スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エッグタイマーとタイカレー
東急線沿線にお住まいの方ならご存知の「SALUS」という無料情報誌。
10月号で「がんばらないキッチンツール」という特集があり、何事も形から入る(そして本質を究めるまでは至らない)私の心を捉えたのが「エッグタイマー」なるシロモノ。

P1020741.jpg

使い方は簡単で、こんな風にお鍋に玉子と一緒に入れてゆでるだけ。
外側から段々と色が黒くなっていき、ゆで加減が一目でわかるように。
どういう仕組みなのかわかりませんが、火加減や玉子の個数と関係ないみたいです。玉子と同じ熱伝導率になってるって事なんですかねえ。となると冷蔵庫から出したての玉子だとうまくいかないのではないかなと思いますが。

P1020745.jpg

「玉子の黄身がパサついてると口の中の水分が奪われてイヤ!!」と言う私はMEDIUMの線で。肝心の写真を撮るのを忘れたのですが、下の画像の様な真ん中だけちょっと濃い黄色~な理想のゆで加減で仕上がりました。

img10173752770.jpg

ゆで玉子を作ってどうしたかというと、お友達のめる様が作っていたタイカレーをどうしても真似したくて。食材は東京都西部中心に店舗がある(気がする。都心ではあまり見かけない…)KALDIにて。輸入食材が安く買えるのでお気に入りのお店です。

P1020757.jpg

左のレッドカレーペーストが84円、左のココナッツミルク缶が147円と250円足らずでタイの味が出来ちゃうんです。作り方もペーストの裏面に日本語で書いてあってすごく簡単。
調味料はこのペースト以外にはナンプラーと砂糖。砂糖は規定通りだと大さじ1杯なんですけど、味見したら香辛料が喉に直撃でむせかえってしまったので倍位入れました。

P1020748.jpg

初めて作ったんですけど、自信を持って自画自賛出来る程本格的な味で大満足。
簡単だし普通のカレーよりちょっと見栄えがするのも良いし、リピートしようと思います。

ちなみに…具材は鶏ムネ肉・赤緑ピーマン・たけのこ(水煮)なんですが、中国産たけのこと国産たけのこだと値段が3倍も違うんですね。それほど神経質なタチではないと思うんですが、さすがにこれだけ連日ニュースで毒入りなんたらと放送されているのを見ると、やはり中国産と明記している食材を買う気にはなれません。
普段殆ど料理をしないので、国産食材の適正価格がわからない有様なのですが、便乗値上げされたらたまらないなーと思うこの頃です。食費は絶対に欠かせない経費ですしね。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。