スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/1「ジーザス・クライスト=スーパースター~ジャポネスクバージョン~」ソワレ(全国公演初日)
新ジーザス誕生の「JCS」全国公演初日から帰ってきました。
いやー大役のお披露目公演ってのは肩凝りますねえ。
というわけで縦横向きが違うキャスボの写真はあんまりですので、以下改めてキャスト記載します。アンサンブルさんは多いので(汗)…明日の10時の公式掲載をお待ち下さい。


■10月1日(水)ソワレ キャスト
ジーザス・クライスト:金田 俊英
イスカリオテのユダ:金森 勝
マグダラのマリア:高木 美果
カヤパ:金本 和起
アンナス:古賀 陶馬ワイス
司祭:阿川 健一郎、手島 章平、飯田 達郎
シモン:本城 裕二
ペテロ:賀山 祐介
ピラト:青井 緑平
ヘロデ王:星野 光一


あ、鞭男は赤瀬さんでした。相変わらず当たって無いのわかるのに見ているだけで痛そうな豪快且つ美しい鞭捌きでしたー。

というか本来まず新ジーザスについて特筆しなくちゃいけないんですけど…
パンフから柳瀬さんの名前が消えていた事のショックがあまりに大きくて(号泣)。
開演前はパンフ売場が激混みで見本を手に取るのが難しい状態だったので諦めたんです。で、終演後に某様にお会いして「パンフ衝撃ですよ。心の準備は良いですか?」と覚悟しながら見せて頂き…衝撃過ぎて舞台の感想も吹っ飛びました。

ジーザス:金田、芝
ユダ:金森、芝
マリア:高木、西、花田


となっていました。「JCS」は韓国公演でも予定してるんでしょーか。
わったっしは理解が出来ないィーーーと思わず歌いだすバアイでなく!!
何故柳瀬さんの名前が無いのか…。
ビーストがあるから新ジーザス出るかなあ位の予想はしてましたけど、名前がソックリ消えたとなると不吉な想像もついしてしまいます。他役優先とか、新役のお稽古なら名前が消えるって事は無い気がするんですが…。これでBB仙台公演の新パンフからも名前が消えてたらどうしたらいいのですかマイゴッド。
記憶が定かでないですが、以前亮輔さんブログにお兄さんの腰痛の事が書いてあったと思うのでそのせいなんでしょうか。

舞台の内容以外の事ですっかり長くなってしまいました。
本題に戻って…。

金田ジーザス。私は悪くないと思いました。
金田さん自体初見だったのですが、噂通り稀有な美声で素晴しい歌唱力。
「ゲッセマネ」で「♪見てくれ私の死に様ーーーーーーーーーーーーーー」と音楽が途切れるまで続く超ロングトーンを聞かせてくれたり。
ヴィジュアル的にも上背があってお顔もキレイな神様でした。

訛りも殆ど無いと言って良いのではと思います。最後の十字架上の祈りはアブナイかなーと予想してたのですが私は気にならなかったです。唯一「♪罪の無い者がいれば石を以てこの糸(人)をうて」になっててちょっと笑いそうになりましたが。

しかし…柳瀬ジーザスだって10年以上あの役を演じているわけで、最初は誰だって…とはわかるのですが。新ジーザスを出すなら、前回公演の記憶がもう少し薄れてからの方が観る方も演じる方も気楽なのになあと思いました。もはや奇跡の様な前回京都の柳瀬ジーザス&スンラユダの記憶も新しい中では頭ではわかっていても、どうしても比較してしまって…。

決して悪くはないんですよ。
ただ今日の時点ではタイトルロールとしてジーザスの最後の7日間を描いた、という筋が通っていない感じがして。場面毎に感情が乗ったり乗らなかったりとムラがあってブツ切りな感じがして感情移入出来なかったです。
まだ歌とだんどりをこなすだけでいっぱいいっぱいみたいで、周りとの関わりが薄くて何を考えているのかわからない冷たいジーザスに見えちゃったんですよね。

特に感じたのは「♪見て下さい目が見えません~」の辺り。
柳瀬ジーザスだと縋ってくる群集に懸命に応え様とするし、「自分で治せ!!」と叫んだ後に自身を責めさいなむ様な表情が素晴しかったんですが、金田ジーザスは…初めからあまり治す気なさそうで(笑)。「自分で治せ!」と叫んだ後にがっくりと膝をつくところも「あーもーホント疲れた…」って感じであまり精神的疲弊を感じないというか。

私個人の勝手な思い込みだとキリストは人類の贖罪の為に十字架にかけられたのだ、と言うイメージが強いので、ここでジーザスが群集に冷たいと「♪いいだろう死のう」と決意するゲッセマネの歌詞の意味合いが違ってきちゃうような気がして。
柳瀬ジーザスだと神が自身に与えた役割と運命を甘んじて受ける覚悟の上での「いいだろう」なんですけど、今日の金田ジーザスだと「答えてくれないのかよー?もーわかったよ!死んでやるさ!!」的…やけっぱち感…みたいな…。

あと「テンプル」で威嚇(?)の声が「わーーーーーーーーーーー」だったのはちょっとウケました。せめて「Ahーーーーーーーーーーーーーーー」にして欲しいものと(苦笑)。

とまあ色々書いてしまいましたが。
田中ユダの時は「10年後に会おうか。ウン。」って感じでしたが、金田ジーザスは全国公演終るころにはどうなってるかなあと思えるので、一度観てみて損はないと思います。

スンラユダは申し分なし!!カテコでのスンラさんへの拍手の大きさが如実に示していたと思います。声も勢いがあってシャウトも枯れていないし。「スーパースター」のアレンジもカッコよく決まってたし。
ちなみに今日の劇場ではユダだけゴンドラあり、お稚児さんは舞台両端に組まれた鉄骨の櫓みたいな所に登って歌ってました。
スンラユダの熱さが1人特出しちゃってたので、ユダの全く通じてない愛が気の毒デス。というかやっぱりジーザス・ユダの相性の大切さを改めて思い知らされました。

高木マリアは前回東京公演の時に較べたら、表情がずっと柔らかくなっていて好印象。

本城シモンは自ナンバーでマイクトラブル発生。「♪これでおわかりでしょう~」と歌いだした途端超コモり声だったのでぐええええーーーと思ったのですが、後ろを向いた瞬間に自力で直して「♪5万を超える人が~」からは元通りになって安心しました。あんなコモり声の「狂信者シモン」は辛すぎますもん。
専用劇場じゃないから難しいのだとは思いますが「ピラトの裁判」の群集の声なんかもハウリングしてたので残念でした。

カヤパ・アンアス・司祭ズ・ピラトもかなりハイレベルな歌唱力揃い。
前回東京の時に青木カヤパの低音が出なかったり、喜那アンナスの高音がひっくり返ったりしたのに較べたら、歌の面では「オペラ座」カンパニーを上回る安定感かもしれません。
特にピラトが予想外に良かったです。村ピラトに匹敵するド迫力で死刑宣告の所は鳥肌立ちました。

ヘロデ王は可もなく不可もなく…ですかねえ。歌はお上手だったのですが、笑える所はなかったかなあ。見た目は京都と同様の安土桃山風でした。

というわけで久々の「JCS」。後は回数を重ねて今ある歌唱技術に感情が乗ってくるようになれば…と思います。今期はもう観納めなので他の皆様のレポを楽しみにしたいと思います。






管理者にだけ表示を許可する


お初にお目にかかります。

四季初心者であり、昨年のウェストサイドから徐々にはまったため、ジーザスがすっぽり抜け落ちた間抜けなファンです。

昨日のジーザスが映画(というかDVD)以外は初見ですが、ユダが主人公なのかなーと思ってしまいました。スンラさん、凄すぎです。一階20列でしたが、あんな迫真の演技は、モーツァルト!(中川ファンです)以来の衝撃でした。ああいう声、好みですし・・・

しかし、春に広島遠征で体験した柳瀬さん、出ないだろうとは思っていましたが、やはり残念です。友人は、エルサレム、ジャポネスクバージョンを何度もみて絶賛していましたので・・・・

柳瀬・スンラコンビがあるのなら、利尻にでも飛びたい!

金田さんの声も好きですが、おっしゃる通り、これからの方ですよね。

来年の春には東京でも美女と野獣があるらしいですが、柳瀬さん、出るんでしょうか?
reve | URL | 2008/10/02/Thu 19:00 [EDIT]
>reveさん
初めまして。ご訪問&コメント投稿ありがとうございます。またお返事がすっかり遅れてしまい申し訳ありません。

新百合ヶ丘公演ご一緒だったのですね。スンラさんの持ち役はユダ以外猫しか観た事がない私ですが、ユダの時はアッキーヴォルフと同じく憑依型というか…思わず息をのんでしまう程ですよねえ。特に今回はジーザスが新キャストと言う事もあって、仰る通りスンラユダの舞台そのものに対する牽引力がいや増した様に感じた公演でした。

回を重ねて行く毎にジーザスとユダの関係性も変化していくでしょうし、利尻はさすがに厳しいですが(笑)、横須賀…とか呟いてみるこの頃です。

柳瀬さん、まさかキャスティングすらされていないとは衝撃でした(涙)。写真が掲載されているという事は在団はされているはずだと思うので、きっと別の役のお稽古だと。そう信じたいなと…(汗)。

BB東京公演の話があるんですかっ?初耳ですー。
四季の主要演目の中でBBだけ未見なので、是非本当であってほしいです。

またお時間のある時に覗きに来て頂きお話が出来れば幸いです。
宜しくお願いします♪
じる | URL | 2008/10/05/Sun 21:33 [EDIT]
またまたお邪魔いたします。

スンラユダをもう一度!の思いにまけてとうとう熊谷公演のチケットをゲットしてしまいました。

今度は新百合ヶ丘より7列も前なので「じっくり見るぞ!!!」と、今から震えています。(というのは言いすぎで、CDでも出してくれないとスンラさんの歌声、忘れそうです・・・・)

カンパニー全体がもっと乗って、こなれて、一丸となって熱くなっていて欲しいと思います。スンラさんだけ燃えるんじゃ可哀想・・・


今度の土曜日の仙台のBB、柳瀬さんがキャスティングされているといいですね!ソングアンドダンスのヴォーカルパートの方が観に行けるのでより良くはありますけどね。

これからもときどきお邪魔させていただくかもしれません。

よろしくお願いします。
reve | URL | 2008/10/07/Tue 21:31 [EDIT]
>reveさん
チケット追加されてしまいましたかーー!

ああ…去年の自分を見るようです(笑)。テンションMAX時で週3とか観てましたから…いくら夏休み期間と重なったとはいえ完全に壊れてました。ハイ。
「JCS」は一度ハマってしまうとユダが「自殺」で傾斜を転がり落ちる様にとめどなくなりますので要注意…いえ思い残す事無く通ってしまって下さい~。

金田ジーザスは恐らく孤高のジーザスという方向性なのかなとボンヤリ思うのですが「孤高」「孤独」と「無視」は違うはずなので、金田ジーザス像なりにユダに向き合って欲しいなあと思います。今のままだとスンラユダの愛があまりに一方的過ぎる気がするので(苦笑)。

BB仙台公演の開幕、まさかこういう意味合いでドキドキを抱える事になろうとは思いもしませんでした。が、まだまだ公式資料に写真が使われているのであまり悲観的にならないようにしようと自分を戒めてます…。

こちらこそまたお話が出来れば嬉しいです。
熊谷公演の感想など、ぜひお聞かせ下さいませ~。
じる | URL | 2008/10/08/Wed 21:56 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。