スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうだ京都いこう~新緑紀行2日目・その壱

◆松尾大社



2日目は13時に西芳寺の拝観予約があるので洛西をメインに観光しました。

まず最初に向かったのはお酒の神様として有名な「松尾大社」。





お酒はともかくとして…いや私個人的にはちゃんとお参りした方が良さそうな気もするのですが(笑)…この時期は「やまぶき祭り」が開催中。

陽の光を浴びて黄金色に輝くやまぶき、可愛らしかったです。





境内には松風苑三庭と称されるお庭もあったのですが、昭和の作庭という事でモダンな感じだったので正直なところあまり好みではありませんでした。芸術鑑賞眼が皆無なので、パッと見て「風情があるなあ」とか「由緒ありそうだなあ」とかしか判断根拠が持てないもので…。







そしてこの時期だけ本殿の特別拝観があるとの事なので、中へ入らせてもらいました。神社の由緒などの説明を受けました。屋根の前後が同じ長さである「両流造り」になっているとか、祭神の1人である海上交通の神様「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」は福岡の宗像大社と広島の厳島神社にも祀られていて、松尾大社と宗像大社を結んだ線上に丁度厳島神社が位置しているのだとか…覚えているのはそれ位です…。




◆柚之茶屋



バスで苔寺前へ移動し、早めのお昼ご飯。

バス停を降りた所に、メニューも値段もほぼ同内容の2件の食事処が並立してたので、呼び込みを頑張っていた方のお店に入店。「柚之茶屋」というお店で「苔の月」というとろろそばを頼みました。





「苔寺の池に映る月を見るようだ」というところから名づけられたそうですが、とろろ・卵黄・青海苔・柚子で美味しくないわけがナイ。店員さんに声を掛けると蕎麦湯も持って来てくれるので、1滴残らずいただいちゃいました。



食後は「鈴虫寺(華厳寺)」に行こうと思ったのですが、ドコからこんなに人が!?と思う程の大行列…恐らく1時間以上並んでも入れなかったでしょう。ま、恋愛成就が一番のご利益だそうなのでさくっと諦め(いいのか…?)お寺の入り口で写真だけ撮って退散しました。



ところで鈴虫寺拝観行列の途中で友人が撮ったこの写真↓。





この旅行中に撮った中で最も秀逸な写真がコレだと思います。

赤・青の両紅葉の競演の背後に伸びる竹林。見ているだけで清清しい気分になれる風景です。







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。