スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南青山「よろにく」にて焼肉
P1040491.jpg

先週の3連休、お祝い事がありまして焼肉へ。
南青山の「よろにく」というお店に行ってきました。
「よろにく」とは「よろしいおにく」の略みたいです。
P1040490.jpg

骨董通りから少し横に入った所にあるお店は焼肉屋さんとは思えないお洒落な外観。

P1040492.jpg

店内も地下にあるのに広くて綺麗で煙のニオイもなく。
何故かカウンター席もありました。
焼肉屋でカウンター…?お1人様焼肉用でしょうか。
ちなみに炭火ではありませんでした。ちょっと残念。

コース料理の方が沢山の種類のお肉を食べられてお得そうだったのですが、内臓系(食べられない)のお肉が入っていて他のお肉に変える事も出来ないと言われたので単品で頼みました。
焼鳥屋さんだと変えてくれるのになあ。

店内が間接照明だった為写真ボケボケですが…
順にユッケ、タン、イチボ、カルビ、特上ハラミ。
その他ユッケビビンバを〆に頼みました。

P1040494.jpg

P1040496.jpg

P1040502.jpg

P1040499.jpg

子供の頃は(親が若かったからだと思いますが)よく家族で焼肉に行ってたんですが、
大人になってから焼肉屋に行った事ってほとんど無いんです。
牛肉って高いんだね!
というものすごく基本的な事を改めて実感しました(笑)。

特上ハラミなんて1切れ500円以上しますからねー。
いやさすがに美味しかったし、値段が値段なので1切れを大事に食べるから(笑)結構すぐ満腹になるのでCP的には悪くないんですけどね。

気になったのはお肉の種類がすごく少なかった事。
ぐるなびのメニューだと2~30種類あるように記載されていますが、実際は10種類程度。
ハラミも前述の「特上」しかなくて「並」とか「上」とかないんですよ。いきなり特上。
18時半の予約で行ったのですが、30分程遅れてきたお隣さんがタン塩をオーダーしたら「今日は終っちゃいました」と言われてて…売り切れ早くないか…?
もしかしたらお肉の質にすごくこだわりがあって少量ずつしか仕入れられないのかなあ。
というのも店員さんが肉の焼き方・食べ方にちょっとうるさくて色々指導されたから。
「このお肉は焼き加減が難しいんで、1枚目を焼く時は呼んで下さい!」とか言われたし。
私も「カルビを焼いた後の網にタンを乗せる」のとかはどうかと思うクチですが、その私からしてももうちょっとお客さんの自由にさせて欲しいなと(苦笑)。

正直再訪したいなとは思えなかったのですが、ゆずサワーがすごく美味しかったなあ(笑)。
私の中での焼肉屋殿堂入りは広尾の「金竜山」です。
口に入れた瞬間溶ける様なカルビの衝撃が忘れられません。
冬のボーナスでたら行ってみようかなと思います。

■よろにく
〒107-0062 東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサ南青山B1
03-3498-4629
18:00~24:00





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。