スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/2「ダンス・オブ・ヴァンパイア」マチネ
ようやく「ダンス・オブ・ヴァンパイア」行ってきました~。
劇場でお昼を食べようと思い開演45分前位に劇場入りしたのですが何故か劇場ロビーが大混雑。
しかも行き交う人が皆手にG●DIVAの大きな袋を抱えていて、その中で普通にチケットを取った私…すごいアウェー感。
お土産付きの団体観劇日だったみたいです。
初見さんの多い団体が入ってるとあまり盛り上がらないかなあと多少の危惧を持ったりしていたのですが…

何コレめちゃめちゃ盛り上がってて楽しいんですけどーっ!!
カテコ開始早々に客席総立ち&ファン感謝デーで教えてもらった振り付けで踊りまくり。
吉野ヘルの「さあやるわよっ!」とか「もう1回行くわよーっ!」の掛け声も楽しくて。
いやー今から千秋楽の盛り上がりが楽しみで仕方がありません。

開幕から1ヶ月経ってしまったので今更感満載ですが、ホントにお城(セット)がグレードアップしていた!
クロロック城のお風呂が五右衛門風呂並だったのはあんまりだったもんなあ。
ネコ足ならぬドラゴン足みたいな重厚なバスタブに壁紙やカーテンも美しくて、これならお風呂好きのサラが虜になっちゃうのもわかるという感じ。
初演時の微妙な空気を痛い程味わった身には、いつの間にか「何も考えずに楽しんだもの勝ち!」な愛すべきお祭り作品になり、セットや衣装まで予算を回してもらえるようになった(笑)事が感慨深いです。

新旧キャスト双方共安定していて良いですねえ!
全員「歌える」キャストなのが素晴しい。

禅さんはいつもの事ながら役柄によって全然声が違うのが驚き。
市村教授のコミカルで茶目っ気溢れる教授とは違って、研究一筋で偏屈な老教授という雰囲気。
市村教授だとヴァンパイアになっちゃっても自分自身を研究対象にしてポジティブに過ごしそうな感じだけど、禅教授の場合その血をひと噛みしたヴァンパイアが「なんだこれマズっ!」と敬遠しそう(笑)。
「人類の為」の超高音波で空から気絶した鳥が落ちてくるという昭和ノリの笑い、あまりにベタ過ぎて涙でそうな程笑えました。

知念サラは最初少し声量が足りないかな?と思ったのですがそれは演技の流れだったみたいで、
伯爵に誘惑され恋に恋する様になってからは安定した歌声を聞かせてくれました。
「愛のデュエット」の「♪ただあなた~だ~け~に~」を上げて歌ってました。
知念サラはちひろサラよりも真面目というか一途で芯が強いという印象かなあ。
リカちゃん人形の様な赤みがかったウェーブの髪型が本当にお人形さんみたいで。

ただ細い上に肌も歯も真っ白だからそう見えるのかもですが、牙つける前からちょっとヴァンパイアっぽく見える(笑)。
ラストでアルフレートに噛みつく時の豹変っぷりがもっと現れると良いかも。

人外の役の祐一郎さんは観ていて安心します(笑)。
あの手つきも身体の構えも健在なんですが伯爵様だと全然気になら…なくはなくて、「舞踏の間」で登場する時に右手を選手宣誓の様に掲げている姿にはひさびさにオペラグラスを持つ手が(笑いで)震えました
とはいえ今期はメイクも薄めでもみ上げもハゲシクないのですっきりとしていて麗しい!
「お前を招待しよう」で「♪艶やかな女になれ~」と歌いながら蝙蝠クレーンからマントをバサーッと華麗に翻す姿に激萌。脳裏に焼きついて離れません。
あーやっぱり祐一郎さん好きだーー。

吉野ヘルは相変わらず最高にして最強。
2幕のお風呂場での登場の時は両手でうさみみポーズ。
「僕は君とおしゃべりしたいんだぴょん」と言ってました。
「ちっちゃいの、中くらいの、大きいの、そしてパラダーイス!!」とか「痛くしないから」「ちょっとだけ…ちょっとだけ噛ませて」とか。
教授に指十字架を突きつけられてぐああーとのた打ち回った後「見なければ平気。見なければ。」と自分の手で両目を覆ってしぶとくアルフに迫ろうとしたのですが、
教授に「(お尻が)見えてるよ」と言われて「イヤン☆」とか言ったり。
最後は「父上に言いつけてやるーーー」と言いながら退場だったのですが、禅教授も負けじと「お前の父ちゃんなんか出べそーー!!」と叫んだり。
それでいて舞踏会でサラをエスコートしてくる時のマント捌きの美しさは見惚れる程の美しさで。
伯爵父子はホント他に演じられる役者さんが思いつきません。

本日のクコール劇場は団体さんが入っていた為かパロディ等はなく。
うちわで懸命に掃除をするクコちゃんに客席から「クコールお疲れー!」の掛け声が掛かると
「ホントに疲れてんだよ!あーーもう(片付かなくて)イライラしてきた!」と幕内から電動のハンディクリーナーを持ってきて「最初からこれにすれば良かった…」と呟いてました。
本編では1幕ラストの「クコールがお部屋にご案内いたします」あたりの伯爵へ何度も何度も頭突きしていて、それをたしなめる伯爵の声色も、さながらペットのワンちゃんと飼い主の様でとっても微笑ましくて。

そういえば元マジック猫のあの方を懸命に探してみたのですが、「悪夢」で上手側で踊っていた小柄な男性がそうですかね?ジャンプ力とか凄くて多分そうだ!と思ったのですがなにぶん2階L列からだったもので…。

東宝納涼夏祭り本当に楽しかったです!
やっぱり1度は1階席で観たいなあ…お財布と相談します。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。