眺められないし、停める場所にこ困りそうで。
バスは1時間どころか(季節にもよるみたいですが)下手すりゃ2時間に1本という時間帯もあるので、都合良く乗り継いで行く事も難しいし。
いっそ全部徒歩で制覇する気で行く方が潔くて分かりやすいのかも。

結局は車で石ヶ戸まで行き、そこから雲井の滝まで徒歩。
そこからバスに乗って銚子大滝まで行って、周辺の滝を散策して、再度バスに乗って石ヶ戸まで戻ってくるというルートにしました。
行き当たりばったりの割には都合よくバスが来たのでロスなく過ごせましたが、
奥入瀬は途中で休憩できる様な場所も少ないし、お手洗いも限られているので、
本当はきちんと事前に散策の所要時間とバスの時刻表をにらめっこして計画を立てた方が良いかと。

十和田湖奥入瀬ろまん新聞というサイトで日々渓流の様子が見られるのですが、
それによると今年は大雪と厳しい寒さで残雪があって、立ち入れない遊歩道も…。
実際雲井の滝~銚子大滝の辺りは長靴がないと遊歩道は歩けない状態でした。

DSC00818.jpg

東京で桜を見送ったのに、昨日は十和田でまた桜を見て。
奥入瀬では溶け残った雪を見るという、もう季節感が狂いまくり。
しかも天気が良いので足元は雪だけど半袖、みたいな(笑)。
つづきを表示


HAKUSAN HOLIDAY WEEK 2012
DSC00970.jpg

白山陶器の表参道直営店の「HAKUSAN HOLIDAY WEEK 2012-とりのモチーフ展-」に行ってきました。

可愛らしくて大好きな「とり」モチーフの新作と、
白山陶器おなじみの平茶わん150柄が展示されているGWのイベントです。

色々見たけれど結局は無難に前から欲しいと思っていた柄の平茶わんと、
TOTTOの楊枝入れをお買い上げ。

DSC00967.jpg

DSC00968.jpg

平茶わんは青磁に透ける柄が入っていて、これからの季節に涼しげで良さそうかなと。
TOTTOの方は催事限定の「ちょっと首の向きがナナメ」のもの。
置いた時にこっちを見ている感じが可愛くて。
楊枝ではなく小花を入れて飾るつもりです。


2012年GW青森旅行①(八戸~十和田)
4月30日~5月2日までの2泊3日で青森旅行に行ってきました。
本当は去年のGWに行く計画をしていたのですが、震災で東北新幹線が不通になり(結果的にGWには開通していましたが)断念。
1年越しの青森旅行、何といっても3日間とも晴天に恵まれて半袖で過ごせたという強運に感謝。
1日ずれていたら記録的な大雨だったわけなので…。

まず東北新幹線で八戸まで。
そこからレンタカーで十和田⇒奥入瀬に2泊⇒弘前⇒新青森駅から帰途というルートで旅行しました。
この時期は弘前のホテルは軒並み予約すら受け付けない状況だったので奥入瀬に2泊したのですが、
同じ個所に2泊すると時間がゆっくり使えて良かったです。

八戸で下車してまず向かったのは、動物好きとしては外せない、ウミネコの繁殖地として有名な蕪島。

DSC00766.jpg
つづきを表示




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。