スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年ベトナム旅行記<7日目-その1>
ベトナム旅行7日目。それは恐怖の1日の始まり…というのは後述しますが。

今日は1日かけて日帰りで世界遺産:ハロン湾の観光。ハロン湾へは車で片道3時間。1日で計6時間の移動です。1日辺りの移動時間の個人的限界はこれぐらいだなあ。私電車は大好きなんですけど、バスや車の長時間移動は嫌いなんです。なんかこう身動きとれない感じがイヤなんですよね。プチ閉所恐怖症なのかもしれないと思ったりも。なので海外旅行ツアーパンフでよく見る「1日7時間バスで移動」とかの記載にはどうしても腰が重くなります。話が逸れましたが…。

■ハロン湾観光

ハロン湾とは「龍が降り立った場所」という意味で、翡翠色の湾内に奇岩が林立する景勝地です。大雑把に言えば規模の大きな松島という感じでしょうか。(違いすぎ?)ちなみに松島と違ってウミネコはいませんが。

dsc01742_p.jpg

船着場には大小様々な観光用の船が停泊しています。中には宿泊船もあるそうです。
私達が乗った船は定員20名位。乗客は全員日本人でした。色々な旅行会社でシェアしてるんでしょうね。船の中にはお手洗いもありましたし、屋根の上に上がって景色を楽しむ事も出来ました。

昼食は船内でハロン湾産シーフードを。
船内で調理されただけあって非常に男らしい品々です。茹でました!焼きました!みたいな(苦笑)。

dsc01744_p.jpg

他にも生春巻きや蛤を蒸した物とかゆでた蝦蛄とか沢山出てきました。食後にはどこからかお土産売り(絵葉書とか刺繍とか)の人が現れ、各テーブルを回って「買ってくれ」アピール。こういう時、私との友人の対応は言わずとも「情は挟まず完全無視」で徹底するのですが、隣の男性3人組は「どうしよう…俺こういうの断れないんだよ…逃げよう…」といってすたこらと船内を抜け出てデッキに逃亡してました。あまりに弱い!情けなぞ己ら!!

…話が逸れましたが。ハロン湾の景勝はこんな感じです。

dsc01751_1_p.jpg

写真真ん中は二羽の鶏。ハロン湾で一番有名な岩だそうで、どの船も順にこの岩の側を通過していました。写真下は一目瞭然「ゴリラ岩」。他にも犬の横顔に似ている岩が右側に見えますよー等とアナウンスをしてくれたり。湾内は波も穏やかで全く船酔いもなく過ごせました。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。