スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大阪・京都四季遠征の旅2
ただいま最終新幹線の車中です。最終だけにお酒とおつまみの匂いで満載です(笑)。

マチネ・ソワレ共に大満足の大充実!佐野ファントムはチェから中1日での登板とはとても思えない絶好調ぶり。一人段違いの声量で、まさに劇場がファントムに支配される感覚でした。高井ファントム以外ではこういう感覚は今まで感じた事なかったんですけどねえ。
演技も更に濃く熱くなっていて…もうボロボロに泣いてしまいました。佐野ファントム好きの方は是非今のうちに観ておかれる事をオススメします。
苫田クリスは中音域や囁き歌唱になるとちょっと声が伸びない感じだったので、来週キャス変の可能性も感じたり…?ただ墓場以降は素晴らしく良かったので、マチネで喉が開いてなかっただけかも?

ソワレのJCSも柳瀬ジーザス・スンラユダ共に絶好調。特にスンラユダの「自殺」の絶叫は胸が締め付けられました。
スンラさん、カテコでは完全に魂抜けてたみたいでお辞儀やお手振りも周りよりテンポが遅れていて心ここにあらず状態。まさに完全燃焼という感じでした。

今回の遠征ではネットがご縁でお知り合いになった方と一緒に観劇出来たのもあって、本当に幸せな1日でした…。色々あってもやっぱり観劇はやめられないなあ(笑)。

今日は帰宅が午前様予定なので、レポは明日以降にアップします。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。