スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三つ星観光地は大混雑
P1040675.jpg

カレンダー通りの勤め人には有り難いシルバーウィーク。
とはいえ旅行代金も高いし車で出掛けりゃ大渋滞だしで、普段の土日と大差ない大人しい休日を過ごそうかと思ってたんですが。
それでも天気に恵まれたこの連休。
せっかくだから電車で行ける範囲で非日常を!と思って高尾山へ行ってきました。

P1040685.jpg

物凄い人・人・人っ…!!
都心より遥かに混んでました。
写真は高尾山薬王院から山頂へ向かう階段に並ぶ行列。
上りは迂回路を通ったので巻き込まれずに済みましたが…
にしても自然を楽しむ余裕全くナシ!!

ミシュランの観光三つ星に選ばれてから、観光客の数がものすごく増えたというのは聞いていたんですが。
連休とはいえ元々東京から近い場所だし普段の土日と大差なかろうと思ってたんですが。
いやーー凄かったです。待つ&並ぶのが大嫌いな性分の私なのに、何故わざわざ山の中で行列しに来たのやら(苦笑)。

高尾山中腹までのケーブルカーは上り(10時半頃)が40分待ち。
高尾山のケーブルカーは日本一の勾配との事なのですが、その勾配のスリルよりも、満員電車状態で詰め込まれた為に「今この斜めの状態でで誰かがよろけたら将棋倒しになって圧死者が出るに違いない…」という恐怖に身体がこわばったという(苦笑)。

この混雑っぷりアピールの記事を見て「高尾山に行きたい」と思う方はいないと思いますが(汗)参考までに。
食事する場所に困るだろうと思い、JR⇔京王線乗換えの高尾駅前某スーパーでお弁当を買って行って大正解。
高尾山周辺はどこもかしこも大混雑。
山頂付近は上野公園の花見を思い起こさせる程人で溢れかえっているので落ち着いてお弁当を食べる事は出来ないので、
どこか途中でわき道に逸れてスペースを確保するのが良いかと。

P1040680.jpg

私は途中までケーブルカーで上がり、メインの1号路があまりに混んでて牛歩戦術状態だったので、途中から4号路に抜けてつり橋(写真)を渡り、山頂まで向かいました。
4号路はなかなかにしっかりと山道で良い運動になりました。

P1040687.jpg

高尾山は「天狗が棲む」という言い伝えがあるそうで。
あちこちに天狗の像が置かれていました。
「天狗焼」という天狗の顔の形の黒豆入りお菓子も売ってたんですが…大行列で諦めました(涙)。

P1040692.jpg

代わりにあまり並んでなかった(苦笑)葡萄酢味の「力(リキ)ソフト」。
お酢の効果で疲労回復して天狗の様に力が出るという事かなあ。
ソフトクリームというよりシャーベットなんですが、ブドウの味もお酢の味も濃厚でした。

P1040693.jpg

P1040694.jpg

4号路から山頂に行き、山頂のあまりの混雑っぷりと誇りっぽさに5分も経たないうちに退散して下山。
1号路の途中にある百八の階段は丁度人間の煩悩の数と同じ段数で。
この階段を「登る」と煩悩から解き放たれるそうなんですが、私の場合登りは別の道から行った為、この階段を「下る」事になり煩悩の数が倍になりました(笑)。

P1040695.jpg

P1040696.jpg

帰り道に高尾山さる園に立ち寄り。
中学生の時に学校行事で一度来た事があるんですが、その時はもっとオープンなスペースで、食べ物とか持ってると襲われる!みたいな造りだった様な気がするんですが…勝手に記憶が面白い方に摩り替わってるだけかなあ?
人間は2階建の建物から眺める様になっていて、1階部分ではガラス越しですぐ近くを通るお猿さんを眺められ、2階部分からは係員の人の説明を聞きながら広角的に眺められる仕組み。

P1040698.jpg

まだ若いお母さん猿と子供の猿。
ひしっとしがみついている姿が本当にカワイイ。

P1040703.jpg

あの勾配を下るの面白そう!
と帰り道はリフトで降りる事にしたんですが…整理券配布でまさかの70分待ち(死)。
知ってれば先に券を取ってからさる園で時間潰したのにーーー。
待っている人たちもすごい人数なので座る所もロクに確保できず、しかも山はかなり涼しいので動かないでいると寒いー!
いやはや…リサーチが甘かった故でもありますが、中々大変な目に遭いました。

でも同じ待つならケーブルカーよりリフトで正解!
落下防止バーすらない簡素なリフトで急勾配を下るのはなかなか楽しかったです。
「10番の柱の所で写真を撮ります!」みたいな看板が出てまして。
T●Lとかでよくある、降りると写真が出来上がってる仕組みなんですが。
その写真を撮るのが自動撮影ではなく、山中に人が構えていて「はいこっちみてくださーーい!」とか言いながら撮ってくれるというアナログっぷりに痺れました。
あの山の中に1日中潜んでいるの…辛すぎる。明らかに学生さんのバイトみたいでしたが。
あまりに人の手が掛かっているので買わないのが申し訳ない気分に。

東京から1時間かけて人混みに巻き込まれに行ったという結末でしたが、山道を歩いたので多少は良い運動になったみたいで、今は筋肉痛で身体が強張っております。

------------------------------
帰りに「温かいものが食べたい」と八王子で「煮干鰮らーめん 圓」というラーメン屋さんへ。
つけ麺が食べたかったのですが、夏季限定なのか、現在は「煮干鰮らーめん」1種類しかないという潔さ。
麺がモチモチしていて量が多く食べ堪えがあったので、あっさりした煮干スープと良い相性でした。

P1040709.jpg






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。