スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラ・トゥーエル@神楽坂フレンチ
年度末3月の最中、同期のビリー様と優雅に午後半休を取って神楽坂の「ラ・トゥーエル」でランチしてきました。

P1010414.jpg


神楽坂では有名なこのお店、前から一度行ってみたかったのですがディナーは高くて手が出せず、土日のランチは予約が取り難い。それで平日の昼に行く事にしたのですが、それでも予約をしたのは約2ヶ月前でした。しかも13時からの予約にしたかったのですが「12時半~でないと…」と言われてしまいました。
どれだけ混んでるんだー!?と思ったのですが、約20席程の店内、昼は1回転しかさせないみたいなのです。品数が多いからなのでしょう。お昼の営業時間が14時半までなので、実質のL.Oが12時半~13時の間、という印象を受けました。

平日のランチは2,730円/5,200円/7,500円の3コース。2,730円のコースは相当寂しい品数だったので、真ん中の5,200円のコースを頼みました。
P1010399.jpg


◆小さな前菜
軽く火を通したボタン海老とホワイトアスパラガス
オレンジのディレクション


P1010402.jpg


P1010403.jpg



◆前菜
上:温泉玉子入りオマール海老のコンソメジュレ ウニ、キャビア、オマール海老を添えて
下:函館産天然殻付き帆立貝とトリュフリゾット 根セロリの香り


P1010405.jpg


P1010404.jpg


◆魚料理
鮮魚のポワレ 魚介のジュとサフランの香り


P1010406.jpg


◆口直し
シャンパーニュのグラニテ又はカップチーノのコンソメスープ


P1010407.jpg


◆メイン
上:幼鴨胸肉のロースト ベリーソース
下:黒毛和牛のホホ肉の赤ワイン7時間煮込み


P1010411.jpg


P1010408.jpg


◆デザート
シェフのイマジネーションデセール


P1010412.jpg


お料理は見た目も麗しく、ぜーんぶ美味しかったです。
私はホワイトアスパラガスの白臭さ(わかります?)が苦手なんですが、ここで出てきたホワイトアスパラガスはシャキシャキしていてとっても美味しかったです。これで1つ嫌いな食べ物が減ったかもしれません。魚料理のサフランソースが香ばしくて、パンにつけて食べるとこれが美味で♪

ただ…やっぱり品数が多いなあ。これだけの品数で5,200円のサービス料なら値段的には妥当なのかもしれませんが、昼間から魚・肉の両方を食べるのは女性だと結構苦しいのではと思います。イエ、私は最後のお茶うけのプチフールまで完食したんですけど(笑)。
前菜・メイン・デザートで3,500円位のコースがあればもう少し気軽に使えるお店になるのになあ。

食後に同じ建物の1階にある「ジェラテリア テオブロマ」に立ち寄ってお買い物をしてきました。自宅用に焼き菓子を数点と、バレンタインに女性からチョコを貰った(汗)ので、そのお返しにドラジェ(糖衣菓子)を購入。

このドラジェがすっごくカワイくて、個人的にど真中ストライクでした。

P1010418.jpg

お菓子を花びらに見立てたブーケ仕様のものがとりわけカワイかったです。値段を書いちゃうのもアレですが、約500円位~と値段もお手頃。本当のお花の様にラッピングもしてくれるので、女性へのちょっとしたプレゼントに最適ではと思いました。
…ウチの会社の男性社員諸君がホワイトデーにこれ位センスのあるお返しをくれたらかなり見直しちゃうんですが…絶対ムリだなー(笑)。

■ラ・トゥーエル
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-8
TEL:03-3267-2120
毎週月曜日と第1・3火曜日定休


■ジェラテリア テオブロマ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-8
TEL:03-5206-5195





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL

くちこみブログ集(タウン): ラ・トゥーエル(フレンチ) by Good↑or Bad↓
「ラ・トゥーエル(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。  [続きを読む]
くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ 2008/03/12/Wed 10:44




Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。