スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰国しました
6泊8日間のポルトガル周遊の旅から帰国しました。
ポルトガルといえば…のリスボンにある「発見のモニュメント」ではしゃいで写真を撮りまくったり。

P1000839.jpg

大西洋を望む海辺の町を訪れたり。

P1000527.jpg

ユーラシア大陸最西端・ロカ岬で人生を考えたり(嘘)。

P1000739.jpg

世界一(とガイドさんが言っていた)の高さのクリスマスツリーを眺めたり。ちなみに高さ70m超です。

P1000416.jpg


…と色々楽しく過ごして参りました。旅行記はまあボチボチ書いていこうかなと。撮った写真の枚数が友人の分と合わせて1,200枚位の枚数になってしまったのでまずは写真の整理から始めなくてはならないので、途中で挫折する可能性も無きにしも非ずですが、せっかくなのでウェブアルバム位は作ろうかなと思っています。

しかし留守にしていた1週間の間に東京は随分寒くなりましたねえ。
旅行先では全然元気だったのですが、今日午前中に帰宅し、お風呂に入った後濡れた髪を乾かさないまま洗濯とかしてたら喉が痛くなってきました。自業自得ですが、普通体調を崩すのは旅先だろうというに、故郷の気候の方が身体に合わない模様です(笑)。
というわけで本日は温かくして早めに休みます。

ちなみに…ポルトガルは国民の90%以上がカトリック信者の国です。
そんなわけでどこの街に行っても柳瀬ジーザスだらけキリストだらけ。お陰で旅先でも「JCS」を思い出しては渇きまくってました。

写真はアルコバサという街にある世界遺産、サンタ・マリア修道院に納められているイネスという悲劇の王妃の棺。棺の台座にはキリストの生涯が彫られています。場面はまさにゲッセマネでのユダの裏切りの接吻のシーン。思いっきり口にしてる事に妙に動揺した私でありました(笑)。

P1000604.jpg






管理者にだけ表示を許可する


おかえりなさい!
東京はほんと寒くなりましたね。思わずダウンジャケットを買ってしまいました。

クリスマスツリー70Mはすごいですね!
模様もとってもステキです!こういうのTHE・外国!でいいですね!

ユダの写真も衝撃です・・・。これスンラユダならまだOKですが、
芝ユダにされた日には・・・やなジーが・・・
普通の観光客なら撮らなそうな写真なところがさすがじるさんです。

そして明日早速モーツァルトですね!
風邪、お大事になさってくださいね。

私は明後日さらに衝撃の猫屋敷に行ってきます。
野中マンカス&レベッカディミ見られますように。
はなこ | URL | 2007/11/23/Fri 21:48 [EDIT]
 お帰りなさいませ~!!
 ロカ岬、「絶景」ですね。写真で見ても「わ!!」と衝撃なので、実物は言葉にな
らないんでしょうね・・・。

 台座の細工、向かって右がユダですよね・・・?
ジーザスの肩に置いてる手やら、積極的です(笑)

 風邪もこじらせないように、お大事になさって下さい。
なつこ | URL | 2007/11/24/Sat 01:08 [EDIT]
>はなこさん
寒い!と思ったらまた温かくなったり、体調を崩しやすい気候なのではなこさんもどうぞお気をつけて下さいませ。気温もですが湿度も下がっていて慌てて加湿器を引っ張り出してきました。

70Mのツリーは圧倒されました!「うわー!!」と言う言葉しか出なかったです。ちょっとしたビルと同じ位の高さですもんね。クリスマスイルミネーションはどこでもキレイですけれど、やはりキリスト教の祭日ですから外国だと雰囲気に酔えます(笑)。

棺の台座の写真はまだあるんですよー。キリストの生涯が彫られているので、ゲッセマネで眠りこける弟子達とかピラトが手を洗うシーンもあって1人で写真を撮りまくってしまいました。
ってはなこさん!「スンラユダならまだOK」って!!OKしちゃっていいんですかーっ(笑)!いやまあ私もこれを見た時にはスンラユダしか頭に浮かびませんでした。確かに芝ユダだとやなジーが襲われ(以下略)。

時差ボケなお返事ですが早速猫屋敷とはさすがですねえ。野中マンカス&レベッカディミ初見おめでとうございます~。最近の猫屋敷は復活キャストに新キャストで本当にめまぐるしいですね。チケット売上向上に繋がっているのではと思うのですがそれこそ「役者主義」というものです(苦笑)。
レベッカディミ…日本語はどうなんでしょう…?何しろヴィクトリアでの「と白!」しか日本語を聞いた事がないもので。まさかナンバー持ちの猫にキャスティングされるとは驚きでした。
じる | URL | 2007/11/27/Tue 21:02 [EDIT]
>なつこさん
ロカ岬は感動でした!ここが最西端なのだと思うと、「ああこのずっと先にアメリカ大陸があるんだ」とか「昔の人はこの海の先を目指して船を出したんだ。凄い勇気だな。」とか色々考えさせられました。時間の関係上日没まではいられなかったのが少し残念でしたが本当に素晴しい景色でした。

ご指摘通り台座の写真は左がジーザス・右がユダです。何だか周り(取り囲む兵士達)がいなければフツーに相思相愛のカップルみたいですよね。ジーザスもユダの腕に手を添えちゃったりして何やら優しい空気が包んでいる様な(笑)。
しかし地球の裏側に行ってまでこんな妄想に走ってしまう私、京都JCSが終ったらどうなってしまうのか自分で自分が心配です。

体調のお気遣いありがとうございます。大人しく寝ていたのでほぼ完治しました!というか月曜から普通に残業でしたよー!ワーイ(壊)!!これから年末に向けて色々と忙しくなると思いますが、なつこさんもどうぞご自愛下さいませ。
じる | URL | 2007/11/27/Tue 21:10 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。