スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浦島太郎ってました~韓国旅行記前説~
前述の通り先週末から2泊3日で韓国へ行って参りました。
もうとにかく近い・安い・美味いっ!!!
そしてモーレツに寒い…。

日本だと青森と大体同じ位の緯度だと聞いていたのでそれなりの心構えはあったんですが、甘かったです。たまたまもの凄く冷え込んだ時期に当たったらしいんですけどね。
行きの飛行機の機長のアナウンスで
「現在ソウルの気温は…摂氏マイナス8度」
と言われた時には機内ざわついてました(笑)。
スキー場だってそんな寒くないよーー。
多分私の人生の中でこんな寒い所に行ったのは初めてです。

結果「ユ●クロヒートテック&ニット2枚重ね&カイロ貼りまくり&ダウン&ニット帽に手袋」であればマイナス8度なら耐えられる事を体感しました。(個人差あるので寒がりの人はNGだと思いますが)
が、もっとも寒かった着いた日の夜、恐らくマイナス10度を下回ってたと思いますが、これはもう何をどうやってもムリ。本気で「これは死ぬな…」と思いました。体が痛くて千切れそうになるんですよ。

そのお陰で3日目に摂氏1度だった時は「今日は温かいな~」と思え、
帰りの飛行機で「現在羽田の気温は摂氏8度」とアナウンスがあった時には、
同行の友人と声を揃えて「暑っ!」と言うまでに寒さ耐性が出来ました(笑)。
いやー日本は暖かいですねえ。ホント。

ちなみに韓国でもユ●クロヒートテックは大人気の様で。
物価自体は日本とそう大差はないと思うのですが、円高ウォン安・ドル安で、ユニクロも日本で買うより安いんですよ。ヒートテックは日本だと1,000円ですが韓国だと12,900W=838円。

その他D●Cのクレンジングオイルが1,200円だったり、B●DY SHOPのボディバターが1,400円だったり。
お陰様で金銭感覚がすっかりおかしくなり買い物しまくり、行きにはガラガラだったスーツケース(ヨーロッパに8日間とか行く時にも使ってるサイズ)が帰りには満杯でオマケに+2キロオーバーの22キロに。超過料金は取られる気配すらもありませんでしたが。

でも2泊3日の旅行で滞在費用は買い物・食費・交通費・マッサージに2回行って30,000円で収まっちゃうんですよ!…私の場合免税店でその何倍も買い物しちゃいましたが(汗)。
この近さと安さ。やみつきになりそうです。

そういうわけで月曜に帰国したんですが。
その夜急に激しい胃痛を発症し一睡も出来ず。
翌火曜日は元々休みを取ってたんですが、胃痛・腹痛継続でワタシの消化器官はただの管と化し、水しか摂ってないのにトイレの住人な1日を過ごす。(汚くてスミマセン)

翌水曜日はさすがに会社を休む訳には行かないのでフラフラな状態で出社。
午前中仕事を片付け、午後会社の隣にある病院へ。
韓国行ってたとか申告するとアレコレ疑われそうなのでそこは黙って症状を伝えると「レントゲンを撮りましょう」と言われ。胃痛腹痛でレントゲンって初めてだったんですが最近はそういうもんなんですかね?てっきり注射とか点滴とかされるのかと思ってたんですが。

で、出来上がったレントゲン写真を見せられてビックリ。
もーーーーーー小腸から直腸まで延々と真っ黒なんです(死)。
先生曰く炎症を起こしている部分が黒く写るんだとか。
そうか…ワタシはこんなに腹黒かったのね…やっぱり(?)…。

「こういう症状だと絶食して頂くしかないですね。2日位。」
とかるーく告げる先生。
2日間水だけって…!!!

実際これだけ胃痛腹痛だとお腹も空かないので、空腹感との戦いはなかったんですが、やっぱり食べないと体に力が入らないので仕事きつかったー。
金曜からお粥食にしたんですが、胃がすっかり小さくなってるので、御椀1杯でも食後はお腹が重くて吐きそうになる程。普段どれだけ余分に食べてるのかを実感しました。

これを書いている今はもうほぼ回復してるんですが、結局原因はわからないんですよね。
胃腸風邪なのか、辛いモノを食べ過ぎたのが臨界点に達したのか、何かにあたったのか、ノロ的なウイルスでももらってきちゃったのか。
それでも懲りずに「美味しいカクテキが食べたいな…」と思えるので、きっとまた韓国を再訪する事でしょう。

P1030448.jpg

韓国で買ってきた小物入れ袋(1枚2,000W=130円也)を病院で貰った薬入れに活用(悲)。
こういう細々した物大好きなんです。

では韓国旅行記はまた改めて。


--------------------
※たった2泊3日でしたが帰ってきたら東宝新作「パイレート・クイーン」の発表が行われていて仰天。

祐一郎さんの新作も嬉しいし。
保坂さん始めキャストは大好きな人ばかりだし。
こんなに早く保坂さんと祐一郎さんの共演が観られるなんて!

…とは思うものの。
どーにも出演者の顔ぶれというか年齢層というか、が作品と合わなくないですか!?
「スペクタクル・ミュージカル・アドベンチャー」って…誰がどーしてあの祐一郎さんに冒険活劇をやらせようと思ったのか。
それになあ…演出がまたあの方なんですよね。「TdV」「レベッカ」と立て続けにガッカリさせられてきたので、今回もセットショボそうだな…1ヶ月だし…と思ってしまいます。

この新作、非常に楽しみではありますが、期待はしてませんというのが今の本音です(苦笑)。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。