スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/3「マリー・アントワネット」マチネ・ミニトークショー

1ヶ月振りの帝劇です。土日でもサイドブロックでは空席が目立つとの噂を耳にしていましたが、さすがトークショーの日だけあってチケット完売のお触れが出ていた様ですね。…の割には2階A席下手サイドブロックが丸々2列ポッカリと空いておりましたが…?空いてるなら移りたいよおと思ったB席の私ですが、心の中で思う事と実際に行動してしまう事は大きな違いがあります。2幕からその空席に移ったお客さんがいたのですが、係のお姉さんに速攻戻されておりました。気持ちはわかりますけどね…それはダメでしょう。

そして劇場入り口にはお弁当が山の様に積み上げられていました。某プレガの得チケでしょうか。こういうのを見てしまうと定価で買う気が失せちゃうんですよねえ…。



1ヶ月来なかったらロビーがかなり様変わりして驚きました。プリンシパルの写真が大きなタペストリーになって天井から吊るされていて華やかな雰囲気。昨年公演の時からこれ位観客の気分を盛り上げる工夫があれば違ったのになあと思います。





祐一郎さんの色紙もバッチリ拝んできました。

「須臾の夢」…仏教用語ですか…?久々に辞書を引きました。劇場での時間は「ひとときの夢」と言う意味なのですね。1つ賢くなりました。ありがとう祐一郎!!しかしどうしてこういう難しい言葉がサラリと出てくるのでしょうねえ。本当に謎なお人です、あの人は…。しかもサインにはまたもやニコちゃんマーク入りだし。祐一郎さん的マイブームなのでしょうか?このマーク。



今日は客席にリーヴァイさんが来ていらして、カテコで舞台に上がってご挨拶がありました。内容は特筆することもないかなあという普通なものでしたが、涼風さんの前に跪いてみたり、「コンニチハ!」「アリガトウー!」「スバラシカッタ!!」と日本語を織り交ぜてくれたり、両手バイバイで袖にハケたり、相変わらずカワイかったです。しかし何故この時期に来日??最初はすわ某新作「R」の最終決定の件ですかーっ!?と思ったのですが、冷静に考えれば来日エリザコマ劇公演の最終チェックでしょうね。



リーヴァイさんのお陰で舞台はいつも以上に気合が入ってましたし、客席もお祝いムードでもの凄く久々に(汗)スタンディングもあり、更にはトークショーまであって幸せな気分で帰途につくことができました。個人的な話ですが、ブログを通じてご縁のある方と短い時間ではありましたがご挨拶することもできて充実した1日でした。ありがとうございましたーっ!!



前フリ長すぎですが、以下トークショー覚書。メモは取らなかったので記憶違い、抜け落ちがあると思いますがご容赦を。

私は前回祐一郎さん参加の30日は行けなかったのですが、恐らく30日の方が盛り上がったのだろうなあと感じました。やっぱりねえ…綜馬さん位じゃないと祐一郎さんのボケをうまく操縦できんのですよ(笑)。今さんも禅さんもとっても真面目なので、扱いかねている感じがしましたねえ。もっとハッキリ言ってしまえば祐一郎さんのテンションが1人だけイっちゃってたというか。公式ブログには載せられないであろう下ネタ系の話題もありましたし(汗)。

でも個人的には大満足です。涙が出る程笑わせて頂きました~!



舞台(主にMAでの)失敗談は?という話から。

禅さんは「不器用な王」の登場シーンで「寝起きでテンションが低い」という演技でボーっとしている&ヒール靴の為によく足首からコケてしまうそうです。あと同場面で涼風マリーが「もう一人にして下さい!」と腕をルイの方に投げ出す時に指輪が飛んできた事があるそうです。後ろの鏡に当たったそうですが、その場面の共演者から「アレが禅ちゃんの眉間に直撃してたら私達爆死だったよ!」と言われたそうな。



今さんは特に思い当たることが無いと言いつつ、「ヴァレンヌ逃亡に失敗した事でしょうか」と心ニクイ発言を。それを聞いている祐一郎さんがなにやら悔しそうな表情だったのが笑えました。他には1時間時間を勘違いして楽屋入りしてしまって、開演時間の頃にはウォームアップした意味がなくなっていたとか。



祐一郎さんはマントの裾が盆に引っかかるんですと。ある日子役さんがマントの上に乗っていた事があるそうです(笑)。1幕最初でマントが広がりすぎてろうそくの炎にひっかかりそうになってしまい、子役さんがそれを防いでくれたのですが「次のキューが出るまで動くな」という演出を忠実に守った為にずっと乗っかったままだったそうです。

祐一郎さんが長マントの説明をする時に「あれ広げると12畳位あるんですよー」とホラを吹くのを聞いて、今さんが「それはナイナイ」と苦笑しながらジェスチャーしてたのも可笑しかったです。




ストレス解消法は?という話。

禅さんは半身浴&マッサージ椅子。マッサージ椅子はお母様への贈り物として買ったものをご自分も使われているそうです。お母様と同居されてるんですねえ。

半身浴は40分位やっているとのことで、その間何にしてるの?という話になり、DSをやっているとの事。そこで「脳トレ」の話題になり、祐一郎さんが「(脳年齢)何歳でした?」と尋ねると禅さんは最初6●歳(聞き取れなかったのです…)だったけど悔しくて頑張ったので20歳になったと。対して祐一郎さんが「僕…測定不能って出たんです」と言ったので場内大ウケでした。

祐一郎さんがDSやってる構図だけでも可笑しいのに、測定不能って…さすがとしか言い様が無いです。「2つ押すとうまくいかなくてどーのこーの」と言い訳しておりましたが…えーと…つまりは手先が著しく不器用もしくは反射神経が緩慢のどちらかなのではないかと思いますよ、祐一郎さーん!?



今さんは日の出と共に起きて、日の光を浴びる事。飼っている3匹ミニチュアダックスの散歩をしているんです、と。「何かスポーツはやってないの?」という問いに「武道を」という答えだったので客席から「何かやって見せてー!!」の煽り拍手が。今さんが「お見せできる様な事はないんですよ…」と戸惑っていると突如祐一郎さんが立ち上がって「ワチャー!!!」と奇声を発して暴れだした(笑)ので、今さん&禅さんが思わず祐一郎さんから椅子を離して座りなおしていました…。



2幕冒頭で祐一郎さんが登場するセットの3階部分の話に。あのセット、案の定祐一郎さんの身長には合わないらしく、上半身はカッコつけてるけど下半身は「こんな風になっているんです」とガニ股歩きを実演。

更にラストの処刑で使われる赤い紙吹雪は硬い箱に入ってあの3階部分の各所に準備されているのだそうですが、ゲネプロの時までは置いていなかったので初日にその存在に気がつかず、2幕冒頭のセンターで見得を切るシーンでその硬い箱がちょうど股間に当たる位置だった為、「誰か(何か)に掴まれた!!!」と思ってもの凄くビックリした。初日を観られた方、あのシーンで僕が凄い顔をしていたのはそのせいです。次の日からは位置を調節して立つ様にしたので大丈夫ですと言う話を……塩田さんも今さんも禅さんもそして客席もリアクションに微妙に困っている空気満載の下ネタ話でした(苦笑)。



お客さんからの質問で今さんへ「フェルセンはご自分の地に近いのですか?」という問いに「120%身も心もフェルセンです」というこれまたカッコよすぎる回答を今さんがする……のを邪魔して祐一郎さんがワザと用意されていたペットボトルを床にゴトっと落として「あ…落ちちゃった…あぁぁ」とか言ってました。今さんの素敵っぷりに嫉妬なのですかっ!?(笑)



禅さんへは色紙に書かれた「無我」の意味に対する質問。ルイに感情移入しすぎると「僕って可哀相でしょう?」という演技になってしまうのでそうならないように…という意味だそうです。



祐一郎さんへは「カリオストロは舞台上で一人ぼっちですが…」という様な質問で、ルイがマリーの手を取ったり、フェルセンが「愛だとか言っちゃってる(←祐一郎談)」のを見ていると「このやろーっ!!」とモノをぶつけたくなる時もありますが堪えてますと。今さんは「時々殺気を感じてた」そうですが(笑)。

着たきり雀の衣装についても「僕は半年間これ1枚です」と拗ねてました。洗濯はしてるの?という話に「これ素材がレザーだからね…」と。してないのデスね…?



あとどこでその話が出たのか忘れてしまいましたが、祐一郎さんが禅さんのお腹を指差して「それ本物なの?」と。禅さんが「イヤイヤこれが本物だったらマズイですよー」と横向きになってくれたのですが、横から見ると臨月の妊婦さん並にお腹が出てるんですねえ。そのお腹の出た禅さんを祐一郎さんが肩に担ぎ上げ様とした(バルジャンとマリウスの図)のも楽しかったです。



最後は御三方から「これからも頑張ります、宜しくお願いします」というご挨拶があり、今日もやっぱり「盆を回してもらって回転寿司風に」退場。今さんはMAで盆に乗るのは初めてだったそうです。盆が回り始めた途端3人ともヨロけるフリをしたのはお約束(笑)。



リーヴァイさん参加の特別カテコもあったので、トークショーが終ったのは17時を過ぎていたと思います。終演後お疲れの所、観客の為にサービスしてくれた塩田さん&御三方には心から感謝!です。楽しい思い出ができました~!!





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。