スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3/15「ニュー・ブレイン」マチネ
前述の通り、かつてない程眠りこけてしまった「ニュー・ブレイン」。
睡魔との闘い…というか完全に意識喪失に近かったです。
「寝ちゃいけない」とか思う間もなく気がついたら落ちてた、みたいな。

花粉症の薬のせいもあるんですが、作品的にも私には向いてなかったみたいなんです。
ストーリーがあるようなないような…それでいて1曲1曲が長くて、更に出演者の皆さんが歌唱力抜群なんで心地良く夢の世界へ旅立ってしまった次第です。

あらすじは公式に書いてある事が全部でした。ホントにこれで全部で特に大きな起承転結も無くって。
ゴードンは売れない作曲家で気に染まないカエルのCMソングを作らされたりして鬱々としてるんですが、あまり深刻に陰をしょってるように思えないんですよね…。確かに仕事がうまくいかないのは辛いでしょうけど理解し支えれくれる友人もいるし、同性愛者という設定ですが恋人とはうまくいってるし母親もそれを受け容れてくれるし。
落ち込みに説得力がないので、最後にゴードンが病気から立ち直ってもあまりカタルシスを感じないというか。うーむ。

出演者は全員実力派揃いで本当に素晴しかったです。
石丸さんは短めのちょっとパーマがかかった髪形。ジーンズにスェットパーカーというラフな衣装で登場した瞬間「若ーーっ!!」と思いました。歌声も伸びやかだし。
四季にいたらラウルもアレックスもまだまだ余裕でこなせただろうなと思いながら観てました。私は観てないんですがゴードンは入院してベッド上にいると言うシーンが多くて「この命は誰のもの」を思い出すなあと。

この作品には元四季で友石さん・田村さんのお2人が出ていてプチ四季ネタあり。
病院の先生役の友石さんが「仕事が終ったら僕はライオンキングを観に行くんだ!」とか言ってましたが、一般的にはあまり知られてないからなあ(苦)。サカケン位元シンバとしての地名度がないと爆笑って訳にはいかないかも。ちなみに私の初LKのシンバは友石さんでしたねえ。

マルシアは難易度の高い曲を見事に歌いこなしていて圧巻でした。
樹里さんのスタイルの良さに惚れ惚れ~。シンプルなパンツスーツだったりクロップドパンツという普通の格好なんですが足の長い事といったら!
パパイヤ鈴木のヘアバンドが場面場面によって微妙に衣装チェンジしてるのが笑えました。

半分近く寝てたものでこれ位しか書けぬ有様(汗)。
早く保坂さんとの共演が観たいなあ。






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。