スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日光・鬼怒川旅行雑記2
2日目は日光へ出かけて久々の東照宮でも…と思ったのですがチェックアウト時刻ぎりぎりまで朝寝坊をしていたのであまり時間が無く(汗)。
この日も暑かったので涼を求めて滝巡りをしました。
本当は二荒山神社境内にある天然氷で作ったカキ氷を食べたり、金谷ホテルでお茶したりしたかったんですが(食べる事ばっかりかー!)

P1020603.jpg
いろは坂を経て中禅寺湖畔の華厳の滝へ。
中学生の時に来て依頼なので…こんなすごいスケールだったっけ?と。
修学旅行で行くところって、大人になってから再訪すると昔は本当に豚に真珠だったんだなーとしみじみ思います。写真に靄がかかっているのは、遠い観瀑台にも細かい水しぶきがたえず降り注いでいたからです。マイナスイオン浴びまくりです。

でも同じ日光の滝なら竜頭の滝の方が個人的には好みです。

P1020604.jpg

龍の背中の様に岩肌をうねるように流れ落ちる水が力強くも優雅な感じがして。
日本の滝だなあって感じがするんですよねえ。

本当ならここの「竜頭の茶屋」で午前のおやつ(笑)にみたらし団子を食べたかったんですが、既にお昼の時間が近かったので諦めました。国内旅行だと旅の目的の半分は食になるわたしには無念いっぱいデス(苦笑)。

再びいろは坂を下ると途中に名物(?)猿発見ー。

P1020610.jpg

P1020612.jpg

すごい距離近いのに車を全く恐れない度胸…こちらが手にしているペットボトルのお茶にすら目を光らせる抜け目の無さ…手摺も何も無いツルツルの道路標識の上にあっという間に駆け上がる素早さ…動物好きな私も日光の猿にはビビリます(汗)。

お団子を諦めて向かったお昼ご飯屋さんは東照宮近くにある「近藤」というお店。

P1020614.jpg

P1020613.jpg

住宅街の中にある一見普通のお家で、駐車場も気をつけないと見落としてしまう程。
お昼のみの営業で11時半~と13時半~の2交代制。席数が10数席しかないので予約必須です。私は3日前位に電話をして予約が取れたのですが、その時点で11時半~は満席で取れませんでした。

このお店の良さは家でご飯を食べているかの様な(実際普通のお家ですし)まったり感となんといってももの凄くリーズナブルな内容!

P1020615.jpg

メニューは月替わりで、席に手書きのお品書きが置かれているのもアットホームな感じ。

P1020616.jpg
P1020617.jpg

P1020618.jpg

旬の食材と日光の名物を使った家庭料理、器も凝っていて栃木県の益子焼を中心に使っているそうです。これでお値段はたったの1,000円!
室内からは緑溢れるお庭も見られて、時間を忘れてくつろげるお店です。東照宮の様な観光地の近くではすごく貴重なお店だと思います。まさに隠れ家という感じでした。

■近藤
日光市本町3-39
0288-54-3233







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。