スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年ベトナム旅行記<6日目-その2>
■バチャン観光

昼食後はハノイ市街から車で40分位のところにある陶器の町・バチャンへ。
道路沿いには牛がのっそりと歩いております。

dsc01673_p.jpg


バチャンはベトナムの代表的な陶器・バチャン焼を生産する村。

dsc01662_p.jpg


白地に赤や藍で花模様やトンボ柄のデザインが入ってるのが有名なバチャン焼は最近では100円ショップでも売っているので(汗)、出来るだけ日本で見た事ないものを選んで購入しました。
どれも安いし可愛いしかなり悩みました。割れ物だからなあ…。日本へ宅配便(航空便かな?)で送る事も出来るそうです。
ちなみに私が買ったのは↓。

dsc01869_p.jpg


お花の形の小皿とティーカップセット。台湾茶(←台湾旅行以来すっかりお気に入り)を淹れてこれでお菓子を食べたらオシャレだなーvと思って買ったのですが、そういう優雅な時間はなかなか持てないのが現実だったりします…。その他には花瓶等も買いました。
ちなみにバチャンでは新聞紙に包んでくれる程度の包装しかしてくれません。予め陶器の村の観光に行くとわかっていたので日本から大量のプチプチを持っていって正解でした。

dsc01666_p.jpg


観光の途中では水牛車に乗っての散策もありました。日本と明らかに時間の流れる速さが違うと実感する一時…。水牛車から見た店先には「ブタの貯金箱」が並んでいたり。顔立ちは日本でよく見る物とは違いますが、貯金箱=ブタっていうのは世界共通なんだなあとヘンな所で感心。風水学的にブタは金運を呼ぶとかあるんでしょうか。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。