スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/14「ラ・カージュ・オ・フォール」マチネ
081214_1141~0001

ずっと前から観てみたいなあと思っていた「ラ・カージュ・オ・フォール」最高でした!
ストーリーはシンプルだけど温かいメッセージ性があって。
観終わった後に自分の周囲の人をもっと思いやらないといけないなあと素直な気持ちになれました。

沢山笑えて、一方でホロっとする場面もあり。
音楽も良いし(オケも良かったなあ)、ショーの場面の華やかさと迫力で客席も大盛り上がり。いやー楽しい作品でした。

何より市村ザザが素晴し過ぎる!!
今まで観た市村さんの役の中で一番のハマリ役だと思いました。
市村さんの芝居巧者ぶり、舞台を・客席をひっぱっていく求心力、あらためてこれでもか!と言うほど見せ付けられた感じです。

健気で可愛らしくて、それでいてカッコイイ!!
1幕ラストの「ありのままの私」で『私は私よ!』と歌い上げ、ジョルジュにカツラを投げ捨てて去っていく市村ザザは圧巻の一言。鳥肌立ちました。
最近よくある客席降りの演出がこの時は「花道」に見えました。

これがファイナルだそうで…チケットをお持ちで無い方は絶対後悔しますよ~。
ちなみにこれから買われる場合は1階センター下手側通路側がオススメです。
市村さんの後を継ぐ人が全然思いつかないです。
「キレイなゲイ」だったらハマる人は結構居ると思うんですけど(吉野さんとか岡さんとか、それこそ新納さんとか)、市村ザザのレベルがあまりに高すぎて…。

鹿賀ジョルジュは相変わらずダンディで♪でもちゃんとゲイっぽい所もあって。薄紫のセーターまで着こなしちゃうのは卑怯すぎる(笑)。

鹿賀さん&市村さんのコンビは「ペテン師と詐欺師」でも観てますが、こちらの方が断然好きですねえ。互いを信頼し認めあってこその仲の良さというか。そういうものが滲み出ている感じがしました。

島谷アンヌは……何故キャスティングされたのか全く以て理解不能(汗)。ついでにアンヌという役自体クレジットが3番目なのも納得できないんですが。
元々は歌手だと知っているので覚悟はしてたんですが、ソロは無いし台詞も二言三言だけだし。恐らく一番の見せ場はダンス(バレエ的)だと思うんですが、初心者だそうで…。
それなら華があってバレエを美しく踊れるヅカ娘役出身の女優さんとかが良かったんでないかい??と激しく疑問。出番は多くないのですが、それでも固唾を呑まされるという久々にやっちゃったキャスティング(苦)。ただとってもカワイイです。うん。

ジャン・ミッシェルの育三郎くんは相変わらず素敵な歌声で、彼が歌いだすと劇場の空気が変わりますねえ。もっと歌を堪能出来るミュージカルに出てくれたら良いのに。
多分「ゲイのカップルに育てられた」という役作りだと思いますが、ジャン・ミッシェルという男は「大丈夫かコイツ?」と思わず呟いてしまうふわふわーっとしたヤツですねえ。苦労知らずというか24歳にもなって仕事もして無さそうだし(笑)。正直こういう男の人とああいう温室育ちのお嬢さんではこの先うまくいかない気がする…と作品らしからぬ暗い想像をしてみる(笑)。

今井さんとモリクミさんのダンドン夫妻は2幕だけの登場ですが、モリクミさんが相変わらずあの体を活かして笑い持って行き過ぎです。2幕ラストのモリクミさんのあの衣装とあの胸!!
知らずに取った席が通路際だったもので間近に見ても、アレは胸というものを超越してなんか感動する(笑)。

香寿ジャクリーンも短い出番ですが宝塚男役の女優さんのオーラはすごいですねえ。白と黒のシンプルな、それでいながら身体のラインがバッチリ出るドレスがまあお似合いな事!歌も演技も迫力満点でもっと観ていたかったです。

ゲイのダンサーさん達の中ではやっぱり新納さんがウツクシイ!スリットから見えるあの美脚っぷり!!…逆立ちしても敵わん…。女声でのソプラノもキレイだったなあ。
マジーもメイク取ると普通のオッサンなのに(笑)化けっぷりがスゴイ。
ショーのシーンは衣装も華やかですが、やっぱり男性だけだからすごく迫力があるんですよね。あれが本物の女性だったらただキレイだなあと思うだけですぐ飽きちゃうと思うんですが、男性が女装して踊るが故の体育会系な一生懸命さとか本人達が何より楽しんでやってる感じとかが凄く伝わってきて心の底からは拍手を送りたいという気持ちにさせてくれます。

勿論カテコは(1階席は)総スタンディングで大盛り上がり!
欲を言えば最後にもう一度市村ザザに着飾って出てきて欲しかったなあ。
日生劇場の1階ロビーには恐らく等身大と思われる市村ザザのパネルが(写真参照)ありました。この衣装を始め、20キロある(と本人が舞台上で言っていた)総スパンコールのドレスとか、見ているだけで楽しかったなあ。
良い舞台を観られて幸せな1日でした~!



ジョルジュ:鹿賀丈史
アルバン(ザザ):市村正親
アンヌ:島谷ひとみ
ジャン・ミッシェル:山崎育三郎
ジャクリーヌ:香寿たつき
ダンドン議員:今井清隆
ダンドン夫人:森公美子
ジャコブ:花井京乃助
ムッシュ・ルノー:林アキラ
フランシス:日比野啓一
ルノー夫人:園山晴子
ハンナ:真島茂樹
シャンタル:新納慎也







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。