スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本橋錦豊琳のかりんとう
ホワイトデーに「日本橋錦豊琳」のかりんとうを頂きました。
東京駅構内地下B1F「Gransta」内にあるかりんとう専門店。場所柄東京土産として買う人も多くて平日でも30分も並んだとか…有難い事です。

P1030760.jpg

「七味唐辛子・黒糖・きび砂糖・洗双糖・そば塩・ねぎみそ・野菜・きんぴらごぼう・胡麻・黒こしょう・むらさきいも・竹炭」の全部で12種類。
1種類ずつバラでも買えますし、3個入りならお好みで選べるのですが、6個入り&9個入りだと種類が予め決まっています。
「3個入りじゃ少ないし、種類は全部自分の好みで選びたい」と思って3個入り×2つを買ってきてくれたそうなのですが……「全部自分の好み」って自分も食べる気マンマンなんだ…?

P1030759.jpg

箱もオシャレで自分で食べる為というよりは御遣い物にして喜ばれる品ですね。

P1030758.jpg

更に5月6日までの期間限定販売「ちょこかりんとう」も頂戴しました。
こちらは缶に入っている特別仕様で900円位するんだとか。これはなかなかお高いなあ。

P1030782_20090320204704.jpg

沢山種類があるのでまずは珍しい「きんぴらごぼう」と「ちょこかりんとう」を。
語彙力のない自分が恨めしいのですがホントに「きんぴらごぼう」で「チョコレート」なのにちゃんと「かりんとう」なんです。かりんとうの味と食感と見事に調和しています。ただ「きんぴらごぼう」みたいな変り種は他のかりんとうの合間にちょこちょこ食べるのが良いかなと。

これだけ沢山あるから当分楽しめるなあと思っていたのですが、1人ではちと多いなと思い「これ貰ったから良かったら食べて」と居間に置いたのが運の尽き。3日後には3袋が無くなってた(←かりんとう好きの母の仕業)。
確かに食べて良いよとは言ったが……食べるの早過ぎ!色々な味を楽しむ為に少しずつ残しても良いのにーー(泣)。まあそれだけ美味しかったという事なので何よりなのですが。
それにしても絶対食べたかった「胡麻」と「むらさきいも」を食べられてしまったのが痛恨。機会があれば自身で買いに行ってリベンジしたいと思います。


■日本橋錦豊琳
〒100-0006
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本東京駅構内地下1階「グランスタ」内






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。