スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「白衣の女」と「レベッカ」と
「風邪をひきました」と書いたきりフェイドアウトしておりましたがもうすっかり元気です。温かいお気遣いのお言葉を頂いた皆様、この場を借りて御礼申し上げます。

土日は寝込んでいたものの月曜からはきちんと出社し残業までしてきましたとも!ハハーンだ(意味不明)。火曜日には微熱を誤魔化しつつインフルエンザ予防接種を受けました。周囲から「ワクチンにヤラれてまた体調悪くなるんじゃ?」と言われましたが全く問題無し。むしろ看護婦さんの腕があまりよろしくなくて、神経が痺れる程激烈な注射だった事の方が問題です。
そして注射を受けたその直後に中国だか香港だかの研究結果で「ワクチンはあまり効果ない」的な報道がされるし……あんなに痛かったのになんだか損した気分だったり。

そんな訳で体調は回復したのに旅行記にも着手せず何をしていたかと言うと、ひたすら本を読んでました。タイトルはウィルキー・コリンズの「白衣の女」。言わずと知れた「ウーマン・イン・ホワイト」の原作本です。
当初は旅行の時に機内で読むために買おうと思っていたのですが、大きな書店を幾つかまわったのにどこも取り扱い無し。最終的にamazo●nで購入したのですが、そちらも在庫が無くて届くまでに1週間以上掛かってしまい、結局手にしたのは帰国後でした。
つまりこの月曜から読み始めたのですが、あまりに面白くて上・中・下3巻を読破してしまいました。あああーネタバレになるから下巻だけは観劇後まで読まずに置こうと思っていたのに……続きが気になりすぎてストレスになりそうだったので思わず読んでしまいました。
複数の登場人物の手記という手法も飽きさせないし、色々な謎がパズルのピースを当てはめる様に明らかになっていく展開も面白くて寝る間も惜しんで読み耽っておりました。

舞台の方はなるべく情報を入れないように(原作読んじゃったのに本末転倒ともいえますが…)しているのでストーリーや人物設定がよく判らないのですが…多分原作とはかなり違うのだろうなと覚悟しています。
手持ちチケは千秋楽公演。第1希望で申込んでみたらアッサリとかなりの前方席が当選。うーんまあ正直売上は芳しくなかったみたいですからね(汗)。1回きりの観劇なので集中して臨みます!

ミステリー繋がりでもう1ネタ。
そろそろ「レベッカ」の各種先行が始まってますね。
今回のチケ取りの戦況はどうなるのでしょう。

シングルキャストで公演期間3ヶ月もあるから意外と楽勝?という気持ちと。
でもキャパは小さいし何せ祐一郎さんだからやっぱりそれなりに苦戦?という気持ちと。
某吸血鬼作品やら某フランス革命作品以来、東宝新作の青田買いはキケンだよなあという自制心はあるのですが、やはり目の前に山があれば登るという訳で本日某プレガのシークレット先行でとりあえず1枚ぽちっとしておきました。しっかし全席12,500円は本当にキビシイなー。後方席は譲渡板で値崩れするんじゃないかなと踏んでますが。

写真は某カード会社からの先行販売お知らせに掲載されていた祐一郎マキシムの写真。

a00083.jpg

チラシと同じ構図・同じ写真のはずなんですが陰影がひかえめなのか髪型とかハッキリわかるようになってます。………私個人的にはその襟足は切って頂きたいーー!!なんか京本●樹っぽい…?
いやはや大分見慣れてきたつもりですがやはりまだ笑わずに直視する事ができないんですよねえ。このキメっぷり(笑)。

とにかくコレ↓と同一人物とは到底思えません。(フォルダを整理してたら発掘しました。)
よっ!!役者だねえ、祐一郎っ!!

IMG_3962a.jpg





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。