スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みて下さい抜け殻ですよ
京都「JCS」マチソワ観劇から先程帰宅しました。
観劇後は同士(←勝手に)の皆様と興奮冷めやらずで盛り上がってテンション高かったのですが、1人新幹線に乗って帰京する途中から……なんか記憶が飛んでます。寝ていた訳ではないんです。頭の中に「JCS」の曲やら場面やらが走馬灯の様に次々と浮かんでは消えていき…夢とも現ともつかない様な半ば意識喪失状態でした。

これでとうとう今期「JCS」は終わってしまった訳ですが、「明日にでもまた観たい!」という気分ではないかも。いやでも3年は待てませんけどね(鼻息)?今はただひたすら「お疲れ様でした」という労いの気持ちと、心の底からの感謝の想いを伝えたくて仕方がないという感じです。

本日の特筆事項はやはりカテコでしょう。
5万の腐女子(←友人談(笑)勿論私はそのうちの1人~)が待ち望んでいたやなジーとスンラユダの2人カテコーーーーーーっ!!!しかも固い握手&抱擁付き!!!ぬおぉぉー私もそこに混ぜてくれええええっ!!
事前情報が何も無かったマチネの回では客席からどよめきが起こってました。しかも細部までは段取りが出来ていなかったのか、袖にハケる時に、スンラさんが「いつも通り上手側にハケるべきか今はやなぴーと一緒に下手側にハケるべきか」迷ったらしく、ちょっとワタワタしてしまい、慌てて柳瀬さんの後についていったのが猛烈にカワイくてカワイくてもうどうしましょう?状態でした。

本編の素晴しさはもはや言うまでもありません。
東京公演の時点から完成度が高くて、歌や芝居の技量云々について思い煩う事無く入り込みまくっていたのですが、ちょっとしたタメとか声の出し方の違いで更に芝居心が増している気がしました。というか最早「芝居を観ている」という感覚も忘れる程でした。
私、幼少の時分から何かに集中すると視点が合わなくなるというか、対象物との距離感がおかしくなる妙な癖があるのですが、今日は何度もそんな感覚に襲われました。幸運にもマチネもソワレもとちり席の良席で観る事が出来たのですが、かなり近い位置から観ているのにふっと俯瞰的なところに意識が飛んでしまうような…。

はああ…なんだかとりとめもなく…(相変わらず)。
今夜はポルトガルで買ってきたアルコール度20%の「やなジーの血潮」を寝酒に休む事にします。





管理者にだけ表示を許可する


 遠征、お疲れ様でした!!
 本編も去ることながら、カテコも熱かったですね。
マチネの2人の握手&抱擁が、言葉での挨拶よりも
雄弁で、逆に「見ちゃっていいの?!」って思い
ました。

 昨日は冷静に見てたんですが、今日になって急
に思い出して泣きそうになったりで、大変です(^^;
なつこ | URL | 2007/12/09/Sun 21:16 [EDIT]
>なつこさん
楽日マチソワ観劇お疲れ様でした~!!舞台も客席も完全燃焼でしたね。

「JCS」はその場の感動も凄いですけど、一つ一つの場面が実に美しくて印象的なので、一人で反芻しているだけで「うううっ…」と胸が苦しくなる程です。

しかもあのカテコのジーザス&ユダの抱擁ときたら!思い出すだけで泣きそうです。「役者と観客」という垣根を越えて皆の想いが一つになった瞬間でしたよね…。今はもうあの場に居られた事がただただ幸せだという気持ちで一杯です。

ただ欲を言うなら…やっぱりCDが欲しいーっ!いくら脳内再生ほぼ完璧(笑)とはいえ、やはりCDを聞きながら想いに浸りたいです…。寺田ユダは余韻がすっ飛びそうで怖くて聞けないし、海外版のCDも良いですが歌詞が大好きなので日本語で聞きたいし…ボーカルなしのカラオケで良いから欲しくて仕方がありません。
じる | URL | 2007/12/11/Tue 07:43 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。