スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そうだ京都行こう~新緑紀行1日目・その参

◆万福寺



午後のおやつを堪能した後、三室戸寺へ行こうかなと思ったのですが既に終バスが出ているという驚愕の事態(15時台ですよ!?)に諦め、京阪電車で隣駅にある「万福寺」へ行きました。







黄檗宗(宗教心が皆無なので内容はわかりませんが…)の大本山に相応しく、「ひろくておおきなたてものがいっぱいありました」。小学生の日記の様な感想でスミマセン。

帰宅してから思いついたのですが、同じ京阪沿線なら東福寺に行けば良かったかな…。屈指の紅葉の名所なので、今の時期だったら青紅葉がキレイだった事でしょう。






◆「豆水楼」木屋町本店



一端ホテルに戻り、夕食は豆腐料理の「豆水楼」木屋町本店へ。この周辺は細い路地に風情のあるお店が並んでいて、神楽坂みたいな雰囲気でした。正しくは神楽坂が京都に似ているのでしょうけれど。





店内は予約で満席。アラカルトも選べましたが、東山コース3,858円にしました。







このコースには湯豆腐の他に、前菜から水物(デザート)まで計8品がついてきます。どれも小鉢ですし、お豆腐メインなので男性には物足りないかなあと思いますが、湯豆腐がお代わり自由なので個人的には充分満腹になりました。湯豆腐のお豆腐の舌触りがとっても滑らかで、1人で1丁分以上は軽く食べた様な…でもお豆腐ならいくら食べても罪悪感がないので良いですね(笑)。

食事の内容的には「京都で豆腐料理を食べているのだ」という気分的なプラスαの要素がなければ、東京でも普通に食べられるものだったとは思いますが、嫌な顔1つせず薬味のお代わりを持ってきてくれたり(薬味のしょうがが美味しくて何度も追加をお願いしたのです)、写真を撮ってくれたりと店員さんの応対がとても親切で居心地が良かったです。











管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。