スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ル・デッサン@牛込柳町フレンチ
先日、大江戸線牛込柳町駅すぐ近くにあるフレンチ「ル・デッサン」に行って来ました。「牛込柳町ってどこ?」という方も多いと思いますが(私も今回初めて降りた駅です)、神楽坂の隣にあります。

※ワタシの会社の同期の皆様へ(笑)
会社からはタクシーでちょうど1,000円でした。


私が覗かせて頂いているグルメな方々のブログでとても評判が良く、写真で見る料理の美しさに惹かれてずっと行きたいと思っていたのですが、水曜定休というウチの会社的には痛い(ウチの会社は水曜がノー残業デー=大抵外食は水曜日と決まっているのです)設定の為なかなか行く事が出来なかったのです。

ご夫婦で経営されている全14席のこじんまりした店内。テーブルクロス等に使われている黄色が温かくて可愛らしい雰囲気でした。レオンっぽいちょい悪オヤジ風(←ズバリ好み(笑))のシェフが昔絵を描かれていたそうで、店名もそれに由来しているそうです。
メニューもお皿も「絵画」がモチーフになっていて素敵でした。

P1010373.jpg

頼んだのは3,900円のプレフィクスコース。前菜・メイン・デザートを選べますが、その他にアミューズや食後のプチフールも付いてきて盛り沢山でした。1品1品の量もしっかりしているので、もう1品多いコースもありますが女性では食べきるのは厳しいと思います。
前菜/メイン/デザートは連れの分の写真も撮りましたので2品ずつ載せています。…またもやメニューを控えてくるのを忘れて正式名称が不明です。

◆アミューズ:カリフラワーの冷製ポタージュとチーズのシュー

P1010374.jpg


◆前菜
写真上:鴨の燻製とマンゴーのコンソメジュレがけ
     (ギリシャ風野菜のマリネ添え)
写真下:ファグラのクレームブリュレ


P1010376.jpg

P1010375.jpg


写真上は鴨肉とマンゴーのを使った冷たい前菜。盛り付けの華やかさに思わず声をあげましたが、10人中10人が「レンコンの間に刺す必要があるのか?」と突っ込む盛り付けでもあります(笑)。写真下はフォアグラのクレーム・ブリュレ風グラタン。私は内臓系が一切ダメなので味見が出来ませんでした…。

◆メイン
写真上:じゃがいも・人参・椎茸の千切りで包んだ骨付き仔牛のロースト マデラ酒のソース
写真下:牛ほほ肉パルマンティエ
     (牛ほほ肉の赤ワイン煮にじゃがいものピューレとチーズをかけたグラタン風)


P1010378.jpg

P1010377.jpg


上下とも牛肉を使った料理です。写真上はお肉を切り分けると中には細かく千切りにしたじゃがいもや人参などの野菜が沢山入っていました。

◆デザート
P1010379.jpg

P1010380.jpg


写真上は焼きバナナチョコタルト。もーーー書くまでもなく幸せです(笑)♪
写真下は焼きリンゴにキャラメルアイスが乗っていてこちらも至福!リンゴの中には包みやレーズン等がつまっていました。両サイドにあるのはリンゴの赤ワイン煮と思われます。

料理の1品1品にすごく手が込んでいるのが感じられるし、見た目の彩りも文字通り絵画の様にキレイだし、勿論お味の方も大満足で期待通りのお店でした。
難点を挙げるとすればご夫婦2人できりもりされているので、料理と料理のサーブの感覚が若干長い事とクレジットカードが使えなかったことでしょうか。会話のネタに詰まる様な相手(初めてのデートとか(笑))では避けた方が良いかもしれないですね(笑)。
あ、あとメニューには「食材価格の高騰により3月より料金を4,200円に値上げさせて頂きます。」と書かれていましたが、4,200円でも充分なコストパフォーマンスの良さだと個人的には思いました。是非また行きたいお店です!

■ル・デッサン
東京都新宿区原町2-6-7 ハイツエムエス1F
03-3353-2223
水曜・第3火曜定休





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。