スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都桜紀行+鹿男あをによし~2日目~
2日目は午前中奈良市内を観光⇒午後は京都へ移動して観光…の予定が寝坊により、ホテルを出た時点で既に10時を回っていて予定大幅遅延(笑)。
ホテルがJR奈良駅近くにあって観光地から遠い為、レンタサイクルを利用しました。

P1010848_20080504134752.jpg



◆平宗@奈良柿の葉寿司
朝昼兼用で猿沢池近くの「平宗 奈良店」で腹ごしらえ。

P1010826.jpg

P1010827.jpg

柿の葉寿司(鮭・鯖)・焼き鮎の寿司・ごま豆腐の揚げだし・お味噌汁をオーダー。一応日曜なのですが朝早めに入ったので空いてました。勿論お土産も買うことが出来ます。

■平宗 奈良店
奈良県奈良市今御門町30-1
0742-22-0866
午前10:00~午後20:00
月曜定休


◆猿沢池/東大寺/若草山

P1010829.jpg

ご飯の後再び自転車に乗り、猿沢池をぐるっと回って東大寺へ。
東大寺境内迄の道のりの途中でお楽しみの鹿せんべいタイム。

P1010850.jpg

近っ!!!
デジカメ越しに「印」(@鹿男あをによし参照)をつけられちゃいました(笑)。
奈良の鹿は日本で(世界でだったかも)唯一の「お辞儀をする鹿」なのだそうです。鹿せんべいを高めに掲げると何度も頭を下げて「ちょーだい」とおねだりするのです。
(イメージの湧かない方は某動画サイトで「鹿 おじぎ」で検索してみて下さい)
それが楽しくてウキウキと油断していたところ、タチの悪いオス鹿に目をつけられ散々追いかけられました…。ちょっと立ち止まると背後から頭突きをくらわしてくる素行の悪さにどこまでもどこまでもついてくるしつこさ。誰か「しつこい男は嫌われる」「押してだめなら引け」とあの鹿に教えてやって下さい(笑)。奈良は3回目ですが以前はこんなストーカー鹿には出会わなかったんだけどなあ。

P1010861.jpg

P1010863.jpg

東大寺周辺には枝垂桜や八重桜が咲いていてキレイでした。
お水取りで有名な二月堂にも登りましたが息切れして加齢を実感(死)。

そして「鹿男あをによし」といえばあのロケ地!という訳で初めて若草山にも登りました。
写真は若草山の麓。写真右方向が山の頂上になります。
若草山にいる鹿は奈良公園にいる鹿とは違って警戒心が強く、全く寄って来ないどころかこちらが近づくと慌てて逃げて行ってしまいました。それもドラマのエンディングの様でちょっと楽しかったり♪

P1010875.jpg

この若草山、「ハイキングコース」程度の記述しかなかったので舐めてかかっていたのですが、これがどうして運動不足の身には結構ギリギリでした…。しかもいわゆるドラマで放映された場所まではまだ距離があったのですが、連れと「どうする…?頑張ってあそこまで行く…?」「……ここもキレイだしあそこまで行かなくてもいいんじゃない…?」という後ろ向きな結論に至って頂上まで行き着けない年寄りっぷりでした(死)。
でも途中まででも奈良市外を一望できる素晴しい眺めでした。本当ならここから夕日を見たかったのですが、時間的制約があったので30分程ぼーっと過ごして下山しました。

後から知ったのですが若草山に登れるのは春・秋の限られた期間だけなのだそうです。
私は根性ナシのヘタレですが、普通の体力の方なら苦も無く登れると思うので、お弁当など持って行かれると楽しいかと思います。

ドラマのロケ地はまだまだいっぱい(浮見堂とか朱雀門とか)あるので、ロケ地巡りを敢行したいところではありますが、先の予定があるので再びJRみやこ路快速へ乗って京都へ戻ります。
京都での宿泊先は昨年と同じく会社の保養所契約で予約した「東急ハーヴェストクラブ 京都」です。

◆豆屋源蔵@木屋町豆腐料理
夕ご飯は地下鉄東西線京都市役所前駅近くにある「豆屋源蔵」で。

P1010881.jpg

写真だとわかり辛いですが予約時に「鴨川が見える席を希望」と伝えたので、川のせせらぎを見ながらのお食事でした。……めちゃくちゃ雨降ってたんですけどね(苦笑)。
外にも席があったので夏は川床が楽しめるのではないかと思います。今回座った窓側の席は4席しかない様だったのでご予約はお早めに。

予約時にコースをあらかじめ決める必要があり、今回はまだ肌寒い時期だったので湯豆腐懐石/6,500円をお願いしました。スープが豆乳と昆布だしの2種類から選べます。

先附:櫻豆腐/うすい豆

P1010883.jpg

前菜:春の取り合わせ/あしらい一式

P1010884.jpg

造り:引き上げ湯葉のお造り

P1010886.jpg

鍋仕立

P1010888.jpg

P1010887.jpg

飯物:季節の豆ご飯/ちりめん山椒

P1010890.jpg

水物:マンゴープリン

P1010892.jpg

湯豆腐懐石なのにお鍋の具に魚介類が盛り沢山でした。湯豆腐というよりは魚介の寄せ鍋と言った方が近いかも。かなりの量だったのでお腹を空かせていかないと完食出来ないかもです。
「京都で豆腐料理」と思ってお店を選んでも「これから東京で普通に食べるのと変わりないのでは…」と正直思ってしまうお店もありますが、このお店は入り口から室内の雰囲気・料理の内容と京都だあ~という感じで大満足でした。

■豆屋源蔵
京都府京都市中京区木屋町御池上ル上樵木町490-1
075-253-1155
17:00~23:00



◆二条城
夕ご飯の後は夜桜ライトアップを見る為に二条城へ。
この時期ライトアップが楽しめるのは私の知る限り二条城と平安神宮だけではと思います。折りしもこの13日は平安神宮で紅しだれコンサートが開催されていたのですが、翌日に行くつもりだったのと混んでいそうだなというのとで、去年と同じく二条城を選びました。

P1010894.jpg

最終入場時間(21時)間近だったのと結構な土砂降りの雨だったので(3日間で雨が降ったのは湖の時だけでしたが)人出も少なく幻想的な雰囲気を楽しむ事が出来ました。……がやっぱりこの時期夜はまだ寒いーっ。一通り写真を撮って帰路につきました。旅行2日目終了です。






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。