スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Restaurant Watabe@鎌倉フレンチ
師走の美食生活第1弾。
随分時間が経ってしまいましたが、12月1日(土)に毎年恒例の紅葉狩りを兼ねて江ノ電・長谷駅にあるフレンチレストラン「Watabe」に行って来ました。
長谷駅にはもう1軒有名なレストラン(そっちはイタリアン)があるのですが、予約の電話を入れた時の応対が私レベル的にNGだったので(←他人の礼儀作法に厳しいワタシ)、こちらのお店を選びました。予約は1ヶ月前の1日(=12月25日の予約であれば11月1日~)の受付との事。この日は紅葉の時期だった事もあって予約のお客さんで満席でした。

P1010068.jpg
昭和16年に建てられたという趣のある日本家屋を改築したレストランへは行くには江ノ電の線路を横断しないといけない造りになっています。

P1010067.jpg

線路の向こうに見えるのがお店の建物。HPにも「剥き出しの線路ですので、お足元と電車には充分御注意ください。線路の軌道上は決して歩かないでください江ノ電に轢かれてしまいます。」と冷静に(笑)書かれています。

P1010075.jpg

お店の中は間接照明の落ち着いた雰囲気。個人的にはお昼はもう少し明るい雰囲気でも良いかなあと思いましたけれども。
ランチのコースは2,310円と3,780円。メインが1品か2品かの違いです。2品は食べられないので2,310円の方をセレクト。基本のコースは各テーブルで同じ物でないとダメだそうです。またどちらのコースもデザートは別料金です。

P1010069.jpg

P1010072.jpg

P1010074.jpg

メニューを控えてくるのを忘れてしまったのですが、前菜はパルマ産生ハムと温野菜、メインは鳥だったか豚だったか…。デザートはいちじくのタルトです。
総じて「普通」だったなあという感想です。グラスワインとハーフボトルの種類が少ないのがちょっと残念でした。確か赤・白1種類ずつしかなかった様な。3・4人で行けば1本空けられるのですが、この日は友人と2人だったのでさすがに1本は空けられずで。せめて甘口・辛口位は選べると良いのですが。
何やら辛口になっていますが、去年行った「プランデルブ北鎌倉」がすっごく良かったのでどうしてもそちらと比較してしまうんです。今回のお店、サービスも決して悪くは無いんですが店員さん(メートル)が若いせいかちょっと事務的な感じがしてしまって。去年のお店は「執事っぽい」オジサマ達がおもてなししてくれたのでちょっとお嬢気分を味わえたもので(笑)。
というわけで鎌倉で美食ランチをするなら「プランデルブ北鎌倉」に1票!というのがこの日の結論でした。

鎌倉にはあともう1軒いつか行ってみたい!と思っているお店があります。
「Restaurant Michel Nakajima」
というお店です。来年の紅葉狩りの時に行こうと今から秘かに計画中です。

■Restaurant Watabe
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下1-1
TEL:0467-22-8680







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。