スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都桜紀行+鹿男あをによし~3日目~
P1010934.jpg

旅行3日目。この日は朝から快晴でした。
奈良観光を予定より短くしたので、3日目の予定で残っているのは平安神宮のみだったのですが、それだと時間が余るので急遽府立植物園半木の道に行く事にしました。両方とも初めて訪れたのですが穴場なオススメスポットでした!


◆京都府立植物園
身内から「府立植物園は空いてるし何時行っても何かしらの花が咲いているから行く場所に困ったらとりあえず行ってみなさい」と言われていたのですが、まさしく空いている上に花も見応えがあって素晴しかったです。

P1010909.jpg

P1010912.jpg

写真の通り見事な紅枝垂桜ですが、殆ど人がいません。写生をするお年寄りがチラホラいる程度。極楽浄土でした♪

P1010906.jpg

P1010918.jpg

桜以外ではこの時期チューリップ等の球根類がキレイでした。

◆半木の道

P1010922.jpg

P1010929.jpg

「半木の道」は府立植物園の近く、地下鉄烏丸線の北山駅⇔北大路駅の間にある賀茂川沿いにあります。約2キロの桜のトンネル、そのうち北山大橋から北大路橋までは枝垂桜のトンネルが800メートル程続いています。
こちらも人が少なくてのんびりとお散歩が出来ました。川沿いなので天気が悪いとちょっと寒いと思いますが、この日は天気が良かったのでまさに春爛漫でした。

◆昼食

次なる目的地平安神宮の最寄り駅東西線東山駅に移動し、近くでお昼ご飯を……と思ったのですがお目当てのお店が悉く休み…。リサーチ不足以外の何物でもないのですが、平安神宮周辺のお店は殆どが月曜定休のようです。
近くに図書館や美術館など月曜休みの公共施設が多い為だと思いますが、桜の見頃という観光シーズン最盛期でも容赦なく休みです(涙)。
昼食難民と化し空腹を抱えながら平安神宮周辺をうろついて目に入ったカフェに入ったのですがこれが中々良かったです。

P1010933.jpg

如何にも京都っぽいなーと思う(偏見かもしれませんが(汗))ユルユルな感じの若い男性店員さん(店長かも…)のお店で、玄米ご飯におばんざい3種類が付いて850円程でした。店内は代官山辺りにあるカフェっぽい感じでした。

行き当たりバッタリだったのでお店の名前も覚えていないのですが、平安神宮北側の道(丸太町通)を西側に向かって歩いた右手にありました。地図上だと大体この辺りです。

◆平安神宮
昼食後は平安神宮へ。こちらも紅枝垂桜の名称です。平日なのにツアー客を含めてかなりの人出でした。

P1010937.jpg

P1010940.jpg

P1010945.jpg

P1010960.jpg


◆平安殿@
平安神宮参拝後は丁度おやつの時間。
本当なら前々から行ってみたかった「ラ・ヴァチュール」のタルト・タタンか「六盛茶庭」でスフレを食べたかったのですがどちらも月曜定休(泣)。京都に来たのに甘味を食べないなんて!!と半ば無理矢理甘味処へ行って善哉を食べました。地下鉄の駅から平安神宮に向かう神宮道の途中にある「平安殿」です。

P1010968.jpg

無理矢理と言ってもそれは私が個人的に善哉が余り得意ではないだけで、創業56年のちゃんとした和菓子屋さんです。丹波山城・馬路大納言を使った小豆で作った善哉の上に、葛を乗せた「玖豆善哉」を食べました。

■平安殿
京都府京都市東山区平安神宮道三条上ル堀池町
075-761-3355



◆六盛の手まり弁当

全ての予定を終えて後は新幹線に乗るのみ。
17時過ぎ発という半端な時間だったので、夕ご飯用に京都伊勢丹のデパ地下でお弁当を調達。京都伊勢丹はいつも混雑しているし、右も左も美味しそうな物ばかりで目移りしてしまいます。
散々迷ったのですが見た目が可愛かったので六盛の手まり弁当を購入。
2段になっていて、1段目は丸くてカワイイ手まり寿司、2段目には京都っぽいおかずの品々。

P1010970.jpg


その他に伊勢丹では以前某様に頂いて気に入ってしまった洛匠のわらび餅と阿闍梨餅を購入。洛匠のわらび餅は草わらび餅以外にも黒糖味なんていうのも売っていてかなり揺れたのですが、両方買うわけにも行かず、かといって冒険して外すのもイタイので普通の草わらび餅を買いました。
また京都で「JCS」なんぞやってくれたら遠征する機会も増えて買いに来られるんだけどなあ(笑)。






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。