スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会津・喜多方紀行~2日目~
本日は蔵とラーメンの街・喜多方へ。
会津若松から喜多方へは車で20分程です。

P1040832.jpg

蔵が点在する街並みに観光馬車が走っていたりととてものんびりした街並みです。
江戸時代創業の味噌のお店で買い物したり。
ちなみにここも試食し放題。会津地方は本当に観光客に優しいです。

P1040834.jpg

街を散策していても観光客には殆ど出会わず、大丈夫なのかな…?とか余計な心配をしたんですが。
そんな中ラーメン屋だけはどこからこんなに人が湧いて出たんじゃ!と思う大行列。

というわけで自分が持っているガイドブックの1番最初に出ていた「まこと食堂」へ。
この日は10月とは思えない夏の様な暑さだったので行列に並ぶのを正直躊躇ったんですが、ここのお店は中がお座敷とテーブル席になっていて、
ざっと換算した所1回転で40人位が入れる大きさだったので、20分程で店内に入る事ができました。

P1040835.jpg

喜多方ラーメンは太目のちぢれ麺で醤油味のスープ。
醤油ベースなので味は濃くても後味さっぱりで軽く食べられちゃいます。
「喜多方の人は『朝ラーメン』をするらしい」(朝マック風に?)という話を聞いて「またそんなネタ的な…」と思ってたんですが、食べて納得。
これなら朝から普通に食べられます。
ちなみにこのお店は朝7時半からやっているそうです。

P1040839.jpg

食後は5キロ程離れた場所にある道の駅や地元のJAに行って野菜類をあれこれ買い込んでみたり。
小ナスが10個位入っていて1袋100円。浅漬けにしたらとっても美味。
やっぱり地産地消の食べ物は安くて美味しくて最高です。

15時頃再び喜多方市街地へ戻っておやつタイム。
倉庫蔵を改装したカフェ「珈琲蔵ぬりの里」へ。

P1040845.jpg

蔵コーヒーとお蔵ケーキ(ホットケーキに餡子とホイップクリームを挟んである)を。

P1040842.jpg

P1040844.jpg

写真だとわかりづらいですが、この器は会津の漆器(木製)なのでとっても軽い!
でもお値段はとっても重厚(笑)!

カフェの隣には「会津野」という漆器専門店が併設されていて、器の他カワイイ小物類も。
玄関に飾ったりするのに良さそうな会津塗りの雛飾りと赤べこのブックマーカーを購入しました。

P1040849.jpg

その後は磐梯山周辺をドライブして帰京の途へ。

P1040848.jpg

もう1泊出来たら猪苗代湖周辺のトレッキングとかしたかったなあ。
初秋の磐梯山はほんのりと赤く色づいていました。
そろそろ本格的な紅葉シーズン到来。
今年はどこへ紅葉狩りに行こうか考え中です。





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 王様の耳はロバの耳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。